長崎の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 長崎原爆資料館
    rating-image
    4.5
    1992件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市平野町7-8
    長崎に投下された、原爆の爆心地に臨む高台の資料館。原爆投下前後の長崎の町の様子や、被爆した建物、日用品などをストーリー性のある展示を行う。一部の展示品は実際に触れることもでき、原子爆弾の凄惨さを今もなお伝えている。多言語の展示説明、オーディオガイドあり。路面電車「浜口町」電停から徒歩5分。

    広島の原爆資料館にも行きましたが、長崎の方が、掲示された資料的にも原爆の悲惨さを訴えているのではないかと感じた。

  • 島原城
    rating-image
    4.0
    312件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市城内1-1183-1
    有明海に臨み、雲仙岳の麓に位置する「島原城」。五層天守閣を中核に大小の櫓を配した、安土桃山期の築城様式を取り入れた城である。高く頑丈な石垣が特長で、寛永元年(1624)の完成以来、約250年間、4氏19代の居城となり様々な歴史の舞台となった。明治維新の際に解体されたが、昭和39年(1964)に天守閣を復元。館内は資料館となり、キリシタン資料や郷土資料などが展示されている。

    中は階段で階ごとに キリシタン、武将、民族等々分かれていましてお城というよりも資料館という感じです。駐車場が安くて整備されているのでここに車を止めて武家屋敷等々回るのがお勧めです 天草四郎の絵も一枚ありました。結局全滅してしまっていますので 地元では天草四郎はあまり人気ではないと聞きましたが そっけない飾り方に 地元の人の気持ちを感じました ぐるっと回ると島原のことを詳しく知ったような気持ちになれ...

  • 長崎県美術館
    rating-image
    4.0
    214件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県長崎市出島町2-1
    「長崎水辺の森公園」に隣接し、緑や光を取り入れた開放的な雰囲気が印象的な美術館。建築は大宰府のスターバックスコーヒーや、浅草文化観光センターを手掛けた隈研吾の設計によるもので、グッドデザイン賞を始め数多くの賞を受賞している。展示品は外交官・須磨弥吉郎のコレクションを基調とし、長崎ゆかりの美術品や、スペインの美術品を多く集める。路面電車「出島」電停から徒歩2分。

    水、ガラス、コンクリート、木を組み合わせた素晴らしい美術館です。屋上庭園も素敵です。無料展示のスペインコレクションは見ごたえがありました。

  • 浦上天主堂
    rating-image
    4.0
    396件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市本尾町1-79
    長崎市の北に位置する、カトリック教会の聖堂。江戸時代の禁教令によって信仰を迫害された浦上の信者たちによって、明治から大正にかけて建設されたのが始まり。しかしその後原爆投下により壁一枚を残して破壊され、現在の建物は1959年に当時の形を模して再建されたものである。路面電車「平和公園」電停から徒歩5分。

    一度目はクリスマスミサ、二度目には葬儀が予定されていたので、祭壇近くには行かれませんでしたが、周りも含めゆっくり見学されると良いと思います。

  • 平戸城
    rating-image
    4.0
    169件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県平戸市岩の上町1458
    平戸藩・松浦氏の居城。当時の築城技術としては珍しい山鹿流を取り入れたものである。もとは慶長4年(1599)に「日の岳城」として築城が始められたが、完成が間近となった慶長18年(1613)に豊臣秀吉との親交が深かったために徳川家康から嫌疑をかけられ、当主の鎮信自ら城を焼却。以来約約90年間を「御館」で過ごし、1704年「平戸城」の再築を始め1718年に完成した。平戸港を眼下に見下ろす天守閣からの眺めは素晴らしく、黒子島の原生林(天然記念物)や平戸大橋なども一望できる。

    平戸城の映像はなかなか素晴らしいものがありますよ。是非、登城して頂きたい。また、この地だけではないですが松浦党発祥の地でもあり、歴史をしっかり勉強してみたいと思いました。こちらも海を見下ろせる良い城でした。

  • 長崎孔子廟中国歴代博物館
    rating-image
    4.0
    197件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県長崎市大浦町10-36
    日中友好と文化交流の促進を目指して、昭和58年(1983)に建てられた博物館。展示品は2-3年ごとに入れ替わり、中国各地の博物館が所蔵する貴重な品が常時展示されている。隣接する孔子廟は、明治26年(1893)に清国政府と在日華僑が協力して建立したもので、日本でも珍しい本格的中国様式の霊廟である。路面電車「大浦天主堂下」電停から徒歩3分。

    ゴールデンウィーク中、コロナ対策のためグラバー邸や大浦天主堂など主要な観光施設はほとんど閉園。 孔子廟は営業しているようだったので訪問してみました。 孔子廟は台湾などでよく見る孔子廟。 かつては華僑の方のための中小学校も併設されていたようです。 ただ規模もそれほど大きくもなく地元の方が信仰しているといった様子もなく、観光施設といった感じで正直微妙。 博物館は撮影不可ですが、北京故宮博物院などの収蔵...

  • 長崎市亀山社中記念館
    rating-image
    3.5
    215件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市伊良林2-7-24
    「亀山社中」は慶応元年(1865)、坂本龍馬とその同志が設立した結社で、海運や貿易などの事業を行った日本初の商社としても知られる。こちらの記念館は亀山社中跡の遺構を復元したもの。龍馬のブーツのレプリカや書状の写しなどが展示されており、龍馬ファン必見の記念館である。

    さかもっさ--のミーティングしてた場所と言われています。 みなさん 書いてられますが、車が通れず歩くしかない道です笑 で、やはりここ長崎は、呉と同じで坂道がおおいです(-_-;) で、テクテク車をある場所において歩き回ります笑 ま、この辺は観光客のためにいろいろ 標識がでてるので安心です。 僕らが止めた場所は、のぼりやさんのパーキングで200円だったかな そこから坂道を下ってここ 亀...

  • 長崎歴史文化博物館
    rating-image
    4.5
    191件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県長崎市立山1-1-1
    2005年に長崎県と長崎市が共同で設立した博物館で、主に海外交流史を中心とした長崎の歴史を紹介している。主な展示品は中国・朝鮮・オランダなど、長崎と関わりの深い国・地域との交流に関する書画や美術品など。多くの歴史小説や時代劇の原案ともなった、重要文化財「長崎奉行所関係資料」も所蔵している。JR「長崎駅」より徒歩10分。

    ここは江戸時代に長崎奉行所立山役所が置かれていた場所に建物を復元した博物館です。土日祝日には、御白洲で密貿易や漂流民を取り調べる様子を寸劇で見る事ができオススメです。

  • 崇福寺
    rating-image
    4.0
    154件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市鍛冶屋町7-5
    中国様式のものとしては日本最古の寺院。寛永6年(1629)、中国福建省福州の僧・超然によって創建された。「第一峰門」と「大雄宝殿」は国宝に指定されており、その他にも境内の建造物の多くが重要文化財等として保護されている。殿堂内の仏像・仏具はいずれも中国人名匠の手によるもの。「長崎四福寺」の一つ。

    コロナのせいかいつもそうなのかわかりませんが人が少なく静かです。一部に和様の部分もあるらしいですが、一見したところでは完全に中国風です。一部の建物は国宝に指定されています。ご朱印は、書き置きのものを売店でいただきました。

  • がまだすドーム
    rating-image
    4.5
    107件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市平成町1-1
    1990年から1996年にかけて起こった、雲仙普賢岳の「平成大噴火」を後世に伝えるために設立された。記念館が建っているのは噴火によって被害を受けた場所で、元々は海だった。展望所からは有明海と雲仙普賢岳と共に、復興後生まれ変わった町並みが一望できる。時期によって内容の異なる、体験型プログラムも開催されている。バス停「アリーナ入口」から徒歩10分。

    雲仙普賢岳の災害の記憶を後世に残すための展示館になっています。 当時の映像や遺構、被害にあった品々など、様々なものが展示されています。 そんなに大きくない建物ですが、大変見応えがありました。 島原地方に来たらぜひ立ち寄っておきたい場所です。

  • 日本二十六聖人記念館
    rating-image
    4.5
    178件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市西坂町7-8
    慶長元年(1597)、豊臣秀吉によるキリシタン禁止令により、フランシスコ会宣教師6名と日本人信徒20名が処刑された丘。キリストが十字架の架けられたゴルゴダの丘に似ていることからここでの殉教を願い出たとも言われ、その後も多くの宣教師、信徒たちがこの地で処刑された。昭和37年(1962)、二十六聖人等身大のブロンズ像嵌込記念碑が建てられた。また昭和25年(1950)にはローマ教皇によりバチカン指定公式巡礼地と定められた。

    長崎の隠れキリシタンの歴史を知ることができます。小さな記念館ですが、とても中身の濃く必ず一度はご覧いただきたい場所です。

  • 平戸オランダ商館 1639年築造倉庫(復元)
    rating-image
    3.5
    93件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県平戸市大久保町2477
    慶長14年から寛永18年(1609-1641)に長崎出島に移転するまでの33年間、オランダの貿易港として栄えた平戸に建てられた商館。寛永16年(1639)に造られた石造倉庫は、日本初の洋風建築物で、当時の日本人にとっては奇異なものであり、江戸幕府によって取り壊された。平成23年(2011)にオープンした「平戸オランダ商館」は、当時の建物を忠実に復元した施設。当時の貿易に関する資料などを見ることができる。

    平戸がオランダとの交易で栄えた当時のオランダ商館跡地に建つ海沿いの白い建物は1639年に日本初の洋風石造り建造物だった倉庫を平成23年に復元されました。外観や構造はオランダ、屋根などの一部は日本の建築技術が使われた和洋折衷の建物です。館内にはポルトガルや中国などの交流や平戸とオランダの交易の歴史の資料展示があります。建物の目の前からは海を隔てて平戸城が見えます。駐車場は平戸港交流広場駐車場を利用し...

  • 東明山 興福寺
    rating-image
    4.0
    97件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市寺町4-32
    元和6年(1620年)中国僧真円が長崎に来航する商人らの航海安全を祈念して創設した寺院。明治16年(1883)に再建された本堂は中国工匠による純粋の中国建築であり、現在は国の重要文化財に指定されている。水引で作られたお守りは、恋愛成就や交通安全などにもご利益があるとされる。路面電車「公会堂前」電停より徒歩8分。

    本堂に日本の寺とはちょっと違った造形が見られます。神社仏閣に興味がある方にはお勧めしたいお寺さんです。本堂の軒先のカーブは独特です。また天井や本堂脇の造作も他ではあまり見られないものです。

  • 壱岐市立一支国博物館
    rating-image
    4.5
    95件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515-1
    「魏志倭人伝」にも記述があるなど、大陸と日本をつなぐ重要や役割を果たしていた「一支国」に関する展示を行っている博物館。島に存在する270基以上の古墳に関する展示や、朝鮮半島との間を行き来していた古代船のジオラマなどを通して一支国の歴史にふれることができる。

    長い歴史をもつ壱岐、その概要を学ぶ個とができます。展示内容も充実していますが、施設の立派さに驚きました!

  • 出津教会
    rating-image
    4.5
    63件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市西出津町2633
    ユネスコの世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産の内「外海の出津集落」に含まれる。明治12年(1879)に出津に赴任したド・ロ神父が信者たちとともに建設し、明治15年(1882)に完成。漆喰の白壁と強い海風を考慮した屋根の低い造りが特徴。見学の際には事前連絡が必要。

    こちらの教会も現在は使用されていないとのことですが 信者の方が来られて前の席で座られていました 誰でも祈りをささげることができるようにか 鍵はかかっておらず中に入ることができました 大通りからも教会は見えます。わりと来るのは分かりやすいと思います

  • 長崎市永井隆記念館・如己堂
    rating-image
    4.5
    72件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市上野町22-6
    妻の被爆死と、自身の闘病・被爆をきっかけに、隣人愛による恒久平和を訴え、長崎市の復興に貢献した永井隆博士の記念館。如己堂は浦上のカトリック信者らの好意で建てられたもので、生前に病室兼書斎として使用されていた。記念館には博士の遺品や書画、妻緑さんが使用していて被爆で焼け焦げたロザリオなどの資料が展示されている。

    ちょうど朝ドラにて「長崎の鐘」の音楽も語られたように、今回の長崎訪問に合わせて、初めて如己堂は、永井隆博士の病室兼書斎があることを知り、今回立ち寄ることが出来ました。 木造の書斎は木製のガラス戸になっており、けっして広くはない書斎で執筆された様子が伺えるようでした。浦上の人々が博士のために建てたこの建物を“己の如く隣人を愛せよ”という意味から如己堂(にょこどう)”と名付けられて、お二人の子ども様...

  • 長崎市遠藤周作文学館
    rating-image
    4.5
    74件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市東出津町77
    長崎市東出津町にある文学館。遠藤周作の遺族から寄贈された生原稿や蔵書などの遺品約3万点の展示や研究を目的とし、小説「沈黙」の舞台ともなった外海地区に開館。常設展のほか、遠藤周作に関連した企画展も2年ごとにテーマを変えて開催。また、敷地からは角力灘(すもうなだ)の美しい景色も楽しめる。

    遠藤周作の作品「沈黙」の舞台となった外海にある記念館。遠藤周作の生涯について詳しく知ることが出来ました。開館20周年k自然として「遠藤周作 珠玉のエッセイ展」も興味深く見ました。「人生には無駄なことはひとつもない」をはじめとして心に残る文章がたくさんありゆったりと見学することが出来ました。ロケーションは海を見下ろすところにあり、潜伏キリシタンの里としている地域のなかにあるため、観光の途中にぜひ立ち...

  • 長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館 長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム
    rating-image
    4.0
    78件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市松が枝町4-27
    明治37年(1904)に竣工したこの建物は、明治-昭和初期の建築界の偉才、下田菊太郎が設計した現存する唯一の遺構だ。その当時、神戸以西唯一の外国銀行として外国為替やロンドン・上海・香港における外貨の売買を行っていた。併設する「長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム」では、中国革命の父・孫文とその革命を支えた長崎出身の実業家・梅屋庄吉の国境を越えた友情や、国際貿易港であった長崎の歴史などを紹介している。

    路面電車の「大浦天主堂」電停から徒歩3分。国道499号沿いに建つ。 1904年築の建物は国の重要文化財に指定されている。1階は入館無料で銀行業務を行っていた当時のカウンターや支店長室(と推測される部屋)などがある。2階と3階のミュージアムは有料(300円)。孫文とその支援者梅屋庄吉、華僑、当館の設計者である下田菊太郎に関する資料などが展示されている。ここは建物自体が一番の見どころ。重厚な外観と合わ...

  • 松浦史料博物館
    rating-image
    4.0
    60件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県平戸市鏡川町12
    かつて長崎県北を治めた平戸藩主松浦家の歴史を今に伝える博物館。松浦家伝来の武具や書簡のほか、絵画や蒔絵などの美術品も多数展示されている。建物は明治26年(1893)に建てられた松浦家の私邸を利用しており、入口の石段や石垣は江戸時代初期のものだ。鎧・打掛の無料試着体験あり。

    松浦(まつら)史料博物館は平戸藩主 松浦家の旧邸宅を利用した博物館で1893年築です。豊臣秀吉が発布した日本初の伴天連追放の文書「キリシタン禁制定書」なども展示しており、敷地内には茶室 閑雲亭もあります。駐車場は10台停められます。

  • 眼鏡橋
    旅行/観光
    長崎県長崎市魚の町
    中島川にかかる石橋で、寛永11年(1634)、興福寺の黙子如定禅師が架設した。全長22m、幅3.6m、川面までの高さは5.46mの、日本で初めてのアーチ式石橋だ。二つの半円を描くような形の橋が水面に反射し、遠目にはまるで眼鏡のように見えることからこの名がつけられた。日本橋、錦帯橋と並ぶ日本三大名橋の一つである。昭和35年(1960)国の重要文化財に指定された。

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す