NAVITIME Travel

長崎の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 崇福寺
    rating-image
    4.0
    118件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市鍛冶屋町7-5
    中国様式のものとしては日本最古の寺院。寛永6年(1629年)中国福建省福州の僧・超然によって創建された。「第一峰門」と「大雄宝殿」は国宝に指定されており、その他にも境内の建造物の多くが重要文化財等として保護されている。殿堂内の仏像・仏具はいずれも中国人名匠の手によるもの。「長崎四福寺」の一つ。

    タクシーに乗った際、「長崎に3つある国宝のうち、2つはここにあるんだよ」とおすすめされて寄ってみました。 中国様式としては日本最古の寺院だそうです。 異国情緒ただよう古いお寺です。ただ、階段がきつい。

  • 東明山 興福寺
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市寺町4-32
    元和6年(1620年)中国僧真円が長崎に来航する商人らの航海安全を祈念して創設した寺院。明治16年(1883)に再建された本堂は中国工匠による純粋の中国建築であり、現在は国の重要文化財に指定されている。水切りで作られたお守りは、恋愛成就や交通安全などにもご利益があるとされる。路面電車「公会堂前」電停より徒歩8分。

    この日は神社仏閣巡りと決めて長崎市内を散策しました。 諏訪神社を参拝し御朱印をいただき次に向かったのがこちらの興福寺です。 入場料がかかるので入場を決めるのに少しばかり時間がかかりましたが、丁度フランス語を話す外国人団体客が入っていくのを見て、外国人に人気があるのならばそれなりに良いのだろうと思い入場することにしました。 お金を支払った場所で中の様子などを質問しますと答え方がさわやかでしたので、と...

  • 日本二十六聖殉教者天主堂(大浦天主堂)
    旅行/観光
    長崎県長崎市南山手町5-3
    元治元年(1864)に建立された、現存する中では日本最古のキリスト教の建造物。1597年に処刑された日本二十六聖人に捧げられており、殉教地の長崎市西坂に向かって建てられている。未だ禁教令の敷かれていた1865年、隠れキリシタンが信仰告白を行った場としても有名。昭和28年(1953)、国宝に指定された。路面電車「大浦天主堂下」電停から徒歩5分。
  • 古写真資料館
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市東山手町6-25
    長崎市指定有形文化財「東山手洋風住宅群(7棟)」のうち、3棟が古写真資料館として公開されている。建物は居留置時代に賃貸住宅として使われていたものとされ、このような遺構が群として残っているものは全国的にも珍しい。展示されている古写真には、幕末から明治期の長崎の市街地の様子が記録されている。

    この古写真資料館はこの東山手や南山手の外国人居住地の開国時から明治時代にかけての残されている写真や絵ハガキなどで当時の様子を紹介しています。幕末期の写真そのものや当時の景観が興味深く見ることができます。

  • 平戸オランダ商館 1639年築造倉庫(復元)
    旅行/観光
    長崎県平戸市大久保町2477
    1609年から1641年に長崎出島に移転するまでの33年間、オランダの貿易港として栄えた平戸に建てられた商館。貿易の積荷を保管するために1639年に造られた石造倉庫は、日本初の洋風建築物であり、オランダの建物に類似した外観であった。この外観が日本人にとっては奇異なものであり、西暦年号が破風に入っていたことなどから江戸幕府によって取り壊されたのである。2011年にオープンした「平戸オランダ商館」は、この建物を忠実に復元。当時の貿易に関する資料などを見ることができる。
  • 松浦史料博物館
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長崎県平戸市鏡川町12
    かつて長崎県北を治めた平戸藩主松浦家の歴史を伝える博物館。松浦家伝来の武具や書簡のほか、絵画や蒔絵などの美術品も多数展示されている。建物は1893年に建てられた松浦家の私邸を利用しており、入口の石段や石垣は江戸時代初期のもの。鎧・打掛の無料試着体験あり。平戸口駅から車で10分。

    学生時代に訪問した再、ジャガタラお春の着物に(日本恋しや、、、)と書かれた着物が展示されていました、月日が60年流れて、もしや 展示してあるのかなと思い尋ねましたが、今回は無く、残念な思いで 去りましたが、昔の松浦藩の良き品物が有ると地元の人に聞きました. 町並木が近代化され、周辺の家家の古い感じが無くなり、多少寂しく感じましたが、話のタネに訪問するのを、お勧めしま.

  • 平戸市切支丹資料館
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県平戸市大石脇町1502-1
    平戸市、根獅子(ねしこ)にあるキリシタン資料館。1550年平戸を訪れたフランシスコ・ザビエルらによるキリスト教の伝来、江戸時代初期の殉教、隠れキリシタンに関する歴史などの資料が展示されている。隠れキリシタンが信仰の対象としていたマリア像や、踏み絵なども展示している。バス停「紐差」から車で10分。

    イメージとは異なり、見学者は我々のみ。その分、ゆっくり見学でしましたが、なぜマイナーなのか、よくわかりません。

  • 武家屋敷
    旅行/観光
    長崎県島原市下の丁
    松倉重政が島原城を築城した際、城の西側に作られた武家町。居住していたのは鉄砲を中心とした徒歩部隊であったため「鉄炮町」とも呼ばれていた。約700戸の屋敷が軒を連ねていたという通りには、生活用水として使われていた島原の湧水が今も流れており、その清らかな流れは、風情豊かな眺めである。
  • がまだすドーム
    rating-image
    4.5
    92件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市平成町1-1
    1990年から1996年にかけて起こった、雲仙普賢岳の「平成大噴火」を後世に伝えるために設立された。記念館が建っているのは噴火によって被害を受けた場所で、元々は海だった。展望所からは有明海と雲仙普賢岳と共に、復興後生まれ変わった町並みが一望できる。時期によって内容の異なる、体験型プログラムも開催されている。バス停「アリーナ入口」から徒歩10分。

    雲仙普賢岳大火砕流の被害後に作られた施設ですが、噴火・地震の歴史は有史以前からですので、ジオパークとしての資料を多数揃えています。

  • 長崎孔子廟中国歴代博物館
    rating-image
    4.0
    160件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市大浦町10-36
    明治26年(1893)清国政府と在日華僑が協力して建立した、中国華南と華北地方の建築様式が融合した、孔子を祀る極彩色豊かな霊廟である。孔子像や前庭にずらりと並ぶ72賢人石像などは全て中国から取り寄せたものであり、中国の歴史と伝統文化の特徴が色濃く出ていて圧巻。孔子について学んだり、中国北京故宮博物館が所有する貴重な文物を見られる中国歴代文物展示館も併設されている。

    長崎で孔子廟があるとは知りませんでした。如何にも中国風の煌びやかな世界を見る事が出来ます。街中にポツンと異世界が出現した様な建物です。

  • 平和祈念像
    旅行/観光
    長崎県長崎市松山町平和公園内
    路面電車「平和公園」から徒歩で約3分。長崎駅の北に位置する平和公園内「願いのゾーン」にある青銅像。長崎県出身の彫刻家である北村西望氏が製作した像を原爆投下から10年後の昭和30年(1955)に建立したもので、右手は原爆の脅威、左手は平和、閉じた目は「原爆犠牲者の冥福を祈る」という意味がそれぞれ込められている。毎年8月9日には、像の前にある式典広場で平和祈念式典が行なわれる。
  • 旧五輪教会堂
    旅行/観光
    長崎県五島市蕨町993-11
    五島市蕨町、五島列島の久賀島にある教会。ユネスコの世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「久賀島の集落」に含まれる。明治14年(1881)に建設された旧浜脇教会が昭和6年(1931)に移築されたもの。老朽化による解体を地元の仏教徒の助言により免れ、現在まで保存されてきた。同地区へは車で直接行くことは出来ず、見学の際には事前連絡が必要。
  • 小菅修船場跡
    旅行/観光
    長崎県長崎市小菅町5
    長崎市小菅町の国道499号線沿いにある歴史的建造物。ユネスコの世界遺産に登録されている「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つ。薩摩藩が外国から輸入した蒸気船の補修を目的とし、小松帯刀、五代友厚、グラバーらにより建設計画が進められ、明治元年(1869)に完成した。蒸気機関による曳き揚げ装置を備えた日本で最初の「スリップドッグ」として知られる。明治期に三菱に払い下げられた後、昭和28年(1953)に閉鎖。
  • 出津教会堂
    旅行/観光
    長崎県長崎市西出津町2633
    ユネスコの世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産の内「外海の出津集落」に含まれる。明治12年(1879)に出津に赴任したド・ロ神父が信者たちとともに建設し、明治15年(1882)に完成。漆喰の白壁と強い海風を考慮した屋根の低い造りが特徴。見学の際には事前連絡が必要。
  • 高島炭坑跡(高島北渓井坑跡)
    旅行/観光
    長崎県長崎市高島町99-1
    長崎市高島町にある炭鉱跡。ユネスコの世界遺産に登録されている「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つ。1695年に石炭が発見され、焼き物や塩の製造の燃料として使用された。1868年からは佐賀藩とグラバー商会より、当時の最新の設備により日本ではじめて蒸気機関を使った竪坑での採炭を行ったが、経営権は最終的に三菱に渡り、長崎に寄港する船の燃料などとして巨万の富をもたらした。現在は無料で見学可能。
  • 長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館 長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム
    rating-image
    4.0
    62件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市松が枝町4-27
    明治37年(1904)に竣工したこの建物は、明治-昭和初期の建築界の偉才、下田菊太郎が設計した現存する唯一の遺構であり、国指定重要文化財となっています。長崎市内の洋館群の中にあっては最大級であり、1階部分を連続アーチのアーケードとして、2・3階部分にコリント式の円柱を通した大オーダーとし、その上に三角破風の屋根をのせるなど、海側の正面性を重視したデザインとなっています。香港上海銀行長崎支店は当時神戸以西唯一の外国銀行で、在留外国人、なかでも貿易商を主な取引先として外国為替やロンドン・上海・香港における外貨の売買を主要業務とした特殊為替銀行であった。「長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム」を併設し、中国革命の父孫文とその革命を支えた長崎出身の実業家・梅屋庄吉の国境を越えた友情や、国際貿易港であった長崎の歴史等を紹介している。また、楽しく学べる体験コーナーもある。

    グラバー通りから大浦天主堂、グラバー園とコースがありますが、ANAクラウンプラザホテルから逆に海側へ行くと海沿いには旧香港上海銀行長崎支店記念館など、海沿いの道に洋館や歴史的建物が立ち並び、眼前には海が広がるというこのあたりは長崎が凝縮されている気がします。この館は旧香港上海銀行の史料はもちろん、長崎の近代のミュージアムも兼ねていて外観も中身も充実しています。時間があれば立ち寄りをおすすめします。

  • 日野江城跡
    旅行/観光
    長崎県南島原市北有馬町戊
    南島原市北有馬町戊にある城跡。ユネスコの世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産の一つ。日野江城は島原半島を領地とした有馬氏の居城で、1580年に洗礼を受けた有馬晴信は、領地をイエズス会に寄進し、伴天連追放令下で宣教師たちを庇護するなどした。江戸時代初期に廃城となったが、現在も石垣が残されている。
  • 紐差教会
    旅行/観光
    長崎県平戸市紐差町1039
    平戸市紐差町にある教会。長崎市本尾町の浦上天主堂に次ぐ大規模な天主堂で、昭和4年(1929)に鉄川与助の設計により竣工。ロマネスク様式の建物に美しいステンドグラスがはめ込まれている。
  • 宝亀教会
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県平戸市宝亀町1170
    平戸市宝亀町にある教会。明治31年(1898)に建築。洗礼を受けた宇久島の宮大工により建てられたもので、木造瓦葺にレンガ造りを合わせた構造など、様々な建築上の特徴を有している。木造からレンガ造りへと移っていった教会建築の歴史や、同地区の信仰の歴史を示す貴重な建築で、県の有形文化財にも指定されている。

    ピンクと白、内部はエメラルドグリーンの可愛い教会でした。 こちらの教会は内部も祭壇近くまで見学ができ 小古曽かな雰囲気を味わえました。 狭い坂道を車で登って行く間、 対向車が来たらどうしようとドキドキしました。 駐車場は結構広いので大丈夫です。

  • 青砂ケ浦天主堂
    旅行/観光
    長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷1241
    南松浦郡新上五島町奈摩郷にある教会。明治11年(1878)頃に初代の教会が建設されたとされ、現在の建物は明治43年(1910)に建設された3代目にあたる。長崎で多くの教会建築を手がけたことで知られる鉄川与助の設計で、信徒たちが海岸からレンガを運んで作り上げたという。国の重要文化財に指定。

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す