鹿児島の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 知覧特攻平和会館
    rating-image
    4.5
    692件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県南九州市知覧町郡17881
    第二次世界大戦時の特攻隊についての資料や、隊員の遺品を所蔵する博物館。当時の記録を後世に残し、平和を祈念する目的で、かつて出撃基地があった地に設立された。10名以上で訪れる場合は、事前に予約すれば語り部の講和を聞くことができる。英語、中国語、韓国語に対応した音声ガイドあり。バス停「特攻観音入口」から徒歩5分。

    鹿児島を訪れた際、地元の友人に薦められて、友人に会う前に一人で見に行きました。 特攻した若者たちの家族や恋人に宛てて書いた多数の遺書は涙なしでは見られませんでした。1時間ほどの滞在でしたが、最低でも2時間は必要だと思います。 今度は子供たちを連れて十分な時間を取って見に行こうと思います。

  • 霧島神宮
    rating-image
    3.5
    48件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
    建国神話の登場人物である瓊々杵尊を祀る神社。現在の社殿は正徳5年(1715)に建てられたもので、元々は6世紀ごろ高千穂峰と火常峰の間にある背門丘に造られたのが創建とされる。本殿、拝殿などは重要文化財に指定されている。坂本竜馬が新婚旅行で訪れた場所としても有名。桜と紅葉の名所でもある。JR日豊本線「霧島神宮駅」よりバスで10分。

    坂本龍馬が日本で初めて新婚旅行に行ったといわれている坂本龍馬夫妻。 その2人が訪れたのが霧島高原です。 霧島神宮展望所からはその霧島高原を見渡すことができます。 霧島神宮にも参拝した龍馬とおりょうのパネルが境内にあります。(絵柄は小山ゆうの「お-い!竜馬」♪♪) そのパネルの先(パネルの背中側?)が展望台になっています。 広い境内ですが、龍馬とおりょうのパネルはすぐに見つかると思います。

  • 鹿児島市維新ふるさと館
    rating-image
    4.0
    427件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1
    明治維新を支えた英雄、西郷隆盛や大久保利通らを輩出した薩摩。維新ふるさと館では当時の薩摩や日本の歴史を様々な演出で紹介している。目玉は地下1階の維新体感ホールで上映されるドラマ。「維新への道」では、西郷隆盛や大久保利通の等身大ロボットやマルチスクリーンで臨場感あふれるドラマを展開、「薩摩スチューデント、西へ」では、当時の国禁を破り、英国へと派遣された留学生達の物語が描かれている。

    霧島神宮に行けなくなり、セカンドチョイスとして訪問。 しかし、1階の鹿児島に関する概略の紹介、特に薩摩語や当時の生活の模様、篤姫、会津藩や庄内藩との関係は現地に行った時の情報とリンクして興味深く拝見しました。 地下のシアターはコロナの影響で中止も、それ以外の薩英戦争や技術に長けた薩摩藩の様子とか、こちらも内容は濃かったです。 川沿いの所に特設の屋外カフェで一息出来たのも、近くに維新に参加した...

  • 黒神埋没鳥居
    rating-image
    4.0
    206件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市黒神町
    大正3年(1914)の桜島大爆発の際、大量に噴出した火山灰・軽石は、上空8000m以上まで上昇し、黒神一帯を埋め尽くした。もともと3mもあったといわれる原五社神社の鳥居は、上部約1mを残し埋没。住民は鳥居を掘り起こそうとしたが、当時の村長が大噴火の記念物として、後世に残すことを決めた。昭和33(1958)年県の文化財に指定されている。

    1914年の桜島大噴火で埋まった鳥居です。当時の地面は足元のおよそ3m下。でもその前に起きた噴火の時の地面はそのさらに下で…色々考えてしまった。

  • 照國神社
    rating-image
    4.0
    158件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市照国町19-35
    バス停・電停の「天文館」から徒歩で約5分。鹿児島県立博物館の近くにある神社で、薩摩藩の11代藩主である島津齊彬を御祭神としている。1863年に勅命によって照国大明神の神号が与えられ、その翌年に社殿が完成し、照國神社と称されるようになった。現在も鹿児島県の氏神様として多くの人々の信仰を集めている。7月11日には日の丸の旗を日本の総船印とする案が通り、幕府から発令されたことを記念した「国旗祭」が、7月15日と16日には鹿児島における夏の風物詩「六月燈」の前夜祭と頌徳祭が行なわれる。

    照国神社境内にある照国文庫資料館は無料で見学できます。 島津斉彬公や島津氏に関する資料が展示されています。 映像で見る島津家の歴史は分かり易く、興味深いものでした。 斉彬公の人物像や偉大な業績を学べて、有意義でした。 時間があれば是非お薦めしたい資料館です。

  • 鹿児島県霧島アートの森
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
    鹿児島県姶良郡湧水町の「栗野岳」標高700mの高原に広がる野外美術館。広い敷地内には、国内外のアーティストが元々の地形や自然を生かしながら制作した23点の芸術作品が点在している。これらの作品は、手で触れたり寄りかかったりしながら鑑賞できるのが特長。多くの来館者がユニークな作品とともに記念撮影を楽しんでいる。独特の四角い外観が印象的なアートホールでは屋内作品の展示や企画展が開催されるほか、カフェテリアで休憩もできる。
  • 鹿屋航空基地史料館(鹿屋スカイミュージアム)
    rating-image
    4.5
    121件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿屋市西原3-11-2
    鹿屋市にある海上自衛隊鹿屋航空基地の敷地内にある資料館。昭和11年(1936)の海軍鹿屋航空隊の開隊にはじまり、現在の海上自衛隊鹿屋航空基地に至るまでの貴重な資料が展示されている。海軍航空の発祥から30余年の短期間に発展してきた航空技術や、作戦の一環として誕生した神風特別攻撃隊の全容などは2階展示フロア。1階展示フロアには昭和27年(1952)に海上警備隊の発足によって再建された海上自衛隊航空部隊の今日までの変遷が展示されている。

    鹿屋に来たなら、ここは外してはいけません。なんとなく知ってる神風特攻隊の凄まじい歴史を、また戦争の深い歴史を伝えるとても有意義な資料館でした。

  • 鹿児島市立美術館
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町4-36
    薩摩藩主・島津氏の居城であった、鶴丸城二の丸跡に建つ私立美術館。コレクションは地元ゆかりの作家の作品や、19世紀以降の西洋美術が中心。モネの睡蓮や、セザンヌの油彩画も所蔵している。鹿児島のシンボルである、桜島をモチーフとした絵画のコレクションも見応えがある。鹿児島駅から徒歩16分。

    車で行く際は数は少ないですが正面向かって右側に駐車場があります。中にカフェもあるのでゆっくり過ごせそうです。

  • 尚古集成館
    rating-image
    4.0
    164件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
    仙巌園に隣接した博物館。集成館とは、幕末の薩摩藩主・島津斉彬が産業育成のために造った工場群のことで、この博物館の建物は機械工場として1865年に竣工したもの。現在は島津家や、薩摩藩の産業化の歴史を語り継ぐ場として活用されている。建物のほか、展示物のいくつかは国から重要文化財に指定されている。

    近代日本市における薩摩藩の重要性を改めて学ぶことができました。ところで、サッポロビールは薩摩藩由来だそうです。

  • 長島美術館
    rating-image
    4.5
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市武3-42-18
    平成元年(1989)に鹿児島市制施行100年に合わせて開館した美術館。展示室正面入口では、ロダン作「考える人」の彫刻が出迎えてくれる。ロダンの他には、シャガールなどの海外作家の絵画や彫刻、薩摩焼など約1000点を展示しており、年1-2回、別館展示室にて特別企画展を開催している。館内を鑑賞したあとは、鹿児島の市街地や桜島を一望できる喫茶室で、お茶や軽食を楽しむことができる。

    何と言っても、桜島と鹿児島市街、錦江湾が見渡せる絶好のビューポイントが敷地内にあります。ここまでは無料です。ここは城山からの眺めとはまた違って、一言で言えば「ド正面からの眺め」でしょうか。天気の良い日にどうぞ。中央駅からスマホのナビを頼りに歩きましたが、道中、自転車がかっ飛んで来て危険な長い坂道のトンネルや、人気の無い急勾配の長い階段で太ももがパンパンになり、結果、おすすめできません。車で無ければ...

  • 鹿児島神宮
    rating-image
    4.0
    100件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市隼人町内2496-1
    鹿児島県霧島市隼人町内にある神社。正八幡宮、国分正八幡、大隅正八とも称し全国正八幡の本宮でもある。神話に出てくる山幸彦(天津日高彦穂穂出見尊)とその后である豊玉比売命が主祭神。創祀年代は神武天皇年間(紀元前660年-紀元前585年)と伝えられるほど歴史は古く、安産成就の神として信仰が厚い。旧暦1月18日を過ぎた最初の日曜日に開催される初午祭は、鹿児島県の三大行事の一つに数えられており、御神馬である鈴かけ馬を先頭に人々が踊りながら参詣する珍しい祭り。

    朝早くに参拝しました。空港へ行く時間があり、たまたま見つけて立ち寄ってみました。住宅街にあるのに、とても静かで厳かでした。

  • 薩摩伝承館
    rating-image
    4.5
    56件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県指宿市東方12131-4
    薩摩の文化を伝える、歴史博物館。平等院鳳凰堂をモデルとした美しい建物が特徴。薩摩の歴史と文化を五感で感じてほしい、というコンセプトのもと展示が行われている。展示の多くは、薩摩に古くから伝えられてきた、中国や薩摩の美術品。金で彩られた豪華な陶磁器などが含まれる。幕末にかけての歴史的な文書や勲章、書画などもあわせて展示されている。ミュージアムレストランでは薩摩の味が楽しめる。

    「伝承館」という名前から、素朴な民芸品的なものを想像していましたが、全く違い、驚きました。それをガイドさんの説明を聞かれると、より深く理解できます。

  • 鹿児島県立博物館
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町1-1
    シティビュー「西郷銅像前」から徒歩約5分。歴史ある自然史系博物館で、桜島大正噴火の記録を残すために設置されたのがはじまり。本館は飼育動物および企画展会場になっている1階、南北600kmに渡る鹿児島の自然に触れられる2階、自然を活かした鹿児島の産業を3D劇場などで学べる3階から成る。別館の宝山ホール4階には、プラネタリウムや様々な恐竜の実物全身骨格標本、そしてアンモナイトなどの化石も展示されている。

    照国神社のすぐ近くにあるレトロな建物。もともとは昭和2年に竣工した、県立図書館で、国の登録有形文化財に指定されている歴史的建築物です。内部は博物館になっていて、入館は無料です。小学生くらいの子供さんがたくさんこられていました。鹿児島の自然がよくわかります。

  • 釜蓋神社(射楯兵主神社)
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市頴娃町別府6827
    鹿児島県南九州市頴娃町に鎮座する神社。別名は「釜蓋神社」。釜蓋を頭の上に載せて祈願する「釜蓋願掛け」や素焼きの釜蓋を投げる「釜蓋投げ」などユニークな参拝方法で有名。勝負事や開運・開拓・厄除け・武運長久にご利益があるとされ、芸能人や有名スポーツ選手も訪れる勝負事に強い神社としてパワースポットにもなっている。神社の裏にある「希望の岬」からは大海原と開聞岳が望める。
  • 万世特攻平和祈念館
    rating-image
    4.5
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県南さつま市加世田高橋1955-3
    陸軍最後の特攻基地「万世飛行場」跡に建てられた記念館。平成5年(1993)に開館し、館内には日本に一機だけの「零式水上偵察機」や、特攻隊員たちが肉親たちに残したメッセージ、遺品・遺影などが多数展示されている。また、映像を使って当時の関係者の証言や資料映像を紹介していて、17歳の少年飛行兵を含めた200名近い特攻隊員の最後を知ることができる。毎年4月には、万世特攻慰霊碑「よろずよに」前で慰霊祭が行われている。

    二階建の資料館で1Fは撮影可能、2Fは禁止されていますが1Fの展示には海底から引き揚げられた実機や映像など写真を撮る気にならないような展示が多くありました。他の方も触れていますが、知覧と展示内容が重複するところもありますが、こちらの方が小規模とはいえそれでも一つひとつの展示をじっくり見ていくと2時間あっても足りないくらいかと思います。老若男女全ての人に見てもらって色々と感じ取ってほしいと思いました...

  • 種子島開発総合センター「鉄砲館」
    rating-image
    4.0
    65件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県西之表市西之表7585
    南蛮船をイメージした外観が特徴的な博物館。1543年に種子島に伝来したポルトガル銃や、国内で初めて作られた銃などが展示されている。種子島の歴史や文化についてジオラマ、ビデオなどで展示したコーナーもあり、島内を回る前に見学すると観光をより楽しめる。西之表港から徒歩10分。

    島の北部西之表の中心にある施設です。ポルトガルから伝わってきた銃や国産の火縄銃などが展示してあります。火縄銃を持って写真を撮ることもできます。

  • 西郷南洲流謫跡
    rating-image
    3.5
    56件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡龍郷町龍郷166
    西郷隆盛が奄美大島での潜居を命じられ、約3年余りを過ごした木造家屋。現在は奄美での妻・愛可那氏の子息が管理する私有地であり、資料館として有料で一般公開されている。家屋内は、西郷隆盛の経歴や直筆の書、愛可那氏の石碑など貴重な品を展示している。そのほか、「勝海舟」が寄せた碑文が彫られた石碑も建てられている。

    到着までに、西郷どん上陸の地や菊次郎生誕地がある。その先を左折して民家に南洲のぼりが目印。通りに4台無料駐車場有り。遠い親戚のおじさんが、「アイカナ」の説明をしてくれる。歴史を感じさせるが、説明からすると、建て替えられたかもしれない。周辺は、売り家や売地が多い。

  • 知覧武家屋敷庭園
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市知覧町郡13731-1
    「薩摩の小京都」と称される、折れ曲がった本馬場通りに沿って石垣と生垣が連なり、町全体がまるで箱庭のように美しい武家屋敷群である。広い地区内には七つの庭園があり、森重堅邸庭園のみ池泉式で、他はすべて、水がなく石や砂などで山水の風景を表す枯山水式。琉球や中国の庭園文化の影響も伺え、国の名勝に指定されている。
  • かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
    rating-image
    3.5
    35件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町5-1
    JR鹿児島中央駅より市電鹿児島駅行き乗車、「朝日通」駅より徒歩7分のところにある文学館。かごしま近代文学館では、鹿児島に特に縁の深い28名の作家に関する常設展示がされており、鹿児島にちなんだ作品に触れることができる。隣接するかごしまメルヘン館では、トリックアートやアスレチック、季節にちなんだ仕掛けで、まるで童話の主人公になったような体験ができ、子どものみならず大人も楽しめる。なお両館を訪れる場合は、共通入場券も用意されている。

    今回は日本が生んだ天才 かこさとし の展示を見てきました かこさとし の絵本から学べる事柄の多様性 絵の可愛さ どうやったら伝わるか?という工夫 少年から年配の方まで実に楽しめる展示 そして鹿児島にまつわる資料もあって しっかり楽しめます

  • 西郷隆盛銅像
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町4-36
    明治維新に大きな功績を残した西郷隆盛。西南戦争の際、西郷最後の地となったこの城山に、没後50年祭を記念して造られた銅像である。高さ8mの威風堂々としたモニュメントであり、制作者は「忠犬ハチ公」の作者でもある鹿児島市出身の彫刻家・安藤照。

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す