鹿児島の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 霧島神宮
    rating-image
    4.0
    951件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
    建国神話の登場人物である瓊々杵尊を祀る神社。現在の社殿は正徳5年(1715)に建てられたもので、元々は6世紀ごろ高千穂峰と火常峰の間にある背門丘に造られたのが創建とされる。本殿、拝殿などは重要文化財に指定されている。坂本竜馬が新婚旅行で訪れた場所としても有名。桜と紅葉の名所でもある。JR日豊本線「霧島神宮駅」よりバスで10分。

    本殿までの参道に大きな赤い鳥居が三つもあるのが凄い。一番大きな一の鳥居を見ながら、大駐車場へ。参道を歩いて行くと、三の鳥居近くに国歌で歌われているさざれ石や、普通は丸い竹なのに四角形の四方竹(しほうちく)があります。さざれ石や四方竹を見るのは生まれて初めて感激しました。本殿まで来ると右側に杉のご神木まであります。パワースポットが至る所にあるようです。

  • 鹿児島市維新ふるさと館
    rating-image
    4.0
    430件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1
    明治維新を支えた英雄、西郷隆盛や大久保利通らを輩出した薩摩。維新ふるさと館では当時の薩摩や日本の歴史を様々な演出で紹介している。目玉は地下1階の維新体感ホールで上映されるドラマ。「維新への道」では、西郷隆盛や大久保利通の等身大ロボットやマルチスクリーンで臨場感あふれるドラマを展開、「薩摩スチューデント、西へ」では、当時の国禁を破り、英国へと派遣された留学生達の物語が描かれている。

    薩摩の維新の偉人たちに関する展示をしています。 そんなに大きくない建物ですが、内容は意外と充実しており楽しめました。 地階では機械人形を用いたドラマ上演がされているなど、展示に様々な工夫がされていて面白かったです。

  • 知覧特攻平和会館
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県南九州市知覧町郡17881
    第二次世界大戦時の特攻隊についての資料や、隊員の遺品を所蔵する博物館。当時の記録を後世に残し、平和を祈念する目的で、かつて出撃基地があった地に設立された。10名以上で訪れる場合は、事前に予約すれば語り部の講話を聞くことができる。英語、中国語、韓国語に対応した音声ガイドあり。

    知覧平和公園内、知覧町護国神社の隣にあり、参道には多くの石灯籠が立ち並んでいる。観音堂は1955年の建立で「知覧特攻平和観音像」が安置されている。この観音像の体内には特攻隊員の芳名を記した巻物が納められているとのこと。

  • 鹿屋航空基地史料館(鹿屋スカイミュージアム)
    rating-image
    4.5
    125件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿屋市西原3-11-2
    海上自衛隊鹿屋航空基地の敷地内にある資料館。昭和11年(1936)の海軍鹿屋航空隊の開隊から、現在の海上自衛隊鹿屋航空基地に至るまでの貴重な資料が展示されている。発祥から30余年の短期間に発展してきた航空技術や、作戦の一環として誕生した神風特別攻撃隊の全容などは2階展示フロアに。1階展示フロアには海上自衛隊航空部隊の今日までの変遷が展示されている。

    知覧に比べれば、小さいですがここもやはり過去の特攻の歴史がつづられてるのでやはり行くべき場所だと思います。 今の時代 人とのふれあいや優しや 関心が本当にない時代です。 今の若者は、自分しか関心がない・・・・ 本当に親兄弟を大事にしてた時代に戻ってほしいぐらいですね。 ですからコロナがきたんかな・・・。 さて、ここにもゼロ戦が飾ってあって、ゼロ戦のみ写真OKです^^。 ですが、読むもの...

  • 黒神埋没鳥居
    rating-image
    4.0
    209件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市黒神町
    大正3年(1914)の桜島大爆発の際、大量に噴出した火山灰・軽石は、上空8000m以上まで上昇し、黒神一帯を埋め尽くした。もともと3mもあったといわれる原五社神社の鳥居は、上部約1mを残し埋没。住民は鳥居を掘り起こそうとしたが、当時の村長が大噴火の記念物として、後世に残すことを決めた。昭和33(1958)年県の文化財に指定されている。

    一番桜島の、脅威を感じるところです。一晩で、鳥居が2mも火山灰に埋もれたそうです。中学校の校庭のすぐ下にあります。桜島へ行ったらここを見なくっちゃ!

  • 鹿児島県霧島アートの森
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-220
    鹿児島県姶良郡湧水町の「栗野岳」標高700mの高原に広がる野外美術館。広い敷地内には、国内外のアーティストが元々の地形や自然を生かしながら制作した23点の芸術作品が点在している。これらの作品は、手で触れたり寄りかかったりしながら鑑賞できるのが特長。多くの来館者がユニークな作品とともに記念撮影を楽しんでいる。独特の四角い外観が印象的なアートホールでは屋内作品の展示や企画展が開催されるほか、カフェテリアで休憩もできる。
  • 鹿児島神宮
    rating-image
    4.0
    101件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市隼人町内2496-1
    鹿児島県霧島市隼人町内にある神社。正八幡宮、国分正八幡、大隅正八とも称し全国正八幡の本宮でもある。神話に出てくる山幸彦(天津日高彦穂穂出見尊)とその后である豊玉比売命が主祭神。創祀年代は神武天皇年間(紀元前660年-紀元前585年)と伝えられるほど歴史は古く、安産成就の神として信仰が厚い。旧暦1月18日を過ぎた最初の日曜日に開催される初午祭は、鹿児島県の三大行事の一つに数えられており、御神馬である鈴かけ馬を先頭に人々が踊りながら参詣する珍しい祭り。

    霧島市だと霧島神宮となってしまいそうですが鹿児島神宮もお薦めです。 霧島神宮より参拝客も少なく駐車場にもすぐ停められました。 一番下にある駐車場から階段を上っていくと本殿に到着しました。風格漂う本殿で気にいりました。 霧島神宮とセットで訪問するのが良いかもしれません。

  • 鹿児島市立美術館
    rating-image
    4.0
    66件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町4-36
    薩摩藩主・島津氏の居城であった、鶴丸城二の丸跡に建つ私立美術館。コレクションは地元ゆかりの作家の作品や、19世紀以降の西洋美術が中心。モネの睡蓮や、セザンヌの油彩画も所蔵している。鹿児島のシンボルである、桜島をモチーフとした絵画のコレクションも見応えがある。

    鹿児島市電の「朝日通」電停から徒歩5分。国道10号沿い、鹿児島城跡にある。 1986年にBCS賞を受賞した建物は、シンメトリーで外壁には薄いベージュの石が貼られている。ドーム下のエントランスは大理石仕上げで明るい雰囲気であるものの、看板やポスターがごちゃごちゃした印象を与えてしまっている。 常設展の観覧料は300円と格安。展示室内は撮影禁止。ルノワール、モネ、ピカソ、ウォーホル、ダリなどの作品も展...

  • 尚古集成館
    rating-image
    4.0
    167件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
    仙巌園に隣接した博物館。集成館とは、幕末の薩摩藩主・島津斉彬が産業育成のために造った工場群のことで、この博物館の建物は機械工場として慶応元年(1865)に竣工したもの。現在は島津家や、薩摩藩の産業化の歴史を語り継ぐ場として活用されている。建物のほか、展示物のいくつかは国から重要文化財に指定されている。

    世界遺産「明治日本の産業革命」の構成資産のひとつです。アジア初の西洋式工場群を作った島津斉彬の功績の大きさとともに確かに鹿児島が実質的に日本の中心であった時代があったことを感じられました。明治天皇行幸の碑もありました。ちなみに内部は撮影できません。

  • 長島美術館
    rating-image
    4.5
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市武3-42-18
    平成元年(1989)、鹿児島市制施行100年に合わせて開館した美術館。展示室正面入口では、ロダン作「考える人」の彫刻が出迎えてくれる。ロダンの他には、シャガールなどの海外作家の絵画や彫刻、薩摩焼など約1000点を展示しており、年1-2回、別館展示室にて特別企画展を開催している。館内を鑑賞したあとは、鹿児島の市街地や桜島を一望できる喫茶室で、お茶や軽食を楽しむことができる。

    何と言っても、桜島と鹿児島市街、錦江湾が見渡せる絶好のビューポイントが敷地内にあります。ここまでは無料です。ここは城山からの眺めとはまた違って、一言で言えば「ド正面からの眺め」でしょうか。天気の良い日にどうぞ。中央駅からスマホのナビを頼りに歩きましたが、道中、自転車がかっ飛んで来て危険な長い坂道のトンネルや、人気の無い急勾配の長い階段で太ももがパンパンになり、結果、おすすめできません。車で無ければ...

  • 釜蓋神社(射楯兵主神社)
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市頴娃町別府6827
    釜蓋を頭の上に載せて祈願する「釜蓋願掛け」や素焼きの釜蓋を投げる「釜蓋投げ」などユニークな参拝方法で有名なことから「釜蓋神社」とも呼ばれる神社。勝負事や開運・開拓・厄除け・武運長久にご利益があるとされ、芸能人や有名スポーツ選手も訪れる勝負事に強い神社としてパワースポットにもなっている。神社の裏にある「希望の岬」からは大海原と開聞岳が望める。
  • 薩摩伝承館
    rating-image
    4.5
    57件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県指宿市東方12131-4
    薩摩の文化を伝える歴史博物館。平等院鳳凰堂をモデルとした美しい建物が特徴。薩摩の歴史と文化を五感で感じてほしい、というコンセプトのもと展示が行われている。展示の多くは、薩摩に古くから伝えられてきた、中国や薩摩の美術品。金で彩られた豪華な陶磁器などが含まれる。幕末にかけての歴史的な文書や勲章、書画などもあわせて展示されている。ミュージアムレストランでは薩摩の味が楽しめる。

    指宿には開聞岳と砂蒸し以外これといった観光スポットが無いので、とりあえずの訪問。 人工池の上に佇む建物は圧巻で、気品があります。 で、何も考えずにチケットカウンターで「大人2枚」と言ったら「3,000円」と! おいおい、一人1,500円は高いだろ!と思いつつも館内に足を踏み入れたら展示物の素晴らしい事にビックリ。 昔の資産家の財力や薩摩伝統の美術品収集にかける熱意も充分に感じました。 駆け足で鑑賞...

  • 鹿児島県立博物館
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町1-1
    歴史ある自然史系博物館で、桜島大正噴火の記録を残すために設置されたのがはじまり。本館は飼育動物および企画展会場になっている1階、南北600kmに渡る鹿児島の自然に触れられる2階、自然を活かした鹿児島の産業を3D劇場などで学べる3階から成る。別館の宝山ホール4階には、プラネタリウムや様々な恐竜の実物全身骨格標本、そしてアンモナイトなどの化石も展示されている。

    照国神社のすぐ近くにあるレトロな建物。もともとは昭和2年に竣工した、県立図書館で、国の登録有形文化財に指定されている歴史的建築物です。内部は博物館になっていて、入館は無料です。小学生くらいの子供さんがたくさんこられていました。鹿児島の自然がよくわかります。

  • 鹿児島県歴史・美術センター黎明館
    rating-image
    4.0
    110件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町7-2
    島津家の居城・鹿児島城(鶴丸城)の本丸跡に建つ人文系の総合博物館。昭和58年(1983)の開館以来、鹿児島の歴史民俗や文化遺産に関する展示、研究などを行っている。貴重な文化遺産15万5千点のなかでも特に幕末維新期の資料が充実しており、ジオラマや映像、クイズなどを通じて歴史的な時代背景を楽しく学ぶことが可能だ。敷地内には今でも鹿児島城時代の濠や石垣、石橋などが残っている(県指定史跡)。

    鹿児島市電の「市役所前」電停から徒歩5分ほど。 鹿児島城跡に建てられた博物館兼美術館。入館料は400円だが、市電・市バスの一日乗車券を提示すると300円に割引となる。一部を除き撮影禁止。1階は石器時代から現代までの歴史、2階は民俗・文化、3階は絵画、刀剣、薩摩焼などの美術品が展示されている。屋外にも銅像・石像、古民家などがあるので、じっくり見学するなら2-3時間はみておいた方がいいでしょう。

  • 万世特攻平和祈念館
    rating-image
    4.5
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県南さつま市加世田高橋1955-3
    陸軍最後の特攻基地「万世飛行場」跡に建てられた記念館。平成5年(1993)に開館し、日本に一機だけの「零式水上偵察機」や、特攻隊員たちが肉親たちに残したメッセージ、遺品・遺影などを多数展示している。映像を使って当時の関係者の証言や資料映像を紹介しており、17歳の少年飛行兵を含めた200名近い特攻隊員の最後を知ることができる。毎年4月には、万世特攻慰霊碑「よろずよに」前で慰霊祭が行われている。※改装のため休館(2020年8月24日から2021年3月31日まで)

    二階建の資料館で1Fは撮影可能、2Fは禁止されていますが1Fの展示には海底から引き揚げられた実機や映像など写真を撮る気にならないような展示が多くありました。他の方も触れていますが、知覧と展示内容が重複するところもありますが、こちらの方が小規模とはいえそれでも一つひとつの展示をじっくり見ていくと2時間あっても足りないくらいかと思います。老若男女全ての人に見てもらって色々と感じ取ってほしいと思いました...

  • かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
    rating-image
    3.5
    35件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町5-1
    かごしま近代文学館では、鹿児島に特に縁の深い28名の作家に関する常設展示がされている文学館。鹿児島にちなんだ作品に触れることができる。隣接するかごしまメルヘン館では、トリックアートやアスレチック、季節にちなんだ仕掛けで、まるで童話の主人公になったような体験ができ、子どものみならず大人も楽しめる。なお両館を訪れる場合は、共通入場券も用意されている。

    今回は日本が生んだ天才 かこさとし の展示を見てきました かこさとし の絵本から学べる事柄の多様性 絵の可愛さ どうやったら伝わるか?という工夫 少年から年配の方まで実に楽しめる展示 そして鹿児島にまつわる資料もあって しっかり楽しめます

  • 西郷隆盛銅像
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町4-36
    明治維新に大きな功績を残した西郷隆盛。西南戦争の際、西郷最後の地となったこの城山に、没後50年祭を記念して造られた銅像である。高さ8mの威風堂々としたモニュメントであり、制作者は「忠犬ハチ公」の作者でもある鹿児島市出身の彫刻家・安藤照。
  • 知覧武家屋敷庭園
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市知覧町郡13731-1
    「薩摩の小京都」と称される、折れ曲がった本馬場通りに沿って石垣と生垣が連なり、町全体がまるで箱庭のように美しい武家屋敷群である。広い地区内には七つの庭園があり、森重堅邸庭園のみ池泉式で、他はすべて、水がなく石や砂などで山水の風景を表す枯山水式。琉球や中国の庭園文化の影響も伺え、国の名勝に指定されている。
  • ホタル館富屋食堂(鳥浜トメ資料館)
    rating-image
    4.0
    59件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県南九州市知覧町郡103-1
    第二次世界大戦時に「特攻の母」として慕われた鳥濱トメさんが営んでいた陸軍の指定食堂。その跡地に食堂を復元し、現在は資料館となっている。館内1階は、特攻隊員の写真や遺品など貴重な展示を、2階にはトメさんの生涯について紹介されている。

    平和会館と同じ入館料500円というのは高すぎると思います。似たような展示品で数も少ないので200円くらいが妥当ではないでしょうか。こちらは私営なので仕方ないのかもしれませんが。外から見るだけで充分だと思います。

  • JAXA(ジャクサ)内之浦宇宙空間観測所
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県肝属郡肝付町南方1791-13
    科学観測ロケットや科学衛星の打ち上げ、そしてそれらの追跡・データ取得などを主な業務としている観測所。昭和37年(1962)以来、400機を越えるロケットの打ち上げを行っている。国内初の人工衛星以来、40個近くの衛星や探査機を送り出してきた観測所は見学も可能。施設内ではロケットや科学衛星のモデル、科学機器などが展示されているほか、宇宙関連グッズの自動販売機も。

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す