長崎の歴史的建造物スポット一覧

  • 島原城
    rating-image
    4.0
    303件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市城内1-1183-1
    有明海に臨み、雲仙岳の麓に位置する「島原城」。五層天守閣を中核に大小の櫓を配した、安土桃山期の築城様式を取り入れた城である。高く頑丈な石垣が特長で、寛永元年(1624)の完成以来、約250年間、4氏19代の居城となり様々な歴史の舞台となった。明治維新の際に解体されたが、昭和39年(1964)に天守閣を復元。館内は資料館となり、キリシタン資料や郷土資料などが展示されている。

    熊本市内に滞在したので、市内から日帰りで訪れました。 移動手段はめぐりんバスを利用、島原城入場などのコミコミチケットを購入したのでお得に周遊できました。 湧水庭園四明荘のお茶とおかみさんのおもてなし、清流亭の地元産物販などどれも心に残る旅になりました。 新型コロナウイルスの影響で観光客が少なかったのかもしれませんが、ゆったりとした時間を過ごしました。

  • 平戸城
    rating-image
    4.0
    166件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県平戸市岩の上町1458
    平戸藩・松浦氏の居城。当時の築城技術としては珍しい山鹿流を取り入れたものである。もとは慶長4年(1599)に「日の岳城」として築城が始められたが、完成が間近となった慶長18年(1613)に豊臣秀吉との親交が深かったために徳川家康から嫌疑をかけられ、当主の鎮信自ら城を焼却。以来約約90年間を「御館」で過ごし、1704年「平戸城」の再築を始め1718年に完成した。平戸港を眼下に見下ろす天守閣からの眺めは素晴らしく、黒子島の原生林(天然記念物)や平戸大橋なども一望できる。

    平戸島へ入って初めに向かったのが、こちらの平戸城でした。平戸城がある一帯は一つの山(丘)になっていて、海側から登って行くと、亀岡神社のすぐ横にある駐車場に着きました。神社を参拝してからお城へと向かいましたが、工事中で場内には入れませんでした。 平戸城を後にした私たちは、オランダとの貿易が盛んにおこなわれていたエリア(オランダ商館などが残っている場所)に向かいました。途中の海岸から見ると、山の頂...

  • 眼鏡橋
    旅行/観光
    長崎県長崎市魚の町
    中島川にかかる石橋で、寛永11年(1634)、興福寺の黙子如定禅師が架設した。全長22m、幅3.6m、川面までの高さは5.46mの、日本で初めてのアーチ式石橋だ。二つの半円を描くような形の橋が水面に反射し、遠目にはまるで眼鏡のように見えることからこの名がつけられた。日本橋、錦帯橋と並ぶ日本三大名橋の一つである。昭和35年(1960)国の重要文化財に指定された。
  • 長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館 長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市松が枝町4-27
    明治37年(1904)に竣工したこの建物は、明治-昭和初期の建築界の偉才、下田菊太郎が設計した現存する唯一の遺構であり、国指定重要文化財となっている。長崎市内の洋館群の中にあっては最大級であり、1階部分を連続アーチのアーケードとして、2・3階部分にコリント式の円柱を通した大オーダーとし、その上に三角破風の屋根をのせるなど、海側の正面性を重視したデザインとなっている。香港上海銀行長崎支店は当時神戸以西唯一の外国銀行で、在留外国人、なかでも貿易商を主な取引先として外国為替やロンドン・上海・香港における外貨の売買を主要業務とした特殊為替銀行であった。「長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム」を併設し、中国革命の父孫文とその革命を支えた長崎出身の実業家・梅屋庄吉の国境を越えた友情や、国際貿易港であった長崎の歴史等を紹介している。また、楽しく学べる体験コーナーもある。

    路面電車の「大浦天主堂」電停から徒歩3分。国道499号沿いに建つ。 1904年築の建物は国の重要文化財に指定されている。1階は入館無料で銀行業務を行っていた当時のカウンターや支店長室(と推測される部屋)などがある。2階と3階のミュージアムは有料(300円)。孫文とその支援者梅屋庄吉、華僑、当館の設計者である下田菊太郎に関する資料などが展示されている。ここは建物自体が一番の見どころ。重厚な外観と合わ...

  • 旧野首教会
    旅行/観光
    長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷野首
    五島列島の北端に位置する野崎島の島民たちにより明治41年(1908)に建設されたもので、現在では島に集落が存在しないため廃堂となっている。かつての集落跡は「野崎島の集落跡」として、世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産となっている。
  • 東山手甲十三番館
    旅行/観光
    長崎県長崎市東山手町3-1
    オランダ坂沿いにある歴史的建造物。外国人居留地であった同地に残る代表的な洋風住宅となっている。現在は無料で公開されているほか、喫茶店としても利用されており、レトロな建物でコーヒーを味わえる。
  • 小菅修船場跡
    旅行/観光
    長崎県長崎市小菅町5
    長崎市小菅町の国道499号線沿いにある歴史的建造物。ユネスコの世界遺産に登録されている「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つ。薩摩藩が外国から輸入した蒸気船の補修を目的とし、小松帯刀、五代友厚、グラバーらにより建設計画が進められ、明治元年(1869)に完成した。蒸気機関による曳き揚げ装置を備えた日本で最初の「スリップドッグ」として知られる。明治期に三菱に払い下げられた後、昭和28年(1953)に閉鎖。
  • 雲仙市国見神代小路歴史文化公園 鍋島邸
    旅行/観光
    長崎県雲仙市国見町神代丙103-1
    雲仙市国見町神代丙にある公園。国の重要文化財に指定されている「旧鍋島家住宅」を中心とした一帯を整備したもの。2月頃に開花するヒガンザクラの大木などがある庭園のほか、現在は邸内の見学も可能となっている。
  • 旧出津救助院
    旅行/観光
    長崎県長崎市西出津町2696-1
    長崎市西出津町にある歴史的建造物。明治時代に同地方に赴任したフランス人宣教師のド・ロ神父が、地域の女性のための授産施設として明治16年(1883)に建設したもので、マカロニ工場や薬局、製粉工場などを併設している。国の重要文化財に指定されているほか、世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「外海の出津集落」にも含まれる。
  • 東山手洋風住宅群(7棟)
    旅行/観光
    長崎県長崎市東山手町6-25
    長崎市東山手町のオランダ坂通り沿いにある歴史的建造物。かつての外国人居留地に明治20年代後半に建設されたもので、ほぼ同様の構造とデザインで建てられた7棟の洋館が並んでいることから、社宅もしくは賃貸住宅として利用されたと推察される。現在7棟の内6棟は同地区の町並み保存センターや資料館として、1棟はレストラン「地球館」として利用されている。
  • 南山手レストハウス(南山手乙27番館)
    旅行/観光
    長崎県長崎市南山手町7-5
    長崎市南山手町にある歴史的建造物。グラバー園に隣接する土地に、外国人居留地初期である江戸末期に建てられた住宅。現在はレストハウスとして一般公開されており、居留地時代の資料展示を行っているほか、敷地内からは大浦天主堂や長崎港の景色も楽しめる。
  • 長崎原爆遺跡(旧長崎医科大学門柱)
    旅行/観光
    長崎県長崎市坂本1
    長崎大医学部キャンパス内にある史跡。長崎に投下された原爆によって全壊した旧長崎医科大学の門柱で、国指定史跡「長崎原爆遺跡」の一つ。爆心地から約600mに位置し、台座から9cmずれた門柱は爆風の圧力測定にも使われた。長崎医科大学では、爆風による建物の倒壊と火災により、教員、生徒など890名あまりが犠牲となった。
  • 東山手十二番館
    旅行/観光
    長崎県長崎市東山手町3-7
    長崎市東山手町にある国の重要文化財指定の歴史的建造物。明治元年(1868年)に建築されたと考えられ、外国人居留地であった同地に現存する最古の洋風建築となっている。現在は「長崎市旧居留地私学歴史資料館」として、同地に多く設立されたミッションスクールに関する歴史資料を展示している。
  • 山下家 もと蔵
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県佐世保市江迎町長坂209

    見学には予約が必要ですが、いろいろなお酒を好きなだけ試飲できます。中に入るとお酒の香りがすごいです。友人といろいろなお酒を試飲してきました。

  • 旧長崎地方裁判所長官舎
    旅行/観光
    長崎県長崎市南山手町8-1 グラバー園内
  • 雲仙市小浜公会堂
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町北本町848
  • 立谷教会跡
    旅行/観光
    長崎県五島市玉之浦町立谷337-1
  • 旧リンガー(弟)住宅
    旅行/観光
    長崎県長崎市南山手町8 グラバー園敷地内
  • 藩校日新館門
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町桟原52-1
  • 武家屋敷跡
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町宮谷、桟原、中村

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す