NAVITIME Travel

長崎の旅行/観光スポット一覧

  • グラバー園(旧グラバ-住宅)
    rating-image
    4.0
    2016件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市南山手町8-1
    幕末よりこの地に建つ日本最古の木造洋風建築グラバー邸を中心に、長崎市内のさまざまな洋風建築物を移築・改築した観光施設。グラバー邸は2015年「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一つとして世界遺産への登録された。薔薇やアジサイなど季節の花々が多く植えられており、年間を通して色とりどりの景色を楽しめる。レトロな衣装での撮影ができる写真館や、港を一望できる喫茶室もあり、ゆっくり時間を取っての散策がおすすめ。

    グラバー氏は英国スコットランド出身で、貿易商人でした。1859年長崎港が開港されると貿易商人たちはこの地に住みました。中でも、グラバー氏は、数々の西洋式の近代技術を日本に紹介し、日本の発展に寄与した人物です。造船、炭鉱、水産、鉄鋼、造幣、ビール産業の分野を開拓しました。我が国初の鉄道開通の7年前に大浦海岸に蒸気機関車を試走したということです。明治時代の幕開けにふさわしい人物で、政府から勲二等を授与...

  • 長崎新地中華街
    旅行/観光
    長崎県長崎市新地町
    横浜中華街、神戸南京町と並び日本三大中華街と称される中華街。東西南北あわせて250mの十字路には約40軒の店が軒を連ねており、通りの石畳は、長崎市の姉妹都市である福建省の協力でできたものである。そして長崎の郷土料理といえば、ちゃんぽんと皿うどん。ここ新地中華街では、それぞれの店の個性溢れるちゃんぽんと皿うどんをいただける。異国情緒たっぷりの中華街を散策しながら、様々な味のちゃんぽんや皿うどんを味わおう。
  • 長崎県美術館
    遊ぶ/趣味
    長崎県長崎市出島町2-1
    「長崎水辺の森公園」に隣接し、緑や光を取り入れた開放的な雰囲気が印象的な美術館。建築は大宰府のスターバックスコーヒーや、浅草文化観光センターを手掛けた隈研吾の設計によるもので、グッドデザイン賞を始め数多くの賞を受賞している。展示品は外交官・須磨弥吉郎のコレクションを基調とし、長崎ゆかりの美術品や、スペインの美術品を多く集める。路面電車「出島」電停から徒歩2分。
  • 島原城
    rating-image
    4.0
    295件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市城内1-1183-1
    有明海に臨み、雲仙岳の麓に位置する「島原城」。五層天守閣を中核に大小の櫓を配した、安土桃山期の築城様式を取り入れた城である。高く頑丈な石垣が特長で、寛永元年(1624)の完成以来、約250年間、4氏19代の居城となり様々な歴史の舞台となった。明治維新の際に解体されたが、昭和39年(1964)に天守閣を復元。館内は資料館となり、キリシタン資料や郷土資料などが展示されている。

    観光の定番スポットとも言える場所で、百名城スタンプラリーのために訪問いたしました。中は博物館になっており、こちらからの景色も良かったです。ライトアップも楽しめました。

  • 眼鏡橋
    旅行/観光
    長崎県長崎市魚の町
    中島川にかかる石橋で、寛永11年(1634)、興福寺の黙子如定禅師が架設した。全長22m、幅3.6m、川面までの高さは5.46mの、日本で初めてのアーチ式石橋だ。二つの半円を描くような形の橋が水面に反射し、遠目にはまるで眼鏡のように見えることからこの名がつけられた。日本橋、錦帯橋と並ぶ日本三大名橋の一つである。昭和35年(1960)国の重要文化財に指定された。
  • 雲仙地獄
    rating-image
    4.0
    522件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙320
    強い硫黄の香りが立ち込め、地の底からモクモクと噴き出す白い蒸気が辺り一面を覆う、地獄の景色を彷彿させる雲仙地獄。かつてキリシタン殉教の地となったことでも知られ、殉教碑が建てられている。足を置いて地熱や噴気を体感できる「雲仙地獄足蒸し」や、「1つ食べたら、1年長生き。2つ食べたら2年長生き。3つ食べたら死ぬまで長生き」といわれる玉子を買える「雲仙地獄工房」などがある。こちらは、秋には一日2,000個以上も売れる人気商品だ。

    雲仙温泉街のすぐ近くに整備されている地獄です。 遊歩道があり、ぐるっと回ると小一時間かかります。 いくつもの地獄があり、温泉の煙が立ち込めています。硫黄の香りが強いですが、すごい迫力です。 入り口からはけっこう離れていますが、大叫喚地獄がおすすめです。

  • 壱岐島
    旅行/観光
    長崎県壱岐市
    玄界灘に浮かぶ、沖縄を除くと日本で20番目に大きい島。魏志倭人伝や日本書紀にも記述のある海上交通の要衝であり、その歴史の長さから平成27年(2015)には日本遺産の一部に認定されている。鬼ヶ島伝説の舞台とされる鬼の足跡や3月から11月の間のみ遊覧可能な辰ノ島といった自然の名所の他、古墳や遺跡、壱岐七社など観光名所は多岐に渡る。重要無形文化財に指定されている住吉大社の「壱岐大大神楽」や壱岐の島新春マラソン大会など年に一度の催し物も多い。
  • 平戸城
    rating-image
    4.0
    160件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県平戸市岩の上町1458
    平戸藩・松浦氏の居城。当時の築城技術としては珍しい山鹿流を取り入れたものである。もとは慶長4年(1599)に「日の岳城」として築城が始められたが、完成が間近となった慶長18年(1613)に豊臣秀吉との親交が深かったために徳川家康から嫌疑をかけられ、当主の鎮信自ら城を焼却。以来約約90年間を「御館」で過ごし、1704年「平戸城」の再築を始め1718年に完成した。平戸港を眼下に見下ろす天守閣からの眺めは素晴らしく、黒子島の原生林(天然記念物)や平戸大橋なども一望できる。

    改装中だと聞いて近くまでは行きませんでした。平戸港から見た平戸城です。 平戸市内を眼下に見渡せる山の上に平戸城はありました。

  • 軍艦島
    旅行/観光
    長崎県長崎市高島町端島
    長崎湾の沖合に浮かぶ端島は、軍艦島の通称で知られている。1810年頃に石炭を発見、その後、明治23年(1890)から三菱社により本格的に石炭の発掘が行われた。明治から昭和にかけて日本の近代化を支え栄えたが、昭和49年(1974)の閉山に伴い、島民が島を離れ無人島となった。現在はガイド付きのツアーで上陸、観光が可能である。2015年に軍艦島を含む明治日本の産業革命遺産が、ユネスコの世界文化遺産に登録された。
  • 展海峰
    rating-image
    4.5
    189件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県佐世保市下船越町
    複雑に入り組むリアス海岸と200余りの島々が織りなす景観美、九十九島(クジュウクシマ)。その九十九島を180度のパノラマで望める展望台で、佐世保市周辺にある展望台の中でも1番の人気だ。春には菜の花、秋にはコスモスが園地に咲き誇り、それを目当てに訪れる人も多い。

    昼間に行くと九十九島の景色が一望できます。 季節によって菜の花やコスモスなどあたり一面に咲いていてとても綺麗です!! 夜は夜景や星空を眺めることが出来ます。 これもまた綺麗です。 駐車場から展望台へ向かう途中にヤギがいて知らない人は驚くかもしれません。 年中昼から夜まで楽しめるのに入場料などないのでお勧めスポットですよ!!

  • 長崎原爆資料館
    rating-image
    4.5
    1946件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市平野町7-8
    長崎に投下された、原爆の爆心地に臨む高台の資料館。原爆投下前後の長崎の町の様子や、被爆した建物、日用品などをストーリー性のある展示を行う。一部の展示品は実際に触れることもでき、原子爆弾の凄惨さを今もなお伝えている。多言語の展示説明、オーディオガイドあり。路面電車「浜口町」電停から徒歩5分。

    かなり久しぶりに訪れました。20年ぶり3回目です。 年末でしたが、朝の10時ころだったので、人も少なかったです。 広島の資料館よりもかなりコンパクトです。 小さな子や年配の方もこれくらいの施設だと無理なくみれると思います。 原爆でひゃげた瓶や鉄、時計など、当時のものが展示されています。 資料館にくると実際に原爆があった事だと改めて認識させられます。 入館料大人200円。 子供100円。

  • 長崎県立対馬歴史民俗資料館
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町今屋敷668-1
    日本と大陸、特に朝鮮との重要な文化交流の拠点であった対馬に残る貴重な歴史的、文化的遺産を数多く展示。対馬藩の藩政記録も興味深い。

    資料館そのものは大きくありませんが、様々な資料があり、見応えがありました。対馬の歴史を知りたい方にはおすすめします。

  • 野母崎観光いも掘り園
    旅行/観光
    長崎県長崎市脇岬町
    さつまいも(10月中旬-11月上旬)
  • 中ノ浦教会
    旅行/観光
    長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷985
  • 堂崎教会堂
    rating-image
    4.5
    121件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市奥浦町2015
    明治41年に建設された赤レンガの教会が、資料館となり五島列島のキリシタンの歴史を今に伝えている。

    レンガ造りと瓦屋根、とても美しい建物です。岬の突端にひっそりとたたずんでいて、教会から見える景色がとてもキレイです。教会の中は歴史資料館になっていて、隠れキリシタンについて学べます。

  • 井持浦教会
    rating-image
    4.0
    47件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市玉之浦町玉之浦1243

    教会はステンドグラスもなく普通の教会。日本初のルルドということで雰囲気はありましたが、聖水を蛇口からいただくのは、ありがたいものいただくという気が薄らぎます。もう少し工夫をしていれば良かったと思います。 福江島の中の教会では是非立ち寄るべき教会になっておりますが、福江から1時間以上かけて訪問するかは疑問です。

  • 頭ヶ島教会
    旅行/観光
    長崎県南松浦郡新上五島町友住郷頭ヶ島638
  • 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
    旅行/観光
    長崎県長崎市平野町7-8
    原爆資料館に隣接する、原爆死没者の追悼と平和祈念を目的とした施設。遺影や手記などが閲覧でき、地下2Fにある追悼空間には死没者の名簿が納められている。施設の上部には原爆死没者が求めた「水」をたたえた水盤がおかれており、夜になると7万の追悼のあかりが灯る幻想的で美しいスポット。路面電車「原爆資料館」電停から徒歩5分。
  • 浦上天主堂
    rating-image
    4.0
    385件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市本尾町1-79
    長崎市の北に位置する、カトリック教会の聖堂。江戸時代の禁教令によって信仰を迫害された浦上の信者たちによって、明治から大正にかけて建設されたのが始まり。しかしその後原爆投下により壁一枚を残して破壊され、現在の建物は1959年に当時の形を模して再建されたものである。路面電車「平和公園」電停から徒歩5分。

    平和公園裏手から、浦上天主堂を見ることが出来ます。階段を下り歩いても数分です。原爆資料館から訪れると、感慨深いものがあります。

  • 長崎市永井隆記念館・如己堂
    旅行/観光
    長崎県長崎市上野町22-6
    妻の被爆死と、自身の闘病・被爆をきっかけに、隣人愛による恒久平和を訴え、長崎市の復興に貢献した永井隆博士の記念館。如己堂は浦上のカトリック信者らの好意で建てられたもので、生前に病室兼書斎として使用されていた。記念館には博士の遺品や書画、妻緑さんが使用していて被爆で焼け焦げたロザリオなどの資料が展示されている。

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す