島原城

城/城址

人々の熱意によって復元された、安土・桃山様式の面影を残す名城

島原の乱の遠因になったことでも知られる島原城。1873年(明治6)の廃城令ですべて取り壊されたが、島原の人々の熱望により、天守閣や櫓が復元された。毎年20-30万人が訪れる観光名所になっている。

250年間、島原藩主の居城であった島原城。すべての建物を失ってから93年の時を経てよみがえった 250年間、島原藩主の居城であった島原城。すべての建物を失ってから93年の時を経てよみがえった

「日本100名城」にも選ばれている壮麗な城

有明海に臨み、雲仙岳のふもとに位置する島原城は、天守閣を中核に大小の櫓を要所に配置した、安土桃山期の築城様式を取り入れた造りが特徴。1618年(元和4)に松倉豊後守重政によって、約7年の歳月をかけて築かれた。明治以降は廃城処分となったため、復元の際には藩日記や諸記録、絵図などを参考にしたという。城内は、全国の名城画が展示されている「西の櫓」、郷土出身の彫塑家・北村西望氏の作品が並ぶ「西望記念館(巽の櫓)」、明治-昭和に使用されていた民具が展示されている「民具史料館」、噴火活動の経緯などをスクリーンで紹介する「観光復興記念館」、そしてキリシタン史料などが展示される「天守閣」で構成されている。

五層の天守閣と巽の櫓は昭和30-40年代に復元された。石垣と堀は江戸時代からのものだ 五層の天守閣と巽の櫓は昭和30-40年代に復元された。石垣と堀は江戸時代からのものだ

まずは「西の櫓」と「観光復興記念館」へ

中へ入る前に、大手御門跡から島原城を眺めてみよう。青い空に白い五層の天守閣がよく映え、その姿は圧巻だ。立派な石垣と堀を眺めながら入り口を入って坂を上がったら、右手にある「西の櫓」から見て行こう。全国の名城画や各県のこけしなどを展示している。次は「観光復興記念館」へ。1階には120人を収容できる映像ホールがあり、1991年(平成3)の火砕流から約4年半続いた雲仙普賢岳の噴火活動の経緯を上映している。200インチの巨大スクリーンで見る迫力の映像に、大自然の驚異を感じられるだろう。また、2階は特別展や季節のイベントなどが開催される展示ホールになっている。

天守閣の1階には華やかだったキリシタン文化や南蛮渡りの文物が並ぶ 天守閣の1階には華やかだったキリシタン文化や南蛮渡りの文物が並ぶ

貴重な史料で島原の歴史をたどる天守閣

観光のハイライトである天守閣の中にもさまざまな展示があり、郷土資料館のような役割を担っている。1階の貿易・宣教時代のコーナーでは、島原地方にキリスト教や南蛮文化が栄えた様子を知ることができる。また禁教時代のコーナーでは、激しい弾圧のなかでも信仰を続けた隠れキリシタンの様子が、島原の乱のコーナーでは一揆の様子を物語る史料が展示されている。2階の郷土史料コーナーでは、藩主や島原城関係の文物を展示。松平家の家宝である太刀の「神気・神息」や、御殿で使われていた重扇の紋が付く鎧・冑(かぶと)や調度品、家臣の甲冑や秘伝書なども見ることができる。

2階郷土史料エリアでは甲冑のコレクションが見事だ 2階郷土史料エリアでは甲冑のコレクションが見事だ

庶民の生活に使われていた島原地方の焼きものなども展示されている 庶民の生活に使われていた島原地方の焼きものなども展示されている

展望所から見る360度の景色は圧巻

島原の歴史を学習したら、いよいよ5階の天守・展望所へ。1964年(昭和39)に復元された天守閣は見事な層塔型天守で、最上階からは島原市内や眉山、有明海、雲仙岳など360度の景色を眺めることができる。晴れた日には海の向こうに熊本の山々も展望できるだろう。ところで、この天守閣を時代装束で案内してくれるのが「島原城七万石武将隊」。毎日1-3名の武将が天守閣の入り口で入場者を出迎えたり、観光案内をしたりともてなしてくれる。毎週土・日曜、祝日には演舞披露も行われるので、歴史ファンはぜひスケジュールをチェックしよう。

ホログラムの天草四郎が案内するシマバラジョウMRも人気 ホログラムの天草四郎が案内するシマバラジョウMRも人気

天守閣の展望台からは島原の街を一望できる 天守閣の展望台からは島原の街を一望できる

スポット詳細

住所
長崎県島原市城内1-1183-1
電話番号
0957624766
時間
9:00-17:30
休業日
無休
料金
[入場料]大人550円、小中高生280円
駐車場
あり(100台)
※330円/回
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(PayPay、LINE Pay)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
可(館内禁煙、敷地内喫煙所あり)
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
可(館内は階段)
乳幼児の入店
ペットの入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 歴史を感じる石垣
    4.0 投稿日:2022.06.16
    時間がなくて 外側のみでしたが、いってよかったです。 車も入れる所から入って、市内を一望し、駐車場の方から 梅林を抜けて 島原駅へ 戻りました。 次は 梅の季節に来たいです。石垣が、草ぼうぼうの 自然のままで、歴史を感じさせられます。江戸城の 手入れされた石垣とは また違った味が 良いです
  • キリシタンの資料が豊富にあります
    4.0 投稿日:2022.06.06
    島原観光のシンボル、天守閣からは島原市街、有明海と雲仙岳を見渡すことができます。城の中はキリシタン史料館になっており、南蛮貿易時代、宣教時代、禁教・弾圧時代、そして島原の乱に関する資料が展示され、歴史への理解が深まりました。
  • 水の城下町のシンボル
    5.0 投稿日:2022.03.20
    水の城下町のシンボルです。島原城の周りの石垣は現在修復中でした。場内にはキリシタン資料館もあり、ゆっくり歴史を学ぶことができます。周囲には武家屋敷もあり散策にはもってこいです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          小浜・雲仙・島原エリアのおすすめスポット

          長崎のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました