NAVITIME Travel

奈良の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 奈良国立博物館
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市登大路町50
    奈良市にある明治28年(1895)開館の博物館。宮廷建築家・片山東熊が設計した「なら仏像館(本館)」は、重要文化財にも指定された明治期の洋風建築物である。館内には4つの展示棟があり、飛鳥時代から鎌倉時代までの日本の仏教美術を中心に、多数の国宝・重要文化財を含む収蔵品を保管・展示。毎年秋に「正倉院展」が開催されることで有名。
  • 東大寺
    旅行/観光
    奈良県奈良市雑司町406-1
    奈良市にある華厳宗大本山の寺院。「奈良の大仏」として奈良のシンボルとなっている盧舎那仏が本尊。天平15年(743)に聖武天皇が大仏造立の詔を発し、その大仏を安置するべく国力を尽くして建立した寺。境内には国宝である南大門や大仏殿、鐘楼、法華堂などが点在す。日本の観光スポットとして世界的に知られており、外国人観光客の姿も多い。
  • 春日大社
    rating-image
    4.5
    1524件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市春日野町160
    奈良市にある神社で、全国に1000社ほどある春日神社の総本社。奈良時代初期に、鹿島神宮より武甕槌命を御蓋山に迎えて祀ったことが起源とされる。国宝である春日造の本殿が4棟並び、荘厳華麗な南門や中門のほか、美術工芸品など多数が重要文化財の指定を受けている。節分の日と8月14・15日に約3000もの石灯籠や釣灯籠に火を入れる「万燈籠」の行事が行われ、幻想的な光景を一目見ようと多くの参拝者が訪れる。

    以前NHKのアーカイブで珍しいお祭りをテレビで見て一度行ってみたかった大社です。 朱が本当にきれいで、また敷地も広大で奈良らしいなあと思いました。 鹿の木彫りのおみくじと日本酒をお土産に購入しました。 お天気が良ければまわりもゆったり散策できお勧めです。

  • 法隆寺
    rating-image
    4.5
    526件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
    斑鳩町法隆寺山内にある寺院。推古15年(607)に聖徳太子と推古天皇によって建てられ、現在の伽藍は世界最古の木造建築群として名高く、日本の世界文化遺産第一号でもある。境内には国宝や重要文化財に指定されている建築が55棟点在し、大宝蔵院には飛鳥時代からの貴重な宝物類を数多く所蔵している。

    この寺を見ずして日本の寺を語るべからずと言いたいくらい素晴らしい寺です。 歴史的背景はもちろんのこと、寺院の設計から細部の装飾に至るまでため息の連続です。 かなり辺鄙な土地なので、わざわざ足を運ぶなら夢殿の救世観音の公開時期がお薦めです。

  • 談山神社
    旅行/観光
    奈良県桜井市多武峰319
    藤原鎌足の長男、定慧が父の遺骨をこの地に移し、天武天皇7年(678)に十三重塔を建てたのが発祥とされる神社。神仏分離以前は多武峯妙楽寺という寺院であった。享禄5年(1532)に再建され、現存する世界唯一の木造十三重塔であり、重要文化財に指定されている。中大兄皇子と中臣鎌足が大化改新の談合を行ったという山が背後にあり、「談山」と呼ばれたことが神社社号の由来。春には、天然記念物に指定される樹齢600年のウスズミザクラが咲き、桜の名所として知られる。また、秋には3000本以上のカエデが色づき、紅葉を楽しむことができる。
  • 橿原神宮
    rating-image
    4.0
    228件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県橿原市久米町934
    神武天皇とその皇后を祭神とする神社。初代の神武天皇が橿原宮で即位したと伝える「日本書紀」の記述をもとに、明治23年(1890)に明治天皇が創建した。畝傍山の麓にあり、檜皮葺き、素木造りの本殿と神楽殿が、玉砂利の参道と背景となる深い森の緑に見事に調和している。本殿は京都御所の賢所を移築したものである。

    近鉄の橿原神宮前駅から歩いて10分ほどで行けるところです。 敷地はかなり広く、立派な神宮です。 残念ながら祈祷や七五三などのイベントで来ていない一般の参詣客は一番奥までは入ることが出来ず少し残念です。 大きな池がありますが、たくさんのカモたちがいた他、カメやサギかおり自然豊かです。

  • 室生寺
    旅行/観光
    奈良県宇陀市室生78
    真言宗室生寺派の寺院で、高野山とは違い女性の参詣が可能であったことから別名「女人高野」として親しまれている。奈良時代末期に、桓武天皇の病気平癒を祈願して創建された。金堂や本堂の屋根は柿葺と桧皮葺屋根で、瓦ではなく木の皮が使われている。国宝に指定されている五重塔は、屋外にある木造の五重塔としては日本最小。本尊の釈迦如来立像や弥勒菩薩立像など、国宝や重要文化財に指定された仏像が多数、安置されている。
  • 薬師寺
    rating-image
    4.0
    422件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市西ノ京町457
    興福寺と同じく法相宗の大本山。天武天皇9年(680)に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気回復のため発願し、その後持統天皇に引き継がれて藤原京に建立された。現在地に移転したのは養老2年(718)である。当初は数々の堂舎と回廊をもつ堂々とした構成であったが、火事や戦乱により東塔を残して焼失。色鮮やかな金堂、西塔、中門、回廊および境内で最大の大講堂などが再建された。創建当時より唯一現存する国宝の東塔は、一見すると六重の塔に見えるが、三重塔である。※平成32年(2020)6月頃まで東塔は修復工事中。

    この薬師寺は他の「薬師寺」とは段違い、東塔しか現存していない(他も堂塔はあるものの全て後の時代の再建物)とは云え、この寺院は我国でも有数の規模と縁起を誇る寺院です。肝心の東塔はまだ解体修理中ですが・・・。昭和の中頃から始まった復興事業で現在は、金堂、西塔、大講堂などの真っ新な、素晴らしい堂塔が目に出来ます。ご本尊は国宝です。奈良の著名寺院を流れ作業のような参拝でなく、一か寺で一日過ごしても良いよう...

  • 興福寺
    rating-image
    4.0
    1142件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市登大路町48
    奈良市にある寺院。藤原鎌足夫人が669年に京都に創建した山階寺が起源。度重なる火災で焼失・再建の末、明治期の廃仏毀釈では廃寺同然となるが、残された東金堂や五重塔、北円堂、三重塔は国宝に指定されている。ライトアップされた夜間の五重塔は奈良を代表する風景となっている。阿修羅像などの国宝・文化財に指定された仏像も多数安置。

    散策できるところで、こんな歴史を感じる施設があるのがとても素敵ですね。 志賀直哉の旧邸がすぐそばにあったというのもうなづける場所です。

  • 総本山寺長谷寺
    旅行/観光
    奈良県桜井市大字初瀬731-1
    真言宗豊山派の総本山であり、西国三十三所観音霊場の第8番札所として賑う寺院。朱鳥元年(686)に道明上人が、天武天皇のために銅板法華説相図(国宝)を安置したことが発祥と伝えられている。本尊である十一面観音像など、多くの文化財を所蔵することで有名。仁王門から本堂(国宝)へ続く399段の石段(重要文化財)、天井に吊るされた灯籠など、伝統と歴史に彩られた見どころが多い。4月下旬からは7000株もの牡丹が満開を迎える。
  • 天河大辨財天社
    旅行/観光
    奈良県吉野郡天川村坪内107
    芸能の神とされる弁財天を祀る神社で、日本の三大弁天の一つに数えられている。多くの芸能人が訪れることでも有名で、弘法大師が千日間の修行をされたという歴史も残っている。山奥にある厳かな雰囲気が心を清めてくれると、近年ではパワースポットとしても人気。また能に関する貴重な資料も膨大に所蔵されており、年に三回、能楽が奉納されている。
  • 三輪明神 大神神社
    旅行/観光
    奈良県桜井市三輪1422
    原初の神祀りの様を伝える日本最古の神社「大神神社」は、禁足地と拝殿の間の結界 三ツ鳥居と拝殿が国の重要文化財となっている。拝殿は鎌倉時代に創建されたことが文献で知ることができるが現在のものは徳川四代将軍家綱によって再建された。ご祭神は国造りの神様として人間生活の守護神として尊崇されており、四季の祭典は自由に参列できる。JR三輪駅から徒歩約5分。
  • 唐招提寺
    rating-image
    4.5
    554件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市五条町13-46
    奈良時代、平城京を中心に栄えた南都六宗の一つである律宗の総本山。中国、唐から来日した僧、鑑真により、天平宝字3年(759)に創建された。鑑真の私寺として始まり、当初は簡素であったが、弟子の尽力により、鑑真の没後には金堂など主要伽藍が完成。本尊の盧舎那仏坐像など、多くが国宝や重要文化財に指定されている。鑑真の命日前後の6月5日から7日に限り、国宝の鑑真和上坐像が開扉される。

    この寺院は仏像もさることながら、個人的には、現存している4棟の天平建築の堂宇の素晴らしさに行く度に感動を覚える寺院です。金堂は当然、国宝です。一つ一つの堂宇が大きく、どっしりとしていて重厚な感じがします。もちろん、仏像群も息をのむ素晴らしさではありますが・・・。

  • 正倉院
    旅行/観光
    奈良県奈良市雑司町129
    東大寺の創設者である聖武天皇の遺品や、東大寺の年中行事用の仏具等、東大寺にまつわる重要物品を納めていた高床式校倉造りの宝庫で、奈良時代に創建されて以来、当時と変わらぬ姿を保ち続けている。現在は宮内庁によって管理されており、外構のみ一般公開されている。中に納められていた宝物の一部は、毎年秋に奈良国立博物館で行われる『正倉院展』で公開されている。
  • 平城宮跡
    旅行/観光
    奈良県奈良市佐紀町
    和銅3年(710)に藤原京から遷都され、以降約70年間日本の首都として政治・文化・経済の中心となった平城宮の跡地。広大な敷地内には復元された大極殿、朱雀門、東院庭園が立ち並び、荘厳な雰囲気を放っている。併設されている平城宮跡資料館・遺構展示館では、出土品や遺構をそのままの状態で展示している。国の特別史跡並びに、考古遺跡としては国内初の世界遺産に指定されている。
  • 信貴山朝護孫子寺
    旅行/観光
    奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1
    5世紀後半、聖徳太子により創建された寺である。標高437mの信貴山中腹にあり、信貴山の起源が、聖徳太子が寅年の寅の日、寅の刻に現れた毘沙門天を感得し祀ったという言い伝えによるものであることから、トラが寺の守護神となっており、いたるところに張子の虎が飾られている。桜の季節には2000を超える石灯籠が点灯し夜桜を楽しめ、秋には山全体が1000本近くの紅葉に美しく彩られる。
  • 玉置神社
    rating-image
    4.5
    88件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県吉野郡十津川村玉置川1
    大峰山脈の南端、標高1076mの玉置山山頂近くに鎮座する霊験あらたかな神社で、紀元前37年、崇神天皇の時代に王城火防鎮護と悪魔退散のために創建されたものであると伝えられている。世界遺産・大峯奥駈道の道上にあり、古くから熊野・大峰修験の行場として栄えてきた。境内には樹齢3000年といわれる神代杉をはじめとする杉の巨木群があり、平成16年(2004)には『紀伊山地の霊場と参詣道』として世界遺産に登録された。

    自動車なしでも土日ならバスが運行してます。が、やはり自動車で行かれる事をおすすめします。ルートは168を五條市から南下、熊野本宮前を通過して168を北上、又は169を瀞峡方面から西へ行く事の3つルートがあります。瀞峡からは酷道ですので運転には気を引き締めて下さい。

  • 石上神宮
    rating-image
    4.0
    94件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県天理市布留町384
    天理市布留町にある神社。物部氏の総氏神で、日本でも最古の神社のひとつ。永保元年(1081)に白河天皇が寄進したものと伝えられる拝殿、そして369年に製作されたと考えられており、日本書紀に記述のある「七枝刀(ななつさやのたち)」にあたるものとも言われる社宝の「七支刀(しちしとう)」は、いずれも国宝に指定されている。

    神宮だけありとても立派で敷地もけっこうあります。私はたまたま巫女が舞を踊っている時間に参拝することができたので、参拝される記念に舞を見物するのがおすすめです。確か午前8時半くらいだったかと。念のため確認はしてみてください。

  • 総本山 金峯山寺
    rating-image
    4.5
    210件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
    吉野山のシンボルであり、修験道の総本山。白鳳年間(7世紀後半)に役行者が開いたと伝えられる。金峯山の高台に堂々と建つ蔵王堂は天正20年(1592)に再建されたもので、東大寺大仏殿に次ぐ木造大建築。過去、現在、未来を意味する3体の蔵王権現像が安置され、高さ7mの本尊は必見。

    青い蔵王さんを見るために行きました。 堂内でゆっくり拝観できますが、懺悔のスペースがあり、小さな仕切りのスペースでより近くで蔵王さんを拝めました。 アクセスは、如意輪寺側から車で行って有料の駐車場に停めて散策、一方通行なので吉野駅方面へと山を降りる、でスムーズに行けました。

  • 南法華寺(壷阪寺)
    rating-image
    4.0
    49件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県高市郡高取町壷阪3
    西国三十三所観音霊場の第六番札所として知られる真言宗の古寺で、大宝3年(703)に創建されたものであると言われている。本尊として祀られている十一面千手観世音菩薩は眼病に霊験あらたかで、全国から多くの参拝客が訪れる。境内にある三重塔と禮堂は国の重要文化財に指定されている。

    平成になってからできた石仏と白鳳時代からの瓦や仏像などが 入り混じっています 「八角円堂」に祀られている本尊「十一面千手観世音菩薩」仏像の顔が インドの方の顔をしておられ非常に面白いお寺でした

奈良の主要エリア

around-area-map

歴史・文化、自然、世界遺産と見どころの多い奈良県。エリアによって都会的な要素からローカル的な要素も兼ね備えている地域です。京都・大阪・名古屋からは、JRや近鉄を利用して1時間~1時間半程度で到着します。 奈良県には4つの観光エリアがあります。「奈良」には平城宮跡や興福寺などがあり、奈良国立博物館や奈良県立美術館では芸術を楽しむことができます。「斑鳩・生駒」では、法隆寺や法起寺などの世界遺産を見ることができます。「飛鳥・橿原・桜井」は曽爾高原や鍋倉渓など自然豊かな地区です。「吉野」は、みたらい渓谷や蜻蛉の滝などの絶景スポットやキャンプ場施設が多くあるエリアです。「奈良」と「斑鳩・生駒」は観光スポットが多く、比較的公共交通機関も揃っています。 柿の葉寿司や奈良漬け、三輪そうめんなど、奈良県のご当地グルメも観光と併せて楽しみましょう。

奈良の写真集

目的から探す