NAVITIME Travel

奈良の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 東大寺
    rating-image
    4.5
    5555件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市雑司町406-1
    奈良市にある華厳宗大本山の寺院。「奈良の大仏」として奈良のシンボルとなっている盧舎那仏が本尊。天平15年(743)に聖武天皇が大仏造立の詔を発し、その大仏を安置するべく国力を尽くして建立した寺。境内には国宝である南大門や大仏殿、鐘楼、法華堂などが点在す。日本の観光スポットとして世界的に知られており、外国人観光客の姿も多い。

    建物も大仏様もとにかく大きくて、すごくパワーをもらえた感じがします。周辺の鹿の愛くるしさも魅力でした。

  • 法隆寺
    rating-image
    4.5
    585件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
    斑鳩町法隆寺山内にある寺院。推古15年(607)に聖徳太子と推古天皇によって建てられ、現在の伽藍は世界最古の木造建築群として名高く、日本の世界文化遺産第一号でもある。境内には国宝や重要文化財に指定されている建築が55棟点在し、大宝蔵院には飛鳥時代からの貴重な宝物類を数多く所蔵している。

    斑鳩町にある「法隆寺」に訪問しました。 法隆寺地域の仏教建造物として、世界遺産にも認定されてます。 見どころは、五重塔、夢殿、中門、金堂などがあります。

  • 三輪明神 大神神社
    rating-image
    4.5
    311件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県桜井市三輪1422
    原初の神祀りの様を伝える日本最古の神社「大神神社」は、禁足地と拝殿の間の結界 三ツ鳥居と拝殿が国の重要文化財となっている。拝殿は鎌倉時代に創建されたことが文献で知ることができるが現在のものは徳川四代将軍家綱によって再建された。ご祭神は国造りの神様として人間生活の守護神として尊崇されており、四季の祭典は自由に参列できる。JR三輪駅から徒歩約5分。

    初詣はいつも大神神社です。とても混雑していますが、荘厳な雰囲気です。出店も多くあり買食いも楽しめます。

  • 薬師寺
    rating-image
    4.0
    483件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市西ノ京町457
    興福寺と同じく法相宗の大本山。天武天皇9年(680)に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気回復のため発願し、その後持統天皇に引き継がれて藤原京に建立された。現在地に移転したのは養老2年(718)である。当初は数々の堂舎と回廊をもつ堂々とした構成であったが、火事や戦乱により東塔を残して焼失。色鮮やかな金堂、西塔、中門、回廊および境内で最大の大講堂などが再建された。創建当時より唯一現存する国宝の東塔は、一見すると六重の塔に見えるが、三重塔である。※平成32年(2020)6月頃まで東塔は修復工事中。

    池越しに見る東塔が西ノ京の風景として有名だけれども、あいにく東塔の解体修理のために膜で覆われていたのが取り除かれて東塔の姿が久々に拝めました。やはり、薬師寺といえば設立当時から残る東塔を見ないことには始まりません。

  • 春日大社
    rating-image
    4.5
    1720件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市春日野町160
    奈良市にある神社で、全国に1000社ほどある春日神社の総本社。奈良時代初期に、鹿島神宮より武甕槌命を御蓋山に迎えて祀ったことが起源とされる。国宝である春日造の本殿が4棟並び、荘厳華麗な南門や中門のほか、美術工芸品など多数が重要文化財の指定を受けている。節分の日と8月14・15日に約3000もの石灯籠や釣灯籠に火を入れる「万燈籠」の行事が行われ、幻想的な光景を一目見ようと多くの参拝者が訪れる。

    大社そのものも、神聖な空気が流れていて、参道に並ぶ春日型石灯籠についた苔も活き活きしている朝がおススメ。

  • 橿原神宮
    rating-image
    4.0
    271件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県橿原市久米町934
    神武天皇とその皇后を祭神とする神社。初代の神武天皇が橿原宮で即位したと伝える「日本書紀」の記述をもとに、明治23年(1890)に明治天皇が創建した。畝傍山の麓にあり、檜皮葺き、素木造りの本殿と神楽殿が、玉砂利の参道と背景となる深い森の緑に見事に調和している。本殿は京都御所の賢所を移築したものである。

    奈良を代表する神社です。仕事での奈良訪問でしたので、ゆっくりとする時間はありませんでしたが、おそろしく広い境内、巨大な鳥居に圧倒されました。

  • 天河大辨財天社
    rating-image
    4.5
    23件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県吉野郡天川村坪内107
    芸能の神とされる弁財天を祀る神社で、日本の三大弁天の一つに数えられている。多くの芸能人が訪れることでも有名で、弘法大師が千日間の修行をされたという歴史も残っている。山奥にある厳かな雰囲気が心を清めてくれると、近年ではパワースポットとしても人気。また能に関する貴重な資料も膨大に所蔵されており、年に三回、能楽が奉納されている。

    年の初めはここからスタート。 年初めの登山前にご挨拶。 凛とした空気漂うこの時期が一番好き。 シーンとした空気の中五十鈴を上手くならせるか。 まずはそこ。 その後に古代文字?のおみくじは他にはないよね。

  • 総本山寺長谷寺
    rating-image
    4.5
    346件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県桜井市大字初瀬731-1
    真言宗豊山派の総本山であり、西国三十三所観音霊場の第8番札所として賑う寺院。朱鳥元年(686)に道明上人が、天武天皇のために銅板法華説相図(国宝)を安置したことが発祥と伝えられている。本尊である十一面観音像など、多くの文化財を所蔵することで有名。仁王門から本堂(国宝)へ続く399段の石段(重要文化財)、天井に吊るされた灯籠など、伝統と歴史に彩られた見どころが多い。4月下旬からは7000株もの牡丹が満開を迎える。

    初めて長谷寺に伺いました。 思ってた以上に境内が広くてびっくりしました。丁度紅葉の時期に重なって紅葉も見れることが出来てよかったです。 只、電車の場合は少し歩かないと行けないのは難点です。道幅が狭い所に車が多いので少し危ないですね。

  • 室生寺
    rating-image
    4.5
    217件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県宇陀市室生78
    真言宗室生寺派の寺院で、高野山とは違い女性の参詣が可能であったことから別名「女人高野」として親しまれている。奈良時代末期に、桓武天皇の病気平癒を祈願して創建された。金堂や本堂の屋根は柿葺と桧皮葺屋根で、瓦ではなく木の皮が使われている。国宝に指定されている五重塔は、屋外にある木造の五重塔としては日本最小。本尊の釈迦如来立像や弥勒菩薩立像など、国宝や重要文化財に指定された仏像が多数、安置されている。

    近鉄線、室生口大野駅より、バスで15分で着いたのは、独特の仏教文化の寺院室生寺です。女人高野と親しまれている事でも有名です。仁王門をくぐり初めに三間四方柿茸の弥勒堂があり、弥勒菩薩立像、釈迦如来像が安置されていました。すぐ隣には、金堂があり堂内部には、釈迦如来立像・薬師如来像・十一面観世音菩薩像、等が安置されており、板塀には帝釈天曼茶羅図が画かれていました。さらに奥に進むと、室生山中最古の建築の五...

  • 玉置神社
    rating-image
    4.5
    101件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県吉野郡十津川村玉置川1
    大峰山脈の南端、標高1076mの玉置山山頂近くに鎮座する霊験あらたかな神社で、紀元前37年、崇神天皇の時代に王城火防鎮護と悪魔退散のために創建されたものであると伝えられている。世界遺産・大峯奥駈道の道上にあり、古くから熊野・大峰修験の行場として栄えてきた。境内には樹齢3000年といわれる神代杉をはじめとする杉の巨木群があり、平成16年(2004)には『紀伊山地の霊場と参詣道』として世界遺産に登録された。

    尾鷲市から出発しました。 道幅は狭く、落ち葉や落石も多かったですがなんとかたどり着きました。 近年訪れる人が多くなったようで、狭い道・山道の運転に慣れていないと思われるドライバーが多いです。 峠道ではヘッドライトをつける、カーブミラーを見る、先の方まで見て対向車に配慮する…といったことをしない車と何台もすれ違いました。これから行かれる方は十分に気を付けてください。 肝心の神社ですが、とても古い建...

  • 奈良駅
    旅行/観光
    奈良県奈良市三条本町1-1
    瓦屋根に相輪[そうりん]をのせた、和洋折衷建築の旧駅舎。鉄筋コンクリート造り2階建てで、昭和9年(1934)に2代目駅舎として完成。古都の玄関口らしい佇まいで、旧駅舎をバックに記念撮影する観光客も多い。旧駅舎は移設、保存され、奈良市総合観光案内所として活用されている。
  • 興福寺
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市登大路町48
    奈良市にある寺院。藤原鎌足夫人が669年に京都に創建した山階寺が起源。度重なる火災で焼失・再建の末、明治期の廃仏毀釈では廃寺同然となるが、残された東金堂や五重塔、北円堂、三重塔は国宝に指定されている。ライトアップされた夜間の五重塔は奈良を代表する風景となっている。阿修羅像などの国宝・文化財に指定された仏像も多数安置。

    特別拝観の時期を過ぎてからの訪問だったので、残念ながら外から見ただけになりました。 目立つ中金堂から少し奥に入った場所にあるので、あまりこちらまでは人が来ません。 華やかな印象の南円堂と比べるとやや地味な感じがしました。

  • 石舞台古墳(2020/5/31まで休業中)
    旅行/観光
    奈良県高市郡明日香村島庄
    巨石30個を積み上げて築造された、一辺が約50mの日本最大級規模の石室古墳。盛土が失われたため露出した天井石が平らなことから、石舞台と呼ばれるようになった。誰の墓であるかは不明だが、付近に蘇我馬子の庭園があることから、蘇我入鹿の祖父、馬子の墓とする説が有力である。春は桜、秋には彼岸花が周囲の広場に咲く。国の特別史跡に指定されている。
  • 金峯山寺
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
    吉野山のシンボルであり、修験道の総本山。白鳳年間(7世紀後半)に役行者が開いたと伝えられる。金峯山の高台に堂々と建つ蔵王堂は天正20年(1592)に再建されたもので、東大寺大仏殿に次ぐ木造大建築。過去、現在、未来を意味する3体の蔵王権現像が安置され、高さ7mの本尊は必見。

    吉野山のロープウェイを降りて少し歩くとこの門があります。吉野山に総門で吉野山の入り口みたいな感じです。

  • 唐招提寺(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.5
    625件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市五条町13-46
    奈良時代、平城京を中心に栄えた南都六宗の一つである律宗の総本山。中国、唐から来日した僧、鑑真により、天平宝字3年(759)に創建された。鑑真の私寺として始まり、当初は簡素であったが、弟子の尽力により、鑑真の没後には金堂など主要伽藍が完成。本尊の盧舎那仏坐像など、多くが国宝や重要文化財に指定されている。鑑真の命日前後の6月5日から7日に限り、国宝の鑑真和上坐像が開扉される。

    この地を訪れるたびに、鑑真和上の偉大さに感服させられる。その偉大さは大屋根の曲線のなんとも言えぬ優しさ、境内の素朴な建物とその配置、これらに長い航海を経てこの地にたどり着いた鑑真和上のひろき心に包まれる、そんな気にさせてくれる。

  • 南法華寺(壷阪寺)
    rating-image
    4.0
    58件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県高市郡高取町壷阪3
    西国三十三所観音霊場の第六番札所として知られる真言宗の古寺で、大宝3年(703)に創建されたものであると言われている。本尊として祀られている十一面千手観世音菩薩は眼病に霊験あらたかで、全国から多くの参拝客が訪れる。境内にある三重塔と禮堂は国の重要文化財に指定されている。

    南法華寺というのが正式名称だそうですが、壷阪寺の通名のほうが有名なお寺。眼病予防で有名ですが、奈良時代開創で山の中にあるせいか、何度も災害に苦労してきたそうです。なんでも、藤原京の内裏から南に引っ張ったライン上に古墳があり、その終点がこちらになるとか…。 インドとの縁が深く、大きな石像や大仏はインドで作られたものとのこと。また重要文化財に指定された三重塔や、大きな十一面観音像など、見所はいろいろあ...

  • 信貴山朝護孫子寺
    旅行/観光
    奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1
    5世紀後半、聖徳太子により創建された寺である。標高437mの信貴山中腹にあり、信貴山の起源が、聖徳太子が寅年の寅の日、寅の刻に現れた毘沙門天を感得し祀ったという言い伝えによるものであることから、トラが寺の守護神となっており、いたるところに張子の虎が飾られている。桜の季節には2000を超える石灯籠が点灯し夜桜を楽しめ、秋には山全体が1000本近くの紅葉に美しく彩られる。
  • 石上神宮
    rating-image
    4.0
    111件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県天理市布留町384
    天理市布留町にある神社。物部氏の総氏神で、日本でも最古の神社のひとつ。永保元年(1081)に白河天皇が寄進したものと伝えられる拝殿、そして369年に製作されたと考えられており、日本書紀に記述のある「七枝刀(ななつさやのたち)」にあたるものとも言われる社宝の「七支刀(しちしとう)」は、いずれも国宝に指定されている。

    厳かな雰囲気、立派な鶏が境内にいます。 大きな木がかなりあり、荘厳、神聖な雰囲気です。 本殿も立派で、天理に来たら、 ここですね!

  • 平城宮跡
    旅行/観光
    奈良県奈良市佐紀町
    和銅3年(710)に藤原京から遷都され、以降約70年間日本の首都として政治・文化・経済の中心となった平城宮の跡地。広大な敷地内には復元された大極殿、朱雀門、東院庭園が立ち並び、荘厳な雰囲気を放っている。併設されている平城宮跡資料館・遺構展示館では、出土品や遺構をそのままの状態で展示している。国の特別史跡並びに、考古遺跡としては国内初の世界遺産に指定されている。
  • 安倍文殊院
    rating-image
    4.0
    95件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県桜井市阿部645
    奈良県桜井市阿部にある華厳宗の寺で、大化の改新の際に安倍倉梯麻呂一族の氏寺として建立された。「三人寄れば文殊の智恵」で知られる文殊菩薩が本尊。4体の脇侍像を随侍させた快慶作の国宝「木造騎獅文殊菩薩像」は、日本最大級の大きさを誇る。境内には3つの古墳があるほか、弁財天像や安倍仲麻呂像などの寺宝が見られる「金閣浮御堂霊宝館」も見どころ。春と秋にコスモスが美しく咲き乱れ、9月にはコスモス畑の迷路が楽しめる。

    知恵の仏様 文殊菩薩が祭られ、本堂前にはたくさんの願掛け絵馬が吊り下げられています。一番の賑わいは受験シーズンの1月以降で、4月以降はボケ封じ祈願のお年寄りが参詣されるそうです。檀家のないせいか、拝観料がちょっと高いが、願が通じれば安いものかも。

奈良の主要エリア

around-area-map

歴史・文化、自然、世界遺産と見どころの多い奈良県。エリアによって都会的な要素からローカル的な要素も兼ね備えている地域です。京都・大阪・名古屋からは、JRや近鉄を利用して1時間~1時間半程度で到着します。 奈良県には4つの観光エリアがあります。「奈良」には平城宮跡や興福寺などがあり、奈良国立博物館や奈良県立美術館では芸術を楽しむことができます。「斑鳩・生駒」では、法隆寺や法起寺などの世界遺産を見ることができます。「飛鳥・橿原・桜井」は曽爾高原や鍋倉渓など自然豊かな地区です。「吉野」は、みたらい渓谷や蜻蛉の滝などの絶景スポットやキャンプ場施設が多くあるエリアです。「奈良」と「斑鳩・生駒」は観光スポットが多く、比較的公共交通機関も揃っています。 柿の葉寿司や奈良漬け、三輪そうめんなど、奈良県のご当地グルメも観光と併せて楽しみましょう。

奈良の写真集

目的から探す