北海道の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 札幌市時計台
    rating-image
    3.5
    2641件の口コミ
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区北1条西2 旧札幌農学校演武場
    「札幌時計台」の愛称で親しまれるこちらの時計台は、北海道大学の前身である旧札幌農学校の演武場として建設された。建設当初は時計塔はなく綱を引いて小さな鐘楼を鳴らす仕組みだったが、開拓長官であった黒田清隆のもと、明治14年(1881)に塔部分を新築、以来ハワード製の振子式時計が使用されている。最寄の大通駅からは徒歩で約10分。1階では時計台の歴史を、2階では演武場の歴史的な雰囲気を体感しながら、時計機械を見学できる。鐘のなる時間の見学がオススメ。

    札幌市の観光スポットですが、オフシーズンの早朝に散歩がてら訪問したところ、観光客の姿は1人見かけただけでした。 開館前で、建物内部の見学は叶いませんでしたが、外観をじっくり眺めるにはベストな時間帯でした。

  • 北海道神宮
    rating-image
    4.0
    1188件の口コミ
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区宮ケ丘474
    東西線円山公園駅から徒歩約15分。開拓・発展の神である、大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の三柱(開拓三神)を祀るため建立された。昭和30年(1955)には、西洋の文明を取り入れ日本の礎を築いた明治天皇を増祀した。春には桜の名所としても知られ、市民に親しまれている。

    北海道らしさのあるとても背の高い樹木に覆われ、広い敷地を散策するだけでも心洗われました。参拝後はちょうど見頃だった桜に目を奪われました。梅も咲いており、桜と梅のコラボは中々に楽しめました。 境内にある「きのとや」で購入した焼きたて福かしわを食べていると、運良くエゾリスがチョコチョコと走り回っている姿を見ることができました。かなり痩せており、正直言って可愛らしさは薄かったですが、貴重な体験ができまし...

  • 博物館網走監獄
    rating-image
    4.5
    780件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字呼人1-1
    網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館で、平成22年(2010)に全面リニューアルされている。デジタル映像や立体音響などの最新技術を採用し、当時の受刑者の過酷な労働に焦点をあてた「赫い囚徒の森・体感シアター」は必見。他にも、解説員による「監獄ガイドツアー」や、受刑者が実際に食べている食事が頂ける「体験監獄食」などもある。移築した建造物2件8棟が重要文化財に指定されている貴重な建物である。

    子供の頃から一度は行きたかった網走監獄。 ゴールデンカムイにも刺激されて初めて行きました。 ゆっくり見ても2時間と予想してましたが、興味津々な私には、それでは足りなかった。各種展示や上映ものをちゃんと見るなら半日は必要。 コロナのため、監獄食堂は場所を変えて営業してました。 今の北海道があるのは、昔の囚人や看守の人達あってのものなのだと、感謝感激です。

  • 白い恋人パーク
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市西区宮の沢2条2-11-36
    札幌を代表する銘菓「白い恋人」の製造工場の見学(有料)ができるテーマパーク。白い恋人に絵を描けるコースなど子供から大人まで楽しめる体験アクティビティもある。イギリスのアンティークに囲まれた空間でスイーツを楽しめるラウンジや、キャンディ職人の実演が見られるキャンディ・ラボなど、目で見ても味わっても楽しめるスポットが満載。冬と夏で違う表情を見せる美しいローズガーデンも見どころ。

    白い恋人パークで一休みの場所。以前はブリキを展示していたスペースを飲食コーナーにしているので店内にはブリキのおもちゃが飾ってあります。軽食もあるし、ドリンクは白い恋人ブレンドコーヒーをはじめオリジナルメニューも。今回はソフトクリームにしました。 白い恋人も1枚サービスされます!

  • 北海道開拓の村
    rating-image
    4.5
    554件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
    北海道開拓当時の情景を再現した野外博物館。開拓の歴史を身近に学ぶことができる。集落を模した園内は、当時の市街地、農村、漁村、山村といった4つのエリアに分けられており、実際に歩きながらそれぞれの雰囲気を味わうことが可能だ。館内の「開拓の村食堂」では、素朴な味ながらもおいしいと評判の「いももち」や、食堂オリジナルの「屯田兵定食」などが味わえる。

    北海道の歴史を知ることができ、建造物が保存されています。 構内は非常に広く、また自然のあるところもあります。 散策にも良い場所です。

  • 旧函館区公会堂
    rating-image
    4.0
    544件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町11-13
    北海道屈指の豪商・相馬哲平氏から50,000円もの寄付を受け、総工費約58,000円余りで明治43年(1910)に完成した公会堂。左右対称のコロニアルスタイルの建築で、ブルーグレーとイエローが印象的な建物。大正天皇が皇太子時代に宿舎として利用したことでも知られている。昭和49年に国の重要文化財に指定された。市電「末広町電停」下車徒歩7分。

    元町は散策に最高なので、そのついでに寄る価値大です。300円かかりますが、中の家具や調度も興味深いので、入る価値あります。近くのある旧イギリス領事館とのセット券だと100円引きです。

  • 函館ハリストス正教会
    rating-image
    4.0
    467件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町3-13
    緑の屋根と白壁のコントラストが美しい、日本で最初のロシア正教会聖堂。弁天末広通りから大三坂を上った先にある。明治の函館大火で焼失した初代聖堂に代わり、大正5年(1916)に現在の聖堂が建てられ、のちに国の重要文化財に指定された。また平成8年(1996)には、鐘楼の鐘の音が「日本の音風景百選」にも選ばれている。

    函館市内にあるハリストス正教会です。 日本最古のギリシャ正教会で、大正5年に建設されたそうです。 チャチャ登りにあり、向かいに聖ヨハネ教会があります。 残念ながら修復中でした。 このまわりには歴史的で重要な建物、観光地が多い地区なのでゆっくり散策すると良いでしょう。

  • 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
    rating-image
    3.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区北3条西6
    明治21年(1888)に完成したレンガ造りの建物で、「赤れんが庁舎」などとも呼ばれる北海道開拓使のシンボル。アメリカ風ネオ・バロック様式の建築で、国の重要文化財に指定されている。火災のために屋根と内部が焼失したが、昭和43年(1968)に創建当時のように復元された。敷地内には桜やチューリップなど多数の花が植えられており、市民の憩いの場となっている。

    北三条通りから旧道庁(赤レンガ)を散策中に立ち寄った旧道庁内にありました。2階の樺太資料館に行く前に立ち寄ってみました。

  • オホーツク流氷館
    rating-image
    4.0
    385件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市天都山244-3
    網走市・天都山に位置する、流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設。見どころは、北海道最大級のプロジェクションマッピングをはじめ、オホーツク海に生息するクリオネなどの不思議な生き物の展示など。その他、300インチのスクリーンを正面に左右上下に展開する5面シアターは迫力満点。流氷体感テラスでは、濡れたタオルを凍らせる「しばれ実験」が大人気。最上階の展望テラスからは360度の大パノラマが望め、その絶景は1938年に国の名勝にも指定されている。

    家族旅行で道東巡りをしました。初日はウトロ温泉に宿を取り、翌日は網走まで足を延ばしました。オホーツク海を見晴らす高台に、流氷館がありました。館内は零下十五度に保たれて、流氷を採取して展示している部屋があります。

  • 北海道大学
    旅行/観光
    北海道札幌市北区北8条西5
    明治9年(1876)に、札幌農学校として開校した北海道大学。その後は農業分野だけにとどまらず、北海道の開拓や進展に大きく寄与してきた。古河記念講堂、旧札幌農学校昆虫及養蚕学教室、第二農場など文化財にも指定され、当時の姿を偲ばせる建造物が多く見られる。広大な敷地のポプラ並木やハルニレの木など、自然豊かな構内を散策するのも楽しい。
  • 函館市旧イギリス領事館
    rating-image
    4.0
    258件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町33-14
    北海道函館市にある、かつてのイギリス領事官。領事館としては昭和9年(1934)まで使用されていた。旧イギリス領事館の当時の様子を楽しめる「展示室」と、函館開港の歴史を学べる「開港ミュージアム」がある。昭和54年(1979)に函館市の有形文化財に指定された。ショップやティールームも併設されているので、イギリスの伝統的アフタヌーンティーも楽しめる。

    函館市内にある旧イギリス領事館です。 坂の途中にあります。 明治の洋風建築が可愛らしいです。 無料で見学でき、館内には喫茶店もあります。 お庭は寂しい感じでしたが、シーズンになると薔薇が咲くようです。 函館駅からは距離があり、バスを利用すると便利です。

  • 日本銀行旧小樽支店金融資料館
    rating-image
    4.0
    321件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市色内1-11-16
    1900年前後、小樽市には各銀行が集中し「北のウォール街」と呼ばれるようになった。その中で日本銀行も小樽市に参入、明治45年(1912)に竣工したのが小樽支店である。当時の歴史的な建物を利用し、日本銀行の歴史や小樽の発展についての資料が展示されている。1億円(模擬)の重さや、お札の偽造防止技術も体験できるほか、1日2回のガイドツアーも行われている(所要時間約30分)。

    こちらの建物にちなんで名がついたであろう、日銀通り沿いにあります。個人的には小樽を代表する観光スポットの一つだと思っていたのですが、凄く空いてました。建物の立派さもさることながら、展示内容も無料の割にはとても充実していると思います。

  • カトリック元町教会
    rating-image
    4.0
    247件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町15-30
    ゴシック建築を用いた大鐘楼が特徴のカトリック元町教会。現在の建物は大正13年(1924)に再建されたもの。キリスト教宣教再開の象徴として、国内では最も古い歴史を持つ教会の一つ。函館市 元町函館山エリア 市電「十字街」電停下車 徒歩10分。

    函館市内にあるカトリック元町教会です。 大三坂沿いにあります。 ゴシック建築のカトリック教会で、大正13年に建築されたそうです。 このまわりには歴史的で重要な建物、観光地が多い地区、すぐ近くに聖ヨハネ教会、ハリストス正教会があります。 ゆっくり散策すると良いでしょう。

  • 札幌市青少年科学館
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    旅行/観光
    北海道札幌市厚別区厚別中央1条5-2-20
    札幌市厚別区にある科学館。体験型の展示物を中心に楽しみながら科学を学べる。なかでも、雪が降る気象条件を再現させた「人工降雪装置」など雪や氷に関する展示物が充実しているのが北国らしい。また世界最高水準の投影機によって一億個の星が輝くプラネタリウムが人気。子どもから大人まで楽しめる施設になっている。

    1981年に開館した科学館で2016年にプラネタリウムがリニューアルされたそうです。最新鋭プラネタリウムは1億個の星を投影し、星の色を忠実に再現できるそうです。プラネタリウムが主目的でしたが、時間があわず、次回の楽しみになりました。

  • 箱館奉行所
    rating-image
    4.0
    316件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市五稜郭町44-3
    江戸時代末期の明治元年(1864)、開港とともに設置された江戸幕府の役所。幕末の北方警備と、対外折衝の重責を担った奉行所である。その後、箱館戦争の舞台となり、明治時代に入ると新政府により奉行所は解体されたが、平成22年(2010)に当時の約三分の一の広さで復元。奉行所の当時の姿を垣間見ることができる。また、五稜郭から発掘された遺物なども展示されており、見どころ満載だ。

    函館で時間があったので立ち寄ってみました。旧幕府軍最後の交戦地となった場所に当時の建物の一部分が復元されています。入った感じはだだっ広い宴会場の集まり、奥に進むと高級旅館といった感じです。 箱館戦争で艦砲射撃は受けたものの建物は残っていたようですね。砲弾が届かなかったからなのか。ただここで戦闘があったらあっという間に壊れていたでしょう。造られたのは1862年、通商や外交が目的で戦闘施設ではありま...

  • 燈台の聖母 トラピスト修道院
    rating-image
    4.0
    133件の口コミ
    旅行/観光
    北海道北斗市三ツ石392
    北海道北斗市にある日本最初の男子修道院。赤レンガで造られた修道院周辺は自由に見学ができ、桜や紅葉など四季折々の自然を楽しめる。また、売店では修道士が作った「トラピストクッキー」やバターが販売されている。女人禁制のため、内部の見学は事前予約で男性のみ可能。

    修道院までの一本道はとても感動します。 国道からはすこし分かりにくいので、必ずナビらないとだめです。函館からいくと、途中、案内板があるので安心して走っていると通りすぎます。 トラピスチヌ修道院とかその点が不親切ですね。 売店がありますが、ここでしか買えないバター飴はチェックして見てください。

  • 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
    rating-image
    3.5
    23件の口コミ
    旅行/観光
    北海道札幌市南区真駒内公園1-1
    札幌市にある多目的施設。スタジアム内では、アイスホッケーやフィギュアスケートをなどの各競技のコートが設置されている。また、バドミントンや卓球を行う附属体育館も併設。施設はスポーツ教室をはじめ、コンサート会場としても使用されている。夏季と冬季で一部利用できる施設が異なる。

    札幌でライブと言えば、札幌ドーム、つどーむ、金森ホール、道新ホール、きたえーる、キタラとありますが、歴史的には札幌五輪の会場でもある、真駒内の屋外と屋内競技場ですね。ここ屋内競技場は冬場は札幌でもすっかり少なくなったスケートリンクですが、夏はもっぱらジャニーズやその他のライブ会場です。会場内にはレストランや、イベント時は出店も出ます。駐車場も隣接してますが、狭いのでアクセスは地下鉄真駒内駅から徒歩...

  • 札幌芸術の森
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市南区芸術の森2-75
    昭和61年(1986)7月、北方の新しい芸術・文化の創造を目指してオープンした札幌芸術の森。美術館や美術を体験出来る施設の他、貸し工房や野外ステージもあり、年間を通し行事も多い。授乳室等乳幼児用設備もあるのは嬉しい。札幌市内より車で約40分。地下鉄南北線 真駒内駅よりバスで約15分。
  • 北海道立近代美術館
    rating-image
    4.0
    116件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市中央区北1条西17
    昭和52年(1977)に札幌のほぼ中心部に開館した美術館。北海道の地域性と国際性をテーマに活動を展開している。所蔵作品をさまざまな切り口で紹介する「近美コレクション展」のほか、国内外の優れた作品を紹介する「特別展」を企画・開催。また、道内各地での移動美術館を実施するなどのユニークな取り組みも行っている。

    過日放送のNHK-TV「日曜美術館」が面白く、ちょうど札幌に来ているとのことで、期待もして見に行った。 神田日勝作品の魅力はともかくも、段ボールのパロディ作品みたいな作品も展示してあった。変わった美術館である。 常設展示作品にはほとんど興味はないが、次は諸橋大二郎展らしい。 変わっているのは北海道民もなのだろうか。

  • 札幌オリンピックミュージアム
    rating-image
    4.0
    172件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市中央区宮の森1274 大倉山ジャンプ競技場内
    札幌駅から車で約30分の大倉山ジャンプ競技場内にある博物館。館内では、昭和47年(1972)に開催された冬期オリンピック札幌大会時の貴重な資料の展示をはじめ、大画面を見ながらスキージャンプの体験ができるシミュレーターなども設けられている。見て触れて、ウィンタースポーツの楽しさを実感できるスポットだ。

    博物館という名前どおり、展示物もありますが、ここの施設の売りは体験設備だと思います。体重移動やジャンプによって、スキージャンプの距離を測定するような設備もあって、こどもでも楽しめます。 ただ、展示物に期待していくと、少し当てが外れるかもしれません。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す