秋田の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 秋田県立美術館
    rating-image
    4.0
    225件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    秋田県秋田市中通1-4-2
    秋田県秋田市中通にある昭和42年(1967)開館の美術館。平成25年(2013)に現在地へ移転し、建築家・安藤忠雄の設計によりリニューアルオープンした。1930年代を中心に、洋画家・藤田嗣治(レオナルド・フジタ)の作品など多数の名画を収蔵・展示している。見どころは、幅20m以上もある壁画「秋田の行事」。支柱のないらせん階段や千秋公園を望む水庭など、ユニークな建築も必見。

    秋田駅からは徒歩で10分ほどのところにある美術館、コンクリート造りの美しい美術館なのですが何故かインパクトは少ないちょっと残念な場所です。 常設展示されている秋田の行事は一見の価値はありますがそれ以外は少し地味です。

  • たつこ像
    rating-image
    3.5
    124件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市西木町西明寺潟尻
    仙北市西木町西明寺字潟尻、田沢湖の西岸に建つ像。永遠の若さと美しさを願った少女がお告げに従って森の泉の水を飲み、ついには龍と化して田沢湖の主になったという「たつこ姫伝説」に由来する。

    訪問した日は晴れていたので、空の青と湖の青の中に、金色のたつこ像がきれいでした。お写真に撮影するととてもきれいに映りました。 近くの土産物屋さんで売っていた龍角散ビールが、ハーブ味がしてのどがすっきりする味で面白かったです。

  • 秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)
    rating-image
    4.0
    145件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県秋田市大町1-3-30
    竿燈をはじめとする郷土の民俗行事や芸能の保存伝承資料館。秋田竿燈まつりで知られる竿燈をはじめ、秋田の民俗芸能に関する展示などを行っている。館内には練習室や会議室も備え、夏には民俗芸能発表会も開催されている。竿燈に実際に触れられるチャレンジコーナーも。

    くるりん周遊パスを利用して竿燈祭りを紹介する「ねぶり流し館」へ。大きな建物を想像していたが、工事中ということもあって意外と地味な印象。場末の劇場のような入り口を入って右が展示スペース。いろいろなサイズの竿燈が展示されている。右奥に、一番大きな大若と呼ばれる竿燈。これは長さ12m・重さ50kg・竿に46個の提灯が吊るされた超特大。これを操るというのだから驚く。祭りの様子を映したビデオや小さな竿燈を持...

  • なまはげ館
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢地内
    男鹿の民俗行事「なまはげ」の資料展示施設。男鹿産出の寒風石の石積み造りの外壁と、秋田杉を内装に使った雰囲気ある館内にナマハゲ伝説の貴重な資料が展示されている。見どころは、男鹿市内各地で実際に使われていた150枚を超えるナマハゲ面。ずらっと並んだ多種多様な姿は圧巻そのもの。また、なまはげ変身コーナーでは、本物のなまはげの衣装を身につけ記念撮影ができる。
  • 秋田市立赤れんが郷土館
    rating-image
    4.0
    109件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県秋田市大町3-3-21
    秋田県秋田市大町にある郷土史料館で、明治45年(1912)に建築された旧秋田銀行本店本館「赤れんが館」を含む3棟で構成されている。国の重要文化財に指定されている赤れんが館では、秋田市の伝統工芸品などを展示。華麗な吹き抜けのホールでは毎年恒例のコンサートも開催される。新館には秋田出身の版画家・勝平得之の記念室や人間国宝の鍛金家・関谷四郎の記念室があり、秋田の歴史や民俗・美術に関する企画展も行われる。

    秋田市内は見処が多いとは言えないが、秋田市内の観光を彩る観光地の筆頭となるのがこの赤レンガ郷土館だろう。元々銀行として建設された建物たが、今は博物館となっている。戦前の建物らしく建物はとてもレトロで当時の雰囲気がよく残されている。

  • 横手市ふれあいセンターかまくら館
    rating-image
    4.0
    54件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県横手市中央町8-12
    横手市中央町、横手市本庁舎隣にある複合施設。特産品の売店やコンサートホールなどを備える。横手の伝統行事「かまくら」に関する展示も行っており、かまくら室では横手の雪で作られた本物のかまくらを通年で展示している。

    市役所の機能も併設されている施設、年中無休というのがうれしいです。駐車場はすこし小さめでした。 有料のファンタジックギャラリーの中には職人に制作されたかまくらが並んでいます。 マイナス10度とかなりひんやりしていますがいつでも体験できるのはありがたい。 外の物産コーナーは少し雑然としているのが残念でした。

  • 真山神社
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
    秋田県男鹿市にある神社。「瓊瓊杵命(ににぎのみこと)」と「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」を主祭神として祀っている。正月の 「柴灯祭」や、2月に行われる「なまはげ柴灯祭り」が有名で、シーズンには毎年多くの参拝客が訪れている。また近隣には、なまはげ習俗を体験できる「男鹿真山伝承館」などがある。

    「なまはげ」ゆかりの地として、毎年2月に「なまはげ柴灯まつり」が行われることで知られる真山神社の参道、岩の階段を5~6分上がっていくと、その五社殿はありました。訪れたのが、真冬のみぞれが降る夕方だったこともあり、人影もなく静かで、神聖な気持ちで参拝できました。 五社殿は、その昔五社堂と呼ばれ、5つの社があったが、火災で焼失し、1社にまとめられたと伝えられているそうです。また社殿は、随所に仏教建築の...

  • 安藤醸造本店
    rating-image
    4.5
    62件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市角館町下新町27
    嘉永6年(1853)に創業した味噌・醤油の醸造元。明治時代中期に建てられたレンガ造りの蔵屋敷は、長い歴史を感じさせる。西宮礼和筆のふすま絵を施した内部を無料で見学できる。また収納蔵として利用していた黒しっくいの文庫蔵では、味噌汁や漬物の試食も可能である。無添加、天然醸造にこだわった商品を体感してほしい。

    秋田県の武家屋敷が建ち並ぶことで有名な角館に位置する安藤醸造元本店は武家屋敷が建ち並ぶ場所から少し外れた場所にある。和風の建物と赤レンガの建物が組み合わさったような和洋折衷が見事な建物で、自分は角館の建物の中では一番のお気に入りだ。

  • あきた角館西宮家
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市角館町田町上丁11-1
    江戸時代初期に、秋田に移ってきた佐竹氏の家臣であった西宮家。地主として最も繁栄した明治から大正の時期に作られたこの屋敷は、五つの蔵と一つの母屋からなっている。母屋には古文書や資料品を展示。風情ある甘味処ではお茶やお菓子を楽しめる。春は桜が咲き乱れ、秋には柿の実が色づくなど四季折々の顔を見せる庭園も美しい。

    角館と言えばやはり最初に訪れるのは西宮家落ちついた感じです!郷土玩具が沢山有り蔵の中のおばさんのあぶりがつこが最高!手作りのヨセもうまい昔は本当のは蔵の中で漬け物も沢山ありおばさんと話すのが楽しみ!それが目的かな!

  • 角館樺細工伝承館
    rating-image
    4.0
    65件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市角館町表町下丁10-1
    下級武士の手内職として始まった角館の伝統工芸「樺細工」の振興を目的に創設された観光施設で、秋田県仙北市にある。樺細工はヤマザクラの樹皮による光沢を生かした奥深い色合いが特徴で、茶道具類やアクセサリーなどの製品が代表的。館内には樺細工をはじめとする工芸品や文化・歴史資料の展示室があるほか、樺細工の製作実演コーナーも人気。角館の古い建築様式を取り入れて設計された建物も見ものである。

    秋田県の武家屋敷が建ち並ぶことで有名な角館にある、角館樺細工伝承館。武家屋敷が建ち並ぶ通りに位置しておりひときわ大きな建物なのですぐにわかるだろう。細工類が展示されている建物だが特徴は大きな門構え。他の武家屋敷とは比較にならない大きさだ。

  • 史跡尾去沢鉱山
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13-5
    鹿角市尾去沢字獅子沢にある銅鉱脈群の採堀跡。和銅元年(708)の鉱山発見から昭和53年(1978)の閉山にいたるまで、長年に渡って日本の鉱業に貢献してきた尾去沢鉱山の採掘跡を公開している。砂金採りなどの各種体験プログラムも楽しめる他、総延長1.7kmに及ぶ観光坑道を見学でき、貴重な産業遺産を見学することもできる。

    鹿角から6kmほどのところにあります。1300年の歴史と日本最大級の鉱山跡です。坑道は1.7kmあり ひんやり13度でした。江戸時代までの手掘り跡、近代の工法とわかり易く この中での作業は過酷だったと思います。所々でアナウンスが流れ 工夫のマネキン人形が置かれているのでわかり易いです。JAFカード提示で一割引き。WAONでもOKでした。

  • 小坂鉱山事務所
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2
    秋田県鹿角郡小坂町にある、ルネサンス様式の観光施設。「小坂鉱山」の事務所として使用されていたものを平成13年(2001)に移転、復元された。館内には、小坂鉱山の歴史資料の展示などをみることができるほか、モダン衣裳室ではレンタル衣装を着て写真撮影もできる。また国の重要文化財にも選ばれており、多くの観光客が訪れている。

    なぜだか?こちらの施設が好きです。昔、鉱山で栄えていた小坂町が夜も東京のように明るく栄えていた時代にロマンを感じます。その時代に戻って、見てみたいといつも感じます。小坂に行くと、いつも行ってしまいます。

  • 太平山三吉神社総本宮
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県秋田市広面字赤沼3-2
    太平山の山腹にある神社で、全国にある三吉神社の「総本宮」として知られている。「大己貴大神」「少彦名大神」「三吉霊神」を祭神として祀っており、勝利成功のご利益があるといわれている。さらに強いご利益を求め、山頂にある奥宮へ参拝に向かう人もおり、遠方からも多くの人々訪れている。

    季節的にも冷たい清々しい風を心地よく感じながら✨階段を上ると壮大構えから✨独特の雰囲気があるしめ縄があり✨より趣きを感じさせます✨年始はたくさんの人で賑わうそうで✨地元のエネルギーを感じながら参拝する事ができました✨

  • 秋田市立佐竹史料館
    rating-image
    3.5
    58件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県秋田市千秋公園1-4
    秋田市千秋公園にある史料館。久保田城跡を整備した千秋公園内の二の丸跡に位置し、秋田藩を治めた佐竹氏に関する歴史資料の展示を行っている。藩祖である佐竹義宣に関する史料を中心とした常設展「秋田藩の誕生」のほか、企画展も開催。

    「秋田藩・恵みとともにPart2」が開催されていました。千秋公園内に立つ市立博物館で、公共の博物館だけあって入館料100円と云うのは魅力的でした。秋田藩主に関する展示物が中心で、内容に限られるのは致し方無いものでした。

  • 浮木神社
    rating-image
    3.5
    36件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市西木町西明寺潟尻
    八津駅から車で約15分。西木町西明寺の田沢湖畔にある白木造りの現代的な感覚の神社。正式名称は漢槎宮(かんさぐう)。明和6年(1769)、秋田藩士、益戸滄洲によって漢槎宮と命名されたことから、田沢湖のことを漢槎湖、槎湖と呼ぶようになった。また、流れついた浮木を祀っているため、「浮木神社」とも呼ばれている。社殿が田沢湖に張り出す形で立っており、近くには「たつこ像」がある。縁結びなどのご利益があり、女性の参拝客が多い。

    田沢湖畔にある小さな神社です。すぐ近くにはたつこ像があるにで一緒に立ち寄ることをすすめます。ご祭神は伝説の龍神のたつこ姫です。神社のご利益は美貌成就、不老長寿だと。「美貌成就」なんて初めてかも。さすが、永遠の美を願ったたつこ姫がご神祭だけあると思いました。

  • 秋田犬会館
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    秋田県大館市字三ノ丸13-1
    秋田県大館市のJR花輪線「東大館駅」より徒歩15分にある、昭和52年(1977)に創設された「秋田犬」の博物館。3階には「秋田犬博物室」があり、資料などが展示されている。また、4月から11月にかけては、犬舎で本物の秋田犬を見ることもできる。

    秋田犬の歴史について、いろいろ説明してくれた。天気悪かったの日として、とても良い場所でした。こんな歴史もあった知らなかった

  • 思い出の潟分校
    rating-image
    4.5
    25件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市田沢湖潟一ノ渡226
    秋田県仙北市にある木造建築。昭和49年(1974)に廃校となった木造の小学校をリフォームし、有料で一般公開されている。コンサートや写真展など、様々なイベントも定期的に開催されており、交流の場として地元の人々が多く利用している。

    木造校舎が見てみたくて寄ってみました。 思い描いていた通りの分校でした。 200円払いましたが、お茶と果物をいただきました。 学年ごとの教室も備品が違っていて面白いです。 講堂は窓が秀逸です。 是非実際に見てほしいです。

  • 秋田市立千秋美術館
    rating-image
    4.0
    44件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    秋田県秋田市中通2-3-8 アトリオン内
    平成元年(1989)秋田総合生活文化会館・美術館(愛称/アトリオン)内に開館した美術館。江戸時代中期に秋田藩で描かれた、西洋画の要素を取り入れた日本画「秋田蘭画」の作品や、秋田県ゆかりの作家による作品を中心としたコレクションを収蔵している。

    秋田市の中心部、アトリオン内にあるコンパクトな美術館です。訪問時は岡田謙三展が開催されていました。入場料金も安めで、比較的短時間で見て回ることができました。

  • 秋田県立博物館
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    秋田県秋田市金足鳰崎後山52
    秋田県秋田市にある入場無料の博物館。秋田に関する歴史や工芸など、様々な資料や模型展示を行っている。「わくわくたんけん室」では、期間限定で「和紙のたたみ染め」や「レプリカ作り」などが体験可能。ミュージアムトークや、各種イベントなども定期的に開催されている。特別展は有料となっている。

    高校野球ですっかり有名になった金足農業高校のそば、小泉潟に囲まれた場所にある博物館、ひっそりとしています。 今回は企画展、秋田の石っころを見たくて訪問しました。 展示室の中にはいろいろな石が並んでいます。 思った以上に秋田の石の種類の豊富さ珍しさを感じることができました。

  • 久保田城御隅櫓
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県秋田市千秋公園1-39
    「秋田市千秋公園」にある有料の城跡施設。4階建ての造りとなっており、1階・2階は、秋田藩「佐竹家」に関する資料や模型展示や、ムービーなどを見ることができる。その上は展望室となっており、秋田市の美しい景色を一望することができる。歴史や文化に触れられるスポットとして、様々な人々が訪れる。

    復元された久保田城の御隅櫓。元々御隅櫓は城に8基作られていたそうだが、配乗とともにはきゃくされた。しかし秋田市政100年を記念して復元され、現在は歴史資料館として使用されている。城跡の雰囲気とはかなり場違いのように奇麗なのでどこか浮いているようにも感じる。

秋田の主要エリア

around-area-map

「なまはげ」で有名な秋田県は、日本海に面する豊富な山海の幸が魅力です。 県内には秋田空港があり、羽田空港、中部国際空港、伊丹空港からも直行便が出ていて、飛行機でのアクセスが便利です。東京からは1時間5分で到着します。 北には青森から連なっている雄大な山々を有する「白神山地」、県南には県内で最初の国の名勝に指定された「旧池田氏庭園」、国の天然記念物で奥の細道最北の地「象潟(きさかた)」があります。春には川に沿って桜が咲き誇る「檜木内川堤サクラ」も人気があります。県内の中央では、重要文化財「秋田市立赤れんが郷土館」や、毎年8月3日~6日の間には「秋田竿燈まつり」が楽しめます。 また、秋田に行ったら食しておきたいのが、郷土料理きりたんぽ鍋です。他にも魚のはたはたが有名で、鍋に入れて食べるしょっつる鍋や塩焼き、唐揚げなど、さまざまな方法でおいしくいただけます。

秋田の写真集

目的から探す