関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

平戸藩・松浦氏の居城。当時の築城技術としては珍しい山鹿流を取り入れたものである。もとは慶長4年(1599)に「日の岳城」として築城が始められたが、完成が間近となった慶長18年(1613)に豊臣秀吉との親交が深かったために徳川家康から嫌疑をかけられ、当主の鎮信自ら城を焼却。以来約約90年間を「御館」で過ごし、1704年「平戸城」の再築を始め1718年に完成した。平戸港を眼下に見下ろす天守閣からの眺めは素晴らしく、黒子島の原生林(天然記念物)や平戸大橋なども一望できる。

place

長崎県平戸市岩の上町1458 (佐世保・平戸エリア)

phone 0950222201

平戸城の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/20 工事中
平戸島へ入って初めに向かったのが、こちらの平戸城でした。平戸城がある一帯は一つの山(丘)になっていて、海側から登って行くと、亀岡神社のすぐ横にある駐車場に着きました。神社を参拝してからお城へと向かいましたが、工事中で場内には入れませんでした。
平戸城を後にした私たちは、オランダとの貿易が盛んにおこなわれていたエリア(オランダ商館などが残っている場所)に向かいました。途中の海岸から見ると、山の頂...
投稿日:2020/02/29 大規模改修工事のため閉館中でした
平戸大橋を渡って平戸島へ入ってきた私たちが最初に向かったのが、平戸城でした。
ナビに従って進むと、お城が建っている丘の上へと向かい、丘の上の駐車場に入りました。そこは、亀岡神社のすぐ近くで、神社を参拝した後、平戸城へ向かいました。
私たちが訪れた2019年10月は、大規模改修工事中で、お城は閉館中でした。2021年3月末までの予定だそうです。工事をしていない乾楼に行ってみましたが、そこからも天...
投稿日:2020/02/14 工事中でした。
平戸観光のついでに立ち寄りました。
案内所で多少の説明を見たりして
散歩していたら途中、土俵があったので相撲が盛んなんだなーと思いました。
また機会があったらお城を見に行けたらと思います。

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県平戸市岩の上町1458 [地図]
エリア
佐世保・平戸エリア
電話番号
0950222201
時間
8:30-17:30
休業日
12/30、31
※薫蒸作業等による休館あり
料金
[入館料]大人510円、高校生300円、小中学生200円
駐車場
あり
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
滞在目安時間
30-60分
乳幼児の入店
ペットの入店
雨の日でも楽しめる
はい
備考
令和3年3月まで改修工事のため閉館

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。