愛媛の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 松山城
    旅行/観光
    愛媛県松山市丸之内
    今も天守が残る12の城のうちの一つ。平成18年(2006)、日本100名城に選定された。加藤嘉明が1602年から築城をはじめ、日本の築城史上最長の年月(約四半世紀)をかけて完成した、日本最後の完全な城郭建築である。標高132mの勝山山頂に本丸があり、裾野に二の丸、三の丸がある広大な城で、日本三大連立式平山城の一つに数えられている。大天守の最上階からは石鎚山から伊予灘までを一望でき、その景色は圧巻だ。
  • 大山祇神社
    rating-image
    4.5
    244件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県今治市大三島町宮浦3327
    大山積神を祀る全国の山祇神社・三島神社の総本社。古くから山・海・戦の神として信仰を集め、水軍の武将たちや初代総理大臣・伊藤博文、旧帝国海軍・山本五十六、海上自衛隊と海上保安庁の幹部なども参拝。境内には樹齢2600年といわれる大楠の御神木があるほか、国の天然記念物に指定された日本最古の原始林社叢の楠群も。本殿や拝殿、宝篋印塔は国の重要文化財。宝物館には、国宝を含む多数の重要文化財を収蔵・展示している。

    愛媛に入る際に寄りました。駐車場は目の前に数台ありました(無料)。夕方だったので、たまたま停められました。行く前に、境内に大きなクスノキがあり、息を止めて3回回ると願い事がかなう・・と聞きました。たまたまクスノキの周りを整備されておられたので、お邪魔しないように遠くから見学させていただきましたが、とても親切な皆さんで、楽しくお話をさせていただきました。本殿は少し階段を上がったところがありますが、木...

  • 今治城
    rating-image
    4.0
    313件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県今治市通町3-1-3
    関ヶ原の戦いでの戦功により、伊予半国20万石を領した武将・藤堂高虎によって慶長7年(1602)に築城された平城。海水堀や船入を備えた全国でも珍しい海岸平城になっている。明治維新後に建造物のほとんどが取り壊され、内堀と主郭部の石垣が残るのみの状態だったが、昭和55年(1980)以降に天守や鉄御門が再建され、往時の威容を取り戻している。城内には藩主着用の鎧や書画等をはじめとする貴重な史料が展示されている。

    今治城は関ヶ原の戦いでの戦功により伊予半国20万石を領した戦国武将で城作りの名手と言われる藤堂高虎により建立された城です。海水を引き込んだ堀は全国的も珍しくスズキやヒラメなども泳いでいます。今治城の天守閣は1980年に鉄筋コンクリートで再建されましたが、一次資料が不足しているため築城当時に天守が建造されたか否かは確定されていません。天守閣は有料で入れます。

  • 石手寺
    rating-image
    4.0
    282件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市石手2-9-21
    松山市石手にある、真言宗豊山派の寺院。「熊野山 虚空蔵院」と号す。四国八十八箇所霊場の第五十一番札所。遍路の元祖とされる衛門三郎の再来伝説ゆかりの寺としても有名。神亀5年(728)、伊予国の太守・越智玉純が開基。創建当時の寺名は安養寺、宗派は法相宗であったが、弘仁4年(813)に空海が訪れ、真言宗に改めたとされている。国宝である仁王門のほか、本堂や三重塔などの重要文化財も見どころ。

    51番札所。大きな立て看板メッセージがあったり、絶えず放送が流れていたりとなんだか騒がしい落ち着かない印象でした。巨大な弘法大師像などインパクトがあると同時にクセがすごいお寺なんでしょうかね。

  • 萬翠荘
    rating-image
    4.0
    256件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県松山市一番町3-3-7
    大正11年(1922)に旧松山藩主の子孫・久松定謨伯爵の別邸として建てられた純フランス風の洋館で、愛媛県松山市の「松山城」城山南麓にある。マンサード屋根と連続アーチのバルコニーを持つフランス・ルネサンス様式の意匠を取り入れた華麗な建物で、平成23年(2011)に国の重要文化財に指定。かつては各界の名士が集まる華やかな社交場として利用され、来県した皇族も立ち寄った。現在は愛媛県立美術館分館としてイベントや展示会が行われている。

    萬翠荘は、旧松山藩主の子孫にあたる久松伯爵が、別邸として建設したようです。純フランス風の建物には、各界名士が集まり、皇族方が来られた時は必ず立ち寄られたところだそうです。

  • 大洲城
    rating-image
    4.0
    115件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲903
    肱鎌倉時代末期、守護として国入りした宇都宮豊房によって築城されたといわれている城。その後、築城の名手・藤堂高虎らによって修築がなされ、伊予大洲藩の政治や経済の中心として城下町が?栄した。老朽化のため、天守閣は明治21年(1888)に取り壊されてしまったが、その後平成16年(2004)に復元。史実に基づいて忠実に再現した木造復元天守となっている。台所櫓、南隅櫓などの4棟の櫓は国の重要文化財に指定されている。

    大洲城(おおずじょう)は、愛媛県大洲市大洲(えひめけんおおずしおおず)にある城だ。 天守は明治に取り壊されたが、2004年に復元されている。 前日宿泊していた旅籠屋松山店をチェックアウトした。 そこから車で大洲にやってきた。 観光駐車場に車を停める。 駐車場は無料でとても広い。 そこから歩き始める。 大洲市民会館の前を通過...

  • 臥龍山荘
    rating-image
    4.5
    123件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲411-2
    肱川の景勝地「臥龍淵」に臨む三千坪の山荘。平成28年、国の重要文化財に指定された。明治時代の豪商・河内寅次郎が余生を過ごすために築造した別荘で、数寄屋造りの建物と日本庭園が素晴らしい。不老庵では、お茶とともにその美しい景色をゆっくりと楽しむことができる。平成23年にミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに一つ星掲載され、注目を集めている。

    臥龍山荘(がりゅうさんそう)は、愛媛県大洲市(えひめけんおおずし)にある建物だ。 1907年に完成した茅葺き屋根の日本建築で、臥龍院(がりゅういん)、不老庵(ふろうあん)、知止庵(ちしあん)の3つの建物からなる...

  • 今治市村上海賊ミュージアム
    rating-image
    4.0
    84件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県今治市宮窪町宮窪1285
    戦国時代に瀬戸内を制し「海の大名」と呼ばれた村上海賊(村上水軍)のひとつ、能島村上氏に関する資料を保存・展示している博物館。館内では、能島村上家に伝わる貴重な資料や関連書籍、古文書、復元模型、発掘調査での出土品などを展示。修復された甲冑や実際に着用されたという陣羽織は必見である。能島城跡を望む展望室や甲冑・小袖の着用体験コーナーも人気。

    村上水軍博物館は2020年4月から名称を「村上海賊ミュージアム」に変更になります。ここに訪問するまでは村上海賊は宣教師 ルイス・フロイスが能島村上氏を「日本最大の海賊」と称したことから、理不尽に船を襲い金品を略奪する無法者である「パイレーツ」をイメージしていましたが、実際は瀬戸内海の水先案内、海上警護、海上運輸など海の安全や交易・流通を担う重要な役割を果たしたことを知りとても勉強になりました。

  • 松山市立子規記念博物館
    rating-image
    4.0
    105件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県松山市道後公園1-30
    「道後温泉」駅より徒歩約5分のところにある博物館。松山出身の俳人・正岡子規の直筆原稿や著書、親交のあった夏目漱石ら文人と交わした書簡などを展示している。道後・松山の歴史を交え、子規の生きた時代や彼の交友関係などについても詳しく紹介。また定期的にさまざまなイベントを開催し、地域住民の交流の場となっている。

    坂の上の雲ミュージアムのあと、こちらにも寄ってみました。映像や資料が中心なので本気で知りたいひと向けです。漱石の住まいだった愚陀仏庵を再現したコーナーは楽しかったです。座敷に実際に入って思いに更けるにはいい空間です。さらっとみんなで楽しむなら坂の上の雲ミュージアム、じっくり一人で考えるなら子規記念博物館です。道後温泉本館から徒歩5分ぐらいなので待ち時間の間に行くのがいいですね。

  • タオル美術館
    遊ぶ/趣味
    愛媛県今治市朝倉上甲2930
    日本有数のタオル生産地・愛媛県今治市にあるタオル専門の美術館。ヨーロッパの城を思わせる洋風の建物で、四季の花々が咲く1万坪のヨーロピアンガーデンを併設している。館内では、作家・画家・グッズデザイナーの俣野温子氏がタオルや布で制作した作品を多数展示。タオル工場の見学、購入したタオルにオリジナルの刺繍を入れられるコーナーなどもある。タオル製品を中心に、四国土産を販売するショップも充実。
  • 宇和島城
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市丸之内
    築城の名手と名高い藤堂高虎が慶長6(1601)年頃に建築した城。現存する天守は宇和島伊達家2代藩主の宗利(むねとし)が寛文6(1666)年頃に築いたもので、12天守の内のひとつ。白亜の天守が山頂にそびえ立つ姿から「鶴島城」とも呼ばれており、天守は国の重要文化財、城山全体が国の史跡にも指定されている。

    愛媛県宇和島市の小高い山の上にあるとても小さなお城です。小さいけれど現存十二天守の存在感。春は桜がきれいです。天守からは海も見えます。

  • 道後ぎやまんガラス美術館
    rating-image
    3.5
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県松山市道後鷺谷町459-1 山の手ガーデンプレイス内
    カフェやイングリッシュガーデンなどが集まった山の手ガーデンプレイス内にある和ガラスの美術館。赤と黒を基調とした内装のモダンな建物は、美しい水と緑、夜はイルミネーションが輝く庭園に囲まれている。展示作品は、道後温泉本館の象徴、振鷺閣の赤い板ガラス、江戸時代のぎやまん、びいどろや切子、明治・大正時代の和ガラス作品など約300点と、西日本最多展示数を誇る。庭園のガラスと水を使ったオブジェも見どころ。

    美術館としてはかなり小規模でサクッと見れてしまいます。 夜の雰囲気はいいので併設されてるレストランはいいかも。 本サイトで10%offもありました。

  • 木蝋資料館上芳我邸
    rating-image
    4.5
    54件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町内子2696
    明治27年(1894)、かつて国内最大規模の製蝋業者であった本芳我家の筆頭分家・上芳我家の邸宅として上棟された歴史的建造物で、現在は資料館として公開されている。敷地内には主屋や附属屋、釜場等全部で10棟もの建物が現存し、国の重要文化財に指定されている。邸内には展示スペースが設けられており、木蝋生産や内子の晒蝋に関する資料が展示されている。

    木蝋は最近使わないので、歴史を知らずに訪問した。内子は古い内子座等、優れた文化を偲ばれる町で、その基盤を作った大きな商家で木蝋の歴史、流通がわかった。

  • 愛媛県美術館
    rating-image
    3.5
    55件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県松山市堀之内
    平成10年(1998)開館の美術館。テーマは「みる・つくる・まなぶ」の3つ。前身である「愛媛県立美術館」のコレクションをはじめ、地元ゆかりの作家の作品や近代日本を代表する作家の作品、モネ・セザンヌなど海外作家の作品など約11900点の美術作品を収蔵している。コレクション展は展示替えを行いながら年5-6回開催。多彩なテーマを扱う企画展も好評である。松山城を眺めながら食事や喫茶が楽しめるレストランを併設。

    9月10日午後 到着 駐車場は待ち時間なしで止めることができました。残暑の中 ロマンティック・ロシア展 ロシアの至宝 忘れ得ぬ女を見てきました。 平日なので来場者も少なく、ゆっくり鑑賞できました。 常設展 吉田勝彦 銅版画 なども鑑賞 して約2時間 ゆったりできました。 ハッシュタグでリツイート

  • 坂の上の雲ミュージアム
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県松山市一番町3-20
    「坂の上の雲」は秋山好古、真之兄弟と正岡子規の生涯を通じて日本の近代化が描かれた、司馬遼太郎による小説である。こちらのミュージアムでは主人公三人の生涯と、小説に関する資料が数多く展示されている。地下一階、地上四階建ての建物は安藤忠雄氏の設計によるもので、「坂の上の雲」を表現した空間になっている。

    ミュージアムの休憩に、甘いものが食べたくなり、ロールケーキを注文しました。あまさ控えめで美味しかったです。

  • 医王山浄瑠璃寺
    rating-image
    4.0
    27件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市浄瑠璃町282
    松山市内八ヶ寺の最初の札所でもある寺院で、四国八十八ヵ所霊場第四十六番札所。落ち着いた雰囲気で、境内には樹齢1000年以上ともいわれる天然記念物のイブキビャクシンが、その下に「仏足石」がある。本堂左の鳥居の中に、1つだけ願いを叶えてくれる「一願弁天」が安置されている。また、本堂と大師堂の前には1体ずつ木彫りの像「だっこ大師」が安置され、抱っこすると本当の子どものようで不思議と気が休まると人気。

    四国八十八ヶ所霊場巡りで初めて行きました。急カーブのそばに寺はありました。ご本尊は薬師如来でした。緑が多く、樹齢100年のイブキビャクシンが印象に残りました。仏様の足跡を模した仏足石がありました。弁財天もまつってありました。

  • 秋山兄弟生誕地
    rating-image
    4.0
    105件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県松山市歩行町2-3-6
    日露戦争を奇跡的勝利に導いた秋山兄弟の資料館。司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」の主人公としても知られ、共に軍人として活躍した秋山好古・真之兄弟の生家を復元したもの。関係資料の展示を行うほか、兄弟の銅像も建てられている。

    「坂の上の雲」ミュージアムのあと、近くにあったので寄ってみました。解説をしてくれるおばさんの話が興味深いものでした。家屋自体は残念ながら近時,可能な限り元の姿に近づけて再築したものだそうです(建築基準法の規制があって,元通りにはできなかったとのこと)。

  • 石鎚神社
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県西条市西田甲797
    「四国の屋根」とも呼ばれる西日本最高峰の霊峰「石鎚山」を神体山とする神社。「石鎚神社」とは、山頂の頂上社、7合目の成就社と土小屋遥拝殿、そして国道近くの本社、計4社を合わせた総称のことである。瀬戸内海やしまなみ海道を見晴らす丘に息づく本社は「口之宮 本社」と呼ばれ、石鎚神社の拠点となっている。石鎚毘古命(いしづちひこのみこと)を主祭神として祀っており、特に家内安全、厄除け、開運、当病平癒の神として篤い信仰を受けている。

    石鎚神社 本社と成就社へ行くぞ〜〜と意気込んで ホテルを出て 11号線を走ってると 石鎚山系に低い雲 その下にカスミ見たいな白いところが 成就社は 雨かな〜と思いながら 本社に お参りに 清々しい空気が流れていい感じです 秋のお祭りが近いので 祖霊社では お祭りの祈願で 地元の方が大勢でしたので お邪魔しないように 本社に 西条の町と海を見渡せるところは 天気が〜〜 摂社も いい気持ちでした

  • 太山寺
    rating-image
    4.0
    46件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市太山寺町1730
    愛媛県松山市太山寺町にある真言宗智山派の寺で、四国八十八箇所霊場の第52番札所。用明2年(586)に真野長者が一夜にして御堂を建立し、開基したと伝えられている。現在の本堂は嘉元3年(1305)築の3代目。真言密教では最大級の規模を誇り、国宝に指定されている。行基により安置された本尊を含め、7体の十一面観音像はいずれも国の重要文化財。学業成就にご利益があるという聖徳太子堂には、「しゃもじ」を奉納する慣わしがある。

    四国八十八ヶ所霊場巡りで初めて行きました。駐車場が狭く、寺もそれほど大きくありませんでした。かつては大寺院だったそうですが、戦乱で焼失したそうです。大師堂のそばにはキリシタン灯籠がありました。ご本尊は阿弥陀如来でした。

  • 岩屋寺
    rating-image
    4.5
    42件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥1468
    愛媛県上浮穴郡久万高原町にある真言宗豊山派の寺で、四国八十八箇所の第45番札所。巨岩に埋め込むように建てられた堂宇が特徴の山岳霊場である。弘仁6年(815)、山中で出会った女仙人から山を献上された弘法大師が不動明王の木像と石像を彫り、木像を本堂に本尊として安置。石像は秘仏として岩窟に祀り、全山を本尊としたと伝えられている。寺域は国の名勝であり、大正9年(1920)に再建された大師堂は国の重要文化財に指定されている。弘法大師が修行した「逼割禅定」も見どころのひとつ。

    四国八十八ヶ所霊場巡りで初めて行きました。寺までの道が狭く、有料駐車場に車を停めました。そこから歩いて15分ぐらいかかりました。坂道を上ると大きな岸壁の下に寺がありました。納経所も岩肌にくっつくように建っていました。何とも不思議な寺でした。

愛媛の主要エリア

around-area-map

愛媛県は南国地域で、冬でも暖かい日が多い県です。みかんが名産品で、松山空港やえひめ愛顔の観光物産館では「みかんジュースの出る蛇口」を体験できます。 松山空港へは国内主要都市から航空便が就航しており、東京からは約1時間半、大阪・名古屋からは約1時間で到着します。 松山・道後にある日本最古の温泉「道後温泉」は定番の観光スポット。道後温泉本館は建物全体が国の重要文化財に指定されています。 ほかにも、新居浜・東予にあるタオルとアートを融合した世界初の今治タオルミュージアム「タオル美術館」など面白いスポットも多数。宇和島やしまなみ海道では、サイクリングやサップ、カヌーのアクティビティ体験が大人気です。 愛媛のB級グルメには、今治焼豚玉子飯や三津浜焼き、揚げ足鳥があり、どれもここでしか味わえないグルメです。

愛媛の写真集

目的から探す