NAVITIME Travel

大分の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 宇佐神宮
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    大分県宇佐市南宇佐2859
    全国に4万社あり、応神天皇の聖徳を八幡神として奉るとともに、仏教文化と神道を習合したものと考えられる八幡宮の総本社として知られている。八幡大神、比売大神、神功皇后を祀り、神亀2年(725)に創建された。境内は広く、本殿(国宝)は丘の上の上宮と、麓に鎮座する下宮に分かれている。上宮の一之御殿には金運や仕事運、二之御殿、三之御殿には縁結びや安産の御利益があるとされる。

    大鳥居を抜けるとすぐに見えてくるのが、この宝物館だ。割に新しく、1985年の竣工だという。八幡宮の総本社らしく、数多くの宝物を抱えている。宇佐神宮本堂と並ぶ国宝の孔雀文磬は、この宝物館に収蔵されている。時間があれば立ち寄りたい場所だ。

  • 別府市竹細工伝統産業会館
    遊ぶ/趣味
    大分県別府市東荘園町8-3
    大分県の伝統工芸である「別府竹細工」の展示施設。名工や伝統工芸士による古くからの日用品や花籠、現代的なインテリアまで見応えのある作品が多く鑑賞できるほか、別府市出身の人間国宝「生野祥雲斎」の作品などが展示されている。1週間前までに予約をすれば、竹鈴や花籠を編む体験学習も可能。平成30年にオープンしたミュージアムショップ&カフェでは、竹製品やコーヒーなどの飲料も販売している。最寄のバス停は「光の園前」もくしは「竹細工伝産会館前」。
  • 国宝 臼杵石仏
    旅行/観光
    大分県臼杵市深田延内804-1
    切り立った丘陵の岩肌に掘り出された臼杵石仏。「真名野長者伝説」によると、石仏は長者が亡くなった娘の菩提を弔うために彫らせたものであり、その仏像様式から平安時代後期から鎌倉時代にかけての作ではないかと推定されている。磨崖仏の規模と量、質の高さとしては日本最大級の石造彫刻であり、古園石仏、ホキ石仏第一群など60余りの石仏のうち、59体が国宝に指定されている。
  • 富貴寺
    rating-image
    4.5
    103件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染蕗2395
    豊後高田市の県道655線沿いに、ひっそりと佇む天台宗の寺院。平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれ、本尊の木造阿弥陀如来座像は重要文化財に指定されている。境内の富貴寺大堂は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、国宝に指定されている九州最古の木造建築。富貴寺大堂に隣接する旅庵「蕗薹」はゆっくりしたい人にオススメ。

    六郷満山と言えば必ず訪れるべき寺の一つです。多くの観光客でにぎわっていますが、大堂は堂々とした佇まいで、見事な風格を誇示しています。」

  • 熊野磨崖仏
    rating-image
    4.0
    106件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染平野
    平安時代末期に岩肌を彫って作ったといわれる国内最古の仏像。約8mの高さの不動明王像、約6.7mの大日如来像の二体があり、どちらも国内最大級の磨崖仏で、国の重要文化財、および史跡に指定されている。参拝するためには、急な石段を登らなければならず、歩きやすい靴で出かけるのがオススメ。杖のレンタルも可能。拝観時間は夕方頃まで。

    鬼が一日で作ったという、極めて具ぞろいな階段の登って後に、心和らぐ磨崖仏が現れます。高齢者には些か大変ですが、手すりも整備されたため、ゆっくり行けば大丈夫でしょう。国東に来たらやはり外せないところです。

  • 大分県立歴史博物館
    rating-image
    4.5
    22件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県宇佐市高森字京塚
    史跡公園「宇佐風土記の丘」の中にあり、大分ゆかりの文化財を中心に保存、展示している。国宝の富貴寺や臼杵磨崖仏の実物大模型や重要文化財の免ヶ平古墳出土品などを見ることができる。最寄りのバス停は「大分県立歴史博物館前」もしくは「風土記の丘入口」。

    ほとんどの展示が複製ですが、富貴寺や臼杵石仏といった国宝や重要文化財が展示されています。特に実物の富貴寺の壁絵はすでに色褪せてしまっていますが、こちらは360度カラフルに描かれ見応えありました。外には古墳跡があり、時間があれば見て回るとよいと思います。

  • 杵築城
    旅行/観光
    大分県杵築市杵築16-1
    八坂川の河口近くの台地にそびえる、日本一小さいとされるお城。応永元年(1394)に木付頼直によって建てられ、築城当時は「木付城」と呼ばれていたものが、幕府朱印状に誤って「木付」を「杵築」と記載されたためにそれ以降「杵築城」の名前で通るようになった。台地の形が牛が臥した姿に見えることから「臥牛城」とも称されている。現在の天守閣は昭和45年(1970)に建てられたもので、城内には藩主ゆかりの甲冑などが展示されている。最上階からの景色は必見。
  • 宇佐文化会館・ウサノピア(2020/5/31まで休業中)
    遊ぶ/趣味
    大分県宇佐市大字法鏡寺224
    宇佐市法鏡寺にある文化会館。県北部では最大の席数を誇る大ホールをはじめ、小ホール、講習室、練習室、多目的室や和室などの施設を備える。コンサートや演劇、講演会などの様々なイベントに利用されている。
  • 臼杵城跡(臼杵公園)
    旅行/観光
    大分県臼杵市臼杵丹生島91-1
    臼杵市臼杵丹生島にある城跡。臼杵城は戦国時代、キリシタン大名・大友宗麟によって臼杵湾の丹生島に築かれた(後に埋め立てによって陸続きとなった)。現在は櫓などの一部の建物や堀、石垣などが残っている。城跡一帯が「臼杵公園」として整備されており、春には桜の名所として花見客で賑わう。
  • 九州電力 八丁原発電所展示館(休業中)
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    大分県玖珠郡九重町大字湯坪字八丁原601
    玖珠郡九重町湯坪にある八丁原発電所に併設された展示施設。地球の熱を利用して発電を行う地熱発電の仕組みについて、パネルや映像などを使った展示を行っている。また、スタッフの案内による約60分間の発電所・展示館見学ツアーも実施しており、地熱発電所としては日本一の規模を誇る八丁原発電所の中を見学できる。

    無料で見学ができます。 最初はビデオをみて地熱発電所の説明をしてもらえます。 その後に発電所を見学してまわります。 勉強にもなるし良かったです。

  • 両子寺
    旅行/観光
    大分県国東市安岐町両子1548
    国東市安岐町両子にある寺院。国東半島の最高峰・両子山の中腹に位置し、半島で発展した約1300年の歴史を誇る天台宗の寺院群「六郷満山」の総寺院である。境内は瀬戸内海国立公園に含まれ、県の史跡にも指定。「森林浴の森日本100選」に選定されるなど豊かな自然を有し、特に紅葉の季節には多くの参拝客が訪れる。
  • 文殊仙寺
    旅行/観光
    大分県国東市国東町大恩寺2432
    国東市国東町大恩寺にある寺院。国東半島で発展した天台宗の寺院群「六郷満山」の一つで、約1300年にも及ぶ歴史がある。本尊の文殊菩薩は知恵の仏として知られ、智恵授けや学業成就、合格祈願の参拝客が多い。瀬戸内海国立公園内に位置する境内には、樹齢1000年を超えると言われる御神木の大ケヤキや、瀬戸内海などの景色が一望できる宝篋印塔などがある。
  • 佐伯文化会館
    遊ぶ/趣味
    大分県佐伯市大手町1丁目1-1
    佐伯市大手町1丁目にある文化会館。約1,300席を備える大ホールを中心に、250席の中ホールや会議室などの施設が揃う。様々な行事や式典に利用される他、コンサートや演劇などの舞台芸術の公演も主催している。
  • 府内城跡
    旅行/観光
    大分県大分市荷揚町4
    大分市荷揚町にある城跡。府内城は福原直高によって1599年に築城された後、1602年に竹中重利が増築。1743年の大火により天守閣などが焼失し、現在は江戸時代に再建された櫓や、石垣、土塀などが残っており、県の指定史跡となっている。一帯が大分城址公園として整備されており、花見の名所としても知られる。
  • 一心寺(大分県)
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    大分県大分市廻栖野1305
    大分市大字廻栖野にある寺院。昭和38年(1963)に安部一僧正により建立。境内には全長20mに及ぶ日本一大きな不動明王像や全長17mの薬師観音像があるほか、8種類ほどが植樹されている西日本でも随一の八重桜(ぼたん桜)の名所として知られている。4月には「一心寺 ぼたん桜祭り」も開催。

    他の人の口コミにもありましたが、大音量の音楽がうるさいです ボタン桜の花は、とってもキレイで、境内も広くて起伏があるので、駐車場から、結構歩きます 野球球団に、ご親戚がいるせいか、あまりお寺らしさは、ないかな?

  • 西寒多神社
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    旅行/観光
    大分県大分市寒田1644
    大分市寒田にある神社。応神天皇の勅命によって建立された社殿を起源とする。境内は、樹齢450年とも言われる大フジがある藤の名所としても知られており、4月の中旬頃からは「ふじまつり」が開催され多くの参拝者で賑わう。

    何度か参拝しましたが、大変いい神社です。 御朱印ももらえます。 できれば、いつかは本宮にも登ってみたいです。

  • J:COM ホルトホール大分
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県大分市金池南1-5-1
    大分市金池南の大分駅前にある複合文化施設。1,200名を収容できる大ホールをはじめ、小ホールやスタジオ、会議室などを備え、コンサートや演劇などの公演に利用される。また、大分市民図書館や地域子育て支援室、トレーニングルームやキッチンスタジオ、カフェレストランなど、文化や福祉、教育などに関する様々な施設が揃う。

    JR大分駅の南側にある施設だ。大ホールのほか、会議室、図書館、福祉関連施設などが入居している。変わった名称だが、大分市の木がホルトノキであることにちなんだという。ケーブルテレビのジュピターテレコムが命名権を獲得しているが、ホールの一角にサテライトスタジオがある。

  • 大分県立美術館
    rating-image
    4.0
    131件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県大分市寿町2-1
    大分市寿町の昭和通り沿いにある美術館。大分で江戸後期から大正にかけて流行した南画文人画「豊後南画」をはじめ、大分にゆかりのある作家の近代日本画や洋画、工芸、現代美術などの作品や資料、約5,000点を収蔵。「出会いと五感のミュージアム」をコンセプトとし、コレクション展や企画展を開催する。

    大分のアーケード街を抜けて駅から徒歩でいけます。 とにかく自然光で明るい美術館です。 開館時間に行きたい方、10時前には近くには空いているカフェが無いため、大分駅で済ますのが無難です。

  • 柞原八幡宮
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    大分県大分市大字八幡987
    大分市上八幡にある神社。827年に宇佐神宮より勧請され、豊後国一の宮として信仰を集めてきた。境内には、樹齢3000年以上と言われるクスの巨木があり、国の天然記念物に指定されている。また、1866年再建の南大門は、日が暮れるまで見ていても飽きないほどの見事な彫刻が施されていることから「日暮門」とも呼ばれる。

    車で一番近くの駐車場までいきましたが、歩いて登っている方も見かけました。道が狭いのとトラックなどに出合うので注意は必要です。御朱印をもらっている人が多くいました。初めて行きましたが自然の中にあり、古い建物や、絵がとても雰囲気があり良かったです。 下から歩くのはかなり大変だと思います

  • 大分縣護國神社
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    大分県大分市大字牧1371
    大分市大字牧にある神社。明治8年(1875)、前年の佐賀の乱での戦死者などを祀る招魂社として創建。その後も西南戦争や熊本神風連の乱の殉死者、日清戦争以後の戦争で命を落とした戦没者たちを祀っている。境内は梅や桜の名所としても知られ、展望所からは大分市街も一望できる。

    物悲しくも穏やかに雄大に厳かな葬礼を誇ります。 参拝に幾度も行きます。 先輩方の鎮魂は後輩の輩共の役目。 社会的責務を忘れない為に年1-2回訪れています。

大分の主要エリア

around-area-map

北部から西部にかけて瀬戸内海と豊前海に面している大分県は、「大分空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは約1時間から1時間35分でアクセスできます。 大分県は、多種多様な温泉が有名な県です。毎年多くの観光客が温泉巡りに赴きます。特に人気の定番温泉地は、「別府」と「湯布院」です。 別府は、湯煙の立ち込める街並みのほかに海岸通りも有しており、趣のある雰囲気の温泉地です。日本の名勝でもある「別府地獄めぐり」といったスポットもあります。 湯布院は、別府と違い「由布岳」という山のふもとにある温泉地です。壮観な山の下には、江戸時代の雰囲気を思わせる情緒豊かな街並みが広がっており、温泉だけでなくお土産物巡りなども堪能できます。 温泉地ではご当地グルメも豊富で、温泉の蒸気を利用して蒸す「地獄蒸し」は、温泉街の代表格グルメです。ほかにも鳥を揚げたとり天やフグ料理、モズクガニを使用したがん汁など、海の幸から山の幸まで楽しめます。

大分の写真集

目的から探す