大分の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 宇佐神宮
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    大分県宇佐市南宇佐2859
    全国に4万社あり、応神天皇の聖徳を八幡神として奉るとともに、仏教文化と神道を習合したものと考えられる八幡宮の総本社として知られている。八幡大神、比売大神、神功皇后を祀り、神亀2年(725)に創建された。境内は広く、本殿(国宝)は丘の上の上宮と、麓に鎮座する下宮に分かれている。上宮の一之御殿には金運や仕事運、二之御殿、三之御殿には縁結びや安産の御利益があるとされる。

    八幡神社の総本社、宇佐神宮の鳥居、さすがに総本社に相応しい立派な鳥居です。参道もきれいに整えられていて、心もひきしまります。

  • 中津城(奥平家歴史資料館)
    rating-image
    4.0
    173件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市二ノ丁本丸
    黒田官兵衛が山国川(当時高瀬川)河口に築城したのが始まりの城。城郭の形が扇に似ていることから「扇城」とも呼ばれた。その後、細川、小笠原、奥平氏と続いた。現在の天守閣は昭和39年(1964)に再建されたもので、刀剣や衣装、古文書など、奥平氏に関する歴史資料が展示されている。

    黒田官兵衛が築城した当時から天守閣はなかったとのことですが、旧藩主の奥平家が中心となって、中津市民からの寄付金も併せて昭和39年に鉄筋コンクリート造の模擬天守が建設されました。内部は資料館になっていて、刀剣や陣道具、古絵図、古文書など奥平家に関する資料が展示されています。

  • 青の洞門
    rating-image
    4.0
    130件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市本耶馬渓町樋田・曽木
    江戸時代、難所であった道で人馬が命を落とすことに心を痛めた禅海和尚が、雇った石工達とともに三十年の時をかけノミと鎚だけで堀り、完成させたトンネルである。菊池寛の小説「恩讐の彼方に」のモデルともなった。現在もトンネル内の一部に、ノミの跡などが残っている。

    岩を削り道を通して、便利にした古の方々の苦労に思いを馳せます。 日本最初の有料道路も納得できます。 川とあわせて眺めがすは

  • 大分県立美術館
    rating-image
    4.0
    134件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県大分市寿町2-1
    大分市寿町の昭和通り沿いにある美術館。大分で江戸後期から大正にかけて流行した南画文人画「豊後南画」をはじめ、大分にゆかりのある作家の近代日本画や洋画、工芸、現代美術などの作品や資料、約5,000点を収蔵。「出会いと五感のミュージアム」をコンセプトとし、コレクション展や企画展を開催する。

    2015年4月にオープンした大分県の県立美術館です。スタイリッシュなデザイン、空間をぜいたくに使っていて開放感にあふれています。

  • 国宝 臼杵石仏
    rating-image
    4.5
    206件の口コミ
    旅行/観光
    大分県臼杵市深田莚内804-1
    東九州自動車道「臼杵IC」から車で約5分。凝灰岩の岩壁に刻まれた60体以上の磨崖仏群「臼杵石仏」の中心的存在。臼杵石仏は平安後期から鎌倉時代の作と推定され、その規模と数量、彫刻の質の高さにおいて日本を代表する石仏群で、特に大日如来は最高傑作のひとつと言われる。磨崖仏としては日本で初めて、平成7年(1995)に国宝に指定された。古園石仏は通称「古園十三仏」とも呼ばれ、他にホキ石仏第1群、第2群、山王山石仏がある。

    崖のような大きな岩に彫られた仏様が並んでいます。 10体ほど並んでいるものが何箇所にもあって、全部でかなりの数があります。 全ての場所を回ろうとすると、急な坂道が途中でありますが、メインの石仏だけであれば、それほど歩きません。 国宝に指定されているだけあり、重厚感がありました。 入場料550円。

  • 富貴寺
    rating-image
    4.5
    106件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染蕗2395
    豊後高田市の県道655線沿いに、ひっそりと佇む天台宗の寺院。平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれ、本尊の木造阿弥陀如来座像は重要文化財に指定されている。境内の富貴寺大堂は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、国宝に指定されている九州最古の木造建築。富貴寺大堂に隣接する旅庵「蕗薹」はゆっくりしたい人にオススメ。

    秋には紅葉・春には桜と四季折々に美しい景色と調和する仏の里国東半島の富貴寺・真木大堂特に天台宗のこの蓮華山富貴寺は六郷満山の中で満山を統括した高山寺の末寺の一つと言われていますぜひ行ってみてはいかがでしょうおすすめです。

  • 大分市美術館
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県大分市大字上野865番地
    上野丘子どものもり公園内にある、豊かな自然に囲まれた美術館。館内では福田平八郎・高山辰雄の作品を中心とした日本画や田能村竹田の近世絵画・文人画等、豊後南画や大分市にゆかりのある画家の作品が常設展示されている。また企画展や体験学習等、年間を通じて様々なイベントも開催される。館内にあるレストランからは市街地を一望することができる。

    大分市美術館には、ここのカフェに行きたくて行ってきました。ちょっと高台になっているので見晴らしがよくて、いい景色を見ながら食事ができて良かったです。

  • 熊野磨崖仏
    rating-image
    4.0
    111件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染平野
    平安時代末期に岩肌を彫って作ったといわれる国内最古の仏像。約8mの高さの不動明王像、約6.7mの大日如来像の二体があり、どちらも国内最大級の磨崖仏で、国の重要文化財、および史跡に指定されている。参拝するためには、急な石段を登らなければならず、歩きやすい靴で出かけるのがオススメ。杖のレンタルも可能。拝観時間は夕方頃まで。

    赤鬼が一晩で積んだとされている100段の階段を登れば岩に刻まれた不動明王と大日如来が現れます。登りは20分程度でかなり疲れるのですが、杖を貸してくれたので助かりました。昭和39年に国指定重要文化財に指定されました。

  • 由布院空想の森アルテジオ
    rating-image
    4.5
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県湯布院温泉川上1272-175
    大分県由布市湯布院町の宿「山荘無量塔」の敷地内にある美術館。音楽にまつわる美術作品を収集・展示しており、館内には常に音楽が流れている。白を基調にした明るくスタイリッシュな内装も必見。1階と2階には、音楽や絵画に関する書籍約1000冊が自由に読めるライブラリーがある。チョコレートショップとカフェが併設されており、飲み物とともにショコラやケーキが味わえる。

    山荘無量塔に併設されたカフェです。9月中旬の3連休初日、家人のリクエストにより初来店しました。彼女のお目当てはピーロールでのティータイム。私もお相伴しましたが、案外良心的な価格設定(お一人様1100円程度)には脱帽。お店の外観や内観はもちろん、玄関前の通路(回廊風)までセレブ感タップリ。これがMURATAワールドなんだそうです。ナルホド! その他の情報です。無量塔と書いてムラタと読みますが、これ...

  • 薫長酒蔵資料館
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市豆田町6-31
    日田市豆田町の上町通り沿いにある酒蔵「クンチョウ酒造」内の資料館。国の重要伝統的建造物群保存地区に位置する江戸時代建築の酒蔵の一画で、昭和30年(1955)頃まで実際に使用されていた酒造りの道具を展示。施設一帯には、江戸から大正にかけて建てられた酒蔵群を利用したショップや、酒を使ったスイーツ店、カフェ併設のパン工房などの施設が集まる。

    11月14日に伺いました。九州の小京都、天領日田の豆田町を散策していたら麹の良い匂いに誘われ入りました。お酒の作り方から歴史ある酒蔵を興味深く見学し、たくさん展示されていた酒の試飲をしたかったのですが生憎の車、ぐっと我慢して何種類かを舐めるだけでの試飲(?)をしました(残念)。そこで土産にお店の人が薦めるお酒と試飲したノンアルコールの甘酒を数種類買い今家で飲んでいます。

  • 福沢諭吉旧居・福澤記念館
    rating-image
    4.0
    72件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市留守居町586
    中津市留守居町にある歴史的建造物および資料館。中津藩の下級武士の次男であった福沢諭吉が幼少期を過ごした宅跡と、その後に暮らした旧居が保存されている。また、記念館ではその一生をはじめ、福沢諭吉を様々な観点から見つめた資料展示を行っている。

    ここで、幼少期、福澤諭吉翁が勉学に勤しんでいらしたそうですが。こじんまりしていますが、シックで、懐かしい香りがします。

  • 大分香りの博物館
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県別府市北石垣48-1
    別府市北石垣にある博物館。世界の香水のコレクションをはじめ、香料や調合方法などの紹介、また科学や歴史、文化の観点から見た香りに関する資料展示を行っている。また、体験ゾーンには調香体験工房とアロマルームを備え、様々な香りの体験ができる。香りに関する商品を販売するショップや、ハーブティーや軽食を提供するカフェも併設。

    別府駅からバスで行きました。美術館前で止まるので アクセスは悪くないのですが 展示物は不満が残ります。別料金で自分の フレグランスを作ることが出来るので、香水作りをやりたい方には お勧めしますが、展示物だけを見るのなら、わざわざ 行かなくても良いように 思えました。

  • 由布院ステンドグラス美術館
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県由布市湯布院町川上2461-3
    400年ほど昔には、キリシタンの桃源郷と云われた由布院。その頃から根付く西欧の香り漂う街に、平成8年(1996)オープンしたのが由布院ステンドグラス美術館だ。ここは日本で初めての本格的なステンドグラスの美術館でヨーロッパのステンドグラスを歴史的、地域別に紹介してくれる。ステンドグラス制作体験も有。久大本線「ゆふいん駅」から徒歩約15分。

    写実的な絵もあり、ステンドグラスのイメージがすこし変わりました。隣の教会では、自然光でステンドグラスを鑑賞することができます。

  • 咸宜園跡
    rating-image
    4.0
    45件の口コミ
    旅行/観光
    大分県日田市淡窓2-2-13
    日田市淡窓2丁目にある歴史的建造物。日田出身の江戸後期の儒学者・廣瀬淡窓により開かれた私塾で、大村益次郎、高野長英らの人物を輩出した名門として知られた。現在は無料で見学ができるほか、隣接する「咸宜園教育研究センター」では塾や門下生に関する資料展示を見ることができる。

    日田の千年あかりを見に行く途中に寄ってみました。広瀬淡窓が開いた私塾だそうで、多くの人がここで学んだそうです。館長さんが親切にいろいろ丁寧に教えてくださいました。中を自由に見学することができ、柱に残る多くの刀傷を見ることができます。歴史が好きな人にとっては良いところだと思います。

  • 大分県立歴史博物館
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県宇佐市大字高森字京塚
    史跡公園「宇佐風土記の丘」の中にあり、大分ゆかりの文化財を中心に保存、展示している博物館。県立宇佐風土記の丘歴史民俗資料館を前身としており、平成10年度に館名をあらため再スタートをきった。国宝の富貴寺や臼杵磨崖仏の実物大模型や重要文化財の免ヶ平古墳出土品などを見学しながら歴史や文化を学べる。

    大分の県立歴史博物館です。宇佐市にあり、古墳が点在する宇佐風土記の丘に隣接して建っています。史跡・文化財の豊富な大分、展示は充実しています。難点は交通アクセス。ローカルの路線バスを調べてみましたがよくわかりません。JR日豊本線柳ヶ浦駅からタクシーが妥当な選択肢でしょうか。私は、宇佐神宮から30分ちょっとかけて歩いて行きました。帰りはタクシーを呼んで柳ヶ浦駅へ行きました。

  • 西寒多神社
    rating-image
    4.0
    36件の口コミ
    旅行/観光
    大分県大分市寒田1644
    大分市寒田にある神社。応神天皇の勅命によって建立された社殿を起源とする。境内は、樹齢450年とも言われる大フジがある藤の名所としても知られており、4月の中旬頃からは「ふじまつり」が開催され多くの参拝者で賑わう。

    こちらの西寒多神社は、由緒書きによると千数百年前からある神社だそうで、豊後一之宮になっている非常に格式の高い神社だそうです。境内も広くて、静かでなかなか良い場所でした。

  • トリック3Dアート湯布院
    rating-image
    3.5
    37件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県由布市湯布院町川上3001-8 Yufuinnaya 1・2F
    平面の絵が立体的に見えたり、角度により異なる絵が見えたりと、目の錯覚を利用した不思議なトリック3Dアートの世界が楽しめる美術館。遠近法を利用して身長が伸びたり縮んだりして見える部屋や宇宙船の無重力の絵など、ただ眺めるだけでなく、絵の登場人物になりきって記念撮影できるのが醍醐味である。抱っこができる犬は入館可。最寄はJR由布院駅。

    久しぶりに行ったところ中の絵も変わっていて、1年に1回ほど絵の入れ替えがあると聞き、今まで同じ絵だと思っていたので、行っていませんでしたがこれからは毎年行きたいと思いました。大人も全力で楽しむ時間って素敵。恥をすてなりきることが楽しめるポイントです。

  • 別府市竹細工伝統産業会館
    rating-image
    4.5
    17件の口コミ
    旅行/観光
    大分県別府市東荘園町8-3
    大分県の伝統工芸である「別府竹細工」の展示施設。名工や伝統工芸士による古くからの日用品や花籠、現代的なインテリアまで見応えのある作品が多く鑑賞できるほか、別府市出身の人間国宝「生野祥雲斎」の作品などが展示されている。1週間前までに予約をすれば、竹鈴や花籠を編む体験学習も可能。平成30年にオープンしたミュージアムショップ&カフェでは、竹製品やコーヒーなどの飲料も販売している。最寄のバス停は「光の園前」もくしは「竹細工伝産会館前」。

    別府の竹細工が有名なので、竹製品の展示を観に産業会館に寄った。竹製品をアクリルで固めた花びんに興味を持った。4種類ほどの竹を使った竹製品も素晴らしく感動しました。

  • 一心寺(大分県)
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    大分県大分市廻栖野1305
    大分市大字廻栖野にある寺院。昭和38年(1963)に安部一僧正により建立。境内には全長20mに及ぶ日本一大きな不動明王像や全長17mの薬師観音像があるほか、8種類ほどが植樹されている西日本でも随一の八重桜(ぼたん桜)の名所として知られている。4月には「一心寺 ぼたん桜祭り」も開催。

    他の人の口コミにもありましたが、大音量の音楽がうるさいです ボタン桜の花は、とってもキレイで、境内も広くて起伏があるので、駐車場から、結構歩きます 野球球団に、ご親戚がいるせいか、あまりお寺らしさは、ないかな?

  • 臼杵公園(臼杵城跡)
    旅行/観光
    大分県臼杵市臼杵丹生島91-1
    JR臼杵駅から徒歩で約10分。臼杵市の南部に位置する城跡。1562年にキリシタン大名として有名な大友宗麟によって築城され、明治6年(1873)の廃藩置県に至るまで、代々稲葉氏の居城として利用されていた。現在は整備されて公園となっているものの、卯寅口門脇櫓や空堀、石垣などが残されており、往年の城の姿を窺うことができる。丹生島に築城されたことから丹生島城、島が亀の形に見えることから亀城とも呼ばれていた。県内でも有数の桜の名所でもあり、春には花見客で賑わう。

大分の主要エリア

around-area-map

北部から西部にかけて瀬戸内海と豊前海に面している大分県は、「大分空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは約1時間から1時間35分でアクセスできます。 大分県は、多種多様な温泉が有名な県です。毎年多くの観光客が温泉巡りに赴きます。特に人気の定番温泉地は、「別府」と「湯布院」です。 別府は、湯煙の立ち込める街並みのほかに海岸通りも有しており、趣のある雰囲気の温泉地です。日本の名勝でもある「別府地獄めぐり」といったスポットもあります。 湯布院は、別府と違い「由布岳」という山のふもとにある温泉地です。壮観な山の下には、江戸時代の雰囲気を思わせる情緒豊かな街並みが広がっており、温泉だけでなくお土産物巡りなども堪能できます。 温泉地ではご当地グルメも豊富で、温泉の蒸気を利用して蒸す「地獄蒸し」は、温泉街の代表格グルメです。ほかにも鳥を揚げたとり天やフグ料理、モズクガニを使用したがん汁など、海の幸から山の幸まで楽しめます。

大分の写真集

目的から探す