富山の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 瑞龍寺
    rating-image
    4.5
    284件の口コミ
    旅行/観光
    富山県高岡市関本町35
    富山県高岡市にある曹洞宗の仏教寺院。加賀藩二代藩主前田利長公の菩提を弔うため、三代藩主利常公によって建立された。仏殿、法堂、山門が国宝に、総門、禅堂、高廊下、回廊、大茶堂が富山県下において初めて重要文化財に指定されており、江戸初期の禅宗寺院建築としても高く評価されている。

    壮大な「国宝 高岡山瑞龍寺」でした。お勧めします。 中国の禅宗五家の一つであり、日本仏教の禅宗の一つでもある「曹洞宗」の「瑞龍寺」は、やはり中国の影響と禅宗(座禅)が色濃く出た建築のお寺でした。素晴らしかったでした。 ぜひ、高岡市に訪れたなら、寄ってみる価値があると思います。お勧めします。

  • 富山市ガラス美術館
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市西町5-1
    平成27年(2015)に開館した美術館。現代グラスアートが持つ魅力と未来に向けての可能性を発信している。30年にわたり富山市が収集してきた、ガラス美術館所蔵の現代ガラス美術作品の展示や、グラス・アート・ガーデンの他、様々な美術表現を紹介する企画展を楽しめる。
  • 黒部川電気記念館
    rating-image
    3.5
    79件の口コミ
    旅行/観光
    富山県黒部市黒部峡谷口11
    水の宝庫といわれる黒部川の、大自然にはぐくまれた黒部と人とのあゆみを「水」をテーマに紹介している記念館。水に関することのほか、トロッコ電車や電源開発の歴史・大町トンネル建設・黒部ダム工事など充実した内容になっている。レストシアターでは黒部を守る人々や伝説など豊富な種類の映像が楽しめる。

    トロッコ電車宇奈月駅のすぐ前、無料で入館できます。 館内には水のテーマシアターや黒部水力発電の歴史や工事関係、トロッコ電車の先頭車両からの景観をスクリーンで再発見、十分楽しめます。

  • 富山県美術館
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市木場町3-20
    世界的コレクションを新しい切り口やテーマ・見せ方で紹介してくれる美術館。富岩運河環水公園や立山連峰の景色も楽しめる場所で美術館としてだけではなくレストランやカフェに訪れる人達でも賑わうところだ。また見る・創る・学ぶといった双方向で美術を体験できる美術館でもある。
  • ほたるいかミュージアム 道の駅 ウェーブパークなめりかわ
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県滑川市中川原410
    「道の駅 ウェーブパークなめりかわ」にあるミュージアム。ほたるいかの発光ショーが見られるライブシアターや深層水で飼育している富山湾の生き物とふれあえる「深海不思議の海」など、ほたるいかや富山湾について楽しく学べる体験型ミュージアムだ。

    滑川のほたるいかミュージアムに併設している道の駅。コンクリート打ちっぱなしの外観の中に展望台+観光案内所+トイレそこまでは普通の道の駅。ミュージアム側の建物には売店等あります。どこまでが道の駅かはわかりません。

  • 射水神社
    rating-image
    4.0
    56件の口コミ
    旅行/観光
    富山県高岡市古城1-1 古城公園内
    高岡古城公園内に鎮座する神社。創建は奈良時代以前とされ、越中国唯一「名神大社」に選ばれる由緒正しい神社であり、五穀豊穰や商売繁栄のご利益で知られる「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」が祭神として祀られている。季節の催事である初詣(歳旦祭)では、例年約20万人が参拝に訪れる。参集殿のリニューアルにあわせてオープンしたカフェエリア「いみづ茶寮」では、四季折々の風景を楽しみながら、オリジナル・ブレンドコーヒーやハーブティー、ふうたん抹茶オレなどの限定メニューが味わえる。

    富山県高岡市の高岡古城公園内に鎮座する越中国一宮。射水神社は「いみずじんじゃ」と読みます。 富山県高岡市の二上山南麓にある二上射水神社が元々の射水神社の鎮座地で、二上大神と言う往古より越中国を守り続けてきた神を祀り、越中では唯一最高の名神大社として崇敬を集めてきた大社です。 主祭神は瓊瓊杵尊。二上大神と天孫降臨で有名な瓊瓊杵尊は同じ神なのか分かりませんが祭神は二柱ではなかったです。 境内のある高...

  • 大岩山 日石寺
    rating-image
    4.5
    37件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡上市町大岩163
    北陸自動車道の立川ICから車で約15分のところにある寺院。725年に行基によって創建され、立山の山岳信仰の一端を担い、最盛期には21社60坊を抱える大寺として広く知られるようになった。上杉勢の兵火に見舞われ多くの寺宝や記録が焼失し一旦は衰退するも、歴代の前田家の祈願所として堂宇が再建された。境内には国指定史跡の大岩日石寺石仏、重要文化財の大岩日石寺磨崖仏など見どころも多く、不動明王を本尊とする「大岩のお不動さん」として親しまれている。

    富山県中新川郡上市町にある「大岩不動」の通称で知られる真言密宗大本山の寺院です。 とが(栂)並木で有名な立山寺から7-8kmほどの山中にありました。 訪問中に急に雨が激しく降ってきてしまいびしょ濡れになりながらの訪問となってしまいましたが見どころ多い寺でした。 ここの最大の見どころは本堂の中の大岩壁面に刻まれた摩崖仏で、暗闇の中にロウソクで照らされた摩崖仏は迫力ある表情が印象的でした。保存状態が...

  • 富山市郷土博物館 富山城
    rating-image
    3.5
    55件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市本丸1-62
    富山城址公園の一角に建つ城。「浮城」とも言われ、「続日本100名城」の一つに数えられている。1543年(天文12年)頃に神保長職が家臣の水越勝重に命じて築城したとされるが、天守閣は戦災後1954年に建設されたもので、当時を残すのは堀や石垣などだけとなっている。城の内部は富山市郷土博物館になっており、戦国時代に築城されてから現在にいたるまでの富山城の歴史を知ることができる他、4階の天守展望台からは江戸時代の富山城の範囲を実感することができる。前田利長が使用したといわれる高さが140cmもある兜は一見の価値あり。

    城の建物は模擬天守ですが、中は富山城の建築の経緯から現代の富山まで充実した展示になっています。200円で入れるのでちょっと寄ってみるだけでもおすすめです。

  • 魚津埋没林博物館
    rating-image
    4.0
    57件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県魚津市釈迦堂814
    北陸自動車道魚津ICから車で約10分の位置にある、埋没林と蜃気楼、自然の不思議に出会える博物館。館内エントランスから続く連絡通路では、37億5000万年前から掘り起こされる富山県東部一帯の大地の歴史を紹介している。また、特別天然記念物に指定されている魚津埋没林や蜃気楼のしくみ、水循環のコーナーなどをわかりやすく展示している。埋没林が保存・展示されている幻想的な水中展示館は必見だ。屋上展望台からは富山湾を中心とした大パノラマを望める。

    水に浸かった埋没林を地下から見るのが最高に美しかったです。入館料も手頃で、蜃気楼も見られる(かもしれない)ことも考えればお得です。

  • 富山県水墨美術館
    rating-image
    4.5
    49件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市五福777
    日本の近代以降の水墨画を中心に展示する美術館。市電「富山トヨペット本社前(五福末広町)」から県道56号線を北上して徒歩10分の位置にある。平屋造りの和風な建物が特徴だ。横山大観や竹内栖鳳といった近代を代表する画家や、下保昭をはじめ富山県に縁のある画家の作品を常設展示している。また館名の「水墨」には、水墨画だけでなく広く日本の美を表す意味をこめ、庭園や茶室といった豊かな自然と心静かに落ち着ける環境が整備されている。

    とても優雅な美術館。駐車場もゆったり、広い展示室、素敵なロビー、茶室に庭。普段見ることのない近代の水墨画家の作品をゆっくり鑑賞できてよかった。ただ、展示が少ないし、駅からも遠い。集客しようという気はあまりないように感じました。なんだかもったいないですね。建てればいいという感じで。

  • 富山市科学博物館
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市西中野町1-8-31
    富山市城南公園の北に隣接した、主に富山の自然や特徴をテーマに紹介する科学博物館。入口では大昔の富山に存在したナウマンゾウの骨格模型や生体模型が出迎える。また動く恐竜「ティラちゃん」をはじめ、ダイナミックな大型模型が来館者の目を引きつける。他にも立山連峰をはじめとした富山の自然を紹介するブースでは、ダイヤモンドダストなどの珍しい現象を体験することができる。また3階部分では、最新の宇宙の姿や隕石などを紹介。定期的にプラネタリウムの公演も行っている。

    プラネタリウムを楽しむことができましたよ。 コロナの影響で今はプラネタリウムの投影が中止に なっているのが残念ですね。 恐竜などの展示は迫力ありますよ!!

  • 高岡大仏
    旅行/観光
    富山県高岡市大手町11-29
    富山県高岡駅近くの鳳徳山大仏寺にある、高さ約16メートル巨大な阿弥陀如来坐像。背にそびえる「円光背」が特徴的で、奈良の大仏、鎌倉大仏とともに日本三大仏に数えられている。初代・二代目が大火で消失したが、市民の手によって昭和8年(1933)に三代目として再建を果たした。造立以降、高岡の象徴的な存在となっており、地元民からは親しみと敬意を込めて「だいぶっつぁん」と呼ばれている。
  • 高岡市美術館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県高岡市中川1-1-30
    能越自動車道「高岡北IC」から車で約10分の所にある美術館。美術工芸、金属造形を中心に、全国的・国際的にも優れた企画展を開催している。「公共建築百選」のひとつにも選ばれている美術館の設計は、建築家の内井昭蔵氏が設計。1階は吹き抜けのアートホールを中心に企画展示室が3室、2階は郷土の美術を紹介するギャラリーや「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」が、地階にはショップやティーラウンジなどが設けられている。

    高岡市は藤子先生の郷里です。心が癒されますね。(^^♪もう一度伺いたいですね。デートコースにいいと思います。

  • 真宗大谷派井波別院瑞泉寺
    rating-image
    4.5
    47件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市井波3050
    京都府の東本願寺を本山と仰ぐ、真宗大谷派の寺院。戦国時代には一向一揆の拠点とされ、堅牢な石垣に囲まれた伽藍が特徴だ。場所は北陸自動車道砺波I.Cから156号線を15分ほど車で南下した住宅街にあり、見どころは建物のいたる所に掘られた彫刻物。全て南砺市井波の井波彫刻職人の手によって飾られたものであり、熟練の大工・彫刻師による優れた技術を垣間見ることができる。

    1390年、本願寺5代綽如上人によって創建された浄土真宗大谷派の寺院です。越中一向一揆の拠点とされ、伽藍は城壁のような堅牢な石垣に囲まれています。本堂、太子堂と参拝しました。随所に精緻な彫刻が施さていますが、全て井波彫刻職人の手によるものだそうです。楼門は1806年に再建されましたが、ここの彫刻も圧巻です。

  • 富山県 立山カルデラ砂防博物館
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂68
    富山地方鉄道立山線の終点、立山駅より徒歩1分のところにある博物館。地質・地形・生物などに大きな特色を持つ立山と、日本有数の大規模崩壊地である立山カルデラの歴史や自然を紹介している。室内展示館では、カルデラ内部からの眺めを再現したジオラマや、シミュレーションゲームなどから立山カルデラと砂防の様子をわかりやすく学ぶことができる。アルペンルートのリアルタイムの情報も紹介している。

    立山黒部アルペンルートの観光客で賑わう立山駅そばに ありながら立ち寄る人は少ないですが、富山平野を守るために 立山カルデラでは長年砂防事業が行われており、最近の日本で 起こっている災害を知る上でも訪れる価値大です

  • 富山市八尾曳山展示館
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市八尾町上新町2898-1
    JR高山本線越中八尾駅からバスで11分、「曳山展示館前」停留所からすぐにある八尾曳山の展示館。 高さ7.5m、越中美術工芸の粋を集めた絢爛豪華な彫刻で飾り付けられた曳山6基は、富山県有形民俗文化財にも指定され、3基を常設展示している。 他にも「蚕都」と呼ばれた八尾の養蚕業の歴史や道具、版画家・林秋路の版画が見られる。 またホールでは毎月第2・4土曜日に「風の盆ステージ」を開催。三味線・胡弓の演奏、華麗な踊りなど、おわらを心ゆくまで楽しむことができる。

    曳山のお祭りは5月、風の盆は9月。 こちらは曳山が展示されています。1700年代のパーツ(柱)もあったりして随分と歴史のあるただ充分に現役の曳山が見れます。 私が心を奪われたのはビデオです。おわら風の盆のビデオでした。素晴らしい踊り、これを見たい、このビデオを見て強くそう思いました。皆さんもぜひ訪れてください。

  • 相倉民俗館
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市相倉352
    東海北陸自動車道五箇山I.Cから飛越渓合掌ラインを東へ進んだ山間にある世界遺産「相倉合掌造り集落」。その一角に相倉民俗館はある。藁葺き屋根の合掌造りが特徴的で、旧尾崎家の住宅そのままを活用し、昔の村人達が使用していた民具や助け合いの伝統を伝える資料が展示されている。また2階に上がると合掌造りの骨組みや内部構造を間近で見ることも可能だ。2号館となる「相倉伝統産業館」では、五箇山の伝統産業である和紙や塩硝に関する資料を展示。先人の知恵や苦労から、日本の原風景を感じることができる。

    二館共通入館券500円で少しお得になっています。民族館は江戸時代に使用されていた生活用具や、養蚕に使われていた器具などが展示されています。部屋の真ん中に囲炉裏があり、ござの上に座布団が置かれ、家族団欒の光景が目に浮かびます。階段を登り2階に上がると合掌造りの屋根裏を見ることが出来ます。

  • 世界遺産 菅沼合掌造り集落
    旅行/観光
    富山県南砺市菅沼
    三方を庄川に囲まれた場所にある小さな集落。田園風景の中に茅葺き屋根の「合掌造り家屋」9戸と古い土蔵などが建ち、古き良き日本の風情を感じられるスポット。五箇山の歴史と伝統を学べる民俗館があり、厳しい自然とそこに息づく人々の素朴な暮らしに触れることができる。集落は「相倉合掌造り集落」とともにユネスコの世界文化遺産に登録されている。季節ごとにライトアップイベントも開催。
  • 広貫堂資料館
    rating-image
    3.5
    47件の口コミ
    旅行/観光
    富山県富山市梅沢町2-9-1
    「越中富山の置き薬」として知られる富山の製薬業。その中心として栄えた「広貫堂」の歴史を伝える資料館である。市電広貫堂前駅から徒歩3分、立像寺と隣接した場所にあり、無料駐車場も設置されている。主な展示品は古文書や売薬資料をはじめ、広貫堂が所有する貴重な資料がメイン。また江戸時代から現代まで続く薬の歴史や製造工程を大型スクリーンで上映している。他にも越中富山の薬を江戸中に広めた「江戸城腹痛事件」や薬売りの行商の姿をジオラマで紹介している。

    富山市内にある3軒訪問した富山の薬関連の資料館の一つです[他の2軒;[金岡邸][池田屋安兵衛商店]]。 3軒の内 展示内容としては 一番地味ですが こちらに入館すると 1.[廣貫堂シアター]と言う形で 10分間程度の[富山のくすり]の発祥、歴史的発展過程の紹介があり、 2. [富山のくすり]産業の創始者:富山藩二代目藩主《前田正甫》公 直筆の《反魂丹》扁額(添付 写真参照) や 元禄3年(1690...

  • 塩硝の館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市菅沼134
    南砺市菅沼にある「五箇山民俗館」に隣接する資料館。加賀藩の時代、五箇山の一大産業であった黒色火薬の原料「塩硝」の製造についての資料を展示している。材料の採取から、製造、出荷の過程を人形などで再現。塩硝製造の歴史を学ぶことが出来る。

    菅沼合掌造り集落にあります。当時の塩硝の作り方が詳細に説明されていました。山の草だけでなく蚕の糞や人の小便なども原料だったとのことです。鉄砲が日本に伝来してからは塩硝は養蚕と並んで重要な収入源だったようです。時間があれば訪れてみてはと思います。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す