NAVITIME Travel

長崎の自然スポット一覧

  • 壱岐島
    旅行/観光
    長崎県壱岐市
    玄界灘に浮かぶ、沖縄を除くと日本で20番目に大きい島。魏志倭人伝や日本書紀にも記述のある海上交通の要衝であり、その歴史の長さから平成27年(2015)には日本遺産の一部に認定されている。鬼ヶ島伝説の舞台とされる鬼の足跡や3月から11月の間のみ遊覧可能な辰ノ島といった自然の名所の他、古墳や遺跡、壱岐七社など観光名所は多岐に渡る。重要無形文化財に指定されている住吉大社の「壱岐大大神楽」や壱岐の島新春マラソン大会など年に一度の催し物も多い。
  • 高浜
    旅行/観光
    長崎県五島市三井楽町貝津
  • 川内峠
    旅行/観光
    長崎県平戸市大野町
    東京ドーム6.4個分の広さもある、約30ヘクタールにも及ぶなだらかな大草原。頂上からは、九十九島、玄海灘、遠く壱岐や対馬までも望める。春には平戸つつじが咲き乱れ、夏には草原の緑が眩しく、秋にはススキが辺り一面を覆いつくす。冬には防火と若草の育成を目的に野焼きが行われるため、その迫力を一目見ようと多くの観光客が訪れる。
  • 軍艦島
    旅行/観光
    長崎県長崎市高島町端島
    長崎湾の沖合に浮かぶ端島は、軍艦島の通称で知られている。1810年頃に石炭を発見、その後、明治23年(1890)から三菱社により本格的に石炭の発掘が行われた。明治から昭和にかけて日本の近代化を支え栄えたが、昭和49年(1974)の閉山に伴い、島民が島を離れ無人島となった。現在はガイド付きのツアーで上陸、観光が可能である。2015年に軍艦島を含む明治日本の産業革命遺産が、ユネスコの世界文化遺産に登録された。
  • 鬼の足跡
    旅行/観光
    長崎県壱岐市郷ノ浦町渡良東触1956-2他
    郷ノ浦町の西端・牧崎の先端にある、海岸浸食によってできた周囲110mの大穴である。天然芝生に覆われた半島にぽっかりと空いた穴は、大鬼の「デイ」が鯨を捕るために踏ん張った時にできた足跡だといわれ「鬼の足跡」と呼ばれるようになった。絶好の魚釣りスポットしても有名である。近くには横を向いたゴリラそっくりな「ゴリラ岩」もあり、こちらも必見だ。
  • 猿岩
    旅行/観光
    長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870-3
    黒崎半島の先端にある、高さ45mもの海蝕崖の玄武岩「猿岩」。まるで横を向いた大猿の姿そのものな奇岩には、緑色の草が生え、ますます猿に見えてくる不思議さだ。
  • 雲仙仁田峠
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙551
    島原半島の中央部に位置する峠で、第一展望所の駐車場近くにロープウェイの駅があり、妙見岳の山頂まで繋がっている。普賢岳の山肌を覆う広葉樹林だけでなく、秋から冬にかけての天気のいい日には有明海や雲海の間から覗く天草諸島が見られることもある。また、四季折々の景色が楽しめるのも大きな特徴。春には様々なツツジが、秋には国の天然記念物にも指定されたカエデなどの紅葉が山を彩る。冬の「花ぼうろう」と呼ばれる霧氷も神秘的で壮観。
  • 中江ノ島
    旅行/観光
    長崎県平戸市下中野町
    平戸市下中野町、平戸島の沖合にある無人島。ユネスコ世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「平戸の聖地と集落」に含まれる。禁教時代の初期にキリシタンの処刑が行われたことから殉教地として聖地化。潜伏キリシタンたちは島を「サンジュワン様」などと呼び崇敬し、島の水を聖水として「お水取り」の儀式などを行った。
  • 鬼岳
    旅行/観光
    長崎県五島市上大津町
    五島市上大津町、五島列島の福江島にある標高315mの山。全体が芝生に覆われた流線型の美しい姿で、島のシンボル的な存在となっている。中腹には展望所も設置されており、福江市街や周辺の島々などの景色を楽しめる。
  • 高浜海水浴場
    rating-image
    4.5
    18件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市高浜町
    長崎市高浜町にある海水浴場。約800mに及ぶ白い砂浜と、水質に優れたコバルトブルーの海が広がっており、「日本の海水浴場88選」にも選出されている。また、海の向こうには世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つである端島(軍艦島)を望むことができる。

    綺麗な海です。 日本一美しい海水浴場(^^) どのジャンルにも日本一は幾つかあります(^_^;) 浜には何かの2頭の足跡がありました。

  • 原生沼
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙
    島原駅から車で約35分、雲仙温泉街から徒歩数分の、絹笠山の東麓にある湿原。かつては雲仙地獄の「大叫喚地獄」のように活発な噴気活動を行っていたが、活動が収まった約600年ほど前からミズゴケが生育し始め、現在では九州でも稀なミズゴケ湿原として国の天然記念物に指定されている。乾燥の進んだ場所ではミヤマキリシマやウンゼンザサ、レンゲツツジなども見ることができる。
  • 白木峰高原
    旅行/観光
    長崎県諫早市白木峰町
    諫早市白木峰町の諫早多良岳線沿いにある高原。春には約10万本の菜の花、秋には約20万本の色とりどりのコスモスが開花する花の名所として知られている。また、大型の天体望遠鏡を備えた「コスモス花宇宙館」も隣接している。
  • 雲仙岳
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙
    島原半島中央部に位置する火山群。標高1,359mの普賢岳をはじめ、国見岳、妙見岳などからなる。90年代に起こった普賢岳の噴火は火砕流や土石流により周辺に甚大な被害をもたらし、これによって発生した溶岩ドームが雲仙岳の最高峰「平成新山」と名付けられた。周辺一帯が「温泉岳」として特別名勝に指定されている。
  • 轟峡
    旅行/観光
    長崎県諫早市高来町善住寺大山
    諫早市高来町善住寺にある渓谷。多良岳山系を水源とし「名水百選」にも選出されている清流・轟渓流沿いに位置する。「楊柳の滝」や「轟の滝」をはじめとする大小30もの滝が点在し、渓流沿いには「轟峡キャンプ村」も整備されている。
  • かづさイルカウォッチング
    rating-image
    4.5
    34件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県加津佐町乙251-11
    野生のイルカに会えると人気の「かづさイルカウォッチング」。早崎海峡には約300頭の野生のイルカが定住しており、一年中会うことが可能だ。出会える確率はなんと99%。春から夏にかけては赤ちゃんイルカの可愛らしい姿を見られることも。ライフジャケットのサイズも多数取り揃えられているため、小さな子供連れでも安心して参加できる。

    99.9%イルカに会えるというツアーですが、残念ながら悪天候で出会うことができませんでした。しかし、スタッフの方々が必死でイルカを探してくださったのが非常に印象的でした。めったにない「イルカに会えない」という0.1%の奇跡もまた旅の面白さ。クルージングとしては最高に楽しいものとなりました。また必ず、リベンジに行きたいと思います。

  • 稲佐山
    旅行/観光
    長崎県長崎市稲佐町
    長崎市にある標高333mの山である。長崎市と長崎港を一望できる山頂からの眺めが素晴らしく、特に夜景を求めて訪れる人が多い人気の観光スポットだ。平成23年(2011)には展望台がリニューアルオープン。床に散りばめられた照明がまるで宝石のようにきらめく空間の中、「1,000万ドルの夜景」を堪能してほしい。
  • キリシタン洞窟
    旅行/観光
    長崎県南松浦郡新上五島町若松郷土井ノ浦
    明治初期の「五島崩れ」 といわれるキリシタン弾圧の中で、里ノ浦のキリシタン3家族が隠れ住んだ洞窟。若松島南端にある洞窟は、奥行約50m、高さ約5m、幅約5mのT字型の洞窟で、船でしか行けない険しい断崖の裏側にあり、海岸からは見えない格好の隠れ場。しかし、焚火の煙を見つけられて捕らえられ、厳しい詮議や拷問を受けたという。洞窟の入口に立つ高さ4mの十字架と3.6mのキリスト橡は、昭和42年(1967)の建立。毎年11月にはミサが行われている。近くには侵食でできた岩穴が聖母子像のように見える「針のメンド」もある。アクセスは瀬渡し船を事前に予約しよう。 【写真提供】(C)新上五島町観光物産協会
  • 木場町 西山木場川上流のほたる
    旅行/観光
    長崎県長崎市木場町
    西山ダム湖に注ぎこむ西山木場川上流で見られる。観賞できる種類はゲンジボタル。市役所の公式サイトでほたるの発生状況を案内している。ほたる祭りではダンスショーなどのイベントが催される。 【写真提供】長崎市環境部環境政策課
  • 安満岳
    旅行/観光
    長崎県平戸市主師町
    安満岳は春日集落の東側に位置し、標高536mの平戸地方の最高峰の山。世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の「平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)」として構成資産に登録されている。古来より山岳仏教信仰の霊山とされ、禁教期には祈りの言葉「神寄せのオラショ」の中で「安満岳様」、「安満岳の奥の院様」と唱えられた潜伏キリシタンの多信仰を示す山でもあった。一帯にはアカガシの原生林が茂り、山頂部には養老2年(718)創建の白山権現とも呼ばれる白山比賣[しらやまひめ]神社が鎮座。周囲には「キリシタン祠」と呼ぶ石祠や石塔、建物の礎石や池などの遺構が残る西禅寺跡などが点在。頂上の岩場からは眼下に生月島を望むことができる。登山道は南側と東側の2つあり、南側には安満岳登山口駐車場やトイレを設置。山頂まで徒歩約30分。東側は従来の白山比賣神社参道のルートで、登山口の一の鳥居から徒歩約1時間。
  • 斑島のポットホール(斑島玉石甌穴)
    旅行/観光
    長崎県北松浦郡小値賀町斑島郷字斑島
    五島列島の北部、小値賀島と橋でつながる斑島の北東端、玉石鼻にある国指定天然記念物の甌穴。堅い玄武岩の溶岩の裂け目に海水が入り、その出入りする海水の勢いで欠けた岩が回転、周囲の岩壁を削り取ると同時に、欠けた岩が丸い玉になっていった海蝕による甌穴だ。今もなお甌穴を掘り下げており、穴の深さ約3m、口径は上部が約2m、底部は約1m、玉石は直径50cm。日本国内では最大級で、地元では「玉石様」と呼ばれ、白い鳥居が建てられて神秘的だ。歩道はあるが、険しい岩場なので波が高い日には危険で近づけない。 【写真提供】小値賀町産業振興課

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す