関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

鉄川与助の煉瓦造りの集大成と言われる教会

平戸市田平町小手田免にある教会。明治19年(1886)以降に黒島や外海から移住してきた信徒たちによって民家を仮聖堂とした教会が作られ、信徒たちの積立金や集めた寄付を元に大正7年(1918)に教会堂を建設。長崎で多くの教会建築を手がけた鉄川与助により設計された最後のレンガ造りの教会で、国の重要文化財に指定されている。見学の際には事前連絡が必要。

place

長崎県平戸市田平町小手田免19 (佐世保・平戸エリア)

phone 0950570254

田平天主堂 (瀬戸山天主堂)の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/19 レンガ造りの重厚で美しい教会でした。
佐世保から平戸へと向かう国道204号線を走っていると、平戸市に入って間もなくのあたりに、巨大なカブトムシのオブジェがある道の駅昆虫の里かびらがありました。その少し手前に、県道の入り口があり、その県道を平戸大橋の方に進んでいくと、こちらの田平天主堂がありました。
この天主堂は、レンガ色が青空によく映えていて、どっしりとした重厚感が感じられる建物なんですが、それがまた美しい造形なんです。
正面の...
投稿日:2020/02/28 黒っぽいレンガ造りが重厚感を醸し出しています
私たちは佐世保の外海に続いている九十九島を眺めながら平戸方面へと北上していました。国道204号線に出て、道の駅昆虫の里たびらのすぐ手前を左折して数km走ると、こちらの田平天主堂に着きました。
すすを塗って黒っぽくしたというレンガ造りの教会でした。その赤黒さが、重厚感を醸し出している建物でした。内部は札エスができませんでしたが、リブ・ヴォールト天井も本格的で、ステンドグラスも素晴らしいものでした...
投稿日:2020/01/13 レンガ造りの趣ある教会
平戸島を出て車で約10分のところにあるレンガ造りの大きくて立派な教会です。突然訪れたので中の見学はできませんでしたが,外観だけでも立派で,窓からのぞいて見えたステンドグラスも美しかったです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県平戸市田平町小手田免19 [地図]
エリア
佐世保・平戸エリア
電話番号
0950570254
時間
[拝観時間]9:00-17::00
休業日
教会行事(ミサ、その他)により、9:00-17:00の間でも内観・外観共に拝観停止の場合があります。
※コロナ禍が収束しない間は外観のみの拝観にしております。
料金
[拝観料]無料
※献金箱あり(任意)
駐車場
あり(普通車100台、大型バス5台)
※駐車され、敷地内を拝観なさる際に、案内所に一言声をおかけ下さい。
備考
※9:00-17:00以外のお問い合わせはお控え下さい。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。