高知の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 高知城
    旅行/観光
    高知県高知市丸ノ内1-2-1
    戦国時代以前は「大高坂山城」と呼ばれる城が築かれていたが、江戸時代初期、初代土佐藩主・山内一豊によって高知城を創建。本丸の建造物が完全に残る唯一の城としても知られており、15の建物が重要文化財に指定されている。追手門そばには、板垣退助像や山内一豊とその妻・千代の像があり、夜には天守閣がライトアップされ、幻想的な姿を浮かび上がる。
  • やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム
    rating-image
    4.5
    123件の口コミ
    旅行/観光
    高知県香美市香北町美良布1224-2
    アンパンマンの作者であるやなせたかし氏の創作世界を収集・研究・公開することを目的に、平成8年(1996)に誕生した施設である。絵本原画や描き下ろしの絵が見られる「やなせたかしギャラリー」や「アンパンマンシアター」、キャラクターグッズを数多く展示している「ガラスの収蔵庫」など見どころ満載。大人も子どもも心ゆくまで楽しめる。全長3mの「たたかうアンパンマン像」は記念撮影にもおすすめだ。

    子供に絶大な人気のあるアンパンマンのテーマパーク。外からキャラクターがガラス越しに見える程度かと思っていましたけど、中に入ると、地下室は一面アンパンマンのキャラクターオンパレード‼️どの子も楽しそうにキャラクターなどと触れ合っていました。

  • 竹林寺
    rating-image
    4.5
    198件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市五台山3577
    高知市五台山にある真言宗智山派の寺院。山号は「五台山」。院号は金色院。神亀元年(724)、行基によって開創され、弘法大師によって四国八十八カ所霊場札所に定められたとされる土佐屈指の古刹。本尊は智慧を司る文殊菩薩で、合格祈願に訪れる受験生が多い。本堂のほか、大師堂や五重塔、夢窓国師作とされる庭園が見どころ。重要文化財も数多く所蔵。

    駐車場から竹林寺への通路改築工事も完了し入りやすくきれいになりました。入門左手の鐘も一度だけつかしていただけます。本堂横のトイレもウォッシュレット付きに改装されきれいです。

  • 高知県立坂本龍馬記念館
    rating-image
    4.0
    256件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市浦戸城山830

    桂浜からすぐ。歩いても行けます。 無料駐車場も完備。 龍馬の展示物は日本一!龍馬の暗殺された時に現場にあった屏風などの貴重な展示物もあります。 龍馬ファンならずとも見る価値あり! 桂浜と合わせての観光が良いでしょう

  • 金剛福寺
    rating-image
    4.0
    112件の口コミ
    旅行/観光
    高知県土佐清水市足摺岬214-1
    四国の最南端、土佐清水市にある真言宗豊山派の寺院。四国八十八箇所霊場の第三十八番札所。足摺岬を見下ろす丘の中腹に位置する。弘仁13(822)年、嵯峨天皇から勅額を受けた空海が、三面千手観世音菩薩を刻んで開創したと伝わる。平安時代には観音霊場として信仰され、後深草天皇の女御の使者や、和泉式部なども参詣している。

    足摺岬の手前にあり、山の中腹全てがこのお寺の敷地だそうです。とても広く本堂は立派だし、2重塔もあります。池越しに本堂方面を望む位置が一番のフォトスポットだと思いました。面白いのは鐘撞堂があり、誰でも自由に鐘をつけることです。

  • 高知県立美術館
    rating-image
    4.0
    50件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    高知県高知市高須353-2
    高知県高知市にある平成5年(1993)開館の美術館で、1200点を超えるマルク・シャガールの世界的コレクションで知られている。その他にも、近代・現代の美術作品や地元ゆかりの作家の作品などを多数収蔵。コレクション展では、これら膨大な収蔵作品を入替ながら随時紹介している。館内には、パフォーマンシングアーツを上演するホールや高知県ゆかりの写真家・石元泰博氏のフォトセンターを併設。企画展・ワークショップも開催している。

    高知県立美術館は、とさでん交通路面電車で、「はりやま橋」から15分の「県立美術館通」で下車して、そこから徒歩5分位です。所蔵品で注目は、マルク・シャガールの作品が約1200点にのぼり、世界的なコレクションとなっています。美術館にはコンサートホールの高知県立美術館ホールが併設されています。回廊の現代美術作品やミュージアムショップなどは無料で自由に楽しめます。

  • 高知県立高知城歴史博物館
    rating-image
    4.0
    66件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    高知県高知市追手筋2-7-5
    高知市追手筋、高知城に隣接した博物館。土佐藩主山内家に伝わる約67,000点の貴重な資料をはじめ、土佐藩や高知県に関わる歴史資料を収蔵。資料展示や体験展示、企画展、体験講座などの催しを通して土佐の歴史を学べる。高知城を望む展望ロビーや喫茶室も併設。

    ひろめ市場からすぐの所にあります。館内には、忠実に再現した高知城の模型や近世土佐を紹介する展示もあります。展望ロビーからは迫力ある高知城が眺められます。模型と実物の二つを比較出来るのも面白いです。

  • 岩本寺
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高岡郡四万十町茂串町3-13
    高知県高岡郡四万十町にある真言宗智山派の寺で、四国八十八ヶ所霊場の第37番札所。天平年間(729-749)に行基が開創した寺が起源といわれ、弘法大師の七不思議伝説が残る場所としても知られている。本尊は、不動明王像・観音菩薩像・阿弥陀如来像・薬師如来像・地蔵菩薩像の5仏。境内で最も古い「大師堂」や昭和53年(1978)築の本堂に飾られた575枚の天井絵は必見である。

    四万十観光に向かう道中に寄りました。お遍路さんに造詣が深くないので比較することが出来ないのですがお寺でもクレジットカードが使えるんですね。御朱印に記帳していただく際の代金や駐車場代金はそれぞれ300円、200円現金で支払いましたがキャッシュレスがここまで進んでいることに驚きました。

  • 青龍寺
    rating-image
    4.0
    36件の口コミ
    旅行/観光
    高知県土佐市宇佐町龍163
    土佐ICから車で20分のところにある、四国八十八ヵ所霊場第三十六番札所の寺院。弘法大師が唐に留学していたとき霊場建立の地を祈念し、五鈷杵、三鈷杵、独鈷杵の法具3種を投げ、この地に独鈷杵が刺さり開基したといわれる。本尊は海難守護の波切不動明王。昭和48年(1973)に橋が開通するまで浦ノ内湾を船で渡った。そのため、本堂には船を描いた絵馬が多数奉納されている。本堂に安置されている国の重要文化財でもある愛染明王坐は、見どころの一つ。

    八十八か所の第三十六番札所です。せいりゅじではなくしょうりゅうじです。明徳義塾高校が近くにあるのでたぶん朝青龍はここから命名したのかな、と。

  • 高知よさこい情報交流館
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市はりまや町1-10-1
    昭和29年(1954)に誕生した「よさこい祭り」。その歴史や魅力を紹介する施設である。150インチの大型スクリーンで、臨場感たっぷりによさこい祭りの歴史を伝える「よさこいシアター」、実際に踊ったり衣装を身に着けられる「よさこい体感コーナー」などがあり、大人も子どもも楽しめる。

    はりやま橋観光バスターミナルが最寄りのバス停です。高知よさこい情報交流館は、歴史や魅力を紹介する所です。館内には、歴史と知識のエリア「よさこいサークル」と、進化と体験のエリア「よさこいスクエア」があります。よさこいシアターでは、迫力ある150インチの大型スクリーンで、よさこいの60年の歩みを見ることができます。

  • 海洋堂ホビー館四万十
    rating-image
    4.0
    45件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    高知県高岡郡四万十町打井川1458-1
    平成21年度に廃校となった打井川小学校の体育館にできたミュージアムである。海洋堂が世界に誇るフィギュアやプラモデル、ガレージキットなど多くの作品を展示。巨大なカタロニア船は迫力満点だ。ミニフィギュアを使って作るジオラマ教室も開催されている。

    四万十川沿いの山奥にある博物館。 ナビに従い進むも段々と山深くなり着くまでが心配と不安に駆られます。 館内には懐かしい模型が数多く展示されていて大人になっても消えない子供心を呼び起こしてくれます。懐かしい展示物も多く時間が過ぎるのがあっという間でした。

  • 医王山清瀧寺
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    旅行/観光
    高知県土佐市高岡町丁568-1
    四国八十八ヶ所霊場の第35番札所。養老7年(723)に行基菩薩が薬師如来を彫像し、それを本尊として景山密院繹木寺を開いたのが始まりとされる。その後弘法大師様がこの地を訪れ、本堂近くの岩の上で閼伽井権現と龍王権現に五穀豊穣の祈願した。満願の日に金剛杖で前の壇を突くと、清水が湧き出て鏡のような池になったことから名前を改め、今の医王山清瀧寺になった。

    上り下りの参拝者でシーズンには道路が混雑します。太平洋を臨む景色は見ものです。確かに納経所は愛想なしです。まああまり愛想を期待する場所でもありませんが。

  • 土佐神社
    rating-image
    4.0
    53件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市一宮しなね2-16-1
    高知市一宮しなねにある神社。創祀は古代まで遡ると言われ、国土開拓や産業繁栄の神・味鋤高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)と和合協調の神・一言主神(ひとことぬしのかみ)を祭神とし、広く開運招福の神徳があるとされる。現在の社殿は1570年に長宗我部元親により再建されたもので、国の重要文化財に指定。

    土佐の国の一宮、土佐神社は5世紀頃に建立された長い歴史を持つ神社です。 本殿や拝殿、楼門など数々の重要文化財が並ぶ境内には、檜や杉などの巨木々がうっそうと茂り、厳かな雰囲気を醸し出しています。 高知市屈指のパワースポットでもあるので高知に訪れた際には参拝することをお勧めします。 今回は観光バスだったので特に問題はありませんでしたが、町中から少し離れた場所にあるので路線バスを使っての参拝になると思い...

  • 雪蹊寺
    rating-image
    3.5
    33件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市長浜857-3
    高知県高知市長浜にある臨済宗妙心寺派の寺で、四国八十八箇所霊場の第33番札所。弘仁6年(815)に弘法大師が真言宗の寺「高福寺」として創建し、土佐の戦国大名・長宗我部元親により臨済宗の寺に改められた。その後、長宗我部家の菩提寺「雪蹊寺」となる。寺内には、鎌倉時代の仏師・運慶作の本尊・薬師如来像と両脇侍像や湛慶作の毘沙門天三尊像などが安置されており、国の重要文化財に指定されている。

    八十八か所の第三十三番札所です。あまり派手さもなり地味なお寺でこういうお寺が非常に落ち着きます。多くは金の匂いがプンプンなので。

  • 絵金蔵
    rating-image
    4.5
    32件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    高知県香南市赤岡町538
    香南市赤岡町にある美術館。毎年7月14日と15日に開催される「須留田八幡宮神祭」で披露される、幕末から明治初期にかけて活躍した絵師・絵金(弘瀬金蔵)の屏風絵を保管。祭りの夜を再現した薄暗い空間で鑑賞できる展示や、壁の穴から実物の屏風絵を覗き見る展示を、定期的に絵を入れ替えながら行うほか、絵金の生涯を辿る資料の展示も行っている。

    歩いて行くと、絵金蔵(えきんぐら)に到着だ。 おどろおどろしい絵金の絵が展示されている。 その向かいが弁天座(べんてんざ) こちらは新型コロナウイルスのせいで閉館中。 庄屋の屋敷跡だ。

  • いの町紙の博物館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    高知県吾川郡いの町幸町110-1
    JR土讃線「伊野駅」より徒歩10分のところにある和紙専門の博物館。伝統工芸品である「土佐和紙」の振興を図ることを目的とし、1985年に開館。常設展では、和紙の歴史と文化、原料・用具などを展示。手すきの実演や体験コーナーなども設ける。企画展・特別展も随時開催。体験コーナーでは、色紙2枚またははがき8枚で400円。所要時間60分ほど。10名以上の場合は要予約。

    土佐和紙の歴史がわかりやすいとともに、仁淀川があったからこそ、いの町で発展してきた産業であることがよくわかりました。 子どもにもわかりやすいです。

  • 高知県立文学館
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市丸ノ内1-1-20
    高知城のふもとにどっしりと佇む文学館。日本文学史初の日記文学である『土佐日記』の作者・紀貫之から、有川ひろをはじめとする現代作家まで、高知ゆかりの文学者・作家約40名に関する資料や作品を、時代やテーマごとに紹介している。没後周年にあたる文学者や話題の文学者をローテーションで紹介するユニークな常設展示が特徴的で、来館の度に新しい文学の知識に触れることができる。館内には高知出身の物理学者・随筆家である寺田寅彦の記念室、宮尾文学の世界の特別展示室が併設されており、原稿や書簡、絵画等の貴重な資料が展示されている。

    高知城の城郭の周辺には今工事中の県立図書館や歴史博物館がありますが、外壁が石張りの重厚な建物が、高知県ゆかりの作家や作品を紹介する文学館になっていました。 古くは土佐日記の紀貫之や、近代では、司馬遼太郎、大岡昇平、井伏鱒二、高浜虚子など読書家には必見の文学館です。

  • こうち旅広場内 「龍馬伝」幕末志士社中
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市北本町2-10-17
    幕末にタイムスリップしたような感覚が楽しめる場所。龍馬ブームを巻き起こした「龍馬伝」で撮影に使用された、坂本龍馬の生家を再現してある。龍馬と高知の幕末の偉人紹介コーナーや写真撮影コーナーなども設けてあり、高知の特産品や銘菓・龍馬グッズ・茶屋メニューなどがある売店も楽しい。

    大河ドラマ「龍馬伝」で使用した龍馬の生家を再現していました。生家の中には、無料で入れます。生家の中の龍馬の部屋や台所が凄いリアルでした。駅構内にも土産物屋がありますが、ここでの商品には違いがあるようなので、買い物忘れないようにしてください。

  • 摩尼山国分寺
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    高知県南国市国分546
    高知県南国市国分にある真言宗智山派の寺で、四国八十八箇所霊場の第29番札所。境内全域が国の史跡に指定されている。聖武天皇が全国68ヶ所に建立した国分寺のひとつであり、天平13年(741)に行基が自作した千手観世音菩薩像を本尊として開創。後に弘法大師が真言宗の寺として中興した。外観は天平様式、内部に室町時代の特色が見られる本堂と梵鐘、木造薬師如来像は、国の重要文化財。杉苔が美しい庭園も必見である。

    一歩境内に入ると外とは違う静かさで身がしまります。朝の9時に行くと 誰もいません。お堂の千社札を見ると日本全国から来ていることがわかりますよ。

  • 高知県立歴史民俗資料館
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    高知県南国市岡豊町八幡1099-1
    南国市岡豊町八幡にある資料館。隣接する国指定史跡「岡豊城跡」や土佐の大名・長宗我部氏の歴史に関する資料展示を行う長宗我部展示室と、原始から現代までの高知の歴史と文化を辿る総合展示室を備える。阿波中富川合戦時の長宗我部軍本陣の再現や、江戸時代に土佐藩の藩窯で焼かれた尾戸焼などの常設展示のほか、土佐の歴史や民俗と関連した企画展や、ミュージアムトーク、ワークショップなども開催する。

    少し高台にあります。 資料館の展示はもちろんですが、岡豊城跡地であり、公園になっていますので、ハイキングにも適しています。

高知の主要エリア

around-area-map

四万十川や仁淀川、物部川、安田川など多くの川が流れている高知県。 カヌーやラフティング・釣りなど観光名所としても有名で、水辺利用率は常に全国トップクラスを誇ります。 高知龍馬空港を利用すれば国内各地からのアクセスも良好で、羽田空港から約1時間半、関西の伊丹空港から約45分です。 高知県はミュージアムが多く、特にアンパンマンの作者であるやなせたかしの故郷に建つ「香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館」はファミリーに人気の観光スポットです。 また「海洋堂かっぱ館」には、カッパのフィギュアを競う四万十川カッパ造形大賞の全応募作品を収蔵されており、四万十川の河童伝説を楽しむことができます。 高知と言えばカツオの一本釣りが有名で、名物ももちろんカツオです。それ以外にも香南ニラ塩焼きそば、シャモ鍋、四万十ポーク丼などたくさんのご当地グルメを堪能できます。

高知の写真集

目的から探す