宮城の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 瑞鳳殿
    rating-image
    4.0
    614件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
    寛永13年(1636)に70歳で生涯を閉じた伊達政宗公の遺命により造営された霊屋「瑞鳳殿」。本殿、拝殿、御供所、涅槃門からなり、豪華絢爛な桃山文化の特徴を今に伝えていた。昭和6年(1931)に国宝に指定されたが、昭和20年(1945)の戦災によって惜しくも焼失。その後、昭和54年(1979)に再建、平成13年(2001)に大規模な改修工事が行われたことで、美しい色彩が蘇った。

    伊達藩について、改めてとても勉強になり、楽しかったです。また園内も緑が多く涼しく過ごせると思います。

  • 大崎八幡宮
    rating-image
    4.0
    297件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区八幡4-6-1
    慶長12年(1607)、伊達政宗公によって創建された神社。昭和27年には安土桃山時代の唯一の遺構として社殿(本殿・石の間・拝殿)が国宝に指定されている。厄除け・除災招福や必勝・安産の神として篤く信仰されている。全国でも最大級の正月送りの行事「松焚祭」でよく知られている。正月飾りや古神札等を焼納し、その火の勢いから「どんど焼き」とも呼ばれる。又、さらし姿で参拝する「裸参り」も有名。交通アクセスは、仙台駅前からバスが出ており、大崎八幡宮前にて下車し徒歩5分。

    空いててゆっくり出来ました。 行くまでの道が少し狭かったりするので、車で行くには気を付けて下さい。 地元の人達に愛されてる感じがしました。

  • 仙台市天文台
    rating-image
    4.5
    40件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32
    青葉区錦ケ丘にある仙台市立の天文台。平成20年(2008)に市街地から仙台市郊外へ新築移転。プラネタリウムや、口径1.3mの「ひとみ望遠鏡」、模型や映像で宇宙を身近に感じることができる展示室などがある。その日見える星空をスタッフが生解説する「星空の時間」や、キャラクターが登場する「こどもの時間」などのプラネタリウムプログラム、天体観望会やワークショップなどのイベントが楽しめる。

    夏休みの一日に、伺いました。子供さんが多くにぎやかではありました。 目的はプラネタリウムだったのですが、常設展示もいろいろな方向から天体などをとらえており 楽しめました。 小さいお子さんにはムツカシイ内容かもしれませんが・・・・・ プラネタリウムも、季節の夜空が楽しめ、普段は見えない自分の頭上の夜空が実はこんなに明るいものだと知ったものです

  • 仙台城跡(青葉城址)
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区天守台青葉城址
    仙台市街を見下ろす仙台城址(青葉城址)にある文部科学省認可の歴史博物館。仙台城、伊達政宗公、伊達家をテーマとした展示が行われており、稙宗・晴宗の文書、政宗自筆書状、刀剣、宇和島伊達家の婚礼調度品(化粧道具など)などが実物資料として展示されている。また、伊達政宗公居城である仙台城の本丸「大広間」落成400年を記念したフルハイビジョンCG映像鑑賞や、CGコンテンツを利用した仙台城の一部、伊達家屋敷、城下町などのバーチャル散策を楽しむことができる。
  • 白石城
    rating-image
    4.0
    162件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県白石市益岡町1-16
    白石市にあった平山城で別名は益岡城。主に仙台藩伊達氏の支城として用いられ、関ヶ原の戦い後、明治維新までの260余年間は片倉氏が代々居住した。明治初頭に廃城令により解体されたが、伊達政宗の片腕、片倉小十郎景綱の偉業を偲び、平成7年(1995)に三階櫓と大手一ノ門、大手二ノ門が忠実に復元された。約400本の桜がある白石城(益岡公園)。見ごろとなる4月中旬頃には、多くの観光客が訪れる桜の名所として有名。

    伊達政宗の右腕として有名な片倉景綱(小十郎)の居城。 白石は城下に奥州街道が通り会津や相馬にも通じている交通の要地で、江戸時代も一国一城令の例外として認められた城だったとのこと。 片倉景綱は高名なわりに家格、石高ともにそれほど高位ではなかったそうですが、片倉家に対する特別な信頼が覗えます。 市役所の裏手の小高い丘をしばらく登ると立派な櫓が見えてきます。 天守代わりのこの大櫓は明治時代に破却されたも...

  • 仙台市博物館
    遊ぶ/趣味
    宮城県仙台市青葉区川内26 (仙台城三の丸跡)
    伊達家から寄贈された資料や、仙台藩を中心とした歴史・文化関連の展示を中心とした博物館。金色の細い月形の前立が印象的な伊達政宗所用の「黒漆五枚胴具足」(重要文化財)や、幅8mの巨大な「奥州仙台領絵図」を所蔵。ユネスコ記憶遺産を含む国宝・慶長遣欧使節関係資料などの貴重な資料の数々が展示されている。年3-4回、特別展や企画展も開催されている。
  • スリーエム仙台市科学館
    rating-image
    4.5
    38件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県仙台市青葉区台原森林公園4-1
    昭和27年(1952)開設のサイエンスルームを前身とする市営科学博物館。展示物は理工系・自然史系・生活系を中心とした参加体験型展示がメイン。標本や最新の科学技術を「見て・触れて・ためす」ことで科学への親しみを促す展示が工夫されている。またサイエンスショーや実験教室も行っており、子供だけでなく親にも興味を持てる内容が心がけられている。

    理系大学生です.友人と見に行ってきました.正直子供向けだろうと思ってあまり期待していなかったのですが,とてもクオリティが高く予想外でした.小学生以下の子供には難しすぎるので少し勿体無い気がしましたが,最低でも高校の物理・化学を一通り学んでから見ると凄く面白いです.ぜひ理系の受験生や大学生などにもっと行ってほしいと思います.

  • 定義如来(西方寺)
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
    8/15に行われる「ローソク祭り」が幻想的で美しく有名な寺。平重盛公より託された阿弥陀如来の御霊像をまもり、源氏の追討をのがれて、この地に隠れた肥後守平貞能公が開祖と言える。その後、宝永3年(1706)に従臣の後裔早坂源兵衛が自ら出家し「観蓮社良念」と称し開創された。

    以前からニッカウヰスキーの工場へ行くと途中に看板あり気になっていたので、秋保温泉に行くついでに訪ねた。一生に一度の大願も叶えていただける如来として、昔から多くの参拝者が訪れるそうだが、なんといても印象的なのは登録有形文化財に指定されている山門。HPによると昭和7年建立とあるが古色蒼然としていて、それ以上の歴史を感じる。六角の形の貞能堂は昭和2年に建て替えられたそうだが、すぐそばに新しそうな建物もあ...

  • 石ノ森萬画館
    旅行/観光
    宮城県石巻市中瀬2-7
    平成13年(2001)オープンした記念館。石ノ森章太郎の創作理念であった、マンガの表現媒体としての可能性を表した「萬画宣言」の考え方を積極的に取り込んでいる。アミューズメント性と動きのある展示や常設展示の他に企画展示室・オリジナルアニメシアター等の他、 アニメの創作も実体験できる。充実したその内容は圧巻。
  • 五大堂
    旅行/観光
    宮城県宮城郡松島町松島字町内
    松島のシンボルである五大堂は、国の重要文化財として指定されている仏堂。臨済宗妙心寺派の寺院・瑞巌寺に属す。五大堂と呼ばれる由縁は、「大聖不動明王」を中心に、「東方降三世」、「西方大威徳」、 「南方軍五大堂」、「北方金剛夜叉」の五大明王像が安置されたことによる。平安時代中期に制作された秘仏とされる五大明王像は、33年に1回のみ開扉される。
  • 円通院
    rating-image
    4.5
    329件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県松島町松島字町内67
    臨済宗妙心寺派の寺院で、三陸三十三観音霊場の第1番札所とされている。正保4年(1647)、三慧殿が建立され開山された。境内の庭には、心字の池を中心とした石庭があり、秋には紅葉で鮮やかに彩られる。夜はライトアップもされ、境内は神秘的な雰囲気に包まれる。バラの庭「白華峰西洋の庭」が見事なバラを咲かせることから、バラ寺と呼ばれていた。近年はバラの数が減少し、境内には苔が生えている事から苔寺として親しまれている。

    きれいな枯山水の庭園ある、伊達家ゆかりの寺院。とても気持ちが落ち着く場所でした。松島の遊覧船乗り場の近くにあり、松島観光の際に訪問しやすいのも良い。

  • 宮城県美術館
    遊ぶ/趣味
    宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
    昭和56年(1981)に開館した美術館。平成2年(1990)には宮城県出身の彫刻家・佐藤忠良氏からの作品やコレクションの寄贈を元に佐藤忠良記念館を増築した。宮城や東北にゆかりのある作品を中心に、明治以降の近現代美術や、ドイツ近代美術を中心とした西洋の作品などを所蔵している。
  • 輪王寺
    rating-image
    4.5
    80件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区北山1-14-1
    仙台駅よりタクシーで約15分ほどのところにある寺院。嘉吉元年(1441)に福島で創建されたことに始まり、伊達家の居城の移り変わりと共に各地を巡り、慶長7年(1602)に現在の仙台市へと移った。東北有数の名園として知られる「禅庭園」では、桜や紫陽花などの季節の草花を鑑賞することができ、仙台市外からも多くの人々が拝観に訪れる。毎月1日、15日は、仙台市指定有形文化財「釈迦如来坐像」の御開帳がある。また、毎週土曜日には一般参加も可能な坐禅会が行われている。

    庭園目当てで行きました。広すぎず、ゆっくり見るには、年配の方にはちょうどよい感じだと思います。紫陽花の季節にまた行きたいです。

  • 竹駒神社
    rating-image
    4.0
    47件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県岩沼市稲荷町1-1
    岩沼市中心部にある稲荷神社。日本三稲荷の一社に数えられ、別名は「竹駒稲荷」。承和9年(842)、小倉百人一首にも名を連ねる小野篁卿が陸奥守として赴任した際、創建したと伝えられる。衣食住の守護神を祀り、毎年正月に訪れる初詣客は東北地方で一、二を争うほど。また、旧暦2月の最初の午の日から7日間にわたって行われる「初午大祭」は、春の風物詩として県内外から大勢の参拝客が訪れ賑わいを見せる。

    岩沼駅から徒歩で行きました。大きな神社で松尾芭蕉の句碑があり、唐門は立派で飾ってある提灯は凄く大きかったです。岩沼に行ったらおすすめしたい場所です○

  • 東北歴史博物館
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県多賀城市高崎1-22-1
    東北の姿を再発見し、広く世界に発信することを使命とする歴史系博物館。旧石器時代から近現代までの東北地方全体の歴史を9つのコーナーに分けて紹介。また詳細展示では東北地方の特徴を示す3テーマを展示している。併設のこども歴史館では本物の土器に触ったり当時の民族衣装を着たりといったワークテーブルを実施。自分の体で歴史を学べる体験型学習の施設にもなっている。

    国府多賀城駅を降りた直ぐにあり行きやすい場所にあります。昔の時代の展示品があり、マグマが地表近くで冷えてできた石、イヌの墓もあり今も昔も大事にされていたことを知りました○

  • 仙台東照宮
    rating-image
    3.5
    53件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1
    JR仙山線「東照宮駅」下車すぐ、全国各地に創建された徳川家康を祭神とする神社「東照宮」のひとつ。1654年に2代藩主伊達忠宗によって創建されたもので、開運厄除・家内安全・学業成就・商売繁盛・必勝祈願などのご利益があるとされる。全国に数ある東照宮の中でも日光と仙台でしか使われていない「七宝金具」の装飾を施した本殿や、4月17日の例祭日にのみ開く唐門など、国の重要文化財に指定された建造物も多い。

    急に思い立って仙台東照宮の石鳥居と石段の石材を確認してきた。伊達家2代目忠宗の奥方が故郷備前の犬島の花崗岩をわざわざ船で運んできて石鳥居を建造したとのこと。芭蕉もここを訪れたことが「七日 快晴。加衞門同道ニテ権現宮ヲ拝。」と『曽良旅日記』にある。権現宮とは東照宮のことで、新暦では元禄2年6月23日だった。

  • 地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県仙台市太白区長町南4-3-1
    地下鉄「長町南駅」から徒歩で約5分、見て楽しむ旧石器時代をテーマに作られたミュージアム。世界的にも貴重な遺跡である「富沢遺跡」から発掘された2万年前の旧石器時代の遺跡面を保存し、2万年前の自然と人々の生活を感じられる展示を行っている。地下展示室では約2万年前の焚火の跡や森の跡などが見られ、氷河期の森を復元した野外展示「氷河期の森」では四季折々の草花や昆虫などを身近に観察することができる。

    病院の帰りに地底の森ミュージアムに寄りました。住宅地の中で自然あふれるなか、遺跡が保存されています。

  • 宮城県慶長使節船ミュージアム・サンファン館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県石巻市渡波字大森30-2
    JR渡波駅より車で約5分ほどのところにある博物館。サン・ファン館では、1600年代に太平洋を往復したガレオン船「サン・ファン・バウティスタ号」の実際の見張り台などを展示。また、復元船内の様子や上空からの姿を大型スクリーンで上映し、慶長使節の功績や大航海時代の帆船文化を学ぶことができる。隣接の「石巻市サン・ファンバウティスタパーク」は慶長使節の支倉常長らが目にしたイタリア広場をイメージして作られており、野外イベントなども開催されている。「復元船サン・ファン・バウティスタ」の最新の状況はサン・ファン館ホームページをご覧ください。

    アクセスは行きは渡波駅から徒歩で、帰りはタクシーを利用しました。サン・ファン・バウティスタ号は残念ながら老朽化のため内部見学はできませんでしたが、なかなか見応えがありました。公共交通機関で訪問する場合は、バスや電車の本数が少ないため、事前にしっかりと計画を立てたほうが良いかと思います。

  • 志波彦神社 鹽竈神社
    旅行/観光
    宮城県塩竈市一森山1-1
    国の天然記念物に指定されている塩竈桜で知られる鹽竈神社。主祭神たる塩土老翁神、左宮に武甕槌神、右宮に経津主神が祭られているが、江戸時代以前はあまり判然とせず諸説あるとされている。現在の社殿は宝永元年(1704)に竣工されたもので、本殿・拝殿などを含む14棟と石鳥居1基が国の重要文化財に指定されている。海上安全・大漁満足・安産守護・交通安全・厄除けなど様々なご利益がある。地元の人々から多大なる崇敬を集めており、どんな祈願もすべて「しおがまさま」へと皆足を運ぶ。
  • 金蛇水神社
    旅行/観光
    宮城県岩沼市三色吉字水神7
    金蛇大神を祀る神社。商売繁盛、金運円満、厄除開運、海上安全の神として古くから信仰を集め、金運のパワースポットとしてメディアにも紹介されている。境内には1500株の牡丹が植えられている歴史ある牡丹園があり、藤とツツジが彩りを添える5月の中頃に「花まつり」が行われ、多くの参拝客で賑わいを見せる。また、休憩所内に神社の伏流水を使ったそば工房があり、打ち立てのそばを味わえる。

宮城の主要エリア

around-area-map

東北の雄・伊達正宗を生んだ宮城県は、自然に恵まれた景勝地や歴史的な観光地など魅力にあふれた地域です。 三大都市圏からアクセスがしやすく、東北新幹線や飛行機、東北自動車道路などが利用できます。東京からは東北新幹線で1時間31分、名古屋や大阪から飛行機では仙台空港まで1時間10分です。 宮城県といえば、日本三景の松島が有名です。松島は景観もとてもきれいですが、国宝に指定されている「瑞巌寺」など、歴史的にも価値のある場所となっています。 他にも、国宝に指定されている「大崎八幡宮」、雄大な景観が楽しめる「蔵王連峰」、海と奇岩が織りなす自然の景観を楽しめる「三陸復興国立公園」など、自然と歴史が楽しめる県です。 ご当地グルメは牛タンをはじめ、松島で取れたカキをふんだんに使ったカキ丼や、すいとんに似た「つゆはっと」など、おいしいものがたくさんあります。

宮城の写真集

目的から探す