長崎県美術館

美術館

長崎ゆかりの作品×スペイン美術。ピカソやダリを見られるかも?

「呼吸する美術館」をコンセプトに2005年(平成17)に開館した美術館。館内はガラスを多用した開放的な空間で、周囲の自然とも調和する。長崎でアートに触れたい人にはぜひ訪れてほしいスポットだ。

美術館のデザインは建築家・隈研吾(くまけんご)氏によるもの。東西2つの棟が2階の渡り廊下でつながれている} 美術館のデザインは建築家・隈研吾(くまけんご)氏によるもの。東西2つの棟が2階の渡り廊下でつながれている

散策の途中でふらりと立ち寄れる美術館

長崎県美術館は、長崎ゆかりの作品とスペイン美術のコレクションを大きな柱としている。常設展示室では年に数回展示替えが行われるため、多彩な収蔵品を鑑賞することが可能だ。展示作品は事前に公式サイトでチェックしておくといい。館内には、長崎出身のアーティストのグッズなどを購入できるミュージアムショップや、長崎港を一望できる屋上庭園、運河を見下ろせるカフェなどがある。企画展・コレクション展が開催される展示室以外は無料で利用できるので、気軽に訪れることができるだろう。

日本建築家協会賞、グッドデザイン賞、イタリアのMarble Architectural Awardsなどに輝く建物も必見} 日本建築家協会賞、グッドデザイン賞、イタリアのMarble Architectural Awardsなどに輝く建物も必見

収蔵作品は約8,800点に及ぶ

美術館の主要なコレクションである長崎ゆかりの美術とは、明治期以降の長崎出身作家の作品や長崎をテーマとした作品を指す。戦後の作家だけでも、野口彌太郎や鴨居玲、舟越保武、菊畑茂久馬、東松照明など枚挙にいとまがない。一方でスペイン美術のコレクションは、中世の板絵から現代アートまでと実に幅広い。なかにはピカソやダリ、ミロといった巨匠の作品も含まれている。ピカソの油絵『鳩のある静物』は、ピカソが60歳のときにナチス占領下のパリで描いたもので、なんとも不吉な雰囲気が漂う。ダリの作品はブロンズ像、絵画、リトグラフなどを収蔵している。これらの作品の一部をコレクション展で随時鑑賞することができる。

年に数回展示替えが行われるコレクション展では、約8,800点のコレクションから厳選した作品が展示される} 年に数回展示替えが行われるコレクション展では、約8,800点のコレクションから厳選した作品が展示される

ミュージアムショップとカフェ

長崎県美術館でアートを鑑賞したあとは、ミュージアムショップやカフェにも立ち寄ってみよう。三方をガラスのカーテンウォールで囲まれた開放的なエントランスロビーにあるミュージアムショップには、長崎出身のアーティストが手がけるグッズのほか、デザイン性の高いアイテムなどが取りそろえられている。カフェは2階の渡り廊下にあり、長崎県産の米やハム、長崎名物の角煮などを使ったメニューが用意されている。カフェでほっとひと息ついて、しばし鑑賞の余韻に浸ってみてはいかがだろうか。

ミュージアムショップはTwitterにておすすめ商品などを発信中} ミュージアムショップはTwitterにておすすめ商品などを発信中

コンプラ瓶など長崎ことはじめにまつわる物事をかたどった「長崎県美術館 BISCUI10(ビスケット)」} コンプラ瓶など長崎ことはじめにまつわる物事をかたどった「長崎県美術館 BISCUI10(ビスケット)」

ガラスに囲まれたカフェからの開放感ある眺めは最高} ガラスに囲まれたカフェからの開放感ある眺めは最高

美術館の屋上は知る人ぞ知る展望スポット

実は長崎県美術館の屋上庭園は、夜景の穴場スポットでもある。屋上庭園には無料で入ることができ、また美術館とその周辺はライトアップされるため、ムード満点。冬にはイルミネーションが点灯し、さらにきらびやかになる。稲佐山などの展望スポットと比べ街の光が近く、世界遺産の電動クレーン、ジャイアント・カンチレバークレーンのライトアップも鑑賞できる。長崎の夜景スポットといえば稲佐山などが有名だが、長崎県美術館もムードがあっておすすめだ。

芝生で緑化された屋上庭園。恋人同士でベンチに座ってゆっくりしてみては} 芝生で緑化された屋上庭園。恋人同士でベンチに座ってゆっくりしてみては

スポット詳細

住所
長崎県長崎市出島町2-1 map map 地図
エリア
長崎エリア
電話番号
0958332110
時間
10:00-20:00
休業日
第2・4月(祝の場合は火)、年末年始
料金
【コレクション展観覧料】
[一般]420円
[大学生]310円
[小、中高生]210円
[シニア(70歳以上)]310円
※企画展は別途
駐車場
あり
※提携駐車場あり(有料)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(PayPay、エヌタスTカード、その他)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
【夜】1,001-3,000円
備考: 長崎県美術館のカフェ
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 景観が素敵!
    5.0 投稿日 : 2022.03.20
    ムーミン展を見ました。建物のデザインが素晴らしくて、外観からみほれました。常設展も、興味深くみました。景観も、中の空間も素晴らしい美術館でした。
  • スペイン美術のコレクションが充実
    5.0 投稿日 : 2021.09.25
    水辺の森公園に隣接した美術館です。設計は隈研吾で、外観よりも内部の造りに隈研吾らしさが表れていると思います。長崎の歴史からそこに力を入れているのか、特徴はスペイン美術のコレクション。ゴヤの黒い作品群のようなスペイン美術らしい「スペインの黒」といった作品も充実しています。もちろん近代のピカソ、ダリ、ミロといった作家も有しています。訪問した時は地元の作家・池野清の展示を特別展で開催されていまし...
  • 隈研吾設計の美しい美術館
    5.0 投稿日 : 2020.09.21
    水、ガラス、コンクリート、木を組み合わせた素晴らしい美術館です。屋上庭園も素敵です。無料展示のスペインコレクションは見ごたえがありました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました