長崎の資料/郷土/展示/文学館スポット一覧

  • 長崎原爆資料館
    rating-image
    4.5
    1981件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市平野町7-8
    長崎に投下された、原爆の爆心地に臨む高台の資料館。原爆投下前後の長崎の町の様子や、被爆した建物、日用品などをストーリー性のある展示を行う。一部の展示品は実際に触れることもでき、原子爆弾の凄惨さを今もなお伝えている。多言語の展示説明、オーディオガイドあり。路面電車「浜口町」電停から徒歩5分。

    平和な日本にあって、平和でないということがどんなことなのかを知るのには、やはり若者に訪れて欲しい場所。原爆という戦争の悲惨さの象徴的なもので、全ての戦争が悲惨だという事を知って欲しい。広島と比較すると小さいけれども、一つ一つが具体的なもので、そして街も小さいので、ここを見たあと、長い年月を経て変わってきた街の変遷も感受性が高ければ感じられると思う。今幸せな時間をとつぜん引き裂かれる虚しさ、恐怖を感...

  • 長崎市遠藤周作文学館
    rating-image
    4.5
    73件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市東出津町77
    長崎市東出津町にある文学館。遠藤周作の遺族から寄贈された生原稿や蔵書などの遺品約3万点の展示や研究を目的とし、小説「沈黙」の舞台ともなった外海地区に開館。常設展のほか、遠藤周作に関連した企画展も2年ごとにテーマを変えて開催。また、敷地からは角力灘(すもうなだ)の美しい景色も楽しめる。

    道の駅ゆうひのおか外海からすぐのところに建てられていました。 遠藤周作の半生を年表にしてありました。 晩年、病気と何度も戦かった事がよく分かりました。 文学館からの外海の海がまたキレイです。 隣には景色を見ながら、遠藤周作の本を読める雰囲気の良い建物もありました。 入館料大人360円

  • 東山手十二番館
    rating-image
    4.0
    49件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市東山手町3-7
    長崎市東山手町にある国の重要文化財指定の歴史的建造物。明治元年(1868年)に建築されたと考えられ、外国人居留地であった同地に現存する最古の洋風建築となっている。現在は「長崎市旧居留地私学歴史資料館」として、同地に多く設立されたミッションスクールに関する歴史資料を展示している。

    オランダ坂を登っていき、左手の狭いほうの坂道を登っていくと東山手甲十三番館があり、さらに登ったところに、こちらの東山手十二番館が建っていました。 この建物は、明治元年に建設された洋風建築です。ロシア領事館やアメリカ領事館、宣教師の住宅などとして使われていたそうです。柱が並んだ幅広のベランダが特徴的な建物でした。

  • 亀山社中資料展示場
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市伊良林2-9-2
    長崎市伊良林にある資料館。「亀山社中ば活かす会」により運営されている。坂本龍馬や亀山社中、維新志士たちに関する手紙や写真などの資料展示を行っている。近隣には「長崎市亀山社中記念館」や「龍馬通り」など、坂本龍馬に関連するスポットが点在している。

    閉館時間の15分前に到着するとすでに門は閉じられていました。 是非見学したかった場所なので残念。もう少しはやく行けばよかった。

  • 五島観光歴史資料館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市池田町1-4
    福江城の二の丸跡に立つ、天守閣をイメージした資料館。1階展示室では、最初にハイビジョンシアターで五島の観光映画を見よう。特産品・郷土料理や観光スポットなど6つのジャンルごとに映像で紹介する「観光ガイド」コーナーやサンゴや椿油などの「特産品」、「バラモン凧」のコーナーも。縄文時代-弥生・古墳時代の遺跡を紹介する「五島のあけぼの」から「遣唐使と倭寇」、「五島の寺社仏閣」、江戸期の「五島藩の形成」まで、五島の歴史を紹介する2階展示室には、五島列島を測量した伊能忠敬のコーナーもある。3階展示室では、世界文化遺産に登録された潜伏キリシタンに関する実物資料を展示する「五島キリシタン史」コーナーの体感シアターが好評で、「チャンココ」などの民俗行事や農業、漁業、捕鯨文化など、多彩な五島の魅力に出合える。特別展示も企画されている。

    島の歴史や生活に関して、知りたいのならどうぞ。しかし、島内には無料で拝観、見学可能なお寺や旧跡がありますので、わざわざ。。。という感じでした。

  • 長崎市べっ甲工芸館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市松が枝町4-33
    大浦海岸通り沿いにある工芸品の展示施設。国指定重要文化財「旧長崎税関下り松派出所」の建物を利用し、長崎を代表する伝統工芸であるべっ甲細工の作品約300点を展示。また、税関に関する資料展示も行っている。

    朝早くから開いていて、貸し切り状態で見学できました。中には素晴らしい龍の宝船や、関節を動かせる伊勢海老など、ワシントン条約で規制されている今では、もう作れないであろう見事な作品が見られます。亀の段階から作品になる過程が写真と共に説明されているので、今まで謎だった事がよくわかりました。

  • サント・ドミンゴ教会跡資料館
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市勝山町30-1 長崎市立桜町小学校敷地内
    長崎市立桜町小学校敷地内にある、江戸初期の教会遺跡が見られる資料館。サント・ドミンゴ教会は、ドミニコ会のモラーレス神父によって建てられた教会。宣教活動をしていた薩摩からこの地に移転した折に、薩摩の教会堂を解体し移設。禁教令によってモラーレス神父が退去した後、壊された教会堂跡地に長崎代官末次平蔵の代官屋敷が建てられた。平成12年(2000)、小学校校舎建て替え時の発掘調査で、代官屋敷と教会の建物遺構、12万点を越す遺物を発見。現在は、遺構ゾーンや展示室ゾーンなど4つのゾーンで、石組地下室や石畳などの遺構の一部や花十字紋瓦や陶磁器などの出土品を見学できる。

    教会の跡地ですが、建物の中で見学出来るので、雨の日でもゆっくり出来ます。 日本に布教に来て、教会が禁教令で、5年で解体されたそうです。 その当時の井戸、遺構、皿などの食器がありました。 すごいのは、花十字紋瓦がたくさん展示されていました。

  • 長崎県立対馬歴史民俗資料館
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県対馬市厳原町今屋敷668-1
    日本と大陸、特に朝鮮との重要な文化交流の拠点であった対馬に残る貴重な歴史的、文化的遺産を数多く展示。対馬藩の藩政記録も興味深い。

    資料館そのものは大きくありませんが、様々な資料があり、見応えがありました。対馬の歴史を知りたい方にはおすすめします。

  • 新上五島町鯨賓館ミュージアム
    rating-image
    3.5
    16件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県南松浦郡新上五島町有川郷578-36 有川港多目的ターミナル鯨賓館内
    新上五島町有川郷地区にある資料館。江戸時代から近代に至る上五島の捕鯨の歴史やクジラの生態、また上五島に点在する教会などに関する資料展示を行っている。ロビーにはミンク鯨の骨格標本と実物大の模型も展示されている。

    有川港フェリーターミナル内の売店の横にありました。入場料は大人210円。五島の捕鯨の歴史をなど展示してありました。捕鯨に使った道具や鯨のヒゲなどの展示や、スクリーンで映像を見られるようになっていて、思っていたより内容が充実していました。

  • 小値賀町歴史民俗資料館
    rating-image
    4.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷1931
    江戸初期に壱岐から小値賀島に移り住み、捕鯨や新田開発、酒造業などを営み、小値賀に大きな富をもたらした豪商・小田家。その屋敷を町が譲り受け、一部新館を併設して開館。約1650平方mの敷地内には母屋や土蔵、江戸時代作庭の石州流庭園があり、先祖代々の什器や陶磁器、古文書などで小値賀の一時代を築いた小田家の事跡を紹介。邸宅や家具などからも当時の暮らしぶりに触れることができる。町内の原始・古代の遺跡から発掘された石器や土器、中世の中国貿易に関わる陶磁器、近世の捕鯨道具・茶道具なども展示。野崎島のキリシタン資料や旧野首教会の修復前のステンドグラスも興味深い。 【写真提供】小値賀町産業振興課

    フェリーターミナルから徒歩で商店街の脇道に入ると捕鯨で財をなした塀も立派な旧家を改装した歴史民俗資料館に到着、入場券100円で中に入ると、古代遺跡から捕鯨、近代迄の幅広い民俗資料が展示されています。古代の石器、土器、陶磁器、茶道具そして中国との交易の資料等が沢山展示されています。

  • 長崎市外海歴史民俗資料館
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市西出津町2800 出津文化村内
    長崎市外海地区の先史時代の遺跡や中世の神浦氏の歴史、近世の大村・佐賀両藩時代の潜伏キリシタンの特異な歴史・文化などを解説・紹介。1階の展示室では、昔使われていた漁具や農具、機織やむしろ編みなどの家内作業の道具、生活道具などを展示。昔の農家内部や鍛冶屋の復元展示もある。外海地区の発展に貢献したド・ロ神父の指導による道具類や技術の活用状況などもよく分かる。外海の石積み集落景観はパネルやプロジェクターによる映像で紹介。2階には、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に関する資料を揃える外海地区インフォメーション施設があり、キリスト教の歴史と潜伏キリシタン関係の資料を展示。16世紀前半の山城・神浦城跡、縄文・弥生時代の砂丘遺跡である出津遺跡や黒崎地区にある宮田古墳群の出土品なども展示されている。

    外海地区の、先史時代の遺跡から、近世の大村・佐賀両藩の支配下におけるキリシタンの特異な歴史の、貴重な文化財資料等を収集展示してあり、参考になります。

  • 平戸市切支丹資料館
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県平戸市大石脇町1502-1
    平戸市、根獅子(ねしこ)にあるキリシタン資料館。1550年平戸を訪れたフランシスコ・ザビエルらによるキリスト教の伝来、江戸時代初期の殉教、隠れキリシタンに関する歴史などの資料が展示されている。隠れキリシタンが信仰の対象としていたマリア像や、踏み絵なども展示している。バス停「紐差」から車で10分。

    イメージとは異なり、見学者は我々のみ。その分、ゆっくり見学でしましたが、なぜマイナーなのか、よくわかりません。

  • 古写真資料館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市東山手町6-25
    長崎市指定有形文化財「東山手洋風住宅群(7棟)」のうち、3棟が古写真資料館として公開されている。建物は居留置時代に賃貸住宅として使われていたものとされ、このような遺構が群として残っているものは全国的にも珍しい。展示されている古写真には、幕末から明治期の長崎の市街地の様子が記録されている。

    路面電車の「石橋」電停から徒歩3分。オランダ坂に建つ「東山手洋風住宅群」のうち4棟が資料館として利用されている。入館料は100円で、オランダ坂に一番近い建物1階で支払うようになっている。「東山手洋風住宅群」の建物は明治中期築の洋風住宅で薄いブルーの外壁が印象的。 館内には幕末から明治にかけての長崎の写真、近隣で出土した陶磁器の破片などが展示されているが興味を惹かれるものはなかった。住宅群の建物を外...

  • 長崎路面電車資料館
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市川口町13-1 長崎西洋館3F
    大正時代に開通し、市民の足として愛されている長崎の路面電車。路面電車の線路上に建てられた商業施設「長崎西洋館」の中にある資料館では路面電車の模型や、車両や歴史を紹介したパネルなどを展示。大人から子どもまで楽しめる。

    原爆、豪雨の時の写真が有りました。電車は勿論のこと辺りの悲惨な状況が分かります。他にはミニチュアの運行風景も有り子供に歴史を教えるるのは良いかもしれませんよ。入場無料、係員も見かけませんでした。

  • 雲仙市小浜歴史資料館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町北本町923-1
    島原駅から車で約60分。湯の崎交差点から北東に進むと右手に見える資料館。湯太夫展示館と歴史資料展示館の二つからなる施設で、どちらからも小浜温泉の歴史について詳しく知ることができる。湯太夫展示館ではこの地域の温泉が発展するきっかけとなった人物・本多湯太夫の生家を利用し、その功績を深く紹介している。歴史資料展示館はその名の通り小浜の歴史に関する資料を多く展示。建物の外には源泉があり湯けむりが立ち上る様子を眺めることもできる。

    源泉の噴出場所?みたな所が気になって訪問。へぇ-って感じでした。すぐそこに資料館があって、調度品などは歴史を感じました。順路を間違えてたもようで、のれんをくぐって外に出たと思ったら、写真にある人形の番頭さんが出てきてびっくり。人気がなかったので余計にビビりました。

  • 佐世保市うつわ歴史館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県佐世保市三川内本町289-1
    佐世保市三川内本町の国道35号線沿いにある資料館。縄文時代から近代に至る佐世保の焼き物の歴史に関する資料を展示。伝統工芸「三川内焼」の製作工程の紹介や、同市の泉福寺洞窟から発見された世界最古級の土器「豆粒文土器」のレプリカなどを見学できる。地元の様々な特産品を販売する「させぼ四季彩館」や、三川内焼の作品を展示する「三川内焼美術館」も隣接。

    佐世保市のうつわの意味や歴史、伝承を学ぶことができる空間です。大変おすすめします。落ち着いて見れます。。

  • 福江武家屋敷通りふるさと館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県五島市武家屋敷2-1-20
    福江港から車で約5分。武家屋敷通り沿いの山本二三美術館の真正面にある施設で、市指定史跡である福江武家屋敷跡に建てられた。この通りを写した写真パネルを展示している他、和室からは国指定名勝の石田城五島氏庭園と同じ様式の庭が眺望できる。喫茶コーナーでは五島うどんやかんころ餅などの五島名物が食べられ、また餅つきにバラモン凧絵付けといった体験講座も多数開催。電動アシスト自転車のレンタルも行っているので島巡りの前に訪れるのもオススメ。

    いろんな、体験教室をやってるようです。 私は、とあるクーポンがあったので、 ストールの色染めをしました。 五島産の天然の実?を使って、 色染めをしました。 色染めだけなのに、これが楽しい。 私ひとりだったのに、おばさん(いや、お姉さん)が、親切に教えてくださいました。 色染めが好きで、いろんな方と話するのが好きなんだろうと言う印象で、良い方でした。 いろいろと物づくりを、 体験しに行かれて...

  • 長崎県民の森 管理事務所・森林館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市神浦北大中尾町693-2
    長崎駅前から車で約80分。長崎県民の森の案内所や管理事務所を兼ねて、森林に関する様々な情報を提供する西日本屈指の大型木造展示館。県民の森の周りに生息する生き物たちの暮らしを忠実に再現した「森の生態ジオラマ」や、小さなモグラになって土の中に住む生き物たちの暮らしを学ぶ「ミクロ体験シアター」などがある。木のオモチャや木の葉カルタなど触って遊べるコーナーもあり、森林に関するたくさんの不思議を五感を使って学ぶことができる。

    アクセスはあまりよくないけど、自然の中にあり落ち着いている場所で非常に安らげる場所です。 宿泊する人数や交通手段等により様々な種類の宿泊体系があり、用途に合った使い方が出来る。 今回は、車で行くことになったので、オートキャンプ場を借りました。バンガローへの宿泊でBBQを計画していたのですが、車をバンガローに横付け出来たので荷物を運ぶのが非常に楽で良かったです。BBQコンロと炭は、管理棟でレンタル及...

  • 清水崑展示館(長崎市中の茶屋)
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県長崎市中小島1-4-2
    長崎市中小島にある史跡および資料館。民謡「長崎ぶらぶら節」にも歌われた茶屋を復元したもので、市の史跡に指定されている。庭園を無料で公開しているほか、同市出身の漫画家・清水崑の資料館としても利用されており、原画など3,000点以上の資料から約30点を展示替えを行いながら展示している。

    吉田茂総理大臣が政界で活躍されていた時代、風刺画やかっぱ絵等で活躍された漫画家だそうです。さほど興味は湧かなかったが、入館してみると清水崑の楽しい世界観に引き込まれてしまいました。入館料大人100円です。

  • 西海市大瀬戸歴史民俗資料館
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県西海市大瀬戸町瀬戸西濱郷61-1
    西海市大瀬戸町瀬戸西濱郷の国道202号線沿いにある資料館。同町の国指定史跡「ホゲット石鍋製作遺跡」に関するものをはじめとした、地域の歴史資料を展示。同町の歴史や、人々の暮らしの変遷を紹介している。

    常駐している人が居ないので勝手に入っていいものか少々悩みましたが、問題ないようです。西海市大瀬戸方面の歴史や先人の営みが学べる施設ですが、動線が曖昧です。展示物も説明のボードが上下逆さまだったり、大瀬戸の歴史関連の資料を見ていたら急に石の話になる。ちぐはぐ感は否めないと感じます。しかし家船(えぶね)に関しては非常に興味深いものでした。実物大を実際に見てみたいと思わせる展示物でした。

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す