関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

平戸オランダ商館 1639年築造倉庫(復元)

1609年から1641年に長崎出島に移転するまでの33年間、オランダの貿易港として栄えた平戸に建てられた商館。貿易の積荷を保管するために1639年に造られた石造倉庫は、日本初の洋風建築物であり、オランダの建物に類似した外観であった。この外観が日本人にとっては奇異なものであり、西暦年号が破風に入っていたことなどから江戸幕府によって取り壊されたのである。2011年にオープンした「平戸オランダ商館」は、この建物を忠実に復元。当時の貿易に関する資料などを見ることができる。

place

長崎県平戸市大久保町2477 (佐世保・平戸エリア)

phone 0950260636

平戸オランダ商館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/21 オランダとの貿易の拠点だった建物です。
平戸市観光案内所よこの駐車場に車を停めて、オランダ商館などの、名前に「オランダ」がついている井戸や塀などを巡ってみました。
こちらの平戸オランダ商館は、江戸時代の初めころの1609年に建てられた建物です。鎖国されていた同時、江戸幕府から貿易を許可された東インド会社が平戸に設置した貿易拠点だということです。
現在のオランダ商館は、その建物を復元したもので、館内は当時の外国との貿易の歴史が展示さ...
投稿日:2020/03/03 江戸時代のオランダ貿易の足跡
平戸市観光案内所から先の方には、いくつかのオランダ○○がありました。その一つがオランダ商館でした。
オランダ商館のあるあたりは、江戸時代の初めにオランダ船が入港し、長崎の出島に移転するまでの33年の間、我が国唯一のオランダ貿易港として賑わった場所です。その後、このオランダ商館は取り壊されましたが、2011年に復元されたそうです。
投稿日:2020/01/13 復元された建物
1609年に設置されたオランダ商館は,キリスト紀元ある西暦年号を建物に使用していたため江戸幕府から破壊命令が出されたとのことです。しっかり復元されて,歴史を示す展示物がされています。

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県平戸市大久保町2477 [地図]
エリア
佐世保・平戸エリア
電話番号
0950260636
時間
8:30-17:30
休業日
6月第3火水木
料金
【入館料】
[大人]310円
[子ども]210円
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、Apple Pay、PayPay、ALIPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。