長崎原爆資料館

資料/郷土/展示/文学館

核兵器の脅威と戦争の悲惨さを訴える資料館

平和公園内の「学びのゾーン」にあり、被爆50周年事業の一環として1996年(平成8)に創立された。原爆が投下された当時の惨状、核爆弾の恐ろしさを伝える施設として、国内外から多くの人が訪れる。

爆心地一帯を見下ろす丘にあり、「祈りのゾーン(爆心地公園)」から徒歩4分程度だ 爆心地一帯を見下ろす丘にあり、「祈りのゾーン(爆心地公園)」から徒歩4分程度だ

7万3800人以上が亡くなった長崎の原爆

1945年(昭和20)8月9日、長崎市北部に原爆が投下され、瞬く間に辺りは焼け野原となった。推計によれば死者は7万3884人にのぼり、重軽症を負った人々は深刻な後遺症に長く苦しんだ。その悲惨さを後世に伝えるべく、1949年(昭和24)に長崎市原爆資料保存委員会が発足。1955年(昭和30)には長崎国際文化会館に原爆資料室が設置された。これが現在の長崎原爆資料館の前身となり、長崎を訪れる人々に原爆・被爆の実態がより広く伝えられることとなった。

核兵器の残酷さを世界中の人に伝えるべく、英語、中国語、韓国語でも説明表記がされている 核兵器の残酷さを世界中の人に伝えるべく、英語、中国語、韓国語でも説明表記がされている

被爆状況を伝える写真や被爆した品々

長崎原爆資料館は、爆心地周辺の景観に配慮して地下空間を利用した造りになっている。常設展示室は入り口かららせん階段を下りた地下2階にあり、原爆投下前の町の様子や市民の日常の姿から始まり、投下後の惨状、核兵器開発の歴史、原爆投下にいたった経緯などがわかりやすく展示されている。被爆前の長崎の写真では、東洋一の規模を誇っていたという双塔の浦上天主堂に注目しよう。この建物の残骸は原爆資料館の近く、爆心地の碑のすぐ横で見ることができる。また「11時2分を指して止まった柱時計」も印象的。これは爆心地近くの民家にあったもので、爆風によって大きく破損しているが、針は原爆が炸裂した11時2分を指している。

11時2分で時の止まった時計 11時2分で時の止まった時計

火球、爆風、熱線、火災、放射線の広がりを示す模型。ビジュアル展示も多いので、子どもでも理解しやすい 火球、爆風、熱線、火災、放射線の広がりを示す模型。ビジュアル展示も多いので、子どもでも理解しやすい

見て、聞いて、触れて感じる核の脅威

さらに先へ歩を進めると、そこは焦土と化した長崎の街の展示室。ぐにゃりと曲がった鉄骨、瓦礫の山となった一帯の写真、即死はまぬがれたものの大やけどを負った人の写真などが並ぶ。熱線で溶けたガラスなど手で触れられるものも多い。生き残った被爆者の証言映像や絵を見られる「被爆者の証言」や、自身も重傷を負いながら救護活動を続けた医師、永井隆の展示も見逃せない。さらに長崎に投下された「ファットマン」の実物大模型もある。ファットマンは6kgのプルトニウムを積んでいたが、実際に核分裂が起きたのはそのうちの1kgだけだった。それでも爆心地を中心に半径1.6kmの範囲を壊滅させ、爆心地の地表温度は3000℃以上になったという。

長さ約3.5m、直径約1.5m、重さ4tを超える長崎型原爆「ファットマン」。広島原爆の3日後に投下された 長さ約3.5m、直径約1.5m、重さ4tを超える長崎型原爆「ファットマン」。広島原爆の3日後に投下された

長崎を人類最後の被爆地にするために

最後の部屋では、日中戦争から太平洋戦争までの年表や、冷戦時代の核開発競争と水爆実験、現代の核兵器や国際情勢、核不拡散条約などについて解説されている。世界で唯一の被爆国のひとりとして、核兵器だらけの現状と、核のない未来について改めて考えてみたい。なお、原爆資料館は、爆心地の碑が立つ「祈りのゾーン」や、平和祈念像がある「願いのゾーン」の近くにある。スポットを一つひとつ歩いて巡りながら、当時この地で何が起きたのか、どれほどの惨状が広がっていたのか、思いを馳せてみてはどうだろうか。

2021年(令和3)時点で世界にはまだ1万発以上の核兵器が存在する 2021年(令和3)時点で世界にはまだ1万発以上の核兵器が存在する

ミュージアムショップでは原爆や戦争に関する書籍やCDなどが売られている ミュージアムショップでは原爆や戦争に関する書籍やCDなどが売られている

スポット詳細

住所
長崎県長崎市平野町7-8
エリア
長崎エリア
電話番号
0958441231
時間
[4月・9-3月]8:30-17:30
[5-8月]8:30-18:30
[8/7-8/9]8:30-20:00
※最終入館は閉館30分前まで
休業日
12/29-12/31
料金
【入館料】
[一般]200円
[小中高校生]100円
駐車場
あり(普通車71台、バス12台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、Apple Pay、PayPay、LINE Pay、ALIPAY)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 広島よりこちらの方が訴えるものがある
    4.0 投稿日:2021.03.29
    広島の原爆資料館にも行きましたが、長崎の方が、掲示された資料的にも原爆の悲惨さを訴えているのではないかと感じた。
  • 日本人なら一度は観て
    5.0 投稿日:2020.12.27
    時間を取ってゆっくり隅々まで見学して頂きたい。いくつも並ぶモニターに映し出される映像に目が釘付けでした。展示品も、これが曲がるの?こんな風に溶けるの?これは何なの?と、胸が張り裂けそうになります。当初はドイツナチス向けに作られたもので、さらには長崎は複数ある目標地点の一つであったこと、さらには科学者達が無警告投下を反対して署名していたことなど・・・知れば知るほど、なぜ回避できなかったのかと悔...
  • No more NAGASAKI
    5.0 投稿日:2020.11.29
    6年前にこちらを訪れた時も、今年9月に広島平和記念資料館を訪れた時も、入場するなりあまりの悲惨さに声を上げて号泣しました。今回は泣くまいと思いながら入場したのですが、やっぱり駄目。人類の愚かな負の遺産を目の当たりにし、激しい悲しみと怒りがこみ上げてきました。広島の項でも書きましたが、全世界の核兵器を保有する各国の指導者たちは、この長崎と広島の原爆資料館を訪れるべきだ。自国の利益のみにとらわれ...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          長崎エリアのおすすめスポット

          長崎県のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました