鳥取の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 白兎神社
    rating-image
    4.0
    235件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市白兎603
    「古事記」にも記された日本神話「因幡の白うさぎ」の白兎神を祀る古社。鳥取県鳥取市の「白兎海岸」近くにある。創建時期は明らかでなく、現在の本殿は明治29年(1896)に再建されたもの。境内への道沿いには、ワニに毛を剥がれてしまった兎が大国主神の言葉に従って身体を洗ったという「御身洗池」がある。神話にちなみ、皮膚病や火傷、縁結びなどにご利益があると言われている。

    車ではいけない場所にある、観光スポットでした。人がかなり来てましたが、あまり綺麗ではなく、、鳥居越しに海が見えるのはとてもよかったです。社務所はありますが、人がいないのか、勝手にお金を入れておみくじ引くようなスタイルでした。(日曜に来訪)

  • 水木しげる記念館
    rating-image
    4.0
    298件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県境港市本町5
    境港駅から「水木しげるロード」を通って徒歩約10分の場所にある水木しげる記念館。境港市出身の漫画家・水木しげる氏の作品と妖怪の世界、人物像について紹介している。館内には、迫力ある妖怪の模型や映像、作品の解説資料や、冒険家でもあった水木氏のコレクションや旅の記録も展示。漫画を自由に閲覧できるコーナーもあり、現在では中々手に入らない作品に出合うこともできる。

    鳥取県の境港は、町中が鬼太郎だらけです。米子からの境線は、列車が鬼太郎や猫娘、途中の駅も妖怪の名前が付いています。そうして着いた境港駅、街中に向けて妖怪達が出迎えてくれます。町興しの中心的存在と言えるでしょう。

  • 青山剛昌ふるさと館
    rating-image
    4.0
    119件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414
    鳥取県東伯郡北栄町にある記念館で、地元出身の漫画家・青山剛昌氏の人物像や作品について紹介する施設。館内では、代表作「名探偵コナン」のオブジェや複製原画、トリックの体験コーナー、作中に登場する発明品のコーナーなどが展示されている。青山氏の生い立ちや過去作品を紹介するコーナーもあり、世界中で愛される「青山ワールド」を余すところなく堪能できるスポット。館内のショップでは、他では手に入らないオリジナルグッズも販売。

    皆さん書かれてる通りです。そこまでコナン好きな訳ではないですが、十分楽しめました 画力が素晴らしい。スケボーげーむ?が周辺の観光案内になっててよかったですよー

  • 皆生温泉素鳳ふるさと館
    rating-image
    4.0
    128件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県米子市皆生温泉3-1-1 米子市観光センター内
    江戸時代からの人形を中心に染織品、装身具、調度品などを季節のテーマに沿って展示している素鳳ふるさと館。これらは米子市の坂口真佐子氏が半生をかけて収集したもので、貴重な伝統文化に触れることができる。

    その昔、山陰地方一の温泉街だったそうです。 今は人も少なく廃れた感じですが・・・ 日本海が目の前で、眺めは最高です。 皆生温泉の源泉は海から湧く80℃のお湯です。 なので、お湯を加水してるそうです。 温泉が口の中の入ったとき、塩っぱかったです。 肌に良さそうです。

  • 大神山神社奥宮
    rating-image
    4.5
    95件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県西伯郡大山町大山1
    大山寺の山門下から左へ、日本一長い自然石の石畳の参道をたどると、大己貴神[おおなむちのかみ]を祭る大神山神社奥宮に着く。権現造の荘厳な本殿、幣殿、拝殿ともに重要文化財指定。また、本殿に向かって左横に立つ下山神社(重要文化財)は、津和野藩主亀井氏が文化2年(1805)に寄進したもの。奥宮に至るまでの参道には、金門や後向き門などのみどころが点在し、さらに40分ほど登山道を上ると荒々しい景観の元谷に至る。

    大山寺の更に奥にある神社。通常だと大山寺から更に15分程度登ってたどり着く場所ですが、私は大山下山時に通常と逆のルートで訪問しました。 その為、山の奥深くに来たという印象が無かったのですが、神社からの帰りずっと石畳の道を下って、この神社の奥宮の名前の由来が理解出来ました。 次回は、大山寺から登って行くルートで再訪したいと思います。

  • 国指定重要文化財 仁風閣
    rating-image
    4.0
    98件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市東町2-121
    明治40年(1907)に鳥取藩主の子孫・池田仲博侯爵が皇太子・嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓の際の宿泊施設として建てた別荘。フレンチ型ルネッサンス様式を基調とした白亜の木造瓦葺2階建ての洋館で、国の重要文化財に指定されている。建物内は資料館となっており、鳥取藩や池田家にまつわる資料が展示されている。2階からは鳥取市の名勝である宝隆院庭園を一望することができる。

    もともと鳥取城の中にあったようです。大正期に天皇陛下のために建てられたとのことでした。館内はほとんど全て見ることができます。二階からの眺めと螺旋階段は圧巻です。

  • 鳥取県立 とっとり賀露かにっこ館
    rating-image
    4.0
    95件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市賀露町西3-27-2

    鳥取近郊に棲む珍しいお魚を見ることができます。 小規模ですが入場無料で、十分楽しめます。 当時はギネス記録となった200万円のカニも居ます。

  • 大山寺 本堂
    rating-image
    4.0
    88件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県西伯郡大山町大山9
    鳥取県西伯郡大山町の「大山」中腹にある天台宗の寺で、奈良時代の養老年間(717-723)に開かれたとされる古刹。最盛期には100以上の寺院と僧兵3000人以上を抱えるほどの勢力を誇ったが、明治時代の神仏分離の影響で衰退した。朱塗りの柱と緑の格子窓が特徴的な現在の本堂は、かつて大日堂であった建物。火災による焼失を経て、昭和26年(1951)に再建された。本尊は地蔵菩薩。

    大山夏山開きの前日夜に開催されるたいまつ行列を見学する為に、 大山寺の参道の一角で待ち構えました。 遠くから少しづつたいまつの火が近づいてくる姿はとても幻想的で 非日常的な空間にいる気分になります。 今回も多くの方がたいまつ行列に参加していたので、 先頭から最後まで1時間以上の時間を要していました。 それでも一度は見てみた方が良い景色です。 見るのに

  • 鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館
    rating-image
    4.5
    75件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県倉吉市駄経寺町198-4 倉吉パークスクエア内
    日本で唯一の梨をテーマにした施設である。一年を通じて三種類の梨食べ比べができるほか、梨に関する情報を発信。梨と遊ぶ「不思議ガーデン」では梨に関して楽しみながら学ぶことができる。

    倉吉パークスクエア内にある博物館です。 赤壁・白壁土蔵群エリアにある観光案内所でたまたま知り、1km程度の道のりを歩いてきました。 入館料は一見すると300円と高く見えますが、館内で楽しむとかなり格安に感じると思います。 館内は梨以外に関する展示以外はナシという、徹底して梨に関する内容しかありません。 鳥取県内における梨栽培の歴史、世界の梨に関する情報、館外には珍しい梨の木が植えてあります。 一...

  • 植田正治写真美術館
    rating-image
    4.5
    64件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3
    世界に名を馳せる鳥取県出身の写真家・植田正治氏の作品を展示している美術館。山陰の空や砂丘を背景に被写体を撮るスタイルは「Ueda-cho(植田調)」と呼ばれている。逆さ大山を映す人工池や、世界最大規模のカメラレンズが飾られている映像展示室など見どころ豊富。ミュージアムショップも充実している。

    ガイドブックで紹介されていたので行ってみました。のどかな風景のなかにある近代的な建物に驚かされました。2階に上がると大山が綺麗に見えました。逆さ大山も見ることが出来ます。植田さんの写真も素晴らしく、昔の人や風景などの写真をじっくりと見学しました。

  • 宇倍神社
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市国府町宮下651
    全国の神社で、最初に紙幣の図柄に採用された「宇倍神社」。大化4年(648)の創建と伝えられ、毎年4月21日の祭礼で奉納される「麒麟獅子舞」は県指定の無形民俗文化財である。安産、長寿、金運のご利益があると県内外から多くの参拝客が訪れる。

    鳥取市にある因幡国一之宮です。現在の社殿は明治31年に完成し、全国の神社で最初に五円紙幣に載せられたことから、お金にご縁があり、商売繁昌の神様とも言われています。社殿も本殿も趣きがあります。本殿の後ろの丘には御祭神昇天の霊跡と言われる「双履跡」があります。

  • 鳥取県立博物館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市東町2-124
    久松公園の一角にある、鳥取の自然と文化を伝える博物館。砂丘に関する資料や藩政資料など鳥取県の歴史に関する資料を展示している。

    入館料180円を払い、一階の自然分野から見学が始まります。鳥取地域の自然、動物、魚類等が見れました。次に歴史分野、南北朝や戦国、江戸、明治等ありました。私が、一番印象的なのは明治の廃藩置県で一度、隣県の島根と一緒になったことがあることでした。そして、2階の美術分野に行きましたが、午後1時45分まで、特別展のため、閉まっていました。残念でした。

  • 鳥取砂丘 砂の美術館
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
    鳥取市福部町湯山、県道319号線沿いにある美術館。砂を素材とした彫刻「砂像」を展示している。「砂で世界旅行」というコンセプトの元、「イタリア・ルネサンス」や「世界遺産・アジア編」など、毎年異なるテーマに沿って制作・展示を行っている。砂像は展示が終了すると砂にかえるため、会期中にしか鑑賞することが出来ない。

    11月に友人をこちらに案内しました。砂の美術館と同じ敷地内にあるので、美術館の見学後にこちらに立ち寄ることも可能です。売店のスペースはそこそこ広く、鳥取の土産物だけでなく美術館の砂像に関連したものも結構そろっています。砂丘入口にあるお土産物屋さんとは品揃えも違っているので、「定番」ではない鳥取のみやげものを求めたい方にもオススメです。

  • 観音院庭園
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市上町162
    鳥取県鳥取市上町にある寺院で、かつては鳥取藩主・池田家の祈願所であった。中国観音霊場32番札所。本尊は聖観世音菩薩像で、移転のたびに大きな寺の本尊となたことから「出世観音」として信仰を集めている。慶安3年(1650)から10年もかけて造営された国指定名勝の観音院庭園は、雄大な池を中心に傾斜や石組、植木を配した池泉観賞式庭園。抹茶と茶菓子のサービスがあり、座ってゆっくり鑑賞できる。

    鳥取藩初代藩主池田光仲の転封後、当地に移り、観音信仰の厚かった光仲が池田家の祈祷所としたお寺です。 境内書院の庭園は、光仲が10年をかけて作庭したと言われ、鳥取市東部を囲む山裾に自然の傾斜を生かし、大きな池を中心に亀・鶴・滝の石組や植物が配置されています。 周囲の樹林を借景に、元禄時代のままを伝える林泉鑑賞式庭園として国の指定名勝になっており、茶菓を嗜みながらしばし心和む時間を過ごすにはピッタリで...

  • 鳥取民藝美術館
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市栄町651
    日用品の中に「用の美」が宿るとする民藝の紹介を目的として建てられた美術館である。実用的で美しい、日本や海外の民芸品を約6000点展示。外観はモルタル塗りに漆喰仕上げの土蔵風で、設計をした吉田璋也氏のこだわりが細部にまで見られる建物だ。

    鳥取駅からもほど近く、理知も便利です。建物自体が蔵のような雰囲気のレトロな建物で、重要建造物にもなっています。1、2階に展示されていますがあまり大きくないのですぐに見終わります。地域のものだけではなく世界の民芸展示がされています。

  • 大岳院
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県倉吉市東町422
    慶長10年(1605)に開創された曹洞宗の古刹。元々は駿河(現在の静岡県)の沼津城主・中村彦左衛門一栄公の菩提寺として「慶久寺」と称していたが、一栄公の移封とともに現在の伯耆八橋にうつってきた。境内に祀られているのは滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」のモデルにもなった安房国(現在の千葉県)館山城最後の城主・里見安房守忠義。8人の家臣とその主従のお墓を向く8体の犬の石像が安置されている。里見忠義の遺言によって寺に贈られたものと伝わる中国明代の古三彩鉢皿は県指定の保護文化財だ。

    南総里見八犬伝のモデルと言われる里見家の墓所が有ります。なので、境内に犬の像が8体有ります。ただし、お寺そのものにはさほど特色は無かったです。

  • 倭文神社
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県東伯郡湯梨浜町大字宮内754

    鳥取県の東郷池の近くにある伯耆国の一之宮神社です。安産の神様としても知られており、境内には大きな安産岩があります。神社内の山林の丘には伯耆国一宮経塚遺跡があります。建物も厳かで、特に随神門には精緻な彫刻が施されています。

  • 米子市立山陰歴史館
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県米子市中町20
    遠くからも目を引く赤レンガが目印の歴史館。外装がタイル張りとなった洋館は昭和5年(1930)に建築されて以来、長い間米子市役所として親しまれてきた。建築当時としては山陰随一の建物で、現在は米子の民俗資料や米子城の資料、国の史跡に指定された福市遺跡からの出土品などを展示している。地震に強い近世欧米式「鍵の手造り」や曲線を取り入れた手摺、格式高い通路など細部にまで設計者の明確なポリシーが現れている建物だ。市の有形文化財にも指定され、夜にはライトアップも行われる。

    百名城巡りの一環として初めて行きました。米子市役所周辺には市立図書館や美術館などが集まっていて駐車場は共用でした。山陰歴史館は道路を一本横切ったところにあるレトロな外観の建物でした。入場無料で米子城や郷土の歴史について展示されていました。受付でスタンプと御城印もいただけました。駐車料金も無料になりました。

  • 理容資料館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県東伯郡三朝町三朝903-3
    日本唯一の理容専門資料館で、梶川理髪館として実際に営業。18-20世紀のアメリカの理髪店グッズを中心に、シェービングマグなどの道具も展示。梶川理髪館の利用客がいない時は自由に見学ができる。

    とにかく気持ちの良いシェービングでした。夫は散髪までやっていただきました。また店内は小さな美術館。いるだけで心地いい。しかも安い!この価格で利用できるって、最高です!!

  • 鳥取市歴史博物館やまびこ館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市上町88
    鳥取藩主ゆかりの寺院が立ち並ぶ樗谿。その一角にある鳥取の歴史や文化について紹介している博物館である。常設展示の他、鳥取に関連する企画展や特別展を実施。初夏にはホタル観賞もできるため、夜間開館も実施されている。

    公営の博物館なので入館料も安いです。高校生以下や70歳以上などは無料なので子供と一緒だとちょっとお得です。また企画展示も行われていることがあり、その際もセット(企画展と常設展示)でも料金は安いです。興味のある企画展示の時を狙っていくのもいいです。

鳥取の主要エリア

around-area-map

砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

鳥取の写真集

目的から探す