NAVITIME Travel

佐賀の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 吉野ヶ里歴史公園
    旅行/観光
    佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
    「吉野ヶ里公園駅」から徒歩で約15分のところにある弥生時代の遺跡。旧神埼(かんざき)町、旧三田川(みたがわ)町、旧東脊振(ひがしせふり)村の三つの町村に広がる日本最大の遺跡として知られる。有柄銅剣やガラス製管玉等の出土品が多く、古墳等の建築遺跡も出土しており、弥生時代の暮らしぶりや歴史を解き明かす上で重要な役割を担っている。また、当時の建築物などの復元も行われ、歴代王の墓とされる「北墳丘墓」なども見ることができる他、「火おこし」「勾玉づくり」「舞の稽古」など体験コーナーも充実している。
  • 唐津城(舞鶴城)
    rating-image
    4.0
    398件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県唐津市東城内8-1
    佐賀県唐津市街の北部にある、唐津のシンボ ルともいえる城。豊臣秀吉の家臣・寺沢志摩守広高が、7年の時をかけて建てた城である。唐津湾に突き出た満島山上に本丸があり、その西側に二の丸、三の丸が続く連郭式の平山城であった。現在本丸は舞鶴公園となっており、また現在の天守は昭和41年(1966)に完成したもので、その展望所からは松浦潟の絶景を一望できる。

    わかる立派なお城です。見学もしましたが駐車場等も完備されていますので訪れやすいです。天気の良い日で写真がうまく取れました。

  • 嬉野お茶ちゃ村
    旅行/観光
    佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内3537
    嬉野茶のお茶工場があり、無料で工場内を見学できる。出来立てのおいしい嬉野茶を試できるのはもちろん、お土産用のお茶製品、民芸品などの販売も行っている。
  • 中里太郎右衛門陶房
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市町田3-6-29
    中里家は古唐津の伝統を継承する唯一の家で、現在は14代目が陶房を受け継いでいる。本陶房では、唐津焼の展示・販売を行う陳列棟と、国指定名跡である唐人町御茶碗窯が見学可能。唐人町御茶碗窯は、1734年から大正時代まで御用窯として使われていた歴史を持つ。唐津駅南口から徒歩8分。

    唐津市の広い道から入った静かな唐津焼の工房。 車にナビがないとちょっと行き着けないようなところですが、 私たちが言っている時も探してくる人が多い工房です。 14代目がおられました。 2階に上がると入口があり、靴脱ぎで履物を置いて中に入りますと作品が並んでいます。 買いやすい工房のものが並んでいます。 その建物か池をまたぐ廊下を過ぎると何代にもわたって作られてきた作品が並ぶ部屋があります。 お値段も...

  • 唐津焼協同組合・唐津焼総合展示場
    旅行/観光
    佐賀県唐津市新興町2881-1 ふるさと会館アルピノ2階
    JR唐津駅隣の、ふるさと会館アルピノ2階にある展示・販売場。さまざまな窯元の作品を一挙に鑑賞することができ、またその場で購入することもできる。普段使いできる器も多く取り揃えており、おみやげにもおすすめ。唐津焼の製造過程がわかるパネル等の資料も展示されている。絵付け体験あり。
  • 旧高取邸
    rating-image
    4.5
    115件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県唐津市北城内5-40
    杵島炭鉱などの炭鉱主・高取伊好が自宅兼迎賓のために建てた邸宅で、約2,300坪の広大な土地に、大きな2棟の建物がある。和風を基調としながらも洋間をあわせ持つ近代和風建築の建物で、大広間の能舞台と、京都四条派の絵師:水野香圃が描いた72枚の杉戸絵は必見。ガイドスタッフも常駐しているので、邸内をじっくり見学できる。平成10年(1998)国の重要文化財の指定された。

    国指定重要文化財です。宿の主人に勧められ来ました。朝一番で、他に観光客もいなく、ボランティアガイドさんからゆっくりと30分位いろいろなお話を聴くことが出来ました。素晴らしい邸宅というだけでなく歴史を感じる内容でした。

  • 曳山展示場
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市西城内6-33
    毎年11月2-4日にかけて行われる豊穣の秋祭、「唐津くんち」で使用される曳山14台を公開する展示場。いずれも江戸末期から明治にかけて奉納されたもので、木骨に和紙を数百枚張り合わせた上に、さまざまな色の漆を塗り重ねて作られている。兜や獅子、鯛などのモチーフを大胆に据えた曳山は、ケース越しに見ても迫力たっぷり。
  • 柿右衛門窯
    遊ぶ/趣味
    佐賀県西松浦郡有田町南山丁352
    佐賀有田の名窯である酒井田柿右衛門の窯元。柿右衛門様式は、「濁手素地」と呼ばれる美しい乳白色の地肌に、赤絵を焼き付ける作風が特徴。江戸時代から世界に輸出され、今も人気を集める。美術館を併設しており、約380年にわたる柿右衛門窯の歴史とその足跡を、実際の器を鑑賞しながら体感することができる。
  • 佐賀県立九州陶磁文化館
    rating-image
    4.5
    65件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1
    有田町にある九州各地の陶磁器を専門に保存、展示する県立博物館。特に伊万里焼や唐津焼など、肥前の作品を中心を多く収蔵している。見どころは、巨大な有田焼からくりオルゴール時計やマイセンの鐘。有田町と姉妹都市のマイセン市にある国立マイセン製陶所で製作された25個の陶磁鐘は、一時間ごとに両国ゆかりの曲で時間を知らせる。

    有田焼の里有田にある九州陶磁器文化館では、陶磁器の歴史を学んだり、個人コレクターから寄贈された江戸時代の貴重な古伊万里を県立の施設ということで無料で見学することができます。特に素晴らしいのは海外に流出した古伊万里を蒐集した蒲原コレクションと地下に1000点以上展示された柴田夫妻コレクション。 有田に訪れた際には最初に立ち寄ることをお勧めします。

  • 筑後川昇開橋
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市諸富町大字為重地先、福岡県大川市大字向島地先
    筑後川河口に架かる、全長507mを誇る東洋一の可動式鉄橋だ。筑後川の水位は干満差の激しい有明海に影響を受けるため、列車通過時にのみ可動桁を下げ線路をつなぎ、それ以外は船の往来のため可動橋を上げるスタイルが取られていた。1987年の佐賀線廃止に伴い線路の役目は終えたが、町のシンボルとして1996年に遊歩道として復活。現存する可動橋としては全国最古のものであり、平成15年、国の重要文化財に指定された。
  • 普明山 高野寺
    旅行/観光
    佐賀県武雄市北方町志久3245
    JR佐世保線「武雄温泉駅」から車で15分のところに鎮座する寺院。山中奥深くの静かな佇まいで「弘法大師空海」によって開かれた。「肥前の国七福神」の毘沙門天霊場として、子授け、安産祈願やボケ封じの祈願に訪れるものも多く、「いかなる咎人も高野寺の境内に走りそうらえばその罪を許される」という鎌倉時代の文献から「駆け込み寺」、罪障消滅の道場としても知られ、九州八十八ヶ所百八霊場の一つに数えられる。また平地では珍しい20種類1000本のシャクナゲが境内に咲き、4月から5月にかけて見頃を迎える。
  • 県指定史跡 鵜殿石仏群
    旅行/観光
    佐賀県唐津市相知町相知
    JR唐津線「相知駅」より徒歩約20分、せり出した岩壁に彫られた大小60あまりの仏像群(磨崖仏)。佐賀県の指定史跡であり「新さが百景」にも選ばれている。806年に弘法大師が洞窟内に仏像を刻んだのが始まりとされる。当時の像は失われ、洞窟も崩壊、現在は奥の壁面が残るのみとなっている。現存する仏像は南北朝時代から江戸時代にかけて作られたもので、十一面観世音や多聞天、持国天など、密教の色彩が強く感じられるものとなっている。
  • 佐嘉神社
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市松原2-10-43
    佐賀県佐賀市にある、旧佐嘉藩第10代藩主鍋島直正と11代直大を祀る神社。直正は国内初の反射炉を作らせ大砲を製造、近代日本の幕開けに貢献したことで知られ、それを称えて別格官幣社として祀られている。文化、交通、学問の神とされ、鍋島家の祖先を祀る松原神社をはじめ境内の8つの社を全て巡ると大願成就すると言われている。元旦には午前零時の時報を合図に8発の祝砲が放たれる「カノン砲祝砲神事」が行われる。

    駐車場は有料ですが止められる台数は多いです。御朱印の数がかなりあります。月限定の御朱印もあるとのことです(限定は印刷のみ)

  • 曹洞宗 恵日山 高伝寺
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市本庄町大字本庄1112-1
    長崎自動車道「佐賀大和IC」から約25分、鍋島藩の初代藩主・鍋島直茂の父、清房が建立した曹洞宗の寺院。勝茂の代に伽藍と寺領を寄進して鍋島家の菩提寺となり、境内には歴代藩主の石碑や献灯が整然と並んでいる。所蔵する大涅槃図は日本に二幅しかない貴重なもので、毎年4月19日と20日に行われる釈迦堂祭りの日だけに開帳される。梅の名所としても知られ、樹齢400年といわれる紅梅「霊徳寿梅」は市の天然記念物に指定されている。

    家内と一緒に数十年ぶりに梅の木を見に行きました。佐賀だけでなく日本の近代化にも大きく貢献した賢主鍋島家代々の墓所に何十本も植えられている梅の木は、3月のこの時期綺麗に咲いて訪問者を迎えてくれます。静かでゆっくりとした時間を過ごすにはとても良いお寺です。

  • 多久聖廟
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県多久市多久町1642
    長崎自動車道「多久IC」より約20分、多久市に設けられた孔子廟。孔子は儒学の祖であり学問の神様とも言われ、それを祀る霊廟を孔子廟と言う。多久の4代領主・多久茂文が1708年に領民に「敬」の心を培わせるために建てたもの。現存する聖廟としては栃木の足利学校、岡山の閑谷学校に次ぐ古い建物で、国の重要文化財に指定されている。春と秋に行われる「聖廟釈菜(せいびょうせきさい)」では、終了後に廟内の一般拝観ができる。

    阪急交通社 長崎支店の[諫早ルート]秋の九年庵 3つの庭園と美しき1万本の紅葉...

  • チャイナ・オン・ザ・パーク
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県西松浦郡有田町原明乙111
    訪れる人々にやきもの作りの歴史とその素晴らしさを紹介する為につくられた深川製磁が運営する陶磁器のテーマパーク。敷地内には、明治33年(1900)パリ万国博覧会金賞受賞の大花瓶を始め、創立者 深川忠次の門外不出のコレクションをオープンに展示している忠次舘。窯元でしか見る事ができない規格外品を手軽に購入できる瓷器倉。大花瓶を望む特設のティールームや絵付け体験コーナーなど、深緑に囲まれた敷地内でさまざまな角度からやきものを楽しむ事ができる。初夏に咲くイングリッシュラベンダーも必見。

    深川製磁のアウトレットのお店です。有田に行くときには必ず立ち寄ります。特にお正月の福袋はら値段に応じて何種類かあり、値打ちがあると思います。そのほか、カフェや正規品を売っている建物もあり、見て回るのもとても楽しいです。庭のラベンダーも季節によって楽しめますし、店員さんも丁寧な対応です。

  • 伊万里・有田焼伝統産業会館
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県伊万里市大川内町丙221-2
    伊万里市大川内町丙にある展示施設。伊万里と有田の窯元の作品や、古伊万里、鍋島といった古陶磁の展示を行っており、国の伝統的工芸品指定の伊万里焼と有田焼の歴史にふれられる。また、絵付け体験も実施している。

    伊万里焼と有田焼の区別がついていなかったのですが、詳しく説明してもらい、よく理解できました。伊万里焼と有田焼意外にも、ヨーロッパへ輸出するための古伊万里というのがありました。

  • 旧唐津銀行
    rating-image
    4.0
    94件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県唐津市本町1513-15
    唐津市本町の唐津街道沿いにある歴史的建造物。東京駅の設計で知られる辰野金吾の弟子である田中実によって設計され、明治45年(1912)に竣工。「辰野式」と呼ばれる、ヴィクトリア様式を日本化したデザインが特徴となっている。平成9年(1997)まで銀行として使われた後、市に寄贈。市の重要文化財に指定され、現在は無料で一般公開されている。

    無料。唐津駅から徒歩10分くらい。商店街をぷらぷらしてるとすぐ着きます。維新スタンぷらりー唐津が2019.1.14までやってます。2階が唐津サテライト館でスタンプを集めて景品がもらえます。

  • 玄海エネルギーパーク
    旅行/観光
    佐賀県東松浦郡玄海町大字今村字浅湖4112-1
    東松浦郡玄海町今村浅湖にある九州電力のテーマパーク。原子力発電に関する展示施設を備え、高さ13mの実物大原子炉や、映像展示、原子力クイズなどの展示を通して原子力発電の仕組みなどについて学ぶことができる。約200種類の植物を観賞できる温室や、アスレチック広場を併設するほか、次世代エネルギーについての展示を行う「玄海町次世代エネルギーパーク あすぴあ」も隣接している。
  • 佐賀県立博物館・美術館
    遊ぶ/趣味
    佐賀県佐賀市城内1-15-23
    佐賀市城内の佐賀城公園内にある美術館と博物館。美術館では佐賀県にゆかりのある作品を中心に、近現代の絵画や彫刻などを収集している。近代洋画の巨匠・岡田三郎助を紹介する常設展示や、様々な展覧会を開催。博物館では自然史、考古学、歴史、工芸、美術、民俗など各部門の資料の収集や展示を行っている。

佐賀の主要エリア

around-area-map

佐賀県は、北にはリアス式海岸の玄界灘、南は有明海と、南北を海に挟まれた地域です。県内には佐賀空港がありますが、直行便の数は少なく東京からは羽田空港から1日4便ほどです。大阪、名古屋からは、一度福岡空港に行った後、そこから高速バスで長崎を経由する必要があります。 佐賀県北側の唐津エリアでは、日本の特別名勝である「虹の松原」や、荒波の浸食によってできた奇岩「七ツ釜」など、特徴的な海の景観を楽しめます。また、佐賀県の西部の嬉野市では日本三大美肌の湯と言われている「嬉野温泉」、武雄市では春夏秋冬でさまざまな景色を楽しめる庭園「御船山楽園」など、内陸にも見どころはたくさんあります。有田・伊万里エリアには有田焼を扱うお店が数多くあります。お土産に買って帰ったり、工房を見学したりするのも楽しい過ごし方です。 海の恩恵は食の面でも受けており、きれいに透き通った身のイカの活け造りや、ガザミと呼ばれるワタリガニの塩茹でなど、海の幸も豊富です。他には高級肉としても有名なブランド牛・佐賀牛などもあり、おいしい名産品が多く存在します。

佐賀の写真集

目的から探す