関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

長崎歴史文化博物館

2005年に長崎県と長崎市が共同で設立した博物館で、主に海外交流史を中心とした長崎の歴史を紹介している。主な展示品は中国・朝鮮・オランダなど、長崎と関わりの深い国・地域との交流に関する書画や美術品など。多くの歴史小説や時代劇の原案ともなった、重要文化財「長崎奉行所関係資料」も所蔵している。JR「長崎駅」より徒歩10分。

place

長崎県長崎市立山1-1-1 (長崎・諫早・大村エリア)

phone 0958188366

長崎歴史文化博物館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/02/28 行くなら土日祝日
ここは江戸時代に長崎奉行所立山役所が置かれていた場所に建物を復元した博物館です。土日祝日には、御白洲で密貿易や漂流民を取り調べる様子を寸劇で見る事ができオススメです。
投稿日:2020/10/24 土日祝には白洲で寸劇が
長崎奉行所立山役所があった場所に役所建物を復元して建てられた博物館。長崎奉行所関連の資料や長崎と西洋や中国との交流に関する資料が展示されている。キリシタン踏み絵やインゲン豆で有名な隠元の来日等の資料も展示されている。再現された奉行所の白洲では土日祝に奉行役や下手人役の役者さん達が寸劇を演じており、奉行の横に座りながら寸劇を観る事が出来る。
投稿日:2020/03/21 誰もいなかった
歴史文化展示ゾーンだけで1時間半、奉行所ゾーンも含め2時間以上見学させていただきました。その間すれ違ったのは5人未満でした。こんなに集中して博物館を見られたことはなかったので非常に勉強になりました。特にキリスト教との関係、長崎の美術工芸、出島と蘭学のコーナーは非常に興味深く多くの発見がありました。
学生、生徒の教育施設のレベルははるかに超えていて、展示方法も練られているので、興味のある方はぜひ時間...

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県長崎市立山1-1-1 [地図]
エリア
長崎・諫早・大村エリア
電話番号
0958188366
時間
【展示ゾーン・ショップ】
8:30-19:00(最終入館18:30)
[12-3月]8:30-18:00(最終入館17:30)

【伝統工芸体験工房・貸工房】
9:00-17:00

【レストラン】
10:30-21:00(L.O.19:00)

【資料閲覧室】
9:30-18:00

※コロナウイルス感染症拡大防止のため、営業時間を変更する場合があります。
休業日
毎月第3月
料金
[観覧料]大人630円、小中高生310円
駐車場
あり
クレジットカード
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、iD、WAON、楽天Edy)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。