岩手の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 中尊寺
    旅行/観光
    岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
    嘉祥3年(850)に比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁によって開かれたと伝えられている。実質的な開基は藤原清衡と言われている。境内の見どころとしては、国宝にも指定されている「金色堂」や、奥州藤原氏の残した文化財約3,000点が収蔵される「宝物館讃衡蔵」などがある。平成23年(2011)に中尊寺を含む「平泉の文化遺産」が世界文化遺産に登載されている。
  • 宮沢賢治記念館
    rating-image
    4.0
    179件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県花巻市矢沢1-1-36
    岩手県花巻市にある記念館。館内ではスクリーン映像をはじめ、詩人で童話作家の宮沢賢治に関連する資料を5つの分野に分けて展示。作品として世に出るまでの創作過程や解説、研究成果などが紹介されている。また館内では特別展などのイベントも開催されており、童話の直筆原稿などが限定展示される。

    車で行かない人は記念館に着くために400段近くある階段をまず登ります。息切れ必須です。基本的に見る施設。子供向けのワークシートが準備されていたり、外国語対応ガイドがあったりとどんな人でも楽しめるようにと対応してました。近くの童話村に比べて目を引くものはあまりなかったイメージです。

  • 盛岡八幡宮
    rating-image
    4.0
    91件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市八幡町13-1
    延宝8年(1680)、第29代南部重信公によって建立された盛岡八幡宮。農業、工業、商業、学問、衣食住など、人間生活の根源の神として、古来より地域の人々から崇められている。山車行事、流鏑馬神事など年間を通して様々な祭りが斎行されており、知る人も多い。

    岩手県盛岡市八幡町にある盛岡の総鎮守とされる神社です。 城下町鎮護のためにおかれた南部家の氏神でもあり盛岡城からは1kmぐらい南東方向にあります。 さすが総鎮守!! 入口の鳥居から社殿まで荘厳な雰囲気でした。 もともとは源頼義が安倍氏討伐の際に、戦勝を祈願して石清水八幡を勧請した「鳩森八幡宮」が始まりで、その後南部氏が盛岡城を築城した際に城内鎮守の神社として再建し、青森より南部氏の氏神であった...

  • 毛越寺
    旅行/観光
    岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58
    嘉祥3年(850)に創建された天台宗の寺院。開山は慈覚大師と伝えられている。見どころは仏堂と苑池が一体として配された「浄土庭園」。日本最古の作庭書である「作庭記」の思想や技法を現代に伝える貴重な庭園として、毛越寺のシンボルとなっている。寺の境内は特別史跡に指定されており、延年と呼ばれる歌舞は重要無形民俗文化財に指定されている。
  • 達谷窟毘沙門堂(別當 達谷西光寺)
    rating-image
    4.5
    147件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県西磐井郡平泉町平泉字北沢16
    岩手県西磐井郡平泉町にある、天台宗の寺院。毘沙門天を祀っている懸崖造りの「達谷窟毘沙門堂」があり、国指定の史跡となっている。また、寺院には珍しく鳥居があることでも有名。四季折々の風景を楽しむことができ、多くの参拝客が訪れている。

    大きな岩に、壮大なお堂が組み込まれています。折しも朝のお勤め読経が堂内に響いていて、いいときに来たと感激でした。境内は数々の建造物が立体的に配置されていて一巡りがしやすいことに感動します。平泉駅前観光案内所でお薦めを聴いて訪れたのですが、大満足でした。

  • 宮沢賢治童話村
    旅行/観光
    岩手県花巻市高松26-19
    岩手県花巻市高松にある宮沢賢治の童話をモチーフにした体験型の学習施設。自然の山野を活かし、賢治の童話世界に迷い込んだような幻想的な雰囲気が魅力。賢治の世界を5つのテーマゾーンで表現した「賢治の学校」の他、「銀河ステーション」、「天空の広場」、「賢治の教室」、「妖精の小径」、「ふくろうの小径」、「山野草園」の施設がある。点在するオブジェや童話の世界観を楽しみながらゆっくりと散策するのもオススメ。最寄は新花巻駅。
  • 岩手県立美術館
    rating-image
    4.0
    66件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
    岩手県盛岡市にある、平成13年(2001)に開館した美術館。萬鐵五郎・松本竣介・舟越保武など、岩手県にゆかりのある作家の絵画や彫刻の作品を展示している。また、常設展ではボランティアの方による作品解説や、コレクショントークなどのイベントが定期的に開催されており、観光客も多く訪れている。

    行った日は、ジブリ展が開催されていて 人の多さにびっくりしました。 ジブリも見れたらと思っていましたが、 諦めて常設展示だけ見ました。広い空間 をのんびり見れて良かったです。

  • 宗教法人石應禅寺 釜石大観音
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県釜石市大平町3-9-1
    釜石湾を行き交う船を見守るようにして立つ、高さ48.5mの魚籃観音像である。明峰山石応禅寺の発願により、幽界・明界の平和を祈念して建てられた。胎内は12階、海抜120mの展望台からは、馬田岬、尾崎半島、太平洋のパノラマを眺めることができる。

    釜石の一番の観光は、やっぱり釜石大漢音で、高さ48.5メートルから魚を持ちながら海を見つめています。 2011年の大震災以来、釜石の街は大きく変わりましたが、この観音は変わっていませんでした。

  • 平泉文化遺産センター
    rating-image
    4.0
    82件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県西磐井郡平泉町平泉字花立44
    平泉の歴史や文化を、パネルや映像を駆使しわかりやすく紹介している無料施設。平泉の世界遺産関連の資料や、発掘調査で出土した品などが展示されている。観光前に立ち寄ると、平泉の歴史文化への理解が深まり、より楽しめる。外国人の方用に、4か国語に対応した音声ガイドも用意されている。

    建物も新しく展示内容もレベル高い。無料だが寄付したくなる。寄付すると絵葉書もらえます。るんるんバスの停留所あり。ミニ図書館あり(歴史マンガ、新聞も)

  • とおの物語の館
    rating-image
    4.0
    49件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県遠野市中央通り2-11
    遠野で語り継がれている昔話の世界を、映像や音声によって体感できる博物館。シアターや映像ライブラリー、絵本コーナーもあり、大人も子供も楽しめる設備が充実。かつての造り酒屋の蔵を利用した劇場「遠野座」では、語り部による昔話や、郷土芸能などが鑑賞できる。

    遠野の民話や昔話を楽しむことができる「昔話の館」は,綺麗で可愛い作りで映像資料も多く,子どもと長時間過ごすことができそうです。語り部さんのお話は温かい東北弁で楽しくあっという間に時間が過ぎていきましあ。遠野を訪れた際には,是非行きたい場所です。

  • もりおか啄木・賢治青春館
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-25
    石川啄木と宮沢賢治に関する資料館。明治、大正期にかけてそれぞれに盛岡で青春時代を過ごした2人や、当時の盛岡の街に関する資料を展示している。建物は明治43年(1910)に竣工した旧第九十銀行本店本館を利用したもので、国の重要文化財にも指定されている。

    岩手県盛岡市の中津川に架かる中の橋付近にある資料館。 盛岡で青春期の10年を過ごした石川啄木と宮沢賢治を紹介してる場所です。 文学や芸術に疎い私でも二人の名前だけは知っているくらい有名人ですが、この土地にゆかりがある事は知りませんでした。 観光で付近を歩いていたらたまたまここを通ったのでふらっと入ってしまいました。 この周辺は素敵な建造物がいくつかあり、この資料館も明治43年に竣工した旧第九十銀...

  • 啄木新婚の家
    rating-image
    3.5
    64件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中央通3-17-18
    岩手県盛岡市にある歴史的建造物。詩人の石川啄木が、妻・節子と両親、妹と共に3週間ほど生活していた住居。昭和59年(1984)には、盛岡市の指定有形文化財となっている。随筆「我が四畳半」にて書かれている家であり、盛岡市内に残る唯一の啄木の遺跡となっている。

    盛岡駅から徒歩10分強、県道1号線から入った所にありました。 外観は平凡な古い民家ですが説明板があり、啄木が新婚生活を始めた家で、ここで「閑天地」や「我が四畳半」などの作品を作ったそうです。 冬期(12月-3月)火曜、水曜日休館を知らないで行ったため、内部は見学できなかった。

  • 三ツ石神社
    rating-image
    4.0
    45件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市名須川町160
    盛岡市東顕寺の片隅にある三ツ石神社は「岩手」の名の由来とも言われるパワースポット。病気平癒や多産、良縁にご利益があるとも。かつて「三ツ岩様」と呼ばれる神様がこの地で暴れていた羅刹鬼を退治し、二度と悪さをしない約束として神社にある岩に手形を残させたという伝説が残る。毎年8月に行われる東北五大祭り「さんさ踊り」はこの神様へ感謝を示す踊りが発祥とされ、三ツ岩神社の境内では奉納演舞が行われている。

    さもない小さな神社ですが、岩手県の県名の由来になった「岩に鬼の手形」がある(らしい)です。どこにあるのかすら確認できませんが、そこは想像力を働かせて・・・「さんさ踊り」発祥の地でもあります。

  • 久慈琥珀博物館
    rating-image
    4.0
    36件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県久慈市小久慈町第19地割156-133
    岩手県久慈市にある博物館。宝飾品で使われている中では、最も古い歴史を持つ久慈の琥珀を見ることができる施設となっている。館内では、琥珀が産出される様子や、琥珀を使った美術品などを展示。事前予約によって、琥珀の採掘を体験することができるイベントも開催されている。

    琥珀好き、石好きの人には良いと思います。 私はまったく興味がないので、ツアーで参加しましたが、ただの時間つぶしです。 案内してくれた若い男性は、知識も乏しく。 観光客からの質問に答えられないというものもありました。 最終的には 見学後、お土産を購入するよう誘導されているような。 まあ、ツアーで良くみる景色です。

  • もりおか歴史文化館
    rating-image
    4.0
    46件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市内丸1-50
    岩手県盛岡市の「盛岡城跡公園」内にある平成23年(2011)に開館した博物館。盛岡の歴史や、文化に関する資料展示などを見ることができる。また、「盛岡さんさ踊り」の公演や季節の行事、ワークショップなどの様々なイベントが定期的に開催されている。地元の人々だけでなく、観光客も多く訪れている。

    日本百名城スタンプを押すついでに、こちらの中も見学しました。 盛岡や南部藩の歴史を展示物と共に丁寧に説明しています。 歴史好きの方にはオススメの場所です。

  • 津波遺構 たろう観光ホテル
    rating-image
    4.5
    40件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県宮古市田老野原80-1
    三陸鉄道リアス線「田老駅」より徒歩約20分。東日本大震災で高さ17mを超えるとも言われる津波の被害を受けた施設。4階まで浸水し2階までは柱を残して流失したものの倒壊を免れた建物は、甚大な被害の記憶を風化させることなく後世に伝えるための「津波遺構」として保存されている。宮古観光文化交流協会の「学ぶ防災ガイド」に参加することで館内の見学が可能で、震災当日に同ホテルで撮影された津波の映像を見ることもできる。

    田老地区にある「旧たろう観光ホテル」は、東日本大震災の震災遺構として残されていますが、周囲は柵で囲まれていました。 ホテルのある場所は海から離れていますが、海抜がなかったため津波により大きな被害を受けた施設で、柵の外からでも大津波の恐ろしさを間近に見ることができました。

  • 伝承園
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県遠野市土淵町土淵6-5-1
    民話の地、遠野にある「伝承園」はかつての農家の生活様式を後世に伝える施設である。ここでは昔話や伝承行事、民芸品の制作などを体験することができる。また養蚕もしており、毎年、おしら様祈願祭が行われる。イベントとして語り部による遠野の昔話を常時開催(有料・要予約)。園内には遠野の郷土料理を堪能できる食堂の他、「遠野物語」の話者を勤めた佐々木喜善記念館や御蚕神堂(オシラ堂)といった施設がある。

    施設の中には曲がり家があり、昔話が聴ける。CDから流れる声だけど、囲炉裏のそばに座って目を閉じると、いい感じで聴ける。行ったときは、ちょうど、「おしらさま」の話だった。聴き終えてから建物を見学すると、意味がよくわかる。 他にも、水車小屋や、染め物をしているところがあり、入口にホップが植えてあった。 施設を出てからカッパ渕へ行く途中にホップ畑があったが、おかげでそれがホップだとわかった。

  • 遠野市立博物館
    rating-image
    4.5
    33件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岩手県遠野市東舘町3-9
    昭和55年(1980)に設立された日本初の民俗族専門博物館。遠野の人々の暮らしや自然、歴史、文化を紹介している。盆地という空間ではぐくまれた遠野の暮らしを、資料や写真などで分かりやすく展示。マルチスクリーンシアターでは、「遠野物語」や民話を題材にした映像や、アニメーション「水木しげるの遠野物語」などが楽しめる。

    のぼり坂を上って階段を上がりました。図書館へ先に行きたかったのですが入館は16:30にきわどいタイミングだったので。入ると小さいロッカーがずらりと並んでいます。100円は返却されるしくみです。受付は1人で入館料金は無料。一部の人は有料。座敷わらしをとりあげています。私は遠野物語についての知識がありません。博物館にしては森林鉄道附馬牛軌道についてはまったく紹介されていません。水木しげるについての本が...

  • 南昌荘
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    岩手県盛岡市清水町13-46
    盛岡市清水町にある歴史的建造物。同市出身の実業家・瀬川安五郎が明治期に建てた邸宅で、市の保護庭園および景観重要建造物、庭園は国の登録記念物に指定されている。現在は一般公開されており、お茶会やコンサートなどのイベントにも利用されている。

    盛岡城跡公園から南にあるいて17分くらい のところにあります。明治時代の木造の建物 で、庭がこじんまりとしていますが、綺麗に整備 されていて、非常に赴きのある雰囲気を醸し出して いました。入場は無料ですので、誰でも見れますが 駐車場はありませんでした。

  • 岩手銀行赤レンガ館
    旅行/観光
    岩手県盛岡市中ノ橋通1-2-20
    岩手県盛岡市中ノ橋通にある、岩手銀行の建造物。改装の後の平成28年(2016)より一般公開されており、岩手銀行に関する資料なども展示されている。また多目的ホールも完備されており、様々なイベントに使用されている。建物は国指定の重要文化財にも選ばれており、多くの観光客が訪れている。

岩手の主要エリア

around-area-map

リアス式海岸で知られる岩手県は、面積では都道府県で2番目の広さがあり、海の幸、山の幸が豊かなところです。 「いわて花巻空港」へは、名古屋・大阪から直行便が出ています。東京・盛岡間は、東北新幹線「はやぶさ」で2時間15分ほどです。 岩手県は6つの地域に分けられ、「奥州・平泉・一関」エリアにはある日本の文化遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は定番の観光スポットです。県庁所在地である盛岡市には岩手銀行赤レンガ館などの観光施設があります。 三陸海外沿いにある久慈市にはドラマ『あまちゃん』のロケ地で盛り上がりを見せています。南下した先には国の名勝に指定されている「浄土ヶ浜」もあります。 ご当地グルメではわんこそばが有名ですが、他にも辛味があって冷たくておいしい盛岡冷麺や、クルミと黒砂糖を包んだ団子を野菜などと煮るまめぶ汁、新鮮なウニを大量に使ったウニご飯、磯の旨味を凝縮した磯ラーメンなどを楽しめます。

岩手の写真集

目的から探す