長崎のその他観光スポット一覧

  • 湧水庭園「四明荘」
    rating-image
    4.5
    100件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県島原市新町2-125
    「鯉の泳ぐまち」ともいわれる島原市の新町一帯。「湧水庭園 四明荘」にある池には、一日約1,000トンもの水が湧き出し、鯉たちが優雅に泳いでいる。透き通る水と鯉の姿、赤松や楓などが植栽された庭園の風景を心ゆくまで楽しもう。

    島原駅から徒歩10分ほど。国の登録有形文化財である明治後期築の旧伊東家別邸。入館料310円。庭には湧水でできた大きな池があり錦鯉が泳いでいる。庭木の先に現代的な家が見えてしまうのがちょっと興ざめ。湧水で入れたお茶を出してくれるので庭を眺めながらゆっくりお茶を飲みたかったが、入館者が多くすぐに立ち去らざるをえなかった。

  • 弓張岳展望台
    rating-image
    4.0
    120件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県佐世保市小野町
    佐世保市小野町の弓張岳にある展望台。九十九島や五島灘などの自然の風景をはじめ、東には佐世保市街、南には佐世保港などが一望できる。また夜には漁火や市街地の夜景、春には周辺に咲く桜も楽しめる。

    長崎市と似てる?景観ですねぇ、でも九十九島も見渡せるので、こちらからの景色の勝ちかも、、ここは佐世保かぁ、アメリカ軍艦も見えて、考え深いです。

  • 長崎新地中華街
    旅行/観光
    長崎県長崎市新地町
    横浜中華街、神戸南京町と並び日本三大中華街と称される中華街。東西南北あわせて250mの十字路には約40軒の店が軒を連ねており、通りの石畳は、長崎市の姉妹都市である福建省の協力でできたものである。そして長崎の郷土料理といえば、ちゃんぽんと皿うどん。ここ新地中華街では、それぞれの店の個性溢れるちゃんぽんと皿うどんをいただける。異国情緒たっぷりの中華街を散策しながら、様々な味のちゃんぽんや皿うどんを味わおう。
  • 展海峰
    旅行/観光
    長崎県佐世保市下船越町
    複雑に入り組むリアス海岸と200余りの島々が織りなす景観美、九十九島(クジュウクシマ)。その九十九島を180度のパノラマで望める展望台で、佐世保市周辺にある展望台の中でも1番の人気だ。春には菜の花、秋にはコスモスが園地に咲き誇り、それを目当てに訪れる人も多い。
  • 仁田峠展望所
    rating-image
    4.0
    124件の口コミ
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙
    雲仙市小浜町雲仙にある展望所。秋の紅葉をはじめ、春のツツジや夏の新緑など、仁田峠や妙見岳の四季の自然が楽しめる。年間を通して四季折々の自然を感じながらトレッキングで訪れることのできる人気のスポット。また、隣接する仁田峠駅から妙見岳駅まで雲仙ロープウェイも運行している。平成新山を望む第2展望所もオススメ。

    仁田峠展望台からは平成新山をはじめ、はるか熊本・天草方面までの景色が一望できます。 その壮大な景観に感動しました。 特に平成新山の溶岩ドームの崩落した山肌に自然の脅威を感じました。 その際に発生した火砕流で、尊い人命がたくさん奪われたことは記憶に新しいです。

  • 稲佐山公園山頂展望台
    旅行/観光
    長崎県長崎市稲佐町364
    長崎市稲佐町の稲佐山山頂にある展望台。「世界新三大夜景」や「日本新三大夜景」にも数えられる長崎市街の夜景を楽しめるスポットとして人気が高い。また、昼間には長崎市街をはじめ、雲仙や天草、五島列島などを一望できる。山頂までは麓の淵神社からロープウェイでアクセスが可能。展望台には夜景とともに食事が楽しめるレストランも併設されている。
  • オランダ坂
    旅行/観光
    長崎県長崎市東山手町
    東山手の一角にある石畳の坂道。開国後、長崎の人々が異国人を「オランダさん」と総称していたことから、外国人居留地の坂に「オランダ坂」の名が付いたとされる。近隣には、日本で最初の女学校である活水学院や、洋風住宅7棟がある。路面電車「大浦海岸通」から徒歩7分。
  • 西海橋
    旅行/観光
    長崎県佐世保市針尾東町
    大村湾入り口にある、佐世保市針尾島と西彼杵半島を結ぶアーチ橋。長さ316メートル、日本で最初の有料橋として昭和30年に誕生した。日本三大急潮に数えられ、最大直径10メートルにもなる針尾(伊ノ浦)瀬戸の渦潮を眼下に、雄大なアーチを描く近代橋の姿は圧巻だ。周辺は「西海橋公園」として整備され、約1500本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所としても有名。
  • 鍋冠山展望台
    旅行/観光
    長崎県長崎市出雲2-144-1
    長崎市出雲の「鍋冠山公園」内にある展望台。長崎港や長崎市街、また世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である旧グラバー住宅や軍艦島などを一望できる。また、夜には「世界新三大夜景」にも選ばれた長崎の夜景を見られるスポットとして人気となっている。
  • 大瀬崎灯台
    旅行/観光
    長崎県五島市玉之浦町玉之浦
    五島市玉之浦町玉之浦にある灯台。東シナ海に面した九州最西端に位置し、荒波によって浸食された断崖に建つ白い灯台の姿を望める展望台が設置されている。また、九州で最後に日が沈む夕日の名所としても知られており、毎年大晦日には「最後の夕陽鑑賞会」が開催される。
  • 平戸大橋
    旅行/観光
    長崎県平戸市田平町
    西九州自動車道「佐々IC」から車で約30分、平戸島と田平町を結ぶ朱塗りの吊り橋。全長665mのトラス吊橋構造で、主塔間は465.4m、幅は10.7m。海面から30mの高さに吊られている。開通当初は有料だったが、現在は無料で通行できる。橋の袂には公園が整備され、大橋から平戸市街まで一望できる展望広場や日本海を望む海浜広場(平戸側)、テニスコートや運動広場、ザイルクライミングが人気の子ども遊戯広場(田平側)などがある。
  • 龍馬通り
    旅行/観光
    長崎県長崎市寺町-風頭町
    長崎市寺町の深崇寺近くから長崎市風頭町の風頭公園に至る通り。坂本龍馬と亀山社中の同志たちが行き来していた道とされ、「龍馬のぶーつ像」や、資料展示も行う「亀山社中跡」などの坂本龍馬ゆかりのスポットがある。
  • 異国の見える丘展望台
    旅行/観光
    長崎県対馬市上県町佐護北里
    対馬市上県町佐護にある展望台。壱岐対馬国定公園指定の千俵薪山に整備された農道の頂上に位置する。韓国の釜山までわずか約50kmの距離にあり、気象条件によっては海の向こうの釜山の町を眺めることができる。
  • 烏帽子岳展望所
    旅行/観光
    長崎県対馬市豊玉町仁位
    対馬市豊玉町仁位の烏帽子岳山頂にある展望台。リアス式海岸独特の複雑な地形に多くの島々が点在する浅茅湾の景観を望めるほか、対馬海峡や朝鮮海峡など、周囲の自然を一望できるスポットとして人気。山頂近くの駐車場から展望台までは階段が整備されている。
  • 韓国展望所
    旅行/観光
    長崎県対馬市上対馬町鰐浦
    対馬市上対馬町鰐浦にある展望台。韓国の釜山市から約50kmほどに位置し、気候条件次第では海の向こうに釜山の町並みや、釜山の夜景を望むことができる。建築には韓国の古代建築様式を取り入れ、展望台はソウルのパゴダ公園の多目的施設をモデルにしている。
  • 千々石展望台
    旅行/観光
    長崎県雲仙市千々石町丙160
    雲仙市千々石町丙の島原街道沿い「千々石観光センター」にある展望施設。橘湾や千々石海岸、雲仙普賢岳などが織りなす景観を一望できる。また、食堂や特産品の販売店、カステラの製造直売所などの施設も併設され、島原産じゃがいもを揚げたオリジナル商品「じゃがちゃん」も販売している。
  • 石岳展望台園地
    旅行/観光
    長崎県佐世保市船越町
    九十九島動植物園から徒歩で10分ほど。360度の大パノラマで九十九島を眺められる展望台だ。映画「ラストサムライ」の冒頭に出てくる島々の風景を撮影したスポットとしても有名であり、多くの写真愛好家が訪れている。
  • 諫早湾干拓堤防道路(雲仙多良シーライン)
    旅行/観光
    長崎県諫早市高来町-雲仙市吾妻町
    諫早市高来町から雲仙市吾妻町まで、有明海の諫早湾上を南北に通る全長約8kmの道路。干拓事業のために築かれた堤防上に平成19年(2007)に開通したもので、無料で通行が可能。道路の中間には展望歩道橋が設置されており、有明海といさはや新池を眺めることができる。
  • 船越展望所
    旅行/観光
    長崎県佐世保市船越町147
    「九十九島パールシーリゾート」から「西海国立公園九十九島動植物園森きらら」へと向かう道沿いにある、バリアフリーの展望所である。九十九島八景の展望所の中では最も標高が低く、間近に迫る九十九島の迫力ある眺望を楽しめる。
  • 妙見岳展望所
    旅行/観光
    長崎県雲仙市小浜町雲仙
    雲仙市小浜町雲仙、雲仙ロープウェイの妙見岳駅から徒歩数分にある展望所。標高約1,300mに位置し、「雲仙天草国立公園」にも指定されている雲仙一帯の自然を一望できる。また、天草や島原の夜景を楽しめるイベント「雲仙仁田峠プレミアムナイト」も開催される。

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す