青森の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 十和田市現代美術館
    rating-image
    4.5
    263件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県十和田市西二番町10-9
    草間彌生、ロン・ミュエクなど世界で活躍するアーティストの美術作品を展示する美術館。「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」というコンセプトの元、官庁街通りを一つの美術館に見立てる「Arts Towada計画」の中核を担う施設として機能している。またカフェや活動スペースもあり、十和田市をアートの街として活性化させる施設としても期待されている。

    迷路の中を好きな作品を探して巡る美術館です。 とにかくカラフル!おしゃれ!で、大好きになりました。 向かいの公園では、草間ワールドに感動していると、その環境がフツーに子供が楽しそうに遊んでいます。その光景もまたアート。 ここは、遠くても、絶対に訪れたい美術館です。

  • 青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ
    rating-image
    4.0
    840件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市安方1-1-1
    青森市のウォーターフロントエリアにある博物館で、青森ねぶた祭の歴史や魅力を紹介する目的で平成23年(2011)に開館した。館内には、ねぶたの歴史を学べるコーナーや祭りで使用された4台の大型ねぶたが展示されている。青森港を眺めながらランチブッフェなどが楽しめる食事処も人気。

    ねぶたのことを知りたければ、ここを訪れましょう。ねぶたの歴史、ねぶたの製作方法、絵師の紹介など、この施設だけで十分理解することができました。地元の中高生が作製したねぶたが展示されていたのが印象に残っています。また、ねぶたの題材は古来の神話や昔話から作られることも初めて知りました。昨年はコロナウイルスの影響で中止となった、ねぶた祭り(クラウドファンディングでねぶたは作製している)。今年は対策をしなが...

  • 青森県立美術館
    rating-image
    4.0
    391件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市安田字近野185
    平成18年(2006)に開館した美術館で、青森県青森市の郷土文化や芸術を主に収蔵・展示している。隣接する三内丸山の縄文遺跡と一体化したユニークな建築デザインが特徴。館内中心の「アレコホール」では、巨匠マルク・シャガールによるバレエ「アレコ」の舞台背景画3点を一度に見ることができる。収蔵品は洋画・日本画・現代美術まで幅広く、郷土作家の作品も多く常設展示されている。青森駅から市営バス「県立美術館前」下車。

    弘前の赤れんが倉庫美術館、十和田市立現代美術館、そして最後は、青森県立美術館です。 こちらは、青森出身の作家の作品が常設されています。青森駅からは、バスで20分くらいの距離です。シャガールの間は、圧巻です。 しかもコロナ禍で空いていました。 棟方志功の作品や、奈良さんのあきたけんなど、盛りだくさんです。今回の二泊3日の旅で、制覇できたことは、達成感です!

  • 恐山菩提寺
    rating-image
    4.5
    106件の口コミ
    旅行/観光
    青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2
    貞観4年(862)、慈覚大師によって開山された恐山は、比叡山や高野山と並ぶ日本三大霊山の一つ。天台宗の修験道場として栄えた。見どころは、「三途の川にかかる赤い太鼓橋」、「地獄谷」、極楽浄土を思わせる美しい「賽の河原」などがある。

    日本三大霊場として知られる恐山ですが、 アクセスは悪いながら訪れる価値は十分あると思います。 深山を抜けて、菩提寺に近づくと硫黄の匂いが鼻につき、 荘厳とも違う、おどろおどろしいような独特の雰囲気のお寺ですが、 感じ入るものがあります。 冬季はアクセスできないとのことなので、時期にご注意ください。

  • 弘前城天守
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町1
    慶長16年(1611)に完成した城である。寛永4年(1627)弘前城天守に落雷、五層目から順に燃え広がり天守閣を焼失。その後200年の間、天守がない状態が続いたが、1810年に津軽藩九代藩主・寧親により新築され完成したのが、西南隅に三層を成し、御三階櫓(ごさんかいやぐら)と称される現在の天守である。現在では史料館として、藩政時代の歴史資料が展示されている。
  • 立佞武多の館
    rating-image
    4.5
    238件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県五所川原市大町506-10
    立佞武多祭りに出陣する大型立佞武多を常時格納・観覧できる施設。新作立佞武多の製作体験・津軽の民工芸の製作体験などもある。津軽平野を一望しながら食事ができる展望ラウンジ「春楡」や、オープンカフェ「プラム」でひと息つくのも良い。五所川原ネブタのお囃子の練習など様々なイベントも行われる。

    五所川原駅から徒歩10分位のところにある立佞武多の館です。 大型の立佞武多を見学することができます。 想像以上に大きく圧巻でした。 有料ですが、見学をオススメします。 ちなみにとなりのマルコーセンターで新鮮なお刺身や焼き鳥等を頂けます。リーズナブルで美味しくオススメです。

  • 津軽藩ねぷた村
    rating-image
    4.0
    210件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市亀甲町61
    青森県弘前市にある体験型の観光施設で、弘前ねぷたをはじめ津軽地方の文化をテーマにしている。常設展示館には、弘前ねぷたの展示やお囃子の実演などがある。民工芸品の製作風景の見学や製作体験ができ、津軽三味線のコーナーでは生演奏が聴けるだけでなく、プロの指導のもと演奏体験も可能。入場無料のショッピングエリアもあり、地元産の野菜やりんご、工芸品などが購入できる。

    弘前公園の向かい側にあります。青森市が「ねぶた」と呼ぶのに対し、弘前市などの会津地方は「ねぷた」と表現するのを初めて知りました。しかも、その違いは方言から来るとは。また、形(ねぷたは扇形)や楽器(笛が主流)の違いなど、色々と勉強になりました。他にも五所川原市の立佞武多(たちねぷた)など青森県内のねぷたの紹介も印象に残りました。津軽地方や青森県のお土産屋さんも併設されていて、半日いても飽きない場所だ...

  • 青森県立三沢航空科学館
    rating-image
    4.5
    172件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県三沢市三沢北山158
    三沢空港に隣接した「三沢市おおぞら広場」の一角にある航空科学館。「大空」と「飛翔」をテーマに平成15年(2003)8月に開館。館内1階には日本エアコミューターで使用していたYS-11を現役時代そのままに展示。他にもミス・ビードル号のレプリカなどが展示され、見て、触れて楽しく航空史を学べる。2階は科学体験のフロアで、体験や実験などが出来るコーナー、3階は展望デッキがあり、三沢飛行場を一望できる。

    コンパクトですがなかなか充実した展示があります。訪問時は零式艦上戦闘機二一型の模型と一式双発高等練習機の実機が展示されていましたが、現在は展示が終了しています。航空機好きなら是非。

  • 太宰治記念館「斜陽館」
    rating-image
    4.0
    175件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市金木町朝日山412-1
    太宰治の記念館。建物は明治40年(1907)、太宰治が生まれる前に建てられた木造建築の豪邸で、現在は国の重要文化財にも指定されている。蔵を資料展示室として利用しており、太宰治の愛用品や原稿、書簡、初版本などを展示している。

    金木駅から徒歩10分位のところにある太宰治の生家です。 太宰治の本で、本人が大きな家と著されてましたが、想像以上に大きいです。 裕福だということは知ってましたが想像以上です。 外観だけではなく家具や調度品は豪華でした。

  • 蕪嶋神社
    rating-image
    4.0
    136件の口コミ
    旅行/観光
    青森県八戸市大字鮫町字鮫56
    商売繁盛、漁業安全の守り神として古くから信仰を集め続けている神社で、市杵嶋姫命(弁財天)を御祭神としてお祀りしている。神社周辺はウミネコの繁殖地としても知られ、毎年3万羽を超えるウミネコが飛来する。

    蕪島の頂に鎮座する蕪嶋神社。弁財天をまつり、商売繁盛、漁業安全の守り神として古くから地元の人々の信仰を集めてきたという。2015年火災により社殿が全焼。しばらくは参拝できなかったそうだが、5月末に訪ねたときは新しい社殿が完成していた。「ウミネコの舞うパワースポット」ということで立ち寄ったが、まさにウミネコの繁殖期真っ只中で、恐ろしくなるほどの数のウミネコが参道や境内にあふれ返っていた。

  • 高山稲荷神社
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    青森県つがる市牛潟町鷲野沢147-1
    五穀豊穣並びに海上安全、商売繁盛の神様として、古くから信仰を集め続けている霊験あらたかな神社で、地元はもちろん、遠方からも多くの参拝客が訪れる。敷地内には四季の花が咲き誇る美しい日本庭園や、真っ赤な鳥居がトンネルのように連なって立ち並ぶ『千本鳥居』があり、幻想的な雰囲気に包まれている。

    いやー、こんなに素晴らしい神社が、こんなに北に有るとは知りませんでした。 大鳥居を過ぎると駐車場が有ります。 そこに車を止めて、社務所の横を抜けると急な長い登りの階段が見えてきます。 登りきると、小さな神社が沢山あり、さらに上に拝殿が有ります。 拝殿の先を今度は階段を下ります。 目の前に龍神宮が現れます。 さらに行くと、見えました! 千本鳥居! 見事な景色です! 朱塗りの鳥居が、青空へ続いていきま...

  • 青函トンネル記念館
    rating-image
    4.0
    94件の口コミ
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜99
    全長53.85kmという世界最長の海底トンネル「青函トンネル」を立体模型やパネル、映像を用いて紹介する記念館である。実際に作業坑として使われた一角を展示ゾーンとしている体験坑道では、大規模工事の雰囲気を味わえる。冬期間は休業となる。

    ケーブルカーにだけは乗りたいという息子のために県外から延々と車を飛ばして本州の端っこまで行きました。閉館時間よりもケーブルカーが早く終わるのは予想できましたが、こんなに早く!!!駐車場から入口まで走っていった息子のがっかりしたした姿が忘れられない。しばらく口も利かなくなってしまって・・・今はネットで調べていく時代。きちんと情報を提供して欲しい。「終わりました。」の冷めたひと言のみ。あの道をもう一度...

  • 岩木山神社
    旅行/観光
    青森県弘前市百沢寺沢27
    創建約1,200余年の歴史を持ち、農漁業の守護神として信仰されてきた「岩木山神社」は、別名「お岩木さま」「お山」とも呼ばれている。鳥居から本殿までの長い参道は杉木立に囲まれている。境内には本殿・拝殿・奥門・楼門が立ち並び、これらの美しい建造物は重要文化財に指定されている。
  • 特別史跡 三内丸山遺跡
    旅行/観光
    青森県青森市大字三内字丸山305
    平成4年(1992)に行われた調査で発見された、日本最大級の縄文集落遺跡。平成12年(2000)に国の特別史跡に指定された。広大な土地に突然姿を現す大型掘立柱建物は、地面に穴を掘り、栗の木柱を立てて造ったもの。六本柱で長方形の大型高床建物だったと考えられている。竪穴住居や掘立柱建物が見られるほか、土偶の出土が多いのも特徴のひとつだ。
  • 最勝院五重塔
    rating-image
    4.0
    85件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字銅屋町63
    津軽における寺社への大きな影響力をもった金剛山最勝院が有する国指定重要文化財で、寛文7年(1667)に建立された。塔の内部は金箔や銀箔のほか、群青など極彩色で彩られ、本尊胎蔵界大日如来、脇仏に稚児聖徳太子像、十王像が安置されている。境内の枝垂桜や新緑とのコントラストなど、四季折々に変化する美しい景観も見所のひとつ。津軽統一戦の戦没者の供養のために建立された最勝院は、五重塔をはじめとして深い歴史を感じさせる。

    朝、早起きをしてホテルから散策しました。 五重塔と、枝垂れ桜がとてもきれいでした。 小雨の降る早朝、瑞々しい景観に、癒されました。

  • 奥入瀬渓流館
    rating-image
    3.5
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県十和田市奥瀬栃久保183
    自然の恵みと森林の働きをテーマに、ブナ林を通して食物連鎖と自然環境について学ぶ学習コーナーがある複合施設。喫茶・軽食コーナーや土産物の売店などもある。また、電動アシスト付き自転車のレンタルも行っており、周辺の散策に利用できる。

    子ノ口からのレンタサイクルの返却(乗り捨て)のために訪問しました。奥入瀬渓流の下流側入口にあたるところにあり、店内には、ひょうたんランタンや各種お土産、軽食が用意されていました。

  • 八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    旅行/観光
    青森県八戸市大字是川字横山1
    昭和32年(1957)に国の史跡に指定された是川石器時代遺跡に隣接する資料館で、八戸市内の遺跡の出土品を収蔵・展示しています。パネル展示や映像資料による縄文時代の遺跡の紹介、是川石器時代遺跡のものを中心とした出土品や国宝・合掌土偶の常設展示のほか、縄文時代に関わる多種多様なテーマに基づいた企画展示を定期的に開催しています。ミュージアムショップ兼ミュージアムカフェであるこれカフェでは、国宝・合掌土偶をモチーフにしたグッズの販売や軽食の提供を行っています。

    国宝「合掌土偶」をひと目観たくて訪れた。コロナ禍のウィークデーと会って人はほとんどいない。常設展示室は「うるしの美」「是川の美」「風張の美」の三つのテーマで、出土品を紹介している。規模はさほど大きくないが整然と展示された縄文期の出土品が並ぶ。まず驚いたのは、漆を塗った土器や木の漆器など。鈍い赤漆が実に印象的。縄文といえば土器しか思い浮かばなかったが、これほど完成度の高い漆器類があるとは驚きだった...

  • カトリック弘前教会
    rating-image
    4.0
    64件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市百石町小路20
    明治43年(1910)に建てられた聖堂。尖塔を有するロマネスク様式を基調としており、左右隅に伸びる柱が特徴的である。また内部正面にあるナラの木で作られた祭壇はアムステルダムの聖トマス教会から譲り受けたもの。慶応2年(1866)に完成し、当時ベルギーのアントワープで行われた展覧会で最優秀賞を受けたものでもある。

    弘前市にあるカトリック教会です。ロマネスク様式を取り入れた建物は華麗そのもの。すぐ隣には教会併設と思われる幼稚園があり、元気な園児の遊ぶ声が聞こえていました。教会の中に入ると、縦長の窓にあるステンドグラスが輝いて見えます。スタッフのかたが親切に神父さまを紹介していただきました。お陰様で、メキシコ出身の神父さまと15分ほど旅行談義ができて、嬉しかったです。

  • 日本キリスト教団弘前教会
    rating-image
    4.0
    61件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字元寺町48
    日本キリスト教団弘前教会は明治39年(1906)に弘前メソヂスト教会の教会堂として建設された建物。弘前城植物園の近くにあり、双塔式のゴシック風木造建築は明治期の建築物として全国的にも珍しい。また説教台や聖餐台は津軽塗が施され、献金籠にはあけび細工が施されるなど伝統工芸品が使われている。見学は可能だが、職員不在時や教会の行事日等は見学できないので注意が必要となる。

    出張中のホテルから夜の散歩に出かけ、ライトアップされたこの教会に出会いました。ライトアップの効果もあって、弘前らしくシードル色に浮かび上がる素敵な建物です。休日には沢山の車が止まっていたので、まだまだ現役の教会のようです。

  • 棟方志功記念館
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市松原2-1-2
    文化勲章受賞など数多くの業績を残した版画家、棟方志功の作品を展示する博物館。代表作「釈迦十大弟子」を初め多数の作品を展示している。また絵葉書などのレプリカを購入することもできる。展示品は季節ごと入れ替えており、一点一点じっくり見れる配置を心がけている。建物は校倉造りを模し、池泉回遊式の日本庭園と調和した四季折々の風景を生み出している。

    こじんまりとした、特に奇をてらった見せ方もせず、王道な美術館「棟方志功記念館」です。 棟方志功さんとは、簡単にいうと、版画家(板画家)として世界的な賞を受賞するなど、青森生まれの版画界の巨匠ですかね。「仏」を題材にした作品が多く、独特な世界観を持っている方と世間的には評されています。 で、世界的な方ということで、「棟方志功記念館」に訪れましたが、正直、私にはわからなかったです。確かに独特な感じはす...

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す