NAVITIME Travel

和歌山の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 熊野本宮大社
    rating-image
    4.5
    441件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町本宮
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつ。難行苦行が続く熊野古道巡礼の道のりで、最初にたどり着く場所として知られ、古くから、苦行の果てに自ら悟りを開こうとする熊野信仰を支える参拝客が多く訪れる。飛鳥時代に社殿が建立され、明治22年(1889)の大洪水により被害を受けたため、現在地へ移転。杉木立の中、158段の石段を上ると、檜皮葺きの4つの社殿が現れ、主祭神の家都美御子大神をはじめ4柱の神々が祀られている。

    東京や、大阪、日本の都市部からのアクセスは決して良いとは言えない地ですが、訪れる価値のあるところです 熊野古道を歩くことは滞在時間の都合上叶いませんでしたが、車で社の近くまで行くことが出来ます 今年は御創建2050年とのことで、伺った時にも奉納イベントが行われていて、一層厳かさが増しました

  • 高野山
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
    平安時代はじめに空海(弘法大師)によって開かれた日本仏教の聖地。高野山全体を総本山金剛峯寺という一つの寺に見立て、そのなかに117か所の寺が存在。全人口の3割以上を僧侶が占め、標高約900mの山上盆地に広がる宗教都市である。見どころは、空海が真言密教の根本道場を開くにあたり最初に整備した壇上伽藍。境内には、根本大塔、金堂など19の建築物が並ぶ。
  • 熊野那智大社
    rating-image
    4.5
    524件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつだが、ほかの2社と異なり、山中の「那智の滝」を神聖視する原始信仰が起源。別宮飛瀧神社では、滝そのものを御神体として祀っており、古来から延命長寿を願う滝修行者や参拝客が多く訪れる。滝を真正面から拝観できる観覧舞台では、延命長寿の水と伝えられる滝つぼの水も飲むことができる。境内には、朱塗りの6棟の本殿、拝殿、宝物殿などが並び、神の使いである八咫烏の烏石、平重盛が手植えした樹齢約850年の大楠など、見どころが多い。

    熊野那智大社。数年ぶりになるが3回目の参詣になる。駐車場から大社までの階段がきついので、これまでは訪れていた夏ではお汗だくになった詣でていた。参道にある土産屋を覗きながらゆっくりと登れば良いが、那智黒の置物など品ぞろえ的にはどこも同じなので、一気に登ってしまっても良いか。やがて見えてくる社は橙と緑が陽に映える鮮やかな建物。2018年11月は改修が行われており、神社も寺院も見えることができなかったが...

  • 和歌山城
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市1-3
    徳川御三家の一つ、紀州徳川家の居城であった名城で、古くから和歌山のシンボル的存在として多くの人に親しまれている。国の重要文化財に指定されている岡口門と、紀州特産の青石(緑泥片岩)でできた野面積みの石垣は建設当初から変わらぬ姿を保ち続けている。戦後、昭和33年(1958)に市民の手によって再建された天守閣からは、紀ノ川や和歌山市街を一望することができ、桜や紅葉の時期を中心に多くの観光客が訪れる。天守閣内部には徳川家ゆかりの品が多数展示されている。
  • 熊野速玉大社
    rating-image
    4.0
    249件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県新宮市新宮1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつで、松明を持った白装束の男たちが急な石段を駆け降りる御灯祭など、めずらしい祭りが行われている。熊野古道を巡礼し、苦行の果てに自ら悟りを開こうとする熊野信仰の中心的存在で、熊野速玉大神を主神に、家津御子大神、夫須美大神の三神を祀り、国宝など約1,200点の古神宝類を保管、展示している。境内には、樹齢1,000年以上のナギの大樹が枝を広げ、ナギの実から作られる縁結びのお守りも人気。

    新宮駅からも平坦な道で商店街などをあるいて徒歩で行けます!朱塗りの鳥居・本殿などとても美しいです。御神木の梛(なぎ)は、必見です!

  • 那智山青岸渡寺
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
    西国三十三ヶ所第1番札所に定められる天台宗の寺院。もともと「那智の滝」を中心にした神仏習合の一大修験道場だったが、明治初期に青岸渡寺と熊野那智大社に分離した。熊野古道を巡礼し、悟りを開こうとする熊野信仰の霊場として長い歴史を持ち、本尊の如意輪観世音像は、仁徳天皇時代、インドから渡来した裸形上人が、那智の滝の滝壺で見つけ、安置した言われている。本堂後方にある朱色の三重塔は、滝との調和が美しく人気のフォトスポット。
  • みなべ町うめ振興館
    旅行/観光
    和歌山県日高郡みなべ町谷口538-1
    南部川村といえば、約100万本の梅が咲き競う南部梅林があり、梅の生産量も日本一という梅の里。そんな村の横顔を紹介する資料館で、1階は歴史民俗資料、2階は梅に関する資料の展示が中心。物産販売所、屋上展望所もある。
  • 奥之院
    rating-image
    5.0
    1081件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山550
    高野山の二大聖地のひとつで、空海(弘法大師)入定の地。空海が現在も瞑想していると言われる御廟がある。御廟に通じる約2kmの参道には、樹齢約700年の杉木立が続き、両側には皇族から庶民まで20万基以上の墓石や慰霊碑が並んでいる。御廟の手前にある燈篭堂も必見。堂内正面の祈親上人が献じた祈親灯と白河上皇が献じた白河灯は「消えずの火」として1,000年以上燃え続けている。御廟に一番近い御廟橋より先は聖域のため、写真撮影は禁止されている。

    お遍路の多くは結願の報告のために弘法大師が御入定されている高野山の聖地「奥之院」にお参りしますが、私はお遍路を始める前に手水舎が氷瀑する二月、大願成就を祈り参拝させていただきました。

  • 燈籠堂
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山550
    高野山の二大聖地のひとつで、空海(弘法大師)入定の地である「奥之院」の御廟の手前に位置し、元々は御廟の拝堂として建立された。堂内には、参拝者が奉納した2万基以上の燈籠が所狭しと吊られている。堂内正面の祈親上人が献じた祈親灯と白河上皇が献じた白河灯は「消えずの火」として1,000年以上燃え続けている。なかでも祈親灯は、貧しいお照という娘が自らの髪を売り、両親の菩提のために献じたものと伝えられ「貧女の一灯」とも呼ばれている。
  • 金剛峯寺
    rating-image
    4.5
    435件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山132
    高野山真言宗の総本山であり、空海(弘法大師)が開いた真言密教の聖地、高野山の中核となる寺院である。ここで高野山全体の宗務を行われている。見どころは、檜皮葺きの大屋根が特徴の大主殿にある狩野派や雲谷派の襖絵や、国内最大級の石庭「蟠龍庭」など。この石庭は、白い小石で表現した雲海の中で、雄雌2匹の龍が奥殿を守っているように表現されている。

    寒かったですが、紅葉シーズンということもあり、とてもにぎわっていました。阿字観道場で阿字観体験を受けられます。

  • 壇上伽藍
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山152
    「奥之院」に並ぶ高野山の二大聖地のひとつ。空海(弘法大師)が真言密教の根本道場を開くために最初に創建した場所である。シンボルである根本大塔や金堂、御影堂などの19の建造物が集まっている一画の総称。なかでも伽藍の中央にある金堂は、高野山の総本堂で、重要な行事のほとんどが執り行われている。本尊は秘仏となっている薬師如来。
  • 根來寺大塔
    旅行/観光
    和歌山県岩出市根来2286 総本山根來寺内
    高野山の学僧でもあった覚鑁上人によって開創された新義真言宗の総本山「根来寺」の境内にある、高さ36mにもなる日本最大級の木造多宝塔。真言密教の教義を形として表した建物で、天文16年(1547)に完成。豊臣秀吉による紀州征伐の焼き討ちは免れたが、当時を物語る火縄銃の弾痕が今でも残っている。国宝に指定されており、中に入って参拝することができる。
  • 高野山霊宝館
    rating-image
    4.5
    141件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県伊都郡高野町高野山306
    真言宗総本山金剛峯寺をはじめ、高野山の寺院の貴重な仏像や仏画などを保存、展示する施設。大正10年(1921)に開館し、現在は国宝21件、重要文化財143件、和歌山県指定文化財16件などを含む重要美術品を約28,000点収蔵。夏の大宝蔵展では、鎌倉時代を代表する大仏師、運慶によって造立された国宝の八大童子像が展示されることがあり、とても人気がある。

    高野山のメインどころとすれば、やはり、奥の院や金剛峰寺、そして伽藍などが思い浮かびますが、こちらは、高野山の貴重な仏画、仏像などの文化遺産がたくさん見られますので、是非見るべきところです。

  • 徳川家霊台
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山682
    江戸幕府初代将軍・徳川家康と二代将軍・秀忠を祀る東照宮である。もとは大徳院の境内であったが、明治時代、大徳院が他の寺院と合併したためこの霊台だけが残された。向かって右側が家康、左側が秀忠である。建物は桁行三間、梁間三間の一重宝形造であり、内部は蒔絵などが施された豪華絢爛な造りとなっている。
  • 日米修交記念館
    rating-image
    3.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡串本町樫野1033

    紀伊大島の東岸にどうして日米修好記念館があるのか不思議だったのですが、解説を見てわかりました。1791年というからペリーの黒船来航より62年も前に、レイディ・ワシントン号とグレイス号という2隻のアメリカ商船が大島に上陸したとのこと。これが公文書に記録された最初の日米間の接触だそうです。アメリカ独立は1776年ですからね。

  • 東光寺
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町湯峰112
    湯の峰温泉にある天台宗の寺院。高さ約3mの本尊「湯峯薬師」は、温泉の源泉の周囲で湯の花が自然に積って薬師如来の形となったものだと伝わっている。約1,800年前、裸形上人が薬師如来の胸に空いた穴から温泉が湧きだしているのを見出したという。毎年1月8日には、「八日薬師祭」が行われ、温泉の湯を献湯し、湯の峰温泉の繁栄と参拝者の諸願成就を祈願する。
  • 白浜エネルギーランド
    rating-image
    3.5
    101件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町3083
    「人と自然のエネルギー」をテーマにした不思議いっぱいの体験型テーマパーク!様々な仕掛けをクリアしてゴールを目指す「Da 迷路」や自然エネルギーについて学習できる「太陽の街」、目の錯覚を利用した、不思議な写真が撮れる「トリックアートハウス」など遊びながら学べるアトラクションが盛りだくさん!

    スタッフの方はみなさんキチンと仕事されててます。ただ展示やアトラクションの内容が価格と見合ってないです。 恐竜のシアターもホントは座席がもっと動くシステムのはずですが振動のみ、、、あれじゃ小さい子供ですら楽しめない。 中は迷路のような構造ですが人員が少ないのか案内人などいないので自力あるのみ! 足湯だけは満足です。

  • 紀州博物館
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町2054-4
    白浜温泉を一望する平草原公園の入口にある美術館。昭和48年(1973)に開館し、紀州の名家、小竹一族が約400年にわたって収集した美術品を中心に1,300点以上のコレクションを誇る。小規模な施設ながら、歌川広重の「東海道五十三次」がすべて揃っており、歌麿や写楽、北斎、広重の浮世絵、日本一とも称される古唐津焼のコレクションなど見どころが多い。
  • 南方熊楠記念館
    旅行/観光
    和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1
    和歌山県出身の偉大な博物、民俗学者である南方熊楠の業績を文献などで紹介している。愛用品の眼鏡や研究器具、海外で収集した植物の標本など、800点が展示され、熊楠が昭和天皇に進講した粘菌を顕微鏡で見られるコーナーも。半島の突端に位置しているため、屋上から見える360度のパノラマは圧巻。
  • 大斎原
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町本宮
    本宮町「熊野本宮大社」の旧社地にある史跡。かつて熊野本宮大社が鎮座した、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある中洲。神域と俗世を分かつ境界・結界の役割を果たす鳥居があり、ここ大斎原では、高さ34m(11階建てのビル相当)にもなる大鳥居が特徴。また、奥深い熊野の山に迷った神武天皇を導いた「八咫烏」の言い伝えに因み、毎年8月に行われている「八咫の火祭り」は、人々を幸せに導く神事として知られ、パワースポットとして多くの人が訪れている。

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す