和歌山の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 奥之院
    rating-image
    5.0
    1247件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
    高野山の二大聖地のひとつで、空海(弘法大師)入定の地。空海が現在も瞑想していると言われる御廟がある。御廟に通じる約2kmの参道には、樹齢約700年の杉木立が続き、両側には皇族から庶民まで20万基以上の墓石や慰霊碑が並んでいる。御廟の手前にある燈篭堂も必見。堂内正面の祈親上人が献じた祈親灯と白河上皇が献じた白河灯は「消えずの火」として1,000年以上燃え続けている。御廟に一番近い御廟橋より先は聖域のため、写真撮影は禁止されている。

    春に結願したお礼のお参りに。大きく5回程度にわけ、順番もだいぶ前後してのお遍路となってしまいましが。お礼参りも、八十八番札所の後に一番札所に再度お参りしてから行くのが、通例らしいですが、後から知った次第。 以前お参りの際は、奥の院から参道を通り、戦国大名の供養塔をまわりました。今回は結願のお礼参りで、中の橋からのお参り。お参りということには変わりありませんが、全く違った動機で訪問すると、見るもの...

  • 熊野本宮大社
    rating-image
    4.5
    534件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町本宮
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつ。難行苦行が続く熊野古道巡礼の道のりで、最初にたどり着く場所として知られ、古くから、苦行の果てに自ら悟りを開こうとする熊野信仰を支える参拝客が多く訪れる。飛鳥時代に社殿が建立され、明治22年(1889)の大洪水により被害を受けたため、現在地へ移転。杉木立の中、158段の石段を上ると、檜皮葺きの4つの社殿が現れ、主祭神の家都美御子大神をはじめ4柱の神々が祀られている。

    熊野本宮大社にある八咫烏の郵便ポスト、今は五代目とのこと。石の階段が短く、直ぐに神殿に到着します。神殿内の御参りにも5つ順番があります。わかりにくいから、目印が欲しかった。証誠殿から始まり、満山社が最後です。左にある夫須美大神から並んでいました。

  • 熊野那智大社
    rating-image
    4.5
    616件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつだが、ほかの2社と異なり、山中の「那智の滝」を神聖視する原始信仰が起源。別宮飛瀧神社では、滝そのものを御神体として祀っており、古来から延命長寿を願う滝修行者や参拝客が多く訪れる。滝を真正面から拝観できる観覧舞台では、延命長寿の水と伝えられる滝つぼの水も飲むことができる。境内には、朱塗りの6棟の本殿、拝殿、宝物殿などが並び、神の使いである八咫烏の烏石、平重盛が手植えした樹齢約850年の大楠など、見どころが多い。

    熊野那智大社のお札、午玉宝印をもらいに、訪問しました。 近くに何店舗か食事処があってそこで食事をすれば 駐車代が無料になるとのことだったので、食事して訪問。 思ったより、熊野那智大社への道のりがハードで年寄りには 向かないと思った。 無事にカラス字で書かれた札を手にして、自宅に 帰ってから暫くしたある日、天ぷら油を処分する為に 薬剤を入れるつもりで火にかけていたのを忘れた事があった。 ややもす...

  • 那智山青岸渡寺
    rating-image
    4.5
    269件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
    西国三十三ヶ所第1番札所に定められる天台宗の寺院。もともと「那智の滝」を中心にした神仏習合の一大修験道場だったが、明治初期に青岸渡寺と熊野那智大社に分離した。熊野古道を巡礼し、悟りを開こうとする熊野信仰の霊場として長い歴史を持ち、本尊の如意輪観世音像は、仁徳天皇時代、インドから渡来した裸形上人が、那智の滝の滝壺で見つけ、安置した言われている。本堂後方にある朱色の三重塔は、滝との調和が美しく人気のフォトスポット。

    絶好の写真スポットです。青岸渡寺の歴史ある建物に加え、那智滝と三重塔、それに枝垂れ桜が満開でした。熊野で一番素敵な場所でした。

  • 金剛峯寺
    rating-image
    4.5
    499件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山132
    高野山真言宗の総本山であり、空海(弘法大師)が開いた真言密教の聖地、高野山の中核となる寺院である。ここで高野山全体の宗務を行われている。見どころは、檜皮葺きの大屋根が特徴の大主殿にある狩野派や雲谷派の襖絵や、国内最大級の石庭「蟠龍庭」など。この石庭は、白い小石で表現した雲海の中で、雄雌2匹の龍が奥殿を守っているように表現されている。

    高野山の総本山である金剛峰寺です。周辺には駐車場やバス停もあり、まさに「高野山の中心」です。 誰でも気軽に入れる入場無料のエリアです。

  • 壇上伽藍
    rating-image
    4.5
    369件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山152
    「奥之院」に並ぶ高野山の二大聖地のひとつ。空海(弘法大師)が真言密教の根本道場を開くために最初に創建した場所である。シンボルである根本大塔や金堂、御影堂などの19の建造物が集まっている一画の総称。なかでも伽藍の中央にある金堂は、高野山の総本堂で、重要な行事のほとんどが執り行われている。本尊は秘仏となっている薬師如来。

    中門完成後はじめての壇上伽藍へのお参りとなりました。一番最初に訪問したときは、今ほど人がおらず、独特の荘厳な雰囲気がありました。観光地としての賑わいが強くなり、神秘性は正直少し失せた気もします。一方、中門をはじめ、各お堂内の中の復元事業もすすみ、往時の世界観を伝えてくれています。少し離れた霊峰館へも是非。

  • 高野山
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
    平安時代はじめに空海(弘法大師)によって開かれた日本仏教の聖地。高野山全体を総本山金剛峯寺という一つの寺に見立て、そのなかに117か所の寺が存在。全人口の3割以上を僧侶が占め、標高約900mの山上盆地に広がる宗教都市である。見どころは、空海が真言密教の根本道場を開くにあたり最初に整備した壇上伽藍。境内には、根本大塔、金堂など19の建築物が並ぶ。
  • 神倉神社
    rating-image
    4.5
    193件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県新宮市神倉1-13-8
    新宮市神倉1丁目にある神社。熊野大神が最初に降臨した聖地とされ、500段以上の自然石の石段を上った先にある「ゴトビキ岩」をご神体としている。毎年2月6日に行われる「御燈祭」は、松明を持った白装束の男たちが御神火をいただいて石段を駆け下りる奇祭。国の指定重要無形民俗文化財となっている。

    熊野の神様が降り立った地である神倉神社は巨大なゴトビキ岩がご神体として祀られています。 538段の険しい石段を登らなければお参り出来ないのですが、女坂と言う石段ではない山道を登るコースもあります。このコースは階段の鳥居をくぐって直ぐ右手にある石の小さな橋を渡って登ります。ですが、この女坂も曲者で木の根のツルがかなり出ていて足を引っかけ易く、また土が滑りやすく転べば下まで落ちてしまう危険があります...

  • 和歌山城
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市一番丁3
    徳川御三家の一つ、紀州徳川家の居城であった名城で、古くから和歌山のシンボル的存在として多くの人に親しまれている。国の重要文化財に指定されている岡口門と、紀州特産の青石(緑泥片岩)でできた野面積みの石垣は建設当初から変わらぬ姿を保ち続けている。戦後、昭和33年(1958)に市民の手によって再建された天守閣からは、紀ノ川や和歌山市街を一望することができ、桜や紅葉の時期を中心に多くの観光客が訪れる。天守閣内部には徳川家ゆかりの品が多数展示されている。
  • 高野山霊宝館
    rating-image
    4.5
    159件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山306
    真言宗総本山金剛峯寺をはじめ、高野山の寺院の貴重な仏像や仏画などを保存、展示する施設。大正10年(1921)に開館し、現在は国宝21件、重要文化財143件、和歌山県指定文化財16件などを含む重要美術品を約28,000点収蔵。夏の大宝蔵展では、鎌倉時代を代表する大仏師、運慶によって造立された国宝の八大童子像が展示されることがあり、とても人気がある。

    高野山の文化財を見ることができます。曼荼羅など見事なので見入ってしまいます。そのほかにも貴重なものばかりなので必見です。

  • 丹生都比売神社
    rating-image
    4.5
    59件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野230
    かつらぎ町上天野の県道4号線沿いにある神社。祭神である「丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)」の子で、第二殿の祭神でもある「高野御子大神(たかのみこのおおかみ)」が狩人に化身して弘法大師を高野山に導き、丹生都比売大神の神領を借り受ける形で、山上に御社を建てて真言密教の高野山が開かれたとされる。高野山に登る前にまずこちらに参拝するのが慣習とされた。

    最近、とみに商売気が優って来て・・・わたし的な嗜好としては「好きになれない」部分が増えつつある神社です。世界遺産とやらの(それがなんぼのものなんかは知らんが)指定も受けているらしいが、周年記念のご朱印が500円とか楼門に登上するのも500円とか・・・何かにつけ金儲けの種にしているようで・・・気に入らない!楼門と4棟続きの本殿は重文らしいし、空海との由縁とか・・・立派なものであることは事実であろうが...

  • 飛瀧神社
    rating-image
    4.0
    133件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
    JR紀伊勝浦駅から車で約20分。熊野三山の一つに数えられる熊野那智大社の別宮で、那智の御瀧を御神体としている。本殿は存在しておらず、滝の前方200mほどの場所に拝所がある。熊野那智大社の本殿だけでなく、そちらでの正式参拝も可能で、約30分の参拝の後に由緒などの説明がされる。昇運神龍守はお瀧には龍が宿るという古代からの言い伝えにちなんで神龍が描かれたお守りで、飛瀧神社で授与されている。

    那智滝の前にある神社で、まさに那智滝の迫力を感じることができます。滝の前に写真を撮影する業者がいて、小さな写真をプレゼントしてくれます。

  • トルコ記念館
    rating-image
    4.0
    82件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡串本町樫野1025-25
    和歌山県東牟婁郡串本町にある町立博物館。明治23年(1890)にオスマン・トルコの特派使節団が乗る木造巡洋艦「エルトゥールル号」が熊野灘で沈没し、587名が犠牲となった。その際に地元住民が献身的な救助活動を行ったことから、日本とトルコは現在まで友好な関係を築き続けている。館内では、沈没したエルトゥールル号に関する資料や模型、乗員の遺品などを展示。2階には展望台があり、事故が起きた場所を見ることができる。

    130年前に起きたエルテュールル号遭難事故をきっかけにした日ト親善の記念館です。 遭難現場を見下ろす場所にあり、勉強になる展示があります。

  • 粉河寺
    rating-image
    4.0
    65件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県紀の川市粉河2787
    紀の川市粉河にある寺院で、西国三十三箇所観音霊場の第三番札所。奈良時代の末期、宝亀元年(770)に大伴孔子古(おおとものくじこ)が開創した。現在の本堂は享保五年(1720)に再建されたもので、一重屋根の礼堂と二重屋根の正堂が結合した非常に珍しい形の複合仏堂となっており、国の重要文化財に指定されている。

    数年前に西国巡礼団体参拝し、今回再訪しました。大門右を通って境内に入ってすぐ右手にお店があり、その前と、通り過ぎてすぐ右に入ると駐車場があります。1回500円です。門の手前にもいくつか民間のパーキングがあります。参道を進むと左手に手水があり、その向こうに中門があります。本堂まではほぼ平地で、中門と本堂前に少し石段がある程度です。入山料や拝観料はありません。本堂内覧のみです。

  • 湯峯王子跡
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町湯峯
    本宮町湯峰にある神社で、九十九王子のひとつ。国の史跡「熊野参詣道」の一部でもあり、湯の峰温泉の「つぼ湯」から徒歩で約5分のところにある。湯の峰温泉の中心地、湯胸薬師を祀る東光寺に隣接していたが、明治36年(1903)の火災で薬師堂とともに社殿が焼失し、現在の高台に再建された。熊野詣でによる加護と湯の峰温泉の効能によって重病から快癒したとされる小栗判官伝説においても登場し、稚児の舞を奉納している。
  • 熊谷寺
    rating-image
    4.5
    95件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山501
    桓武天皇の皇子葛原親王の御願で承和4年(837)に建立された寺院。真言宗の総本山のひとつ高野山にありながらも、法然上人二十五霊場の番外札所として数えられる。場所は高野山奥の院へ向かう一の橋口バス停そばにあり、現在は宿坊として参拝者を迎え入れている。寺の名前は平家物語に登場する熊谷直実に由来。彼が首を上げた平敦盛の菩提をここで弔っている。過去には浄土宗の開祖法然上人や浄土真宗の開祖親鸞聖人も逗留している。その際井戸の水鏡に映った法然・親鸞・直実の姿をそれぞれが像として彫刻。御尊像を園光堂に奉安しているという。

    宿坊が普通の宿泊施設とは異なるという事を承知の上書かせていただきます。まず 設備は いわゆるお寺のそれとは違い ウォッシュレットトイレ ヒーターなど完備 ( でも内部は迷路のよう) 食事のメニューも洋食っぽい。 しかし 英語を話せないというのもあるかもしれないが 無愛想で 襖にうっかりもたれようもになら 物凄い形相で怒られ、護摩業の際靴の抜く場所がわからない外国人に ああー もうって感じで...

  • 熊野速玉大社
    旅行/観光
    和歌山県新宮市新宮1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつで、松明を持った白装束の男たちが急な石段を駆け降りる御灯祭など、めずらしい祭りが行われている。熊野古道を巡礼し、苦行の果てに自ら悟りを開こうとする熊野信仰の中心的存在で、熊野速玉大神を主神に、家津御子大神、夫須美大神の三神を祀り、国宝など約1,200点の古神宝類を保管、展示している。境内には、樹齢1,000年以上のナギの大樹が枝を広げ、ナギの実から作られる縁結びのお守りも人気。
  • 九度山・真田ミュージアム
    rating-image
    4.0
    54件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県伊都郡九度山町九度山1452-4
    平成28年(2016)にオープンした和歌山県伊都郡九度山町のミュージアムで、戦国武将の真田昌幸から子の幸村・孫の大助までの真田3代の軌跡を紹介している。館内では、幸村が生涯で一番長い時間を過ごした九度山での生活をパネル展示や映像を使って解説。真田3代の綿絵や書物、大坂夏の陣での幸村の戦いぶりを描いた屏風なども展示されている。常設展のほか、不定期で企画展も開催。

    真田家に関しては、長野や群馬で数多くゆかりの地があり、大河放映時に開設されたミュージアムの類いも多く、本館に来て新しく知ることや独自の企画があるわけではありません。ただ九度山という場所が、近くには真田庵もあり、幸村庵という名前の美味しいそば屋もあり、世界遺産の慈尊院というお寺さんもあったりして、高野山詣での道中や帰途に1セットで立ち寄りやすいと思います。町営の駐車場にとめて、全部ぐるっと見回っても...

  • 白浜エネルギーランド
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町3083
    「人と自然のエネルギー」をテーマにした不思議いっぱいの体験型テーマパーク!様々な仕掛けをクリアしてゴールを目指す「Da 迷路」や自然エネルギーについて学習できる「太陽の街」、目の錯覚を利用した、不思議な写真が撮れる「トリックアートハウス」など遊びながら学べるアトラクションが盛りだくさん!
  • 和歌山県立近代美術館
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市吹上1-4-14
    和歌山城の敷地に隣接して建つ近代美術館で、現代的かつ洗練されたデザインの外観が特徴。明治時代から現代までの美術を中心に収集・展示している。和歌山県ゆかりの作家の作品をはじめ、佐伯祐三の油彩13点やピカソ、ムンクの版画など、1万点以上のコレクションを所蔵。企画展やコレクション展を開催し、随時展示替えを行いながら公開している。

    毎月第1日曜日は、入館無料とのことで、行ってみました。地下駐車場も400円のところサービス券が貰えて無料となりました。

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す