和歌山の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 熊野那智大社
    rating-image
    4.5
    636件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつだが、ほかの2社と異なり、山中の「那智の滝」を神聖視する原始信仰が起源。別宮飛瀧神社では、滝そのものを御神体として祀っており、古来から延命長寿を願う滝修行者や参拝客が多く訪れる。観覧舞台では、延命長寿の水と伝えられる滝つぼの水も飲むことができる。境内には、朱塗りの6棟の本殿などが並び、神の使いである八咫烏の烏石、平重盛が手植えした樹齢約850年の大楠など、見どころが多い。

    大門坂から行きました。 熊野古道らしい大門坂が終わると、お土産屋さんが並び観光地らしくなりますが、階段は続き到着すると達成感がありました。 しんどかったですが大門坂から行かれることをお勧めします。 熊野那智大社は朱色が美しく、眺めも良く、来て良かったと思いました。

  • 熊野本宮大社
    rating-image
    4.5
    545件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町本宮
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつ。難行苦行が続く熊野古道巡礼の道のりで、最初にたどり着く場所として知られ、古くから、苦行の果てに自ら悟りを開こうとする熊野信仰を支える参拝客が多く訪れる。飛鳥時代に社殿が建立され、明治22年(1889)の大洪水により被害を受けたため、現在地へ移転。杉木立の中、158段の石段を上ると、檜皮葺きの4つの社殿が現れ、主祭神の家都美御子大神をはじめ4柱の神々が祀られている。

    熊野三山の中心で全国に4700社以上ある熊野神社の総本宮です。鳥居横を入って行く無料の瑞鳳殿駐車場に車を停めました。158の石段を上がった先に本宮大社があります。撮影禁止です。参拝の順路が示されていたのでその通りに「二礼二拍手一礼」でまわりました。

  • 和歌山城
    rating-image
    4.0
    694件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市一番丁3
    徳川御三家の一つ、紀州徳川家の居城であった名城で、古くから和歌山のシンボル的存在として多くの人に親しまれている。国の重要文化財に指定されている岡口門と、紀州特産の青石(緑泥片岩)でできた野面積みの石垣は建設当初から変わらぬ姿を保ち続けている。戦後、昭和33年(1958)に市民の手によって再建された天守閣からは、紀ノ川や和歌山市街を一望することができ、桜や紅葉の時期を中心に多くの観光客が訪れる。天守閣内部には徳川家ゆかりの品が多数展示されている。

    私の認識が甘くて、80歳になる足腰の弱った母を連れて行ってしまいました。天守に一番近いという駐車場から102段も登らなくてはならず、それでも行きだけはゆっくり何とか到着しました。しかし、母の体力も限界近かったので帰りは私がおんぶして降りようかと考えていたところ、なんと忍者の方々が参上。改造?車椅子で母を降ろしてくれて、さらにその道中で城郭についての説明もしてくれました。母は忘れられない思い出になっ...

  • 金剛峯寺
    rating-image
    4.5
    504件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山132
    高野山真言宗の総本山であり、空海(弘法大師)が開いた真言密教の聖地、高野山の中核となる寺院である。ここで高野山全体の宗務を行われている。見どころは、檜皮葺きの大屋根が特徴の大主殿にある狩野派や雲谷派の襖絵や、国内最大級の石庭「蟠龍庭」など。この石庭は、白い小石で表現した雲海の中で、雄雌2匹の龍が奥殿を守っているように表現されている。

    高野山にきたならば必ずここは訪れておくべきでしょう。 根本大塔の壮大な建物に圧倒されます。 目の前の駐車場からすぐなので、気軽に訪れることができます。

  • 那智山青岸渡寺
    rating-image
    4.5
    277件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
    西国三十三ヶ所第1番札所に定められる天台宗の寺院。もともと「那智の滝」を中心にした神仏習合の一大修験道場だったが、明治初期に青岸渡寺と熊野那智大社に分離した。熊野古道を巡礼し、悟りを開こうとする熊野信仰の霊場として長い歴史を持つ寺だ。本尊の如意輪観世音像は、仁徳天皇時代、インドから渡来した裸形上人が那智の滝の滝壺で見つけて安置したと言われている。本堂後方にある朱色の三重塔は、滝との調和が美しい人気のフォトスポット。

    熊野那智大社の隣りにあります。 朱色が美しい熊野那智大社と対照的で、古い木肌が無骨(?)な感じですが、歴史を感じる良い趣きになっていると思いました。 境内から見える三重塔と那智の滝の景色が素晴らしかったです。

  • 太地町立くじらの博物館
    rating-image
    4.0
    148件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
    東牟婁郡太地町太地にある博物館。太地町の400年以上に及ぶクジラとの関わりや、古式捕鯨、クジラの生態などを資料展示を通して学ぶことが出来る。また、海を区切って作った自然プールでは、ゴンドウクジラのショーが行われるなど、クジラを間近で観察することもできる。屋外に展示されている世界最大の動物、シロナガスクジラの原寸大の全身骨格標本は迫力満点。

    博物館本館は昭和を感じさせる雰囲気満載、 時間の都合でイルカ、クジラのショーまで待てない場合でも 開館直後に行けば餌やりや訓練の様子を遠目に見ることが できます。 入場料は太地くじら浜公園と共通で1500円ですが串本海中公園 との共通入場券(2500円)は800円お得です。 公式サイトには100円引きの入場割引券があります。 駐車場は無料

  • 那智の滝(飛瀧神社)
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
    熊野那智大社の別宮である飛瀧神社のご神体「那智の滝」。古来より人々の畏敬を集めてきた滝であり、日本一を誇る落差は133m、銚子口の幅は13m、滝壺の深さは10mの名瀑だ。大みそかにはライトアップも行われる、日本三大名滝の一つである。滝を一番近く、真正面で拝観できる観覧舞台があり、延命長寿の水と伝えられている滝つぼの水を飲むこともできる。
  • 神倉神社
    rating-image
    4.5
    201件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県新宮市神倉1-13-8
    新宮市神倉1丁目にある神社。熊野大神が最初に降臨した聖地とされ、500段以上の自然石の石段を上った先にある「ゴトビキ岩」をご神体としている。毎年2月6日に行われる「御燈祭」は、松明を持った白装束の男たちが御神火をいただいて石段を駆け下りる奇祭。国の指定重要無形民俗文化財となっている。

    脚に自信の私が、生まれて初めて怖いと思った山登り。行きの一番凄いところは両手をついて登ってしまった。やはりコロナ禍での運動不足なのか?年なのか? 是非行ってみたいと思っていた神社だったので行きの上りに絶句しながら頑張りました‼︎ お陰で那智の方へ移動した時には既にすごい筋肉痛&膝が笑ってました。 感想:登った先の世界を見たくて、頑張って良かったです‼︎

  • 高野山霊宝館
    rating-image
    4.5
    162件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山306
    真言宗総本山金剛峯寺をはじめ、高野山の寺院の貴重な仏像や仏画などを保存、展示する施設。大正10年(1921)に開館し、現在は国宝21件、重要文化財143件、和歌山県指定文化財16件などを含む重要美術品を約28,000点収蔵。夏の大宝蔵展では、鎌倉時代を代表する大仏師、運慶によって造立された国宝の八大童子像が展示されることがあり、とても人気がある。

    2021年は開館100周年を記念して、名宝展と称し国宝の仏像、仏画、運慶・快慶の仏像等、普段は展示されていないものが一挙公開されています。 100周年を迎えた本館は重要文化財に指定されており、木造であることに驚きました。アールデコ調の室内装飾など素晴らしいものですが、古いので空調設備がなく、冬は防寒具が必要です。 近年造られた新館はライティングとお経のBGMが流れる幻想的な展示方法が雰囲気を盛り上...

  • 熊野速玉大社
    旅行/観光
    和歌山県新宮市新宮1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつで、松明を持った白装束の男たちが急な石段を駆け降りる御灯祭など、めずらしい祭りが行われている。熊野古道を巡礼し、苦行の果てに自ら悟りを開こうとする熊野信仰の中心的存在で、熊野速玉大神を主神に、家津御子大神、夫須美大神の三神を祀り、国宝など約1,200点の古神宝類を保管、展示している。境内には、樹齢1,000年以上のナギの大樹が枝を広げ、ナギの実から作られる縁結びのお守りも人気。
  • トルコ記念館
    rating-image
    4.0
    87件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡串本町樫野1025-25
    和歌山県東牟婁郡串本町にある町立博物館。明治23年(1890)にオスマン・トルコの特派使節団が乗る木造巡洋艦「エルトゥールル号」が熊野灘で沈没し、587名が犠牲となった。その際に地元住民が献身的な救助活動を行ったことから、日本とトルコは現在まで友好な関係を築き続けている。館内では、沈没したエルトゥールル号に関する資料や模型、乗員の遺品などを展示。2階には展望台があり、事故が起きた場所を見ることができる。

    海の男は、海の上で災難にあった人を必ず助けなければならない。トルコの船が沈した際に和歌山の漁師たちが動いた。その歴史を記念した博物館!

  • 白浜エネルギーランド
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町3083
    「人と自然のエネルギー」をテーマにした不思議いっぱいの体験型テーマパーク!様々な仕掛けをクリアしてゴールを目指す「Da 迷路」や自然エネルギーについて学習できる「太陽の街」、目の錯覚を利用した、不思議な写真が撮れる「トリックアートハウス」など遊びながら学べるアトラクションが盛りだくさん!
  • 粉河寺
    rating-image
    4.0
    69件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県紀の川市粉河2787
    紀の川市粉河にある寺院で、西国三十三箇所観音霊場の第三番札所。奈良時代の末期、宝亀元年(770)に大伴孔子古(おおとものくじこ)が開創した。現在の本堂は享保五年(1720)に再建されたもので、一重屋根の礼堂と二重屋根の正堂が結合した非常に珍しい形の複合仏堂となっており、国の重要文化財に指定されている。

    創建は770年と伝わる古刹、西国三十三所第三番、札所お参りで参拝しました。 本堂前の土留めを兼ねた石庭は、大小の石組の迫力と、可憐なさつきの花の取り合わせが見ごたえがあります。 拝観料は無料、本堂の拝観料が400円です。ご本尊は前立て本尊と共に秘仏です。 朱塗りの大手門から中門までの参道は川沿いに並ぶお堂をお参りしながら進む印象的な参道です。

  • 道成寺
    rating-image
    4.5
    54件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738
    日高川町鐘巻にある大宝元年(701)創建の和歌山県最古の寺院。講堂の本尊である千手観音像は1300年以上の歴史を誇る日本でも最も古いもののひとつ。これを含め宝佛殿では国宝3点、重要文化財11点、県指定文化財4点の貴重な仏像を年間を通じて参拝することができる。

    JR道成寺駅から徒歩10分程で到着です。8世紀に建立された天台宗の寺院で、後世にここを舞台とした安珍・清姫伝説が作られます。他にも文徳天皇妃となる宮子姫伝説も有ります。実際、見るお堂は素晴らしいですよ。

  • 湯峯王子
    旅行/観光
    和歌山県田辺市本宮町湯峯
    本宮町湯峰にある神社で、九十九王子のひとつ。国の史跡「熊野参詣道」の一部でもあり、湯の峰温泉の「つぼ湯」から徒歩で約5分のところにある。湯の峰温泉の中心地、湯胸薬師を祀る東光寺に隣接していたが、明治36年(1903)の火災で薬師堂とともに社殿が焼失し、現在の高台に再建された。熊野詣でによる加護と湯の峰温泉の効能によって重病から快癒したとされる小栗判官伝説においても登場し、稚児の舞を奉納している。
  • 九度山・真田ミュージアム
    rating-image
    4.0
    55件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県伊都郡九度山町九度山1452-4
    平成28年(2016)にオープンした和歌山県伊都郡九度山町のミュージアムで、戦国武将の真田昌幸から子の幸村・孫の大助までの真田3代の軌跡を紹介している。館内では、幸村が生涯で一番長い時間を過ごした九度山での生活をパネル展示や映像を使って解説。真田3代の綿絵や書物、大坂夏の陣での幸村の戦いぶりを描いた屏風なども展示されている。常設展のほか、不定期で企画展も開催。

    南海九度山駅から徒歩10分の静かな住宅街にある真田親子に関するミュージアム。昌幸の武田家臣から親子の九度山蟄居を挟み幸村の夏の陣までがパネルや映像を使って展示されている。蟄居中の屋敷内をイメージした展示では薄暗い中で囲炉裏に座る真田親子の等身大人形がある。伊達家家臣の片倉重綱に子息と息女を託した記述があった事は東北人には有難い。企画展としつ別室で真田の忍びに関する展示があり、大河ドラマで登場した出...

  • 伊太祁曽神社
    rating-image
    4.0
    47件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市伊太祈曽558
    五十猛命を主祭神とする神社。「続日本紀」の文武天皇大宝2年にその名が出てくるほど古い歴史を持つ。貴志川線伊太祈曽駅から南へ徒歩3分の場所にあり、713年にこの場所へ遷ったとされる。境内には主祭神を祀る本殿の他、水の神様と井戸の神様を祀る「御井社」や撫でると首から上の病に御利益があるとされる「お猿岩」といったパワースポットが存在。また毎年小正月に行われる「卯杖祭」は多くの参拝者が訪れる神事。小豆粥が振る舞われ、これを頂くと1年間無病息災になると言われる。

    ご祭神は五十猛命で、名神大の旧官幣中社で、紀伊国一宮とのことです。他のふたつの紀伊国一宮の後に一宮に加わったとのことです。市内中心部からちょっと離れていますが、ご参拝のかたが多数訪れておられました。無料駐車場があります。

  • 和歌山県立自然博物館
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県海南市船尾370-1
    豊かで美しい和歌山県の自然を紹介する施設。第1展示室は水族館ゾーン、第2展示室は動物や植物、地質、化石の標本、ジオラマなどのゾーンとなっている。博物館内でのイベントや、野外での自然観察、発掘などのイベントも随時開催しており、和歌山の豊かな自然について学ぶことが出来る。

    即位礼正殿の儀の慶祝行事として、入館料が無料となっていました。全滅となったと報道されていた大水槽も復旧していました。早く、以前のように、多く、大きな魚が、泳ぎ回る姿を見たいものです。

  • 淡嶋神社
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市加太
    全国に約1000社もある「淡嶋系統」の総本社。人形供養で知られ、たくさんの日本人形が所狭しと並んでいるのが特徴。人形供養発祥の地、ひな祭りの発祥の地として信仰を集めてきた故に、毎年30万体もの人形が奉納される。御祭神に祀るのは医薬の神様・少彦名命(すくなひこなのみこと)。特に婦人病や子宝、縁結びのご利益で女性の支持を集めている。催し物は2月8日に「針供養」、3月3日に「雛流し」、10月3日に「甘酒祭」が行われる。
  • 補陀洛山寺
    rating-image
    4.0
    58件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜の宮348
    JR那智駅から徒歩で約3分のところにある寺院。9世紀から18世紀頃にかけて南海に存在すると信じられていた観音浄土を目指し、渡海上人が30日分の食糧と油を乗せて出航した補陀落渡海の出発点として知られる。平成16年(2004)には世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部に認定されているほか、本尊の「三貌十一面千手千眼観世音菩薩」も重要文化財となっている。敷地内には復元された補陀洛渡海船や渡海上人の墓が見られる。

    当地は足摺岬と並び補陀洛渡海の出発点でその船が 展示されている。 展示してある船を見るとこの船のサイズで南方の彼方に あったとされる観音浄土を目指すとは信仰心の大きさと ともに色々考えさせられます。 県道沿いにある駐車場は無料

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す