関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ

青森市のウォータフロントエリアにある博物館で、青森ねぶた祭の歴史や魅力を紹介する目的で平成23年(2011)に開館した。館内には、ねぶたの歴史を学べるコーナーや祭りで使用された4台の大型ねぶたが展示されている。青森港を眺めながらランチブッフェなどが楽しめる食事処も人気。

place

青森県青森市安方1-1-1 (青森エリア)

phone 0177521311

ねぶたの家 ワ・ラッセの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/26 一時停止の違反切符を切るパトあり
青森市民にこの3月からなり、駐車場を探してウロウロしていたところ、検挙されました。ワラッセ自体は閉鎖中で、半径50メートル以内に、他に車なく、何が危険かイミ不明でした。レンタカーでウロウロしたら危険です!
警察官なんて、どこも同じ、税金を使って、交通弱者から切符をむしり取ります。どうぞ、気をつけて
投稿日:2020/03/27 豪快なねぶた祭りに使われたねぶたが飾ってあります
青森駅近くにあり、東北三大祭りのねぶた祭りのねぶたの実物が飾ってあります。最初はねぶたの作り方がせつめいされ、下の大ホールに前年使用されたねぶたが設置されてます。
ねぶたを造るねぶた師がいて、大きく立体的なねぶたを作り上げます。前の部分と後ろの部分があり、お祭りの時はたくさんの人出が予想されます。ただ、ねぶたを見るだけならワ・ラッセのほうが落ち着いて見られます。
投稿日:2020/02/21 ねぶたが近くでみれます
新青森から青森駅に移動してすぐのところにねぶたの家があります。
ねぶたが常設展示されていて近くでみれました。
展示しているねぶたは前年度のねぶた祭で賞を取ったものばかりとのこと。
その他のねぶたはすべて廃棄されてしまうらしいです。

あおもりにいったらぜひ訪ねてみてください。

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県青森市安方1-1-1 [地図]
エリア
青森エリア
電話番号
0177521311
時間
【ねぶたミュージアム】
[9-4月]9:00-18:00
[5-8月]9:00-19:00
休業日
8/9-10(大型ねぶた入替)、12/31-1/1
料金
[入場料]大人620円、高校生460円、小中学生260円
駐車場
あり(普通車80台、身障者用3台、バス7台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、iD、WAON、楽天Edy、ALIPAY、その他)
Wi-Fi
あり(FREE Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。