青森の体験/研修/乗物スポット一覧

  • 津軽鉄道
    rating-image
    4.5
    111件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市大町39
    ストーブ列車として有名な奥津軽の風物列車。昭和5年(1930)に五所川原から金木間開業し、同年11月に全線開業(20.7km)、そしてその冬12月よりストーブ列車の運転をはじめ今に至る。ストーブ列車の運行は12/1から翌年3/31まで。その他時期により風鈴列車・鈴虫列車も走っている。

    そうだ!ストーブ列車に乗ろう!という訳で今回旅しましたが、悲しいかな今年は暖冬の影響で降っても積もらなかったようで・・・まぁこんなこともあります。 ストーブ列車に乗り込んだ時点で焼きイカの香りに包まれます。酒飲みには至福の空間ですね。お酒は駅の待合室でも車内でも購入することが出来ます。ストーブで焼いてくれるスルメイカは車内のみで、購入した順番に焼いてくれます(ココ重要)。軍手をしたアテンダントさ...

  • 八甲田ロープウェー
    旅行/観光
    青森県青森市荒川字寒水沢1-12
    山麓駅と山頂公園駅を結ぶロープウェーで、片道約10分。ゴンドラの窓や山頂公園駅からは、四季に彩られた雄大な八甲田の山並みをはじめ、青森市外や陸奥湾を見渡せる。周辺には池沼や高山植物の宝庫である散策コースがあり、秋の紅葉シーズンには観光客で賑う。冬はスキー場としても知られている。
  • 津軽伝承工芸館
    rating-image
    3.5
    34件の口コミ
    旅行/観光
    青森県黒石市袋字富山65-1
    黒石市袋富山にある複合施設。「津軽塗」や「こけし灯ろう」などの伝統工芸や郷土食の7つの工房を備え、手作り体験も実施している。約1,600アイテムを取り扱う特産品の売店や、津軽三味線の定期公演を行う劇場も併設。レストランではご当地B級グルメの「黒石つゆやきそば」などのメニューを提供している。

    広々とした敷地内にお店が並んでいます。 津軽三味線も聴けるお店もあります。 津軽塗りのお箸など買うことが出来ます。

  • 十和田湖遊覧船
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬字十和田湖畔休屋486
    十和田湖の半島や断崖、四季折々の自然を船上から楽しむことが出来る遊覧船。休屋から子ノ口間を行くAコース、休屋から中山半島を巡って休屋に戻るBコースがある。深い自然林に覆われた奥入瀬渓谷は天然記念物指定されており、自然美を船上から堪能できる。
  • 観光農園アグリの里おいらせ
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    青森県上北郡おいらせ町向山東2-2-1684
    アグリの里おいらせは、青森県の県南地区の農家が中心となって採れたての新鮮野菜や特産品などを直売している観光農園だ。通年収穫できるいちご園や熱帯果実園の他、天然温泉足湯もあり人気がある。またビュッフェスタイルのレストラン「農園れすとらん百果良彩」もある。

    農産物直売場やレストランがありとても賑わっています.みちのく道路からも近くアクセスもよいです.おすすめです.

  • TOHOKU EMOTION(トウホクエモーション)
    旅行/観光
    青森県八戸市八戸駅-岩手県久慈市久慈駅
    三陸の海が車窓に広がるJR八戸駅-久慈駅間の往復を走る「東北レストラン鉄道」。外観デザインは「走るレストラン」をイメージし、東北の伝統工芸モチーフのインテリアを施した全席レストラン空間。往路のランチコースは東北の食材を使ったオリジナルメニューがライブキッチンから運ばれる。担当シェフは年2回、メニュー内容は年4回替わり何度利用しても楽しめる。復路はデザートビュッフェをゆっくりと楽しめる。
  • ストーブ列車
    旅行/観光
    青森県五所川原市大町39
    津軽五所川原駅から津軽中里駅までを運行する津軽鉄道の列車。客車内に石炭のだるまストーブが暖房として設置されており、暖を取りながら車窓から冬景色を楽しむことが出来る。12月から3月いっぱいまで、日中に3往復運行している(12月のみ平日は2往復)。昭和5年(1930)の鉄道開業時から運行されており、現在の客車は4代目。
  • 森の中の果樹園
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市十面沢字轡426
    サクランボやラズベリー、桃、ぶどう、梨など様々な果物狩りを楽しめる果樹園である。来園した日に収穫できる全ての果物が食べ放題で、親子連れにも人気。旬の果物のお土産販売もある。
  • 岩木山観光りんご園
    遊ぶ/趣味
    青森県弘前市百沢字寺沢120-3
    面積が1万坪あるりんご園。大小合わせて2,000本のりんごの木があり、7月下旬のビスタベラという品種から、昔懐かしいインドりんごなど40種類のりんごを栽培している。りんごの他にモモ・プラム・ネクタリン・なしなども栽培しており青森の果実のフルーツ狩りが楽しめる。
  • 黒石観光りんご園
    遊ぶ/趣味
    青森県黒石市大字浅瀬石龍ノ口
    9月上旬-11月上旬まで開園している観光りんご園。広大な津軽平野と岩木山を一望できる場所にある。園内では、ふじ・つがる・王林・北斗・ジョナゴールドなどを収穫時期に合わせ、直接もぎ採り味わうことができる。
  • 小沢田観光果樹園
    遊ぶ/趣味
    青森県三戸郡南部町大字上名久井字大渋民山23-29
    初夏はさくらんぼ、秋はりんごなど、季節の果実狩りが楽しめる果樹園。青森県南部町にある名久井岳の中腹に位置している。周囲には千本松(青森県天然記念物・日本名松百選)、爺杉(青森県天然記念物)、白華山法光寺など、観光名所も多いため旅の途中で果実狩りを楽しむことも可能だ。
  • ベリーズ司園
    遊ぶ/趣味
    青森県三戸郡南部町法光寺字梨子木平8
    有機栽培にこだわった、おいしいさくらんぼ・いちごの果実狩りができる果樹園。いちご狩りは2日前までに予約が必要となるので事前確認をしっかりしたい。6月下旬からはじまるさくらんぼ狩りはビニールハウスになっているので雨の日にも楽しめる。
  • 匠工房 「南部裂織の里」
    旅行/観光
    青森県十和田市伝法寺字平窪37-21 道の駅とわだぴあ内
    南部裂織の伝承と普及の拠点として、平成14年(2002)道の駅とわだぴあに隣接して開かれた工房。安政3年(1856)の墨書きが見える機や、そりを利用した機など、農家の納屋や古い民家などから集められた地機が55台と、新しく作られた10台が現役で働いている。裂織の体験も可能だ。
  • 青森観光りんご園 まるせん川村
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市田茂木野字大沢35
    青森県の八甲田山麓のふもとにある観光りんご園。26種類もあるりんごのほか、さくらんぼ・グミ・プラム・桃・梨・柿などの収穫・持ち帰りも可能だ。りんごの種類や果実によって収穫できる時期が変わるので事前に確認してから訪ねたい。贈答用のりんごの詰め合わせも注文できる。
  • むつ湾フェリー
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ケ浜町字蟹田中師宮本160
    東津軽郡外ヶ浜町蟹田中師宮の蟹田港と、むつ市脇野沢本村の脇野沢港を結ぶカーフェリー。津軽半島と下北半島を行き来するフェリーとして観光などに利用されている。4月中旬から6月下旬頃にかけては、陸奥湾を泳ぐ野生のイルカを見られることがある。
  • 西吹付山展望台(シーサイドキャトルパーク)
    旅行/観光
    青森県下北郡大間町大字大間
    マグロ一本釣りの町 大間町にある町営観光牧場。小高い丘のてっぺんには赤い屋根の展望台があり、津軽海峡の台パノラマが望める。漁火や函館の夜景も楽しめる。また畜産の資料や道具を展示している、大間町畜産資料館もある。
  • お殿様お姫様衣装着付け体験
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町1 弘前公園北の郭
    弘前公園 武徳殿(北の郭)では、通年、着付け体験ができる。雄々しい甲冑や華麗な打掛けなど、お殿様やお姫様になりきって和の装いに変身し、思い出に残る記念写真が撮れると評判だ。有料区域のため4月~11月23日までは入園料がかかるが、体験料・撮影料共にリーズナブル。弘前観光の際には体験してみたい。
  • 諏訪内観光ぶどう園
    遊ぶ/趣味
    青森県三戸郡三戸町大字同心町字同心町平21
    ハニージュースやサニールージュなど数種類のぶどうの果物狩りができる観光ぶどう園。9月上旬-10月中旬頃までの期間体験ができる。入場料もリーズナブルなため人気が高い。また園内には軽食コーナーもありジンギスカンなどを楽しめる。
  • 泉清水いちご観光農園
    遊ぶ/趣味
    青森県八戸市南郷大森字方平山7-13
    果樹の栽培が盛んな八戸南郷地区で、いちご狩りが楽しめる観光農園。もぎ取りができるのは「南郷ジャズ姫(とちおとめ)」。60分の食べ放題となり、いちごを栽培しているビニールハウスで天候を気にせずゆっくりと真っ赤に実ったいちごを味わうことができる。シーズンは1月上旬~5月下旬まで。いちご狩りは完全予約制となっているため、電話での問い合わせが必要。
  • 佐井定期観光株式会社
    旅行/観光
    青森県下北郡佐井村大字佐井字大佐井112
    佐井港と仏ヶ浦間を片道約30分で運航する「仏ヶ浦定期観光船」は、日本の秘境百選にも選ばれている白緑色の奇岩が約2kmにわたって連なる仏ヶ浦の、その絶景を楽しむのに最適だ。遊覧コースでは仏ヶ浦での自由散策が30分楽しめ無料のガイド案内もしてくれる。4/20-10月末まで毎日運行している定期観光船だ。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す