青森のその他観光スポット一覧

  • 青森県観光物産館アスパム
    rating-image
    3.5
    489件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市安方1-1-40
    昭和61年(1986)青森の産業振興の拠点として建設され産業・郷土芸能などを紹介する。アスパムの由来は、青森県観光物産館を英語に直訳し(Aomori,Sightseeing,Products,Mansion)、それぞれ頭文字をとっている。13階の展望台からは、青森市街をはじめ、下北・津軽・夏泊の各半島、むつ湾、青森ベイブリッジなどが眺望できる。360度の圧巻のパノラマビューを堪能したい。

    青森港のど真ん中に立っている三角形の目立ってるビル。散歩がてらビルの周りを歩いてみると正面から見ると三角形だけど横から見ると薄い奥行きのないビルだとわかる。なんでこんなデザインにしたのか、土地は沢山あるのに

  • 藤田記念庭園
    rating-image
    4.0
    125件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字上白銀町8-1
    弘前市出身で日本商工会議所の初代会頭を務めた藤田謙一が、大正8年(1919)に別邸を構える際、東京から庭師を招いて作らせた江戸情緒漂う庭園である。総面積は約6,600坪、東北地方において平泉毛越寺庭園に次ぐ大規模な庭園だ。高台部と低地部に分かれており、低地部でハナショウブやツツジの花を楽しむことができる。

    弘前公園の南にある庭園で、大正時代に東京からわざわざ庭師を呼んで造らせたものだそうです。入口付近からは洋館がいくつか見せる程度でしたが、実はそこから坂を下ったところに広大な日本庭園がありました。

  • 盛美園
    rating-image
    4.0
    44件の口コミ
    旅行/観光
    青森県平川市猿賀石林1
    昭和28年(1953)国の名勝の指定を受けた「盛美園」は、1階は純和風、2階は洋風仕立ての洋館で、庭園を眺めるために建てた和洋折衷の建物だ。この建物は日本庭園を融合した独特の美しさがあり明治文明開化の面影をしのばせる。尚、2階は現在、一般公開をしていない。弘南電鉄弘南線「津軽尾上駅」より徒歩約10分。

    弘前の藤田記念庭園は和館と洋館が別々に建っているが、ここは一階が和風、2階が洋風という不思議な建物です。庭園も立派で一見の価値あり。ちょうど御宝館の開館時間だったので、こちらも見学しました。まあ昔の金持ちは大したものだと、つくづく感心しました。

  • 滝ノ沢展望台
    rating-image
    3.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県鹿角郡小坂町十和田湖滝ノ沢

    国道102号と454号との合流点にある展望台です。規模は小さく木々に阻まれ湖の展望も小さくなってしまいますが十和田湖の雰囲気をよく味わえます。

  • 眺瞰台
    旅行/観光
    青森県北津軽郡中泊町大字小泊地内
    北津軽郡中泊町北小泊山の竜泊ライン沿いにある展望台。岩木山などの周辺の山々や、龍飛崎、晴天時には海の向こうの北海道まで、360度を見渡す眺望を楽しめる。駐車場のほかにトイレや東屋も設置されており、ドライブの際の休憩にも利用できる。
  • 釜臥山展望台
    旅行/観光
    青森県むつ市大湊字釜臥山1
    むつ市大湊大近川にある展望台。下北半島の最高峰、標高879mの釜臥山の山頂近くに位置し、周囲の山々などの自然や、むつ市街、晴天時には北海道までを見渡せる。また、夜にはむつ市の夜景を観賞できるスポットとして知られ、闇夜に浮かび上がる街の姿はアゲハチョウの形に例えられる。
  • 階段国道
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍浜
    東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜にある国道。竜飛漁港と龍飛埼灯台を結ぶ長さ388.2m、362段の階段で、国道339号に指定されているにもかかわらず車両が通行できないという希少なスポットとして知られている。近隣には「津軽海峡冬景色歌謡碑」も。
  • 鉄道アーチ橋メモリアルロード
    旅行/観光
    青森県下北郡風間浦村下風呂
    かつて大畑から大間へ続く大間鉄道完成に向け工事が進められ、戦時中の諸事情などにより工事が打ち切りになってしまった鉄道を再利用した観光名所。鉄道の下風呂温泉郷にあるアーチ橋に、駅にも見える東屋を設置し、足湯も楽しめるようになっている。夜にはライトアップされるため夜の散歩もお勧めだ。
  • 十和田市官庁街通り・駒街道
    旅行/観光
    青森県十和田市稲生町15-3 アートステーション内
    碁盤の目状に整然と区画された街並みのなかで、ひときわ美しい十和田市のシンボルロード。長さ1.1km幅36mの道には165本の松と156本の桜が4列の並木を作る。桜の名所としても知られており、冬はイルミネーションを楽しめる。日本の道・百選、美しい日本の歴史的風土・準100選にも選ばれた。
  • 八甲田・十和田ゴールドライン
    旅行/観光
    青森県青森市荒川-青森県十和田市奥瀬
  • トップマスト
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ケ浜町字蟹田中師宮本160
    JR蟹田駅より徒歩約15分。平成8年(1996)ランドマークタワー。観瀾山公園海水浴場に面して建っているガラス張りのタワーで、108段のら旋階段を上ると展望台があり、むつ湾を一望できる。また館内1階には、地元物産をはじめ、津軽・下北の特産物などが買える物産コーナー、陸奥湾を横断するカーフェリーの乗船手続所がある。2階にある中国料理が味わえるミニレストランでは、陸奥湾や下北半島を眺めながらゆっくり食事が楽しめる。
  • 平館灯台
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ヶ浜町字平舘太郎右エ門沢192-1
    国道280号線沿いに立つ全国的にも珍しい白亜の灯台。平舘海峡を航行する船舶を見守るため明治32年(1899)に初点灯された西洋式灯台で、高さは約23m。周辺には江戸時代、松前藩の大名が江戸へ向かう際に通った松前街道、外国船の侵入防止のため作られた平舘台場跡など、見どころも多い。また、海水浴場やオートキャンプ場、道の駅もあり、自然を楽しむ観光スポットとして人気も高い。
  • ハーモニカ横町
    旅行/観光
    青森県八戸市岩泉町
    JR八戸駅から徒歩約15分。八戸市中心街に張り巡らされた8つの横丁のひとつで、楽器のハーモニカのリードのように店が並んでいたことからこの名がついた。昭和20年代後半から続く古い飲食店街で、「ハーモニカ横丁」と名前の入った木製のアーチが目印。通りに並ぶ店舗は、小料理屋、居酒屋、エスニック料理店などが並び、昭和の懐かしさと多国籍なムードが漂い幅広い客層に人気がある。
  • 尻屋埼灯台
    旅行/観光
    青森県下北郡東通村大字尻屋字尻屋崎1-1
  • 館鼻岸壁朝市
    旅行/観光
    青森県八戸市新湊 館鼻岸壁
    館鼻漁港の普段は何もない岸壁で、毎週日曜日の早朝にだけ開催される国内最大級の巨大朝市。全長800mに渡り、鮮度抜群の魚介類や野菜の販売はもちろん、惣菜店や飲食店、雑貨店にいたるまで、300店以上もの店舗が軒を連ねる。毎回1万人以上もの人出を誇り、連休やお盆には歩くのも困難な程混雑する。人混みに紛れて、館鼻岸壁朝市の黙認ゆるキャラ『イカドン』が名刺やお菓子を配りながら闊歩していることがある。出会えたらラッキー。
  • 御鼻部山展望台
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬尻辺山国有林68林班
    標高1,011mに位置し、十和田湖にある展望台の中では最も高いところにある展望台である。十和田湖の全景を眼下に見下ろせ、気象条件が良ければ岩手山や八幡平のスカイラインも遠望できる景勝地だ。
  • 瞰湖台
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬宇樽部国有林64林班内
    十和田湖畔の景観が望める国道沿いにある展望台。標高583メートルから御倉半島と中山半島の2つの半島に挟まれた十和田湖を見渡すことができるのはこの展望台からだけある。
  • 中町こみせ通り
    旅行/観光
    青森県黒石市
    中道こみせ通りは弘南線黒石駅の東側に広がる商店街。「小見世」と呼ばれる道路側に並ぶ木造の雪よけ兼日よけが特徴的。通りには江戸時代の雰囲気や文化財が今も保存されており、その珍しい伝統建築群から日本の道百選にも選ばれている。中町こみせ通りの案内してもらえるボランティアを実施。毎年9月のこみせ祭りでは、津軽三味線演奏や津軽民謡、地元高校生による吹奏楽演奏などのイベントが行われる。
  • 鶴の舞橋
    旅行/観光
    青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢81-150
    津軽富士見湖にかかる全長300mの橋である。木造三連太鼓橋としては日本一の長さを誇っており、緩やかなアーチが美しい。岩木山を背景に湖に夕日が沈みゆく中、照らし出される橋の姿が絶景であり、多くの観光客が訪れる。
  • 長横町れんさ街
    旅行/観光
    青森県八戸市長横町
    昭和20年代後半から続く飲食店街で、ロー丁れんさ街と隣接し、長横町に面してU字型に伸び広がっている。昔あった映画館の脇に鎖をつなぐような状態で飲食店が立ち並んだことからこの名前がついたと言われている。居酒屋やバー・スナック、焼肉屋、ラーメン屋にいたるまで、バラエティ豊かな老舗が軒を連ねる。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す