青森県立美術館

美術館

縄文文化が根付く土地で、アートシーンを体験する

魅力あるアートセンターが点在する青森県。「青森県立美術館」は、青森の芸術と郷土文化を発信する代表的な美術館だ。棟方志功、成田亨、奈良美智など郷土の作家のコレクションや、シャガールの舞台背景画の常設展示のほか、多彩な企画展を実施している。

隣接する「三内丸山縄文遺跡」の発掘現場から着想を得た建築。青木淳(あおきじゅん)氏の設計による、真っ白な外観が印象的だ 隣接する「三内丸山縄文遺跡」の発掘現場から着想を得た建築。青木淳(あおきじゅん)氏の設計による、真っ白な外観が印象的だ

縄文遺跡の隣だからこそ生まれた展示空間

世界遺産となった「三内丸山遺跡」の隣に立つ「青森県立美術館」。縄文文化が根付いた土地に溶け込みつつ、幅広い現代美術を扱っているのが、この美術館の魅力のひとつだ。展示室空間の中央に位置する吹き抜けの巨大な「アレコホール」には、シャガールの舞台背景画を常設展示。アレコホールとそこにつながる企画展示室は、遺跡の発掘現場から着想を得たという独特な縄文空間が広がっている。真っ白な「ホワイトキューブ」展示室と、土の床や壁が露出する「土」の展示室が共存する空間を生かした展示が展開されている。

縄文空間とモダンデザインが共存する、独特な企画展示室 縄文空間とモダンデザインが共存する、独特な企画展示室

「青い木が集まって森になる」という成長を描いたシンボルマークも特徴的 「青い木が集まって森になる」という成長を描いたシンボルマークも特徴的

個性豊か、青森出身作家のコレクション

青森県立美術館の魅力のひとつとして、郷土の作家の作品を存分に楽しめるコレクション展(常設展)が挙げられる。主要作家は、世界的な版画家であった棟方志功、ウルトラマンや怪獣をデザインした成田亨、印象的なまなざしの子どもや、動物をモチーフにした絵画で知られる現代アーティスト・奈良美智など。作品を知り尽くした学芸員たちが、テーマに沿って工夫を凝らした見せ方を提案し、展示方法、ときには展示場所まで変える演出を施すなど、訪れるたびに新たな発見がある。

20世紀を代表する世界的版画家、棟方志功作品の展示風景(青森県立美術館コレクション展2021-2:ユーモアと祝祭) 20世紀を代表する世界的版画家、棟方志功作品の展示風景(青森県立美術館コレクション展2021-2:ユーモアと祝祭)

成田亨による怪獣デザイン画 成田亨による怪獣デザイン画

展示室以外にも見どころたくさん

青森県立美術館は、多くの人たちが利用しやすいように工夫されており、展示室に入らずとも巡ることのできるスポットがある。最も親しまれているのは、美術館のシンボル的な存在である『あおもり犬』。奈良美智による高さ8.5mの立体作品で、外のアプローチから間近で鑑賞できる。ほかにも、青森にゆかりのある作家の関連資料を閲覧できる図書室やミュージアムショップ、カフェなどがある。館内を散策しつつ、ショッピングしたり、ひと休みしたり。時間をかけて、ゆっくりと楽しみたい。

青森県立美術館の「顔」ともいえる、奈良美智氏の巨大な立体作品(奈良美智 『あおもり犬』 2005年 © Yoshitomo Nara) 青森県立美術館の「顔」ともいえる、奈良美智氏の巨大な立体作品(奈良美智 『あおもり犬』 2005年 © Yoshitomo Nara)

併設カフェ「cafe 4匹の猫」は青森県産食材を使ったオリジナルメニューが人気 併設カフェ「cafe 4匹の猫」は青森県産食材を使ったオリジナルメニューが人気

スポット詳細

住所
青森県青森市安田字近野185
電話番号
0177833000
時間
9:30-17:00(最終入場16:30)
休業日
第2・4月(祝の場合は翌日、企画展開催、展示替え等により変更の場合あり)、年末年始
料金
[コレクション展(常設展)]一般510円、高大学生300円、小中学生100円(展示内容により変更の場合あり)
[企画展]展覧会ごとに異なる
駐車場
あり(400台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
喫煙
不可
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • アレコホールのシャガールが凄い!
    5.0 投稿日:2022.05.17
    青森駅から三内丸山遺跡行きの路線バスで約20分です。とても広い公園内にあり、真っ白な建物が緑に映えます。最初に観ることになるアレコホールでは、通年展示のシャガール作、バレエ「アレコ」の背景画が素晴らしいです。私が訪れた時にちょうど映像による説明が始まり、よく理解出来ました。この日の企画展は「詩季彩」という地元のガラス作家、石井康治氏の作品が展示されていました。さらにコレクションの棟方志...
  • 最初だけ
    3.0 投稿日:2022.04.12
    最初の大きなおばさんから尻すぼみな感じでした。観光で行くところがなくなったら行ってもいいかなって感じでした。
  • シャガール良かったです。
    5.0 投稿日:2021.11.09
    新青森駅までねぶたん号というバスで行きました。アレコホールにはマルクシャガールによるバレエ「アレコ」が展示されています。さすがシャガールですね。美しい色彩、大きい作品なので圧巻でした。カフェやショップもあり、楽しめました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          青森市エリアのおすすめスポット

          青森のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました