青森の旅行/観光案内スポット一覧

  • 石ヶ戸休憩所
    rating-image
    4.0
    122件の口コミ
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬字惣辺山1
    奥入瀬渓流の散策拠点となる施設である。そばやうどん、ラーメンなどの軽食が楽しめるほか、売店、レンタサイクルやビジターセンターなどもある。

    子ノ口から奥入瀬渓流をくだってきて、疲れたところでこの休憩所に到着し、ほっと息をつけました。途中簡易なトイレがあった気もしますが、やはりこういうところがあると助かります。

  • 弘前市立観光館
    rating-image
    3.5
    91件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町2-1
    観光コンシェルジュによる観光案内をはじめ、目的に応じて様々なガイドマップを提供してくれる「弘前市立観光館」は、「ねぷたまつり」の山車で飾られた1階、津軽の伝統工芸を一堂に展示している2階も見どころになっている。物産販売コーナー・レストラン・自転車のレンタルサービスなどもあるので、弘前散策の前には立ち寄りたい。

    観光案内所の他、土産店、レストラン、ねぷたの展示などもあり、観光客に便利です。観光館の隣に、歴史的建物の旧弘前市立図書館なども集まっており、このエリアで数時間過ごせます。

  • 龍飛岬観光案内所 龍飛館
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜59-12
    かつて文豪・太宰治や世界的板画家・棟方志功をはじめとする数多くの著名人が宿泊したと言われる津軽半島北端の宿・奥谷旅館を改修して開設した観光案内所。往時の姿を色濃く残す館内には青森出身の著名人の残した色紙や作品等、貴重な史料が展示されている。

    太宰治が著名な文学人と滞在した宿を保存した歴史館と資料館を兼ねる観光案内所。当時、彼らが使用した部屋や配膳の様子がそのまま展示されている。2階部分は立ち入り禁止で上がることはできないが玄関のたたきに錦石を散りばめているなど地方色も見られる。 私は真冬のストリートビュー撮影も兼ねて頻繁に龍飛を訪れた時期もあり、何度かここにお邪魔して、撮ったストリートビューをWi-Fiからアップロードさせてもらっ...

  • 松の湯交流館
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    青森県黒石市中町33
    地域の人々に長く愛され続けた銭湯・松の湯をリノベーションして誕生した観光交流施設。往時の姿を色濃く残す館内には、無料の休憩所や市民サロン、観光案内所があるほか、授乳室や多目的トイレ、コインロッカー等が整備されており、黒石市の観光起点として、また、地域の人々の新たな憩いの場として幅広い年代に利用されている。

    入ってすぐに以前は銭湯として利用されていた名残を感じさせられます。浴槽に入って写真を撮ったりなど楽しめます。

  • 野辺地町観光物産PRセンター
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    青森県上北郡野辺地町字中小中野17-17
    上北郡野辺地町中小中野、野辺地駅に隣接した観光案内所。周辺の観光スポットのパンフレットを取り揃えている。また、町の特産品をはじめとした物産の販売コーナーや、軽食コーナー、休憩コーナーも併設する。

    駅の横にある土産物屋と観光案内所とカフェの複合施設です。(実際は貸し会議室とかもあるようですが・・・) 電車で野辺地に来た方であれば寄ってみる価値はあると思いますが、車出来ている人にとっては各地にある「道の駅」とそんなに大差がないのでわざわざ来るほどではないかと思います。 ここの特徴は ①タイトルにもある通り、サッカー日本代表柴崎選手の地元ということでチョットした紹介コーナーがあるのでファンには嬉...

  • 大間崎レストハウス(休業中)
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    青森県下北郡大間町大字大間字大間平17-1
    本州最北の地・大間崎にあるレストハウスで、大間町の観光案内やパンフレットの配布、「大間崎到達証明書」の販売も行っている。建物内は、三方の壁全体がガラス張りの展望室となっており、弁天島や津軽海峡、晴れた日には北海道までをも見渡すことができる。冬期(11-4月)は閉鎖となるため注意。

    やる気あるのか?って、思わず言いたくなるようなスポット。 職員(らしい人)はいるが、あいさつなどまるでありません。 色々な方法で観光PRしていますが、どれも古臭く、置いているだけ、感が強烈、やる気の無さに こっちの気がめいりそうになりました。 常に無人で気小ぎれいにしていただくだけでいいかも、と思いました。

  • 海の駅わんど
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    青森県西津軽郡鰺ケ沢町本町246-4
    西津軽郡鰺ヶ沢町本町の大間越街道沿いにある観光案内所、直売所。地元の鮮魚や農産物、「笹餅」などの加工品や「いがめんち」などの惣菜を販売している。食堂や休憩所、また地元出身力士を中心とした相撲に関する展示を行う「鰺ヶ沢相撲館-舞の海ふるさと桟敷-」も併設。

    海の駅わんどの軽食コーナーにあるそば屋で、食券方式のセルフサービスです。そばと丼、そばとカレーなどのセットメニューが豊富でした。名物のイカメンチを食べようと思い、蕎麦とのセットでいただきました。イカメンチは揚げたての熱々で美味でした。

  • 弘前市まちなか情報センター
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字土手町94-1
    2004年5月にオープンした、情報・交流・休息の3つの機能を備える市営施設。館内では観光情報をはじめとする地域の情報の発信や、青森県の名産品であるリンゴのグッズ、軽食の販売等を行っている。会議室やスタジオ(要事前予約・有料)、無料でインターネットを利用できるパソコンブースも完備されており、土手町における観光拠点並びに地域の人々の憩いの場となっている。

    弘前観光の拠点ともなり、とても分かりやすい場所に位置している、きれいな建物のカフェです。観光情報量も豊富で、インフォメーションの係の方も常駐で、レンタル自転車の貸し出しもあります。

  • 津軽海峡文化館アルサス
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    青森県下北郡佐井村佐井字大佐井112
    下北交通バス「佐井行き」に乗車、バス停「大佐井」より徒歩約1分のところにある文化施設。1階には観光案内所やイベントホール、特産品の展示販売コーナーなどがある。2階には佐井村の文化を伝える「海峡ミュウジアム」や、レストラン・喫茶店などの食事処、3階には津軽海峡や北海道の山々を望むことができる展望室がある。運が良ければ、双眼鏡を使いイルカやマグロの姿が見られることもある。

    仏ヶ浦へ行く遊覧船に乗るため寄りました。朝だったので2階のレストランなどは開いていませんでしたがミュージアムと売店はやっていたので適当に時間はつぶせました。ここで大間マグロのイベントのポスターを見たおかげで大間マグロにありつけました。

  • 岩木さんぽ館
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市常盤野字湯の沢149-2
    岩木の自然や歴史、文化などの情報提供をしている施設。東北自然歩道の概要をグラフィックパネルや大型タペストリーで展示しているほか、自然歩道と岩木山エリアの地形模型も見られる。見どころや広域観光ガイド・年間のイベントの紹介などもしている。また敷地内には足湯もあり、ほっとひと息つける場としても人気だ。

    足湯を利用できるとのことで行ってみました。硫黄の匂いがして期待が高まります。足をつけたら冷たかったです。季節が限定されるのかもしれません。

  • ながわ農業観光案内所
    旅行/観光
    青森県三戸郡南部町大字上名久井字大渋民山23-2
    さくらんぼ・桃・梨・林檎・ぶどうなどの果物のもぎとり体験や農業体験などを案内してくれる、観光案内所。果実狩りのほか、梅・りんご・桃などの果樹の花見の時期や、りんごの受粉・花摘みなどの体験なども紹介してくれるので、珍しい体験ができることもある。積雪状況により変動するが毎年11月-4月下旬頃までは冬期休業となる。
  • 八戸市南郷観光農業振興会
    旅行/観光
    青森県八戸市南郷地区内各所
    グリーンプラザなんごう・道の駅なんごう内にある観光農園の案内所。果樹栽培が盛んな南郷区内では、ブルーベリーをはじめ、いちご、さくらんぼ、りんごなどの果実収穫体験ができる。八戸市南郷観光農業振興会では、その時収穫体験を楽しめる登録農園の開園状況や地図での道案内を行っている。収穫体験の予約などは、各農園に直接連絡しなければならないので注意。
  • 渓流の駅 おいらせ
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬栃久保11-12
    奥入瀬渓流の入り口にある土産物店、食事処。青森の食材を使った料理を提供する食事処「奥入瀬ガーデン」や、青森の土産物を販売する売店の他、旬の青果物を販売する「とれたて市」などがあり、渓流散策に必要な身の回り品も備えてある。
  • 十和田ビジターセンター
    旅行/観光
    青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486
    昭和11年(1936)に、国立公園に指定された十和田八幡平国立公園の十和田・八甲田地域の、豊かな自然環境と、そこに生息する多様な生き物を紹介してくれる「十和田ビジターセンター」は、観光スポットの紹介の他、湖の成り立ちや野鳥の模型などの展示もしており、ビジターセンターの映像作品やDVDも鑑賞できる。
  • 弘前市立観光館
    旅行/観光
    青森県弘前市下白銀町2-1
    弘前城近くの追手門広場にある施設。弘前を訪れる観光客に観光情報の提供を行い、津軽観光の拠点となっている。津軽塗をはじめとする伝統工芸品の展示・販売や、併設の山車[だし]展示館には江戸時代-明治初期にかけて弘前八幡宮祭礼で町を練り歩いていた山車7基が保存されている。
  • 総合案内休憩所「くろもり館」
    旅行/観光
    青森県西津軽郡鰺ケ沢町深谷町矢倉山1-26
    白神の森遊山道の起点となる総合案内休憩所。ここで入山料を払い許可証をもらって白神の森の散策に出発する。館内には白神の森の動植物の展示があるので散策前に見ておこう。落ちている木の実などから小動物や植物の生態を解説してくれる、所要約1時間30分から2時間ほどのガイドツアー500円-は、毎日2回、先着15名で催行。事前予約のトレッキングガイド7000円-もここで受け付ける。
  • 三内丸山遺跡センター
    rating-image
    4.0
    536件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市大字三内字丸山305

    1992年 この場所に県営野球場建設を予定し着工 しかし大規模な集落跡が見つかり野球場建設は中止 この遺跡の保存が決定し、2000年には国の特別史跡に指定されました ゲートを抜けると縄文時代にタイムスリップしたかのような広さと景観 縄文時代と一言で言っても、今から14000年も前の事 紀元前、しかも東北最北端で人間・日本人が暮らし生きていた!と、考えただけでも・・・この地に立てて感動です

  • 弘前市観光案内所
    rating-image
    4.0
    83件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字表町1-1

    JR改札を出ると、そこは2Fです。1Fへエスカレーターで降りたところに、観光案内所があります。弘前に限らず、青森県内各地のパンフレットがもらえます。

  • 青森市観光交流情報センター
    rating-image
    4.0
    84件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市新町1-1-25

    駅前ロータリーにあります。観光案内や高速バスの窓口、待合室にもなっています。外は寒いので、ちょっとした待ち合わせにもいいと思います。

  • あおもり観光情報センター
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市大字石江字高間140-2

    ノープランで温泉に入りに来ました。新青森から行ける温泉で日帰り温泉可能なところを紹介していただきました。青森は広く温泉までなかなか遠いですがバスがいろいろ通っていました。その時は酸ヶ湯温泉に行きました。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す