関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

津軽藩ねぷた村

青森県弘前市にある体験型の観光施設で、弘前ねぷたをはじめ津軽地方の文化をテーマにしている。常設展示館には、弘前ねぷたの展示やお囃子の実演などがある。民工芸品の製作風景の見学や製作体験ができ、津軽三味線のコーナーでは生演奏が聴けるだけでなく、プロの指導のもと演奏体験も可能。入場無料のショッピングエリアもあり、地元産の野菜やりんご、工芸品などが購入できる。

place

青森県弘前市亀甲町61 (弘前エリア)

phone 0172391511

津軽藩ねぷた村の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/02/29 ねぷた→ねぶた✨
初めてのねぶた⁉️は青森で、ねぷたは弘前であり✨弘前から広まった事を初めて知りました✨春になると枝垂れ桜も咲きもっと美しい通りになるでしょう✨津軽三味線の音色にワクワク✨そして駒遊びがとっても楽しかった✨
投稿日:2020/02/29 ねぷたの展示や津軽三味線の実演がいい!
弘前城の近くにあります。
有料ゾーンでは実物大の大型ねぷたの展示を前に係のおねえさんが説明してくれます。
太鼓の実演もありました。座って説明を聞くことができるのでお城歩きで疲れた足腰にはとっても嬉しく思えました。
津軽三味線の実演も音だけでなく手が届く距離の目の前で聴くと迫力がより一層伝わって来ました。

敷地内にある国の登録記念物に指定された日本庭園「揚亀園」るそうです。津軽富士岩木山と弘前公園...
投稿日:2020/01/23 「ねぷた」と「ねぶた」の違い
「ねぷた」と「ねぶた」の違いがようやく分かりました。各種ねぷたの展示もそうですが民芸品を実際職人の方々が作っているコーナーが面白かったです。特にこま回しはこどもが特に喜んでいました。津軽三味線の演奏が聞けるのも良かったです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県弘前市亀甲町61 [地図]
エリア
弘前エリア
電話番号
0172391511
時間
9:00-17:00(一部民工芸実演最終16:00)
※津軽三味線生演奏最終16:00
※津軽三味線生演奏はライブハウスの要素が強いため休止しております。
休業日
年中無休
料金
[入村料]一般550円、中高生350円、小学生220円、幼児(3歳以上)110円
駐車場
あり(200台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
英語メニュー
あり(英語・韓国語・中国語)
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。