太宰治記念館「斜陽館」

記念館

太宰治が幼少期を過ごした津島家の豪邸

金木町に残る、小説『津軽』で知られる太宰治の生家。1907年(明治40)に建てられ、1998年(平成10)からは、太宰治記念館「斜陽館」として活用。全国から多くの太宰ファンが訪れている。

建築材に日本三大美林のヒバをふんだんに使った太宰治記念館「斜陽館」 建築材に日本三大美林のヒバをふんだんに使った太宰治記念館「斜陽館」

生家はまるで城のようなたたずまい

国の重要文化財に指定されているこの建物の名前は、太宰治の作品『斜陽』から名づけられた。周囲を高さ4mの赤れんが塀で囲ったこの建物は、太宰の父であり、大地主だった津島源右衛門が建てたもの。当時経営していた金融業の店舗と住宅を兼ねた建物で、青森県産のヒバをふんだんに使用した和洋折衷の入母屋造り。母屋、米蔵、庭園などを合わせると総面積は約2248平方メートルもあり、さらに宅地の裏には広大な畑地が続いていたという。1階11室、2階8室というこの豪邸は、まるでこの町の城。赤い大屋根は、数十km先の津軽平野からも見えたのだとか。太宰は、父源右衛門はじめ兄弟や奉公人など、30人もの大家族でここに暮らし、旧制青森中学に進学するまでの13年間をこの家で過ごした。

かつてこの広大な土間に小作米の俵が運ばれ、積み上げられていたそう かつてこの広大な土間に小作米の俵が運ばれ、積み上げられていたそう

太宰文学が生まれる背景となった豪邸

建物に一歩足を館に踏み入れると、「通り土間」と呼ばれる広々とした土間と座敷が目に入る。太宰が暮らした当時、ここには多くの政界人、財界人、文人墨客たちなどが訪れ、秋になると近隣の小作人たちが列をなして、蔵へ米俵を運び込んだという。土間に続く仏間、客間、居間は、襖(ふすま)を開け放つと大宴会場に。2階へと続く光沢を放つ階段は、当時の洋風建築に見られたような、ロココ調でモダンな雰囲気を醸し出している。こんな広壮な家で生まれ育った太宰だが、本人はここに自分の居場所がないと感じていたようだ。後年、太宰治は『苦悩の年鑑』で「この父は、ひどく大きい家を建てた。風情も何も無い」と述べている。

仏間に続く部屋の襖を開けるとこの広さ。ここに財界人を招いた 仏間に続く部屋の襖を開けるとこの広さ。ここに財界人を招いた

階段の建築材はケヤキ。奥が金融業店舗の執務室となっている 階段の建築材はケヤキ。奥が金融業店舗の執務室となっている

個人の邸宅から旅館、そして記念館へ

1950年(昭和25)以降、この建物は旅館「斜陽館」として営業されていた。1996年(平成8)、旧金木町がそれを買い取り、2年後に現在の記念館に。広大な土間の奥には、その旅館時代に喫茶室だったところが休憩室になっている。また、太宰が愛用した文机や小説などが展示され、二重回しマントを着用しての記念撮影もできる。さらに奥へ進むと、大きな内蔵が3つあり、その蔵のひとつが展示室。居住当時の調度品や小説の初版本、川端康成や兄・文治との書簡など、約300点の貴重な資料が展示されているので必見だ。各スポットには説明書きのプレートとスマートフォンで利用できる音声ガイドもある。説明を聞きながら見学すると、この豪邸で生まれ育ちながら、大地主と小作人の格差を目の当たりにし、複雑な思いを抱えていた太宰の少年期が目に浮かぶ。そして、こんな背景があったからこそ太宰文学が生まれたのかも知れない。

土間から続く内蔵のひとつである文庫蔵が展示室となっている 土間から続く内蔵のひとつである文庫蔵が展示室となっている

記念撮影用の二重回しマント。自由に着用できる 記念撮影用の二重回しマント。自由に着用できる

かつて旅館だった頃の喫茶室。今は休憩室に かつて旅館だった頃の喫茶室。今は休憩室に

スポット詳細

住所
青森県五所川原市金木町朝日山412-1
電話番号
0173532020
時間
[4-9月]9:00-17:30
[10-3月]9:00-17:00
休業日
12/29
料金
【入館料】
[大人]600円
[高・大学生]400円
[小・中学生]250円

【津軽三味線会館との共通券】
[大人]1,000円
[高・大学生]600円
[小・中学生]400円
※津軽三味線会館は12-3月休館
駐車場
あり(50台、大型バス7台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(多言語音声ガイド、多言語説明板)
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
可(土間まで)
乳幼児の入店
ペットの入店
可(盲導犬のみ土間まで入館可能)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 太宰治の生家、大きいです。
    4.0 投稿日:2021.04.24
    金木駅から徒歩10分位のところにある太宰治の生家です。太宰治の本で、本人が大きな家と著されてましたが、想像以上に大きいです。裕福だということは知ってましたが想像以上です。外観だけではなく家具や調度品は豪華でした。
  • 近現代を感じさせる大豪邸
    4.0 投稿日:2021.03.08
    太宰治をしっかり読まずに出かけた斜陽館。その建物の豪華さや大きさに圧倒されます。和室、洋室、商店としての軒先、庭など、全てにおいて立派。ここに太宰が生まれ、小説のふるさとがこの地にあるのかと思うと、今度はちゃんと津軽くらいの小説は読んでこの地に再び来たいと思いました。
  • 太宰が育った豪邸
    3.0 投稿日:2020.12.09
    金木駅から徒歩5分ほど。ずいぶん昔に来たことがあるが、当時ここはまだ旅館であった。あれから月日は流れ、太宰治記念館となってからは初めての訪問。入館料は600円。煉瓦塀と赤い屋根が印象的なこの建物は、太宰の父が1907年に建てたもの。青森の名産であるヒバ材がふんだんに使われ、梁や柱は太く、廊下の床板はかなりの厚みがある。太宰は晩年に書いた随筆「苦悩の年鑑」の中でこの家のことを「おそろしく頑丈な家...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          津軽・五所川原エリアのおすすめスポット

          青森のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました