NAVITIME Travel

青森のショッピングスポット一覧

  • 八食センター
    お買い物
    青森県八戸市河原木神才22-2
    青森県八戸市にある食品市場で、その日水揚げされた魚介類や八戸名物を販売している。全長170mの通りに約60店舗が軒を連ね、業務仕入れにも対応する豊富な品揃えが自慢。また、買った食材をその場で炭火焼きで食べられる「七厘村」も観光客に人気が高い。マグロの解体ショーや料理道場、子供用の遊具もあって家族みんなが楽しめる施設でもある。
  • 新鮮市場
    rating-image
    3.5
    182件の口コミ
    お買い物
    青森県青森市新町1-3-7 AugA(アウガ)B1
    JR青森駅から徒歩1分のショッピング施設「AUGA」の地下1階にある市場で、青森市民の台所として多くの人で賑うスポット。鮮魚や海産物加工品、野菜、果物、惣菜、精肉などの専門店が所狭しと並び、地元産食材を使った食堂やレストランもある。お土産として地方発送も可。朝5時から営業。

    役所の地下にある市場、というのは面白いですが、 とりたててみるべきものがありませんでした。 値段も「ザ・観光用」なので、街中で海鮮丼食べたほうがましですね。

  • A-FACTORY(エーファクトリー)
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市柳川1-4-2 A-FACTORY
    JR「青森駅」から徒歩約3分の場所にある平成22年(2010)開業の商業施設。施設内には、青森県産の食材にこだわったショップや工房、飲食店が集まっている。地元産の「あおい森の牛乳」を使ったジェラートなどのスイーツやフードが味わえるほか、青森ならではの「食」をテーマにしたお土産が購入できる。館内には8個の醸造タンクをもつシードル工房もあり、醸造工程の見学やテイスティング(有料)も可能。
  • 田中屋
    お買い物
    青森県弘前市一番町角
    弘前公園から徒歩約5分の位置にある津軽塗の老舗で、明治30年(1897)創業。旧弘前市役所の木材を再利用した黒塗りの柱が特徴的な店構えで、店内には箸から座卓まで、唐塗・七子塗・寿々喜塗など様々な塗りを施した津軽塗製品が揃う。半地下に落ち着いた雰囲気の喫茶室もあり。併設の津軽塗資料館では、ガラス越しに津軽塗の工房内を見学できる。
  • 津軽金山焼
    お買い物
    青森県五所川原市金山千代鶴5-79
    五所川原市金山千代鶴にある窯元。金山の大溜池に堆積した良質の粘土を釉薬を使わずに焼き上げる「津軽金山焼」を制作しており、ギャラリーで作品の展示販売を行っている。併設のレストランでは薪窯で焼いたピザを金山焼の器で提供しているほか、ピザ作り体験も実施している。
  • 森と川と海 ほたて広場
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    お買い物
    青森県東津軽郡平内町土屋鍵懸56
    東津軽郡平内町土屋鍵懸の土屋バイパスおよび奥州街道沿いにある直売所、展示施設。ホタテ貝を中心とした陸奥湾の鮮魚や海産物加工品、農産物を販売している。ホタテをその場で焼いて食べられる「アツアツほたて貝焼きコーナー」や、ホタテエキスを使ったソフトクリームの販売店、休憩コーナーなども併設。また、2階は陸奥湾のホタテ漁に関する展示スペースとなっている。

    値段についてはノーコメント。、ホタテ本来のおいしさを味わいたくて、焼ほたてが食べられるという日曜日を選んで出かけたんですが、それらしきモノはなくて、フレンチだかイタリアンだかよくわからない(美味しくないない)御膳をいただきました。HPの内容と相当かけ離れていて、片道4千円の高速代は何だったんだろうと…。二度と行くつもりもないのでどうでもいいんですが、期待外れ過ぎ。

  • 板柳町ふるさとセンター
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県北津軽郡板柳町福野田字本泉34-6
    北津軽郡板柳町福野田本泉にある、りんごをテーマとした複合施設。世界各国250種のりんごを栽培する見本園や、りんごに関する展示を行う資料館や加工場のほか、コテージなどの宿泊施設や、農産物直売所などの様々な施設を備える。シーズンにはりんごもぎ体験ができるほか、加工場の見学や、工芸や菓子作りなどの体験も可能。

    板柳町にあるセンターです.りんご資料館がメインで,観光案内の他,地元の農産物の販売などをやっています.町の詳しい情報が入手できます.

  • 南部せんべい 八戸屋
    お買い物
    青森県むつ市新町47-3
    創業大正12年(1923)の南部せんべい店。昔からの伝統を今も受け継ぎこの店独自の技術を持つ職人たちが、心を込めて丹念に焼き上げている。一週間前後の出来上がりで、オリジナルのプリントせんべいも注文できる。また予約制で手焼きせんべい作りも体験できるので、希望の場合は2日前までに予約しよう。
  • ミルク工房 ボン・サーブ
    お買い物
    青森県むつ市田名部字内田42-606
    斗南丘 原牧場の直営店。生乳を75%以上使用し卵や生クリームを使っていないソフトクリームが有名な店で、ヨーグルトなどの乳製品も販売している。その日搾った新鮮な牛乳からできる自然の味のヨーグルトは、香料・酸味料・安定剤を使用していないロングセラー商品。そのほか、ソフトクリームをカップに詰め込んだアイスなどもある。
  • 岩木屋
    お買い物
    青森県弘前市常盤野字湯の沢7-1
    自然の恵みあふれる津軽の味を届けてくれる店。採れたての竹の子を漬け込みし、職人が季節ごとに気候に合わせた鮨を作り上げている「竹の子押し寿司」は、創業以来の伝統がある看板商品。保存料を一切使用していないため3日間が賞味期限だ。そのほか「十三湖産しじみ貝レトルト」や青森産のりんごがスパイスになっている「りんごカレールー」などもお勧め。
  • しかないせんべい 本店
    お買い物
    青森県弘前市新寺町32
    伝統の津軽煎餅は勿論、さくらやりんご、ねぷた・白神山地など、津軽・弘前をモチーフにしたお菓子が手に入る菓子処。また二十四節気や歳時記に合わせ、一年でその日一度だけ、一日限定の「歳時記菓子」も作っており、評判だ。
  • パティスリー ル・ショコラ
    お買い物
    青森県弘前市大字徒町17-1
    アットホームな雰囲気のお店で、季節に合わせたスイーツを提供しているパティスリー。プチガトー・バースディケーキ・焼き菓子・トリュフチョコレートのほか、ギフト用や法要引き出菓子・ウェディングケーキなど幅広いラインナップが魅力だ。また店内にはカフェスペースもあり、ゆったりとした雰囲気の中、お気に入りのケーキとともにドリンクも味わえる。
  • ホビーショップ つきや
    お買い物
    青森県弘前市土手町122-8
    いろいろな和洋裁・手芸雑貨を販売している店。青森県津軽に伝わる刺し子の技法 こぎんの材料も豊富に取り揃えており、オリジナル商品・限定販売品もある。手編み糸やレザークラフト・金亀・クロバーなどもあるので、手芸好きは立ち寄りたいお店だ。
  • 宮本工芸
    お買い物
    青森県弘前市南横町7
    幕末期に会津の浪士が岳温泉で湯治中にその技術を伝えたという説がある青森の「あけび蔓細工」。昭和24年(1949)創業のこの店は現在でも手作りにこだわり、ひとつひとつ思いを込めた山葡萄バッグ・あけびかご・つる細工などの製作を行っている。
  • パティスリー ヴェルジェ
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    お買い物
    青森県弘前市百石町18
    平成16年(2004)に創業し、平成25年(2013)に移転リニューアルして現在まで、変わらぬ人気のパティスリー。白を基調とした店はお洒落な外観、そして清潔感溢れる店内共にまるで宝石店にいるような楽しさがある。洗練されているスイーツにはどこか可愛らしさもあり、見て楽しみ食べて嬉しいケーキと評判だ。

    外観が白亜の店舗で、店内も白をベースにしたおしゃれなお店です。店内のケースには彩り豊かなケーキがずらり。店員さんの応対も笑顔にあふれ、気持ち良くケーキを購入できました。お店のお薦めの一品、濃厚チーズタルトを買い求め、そのふくよかなチーズの香りに大満足でした。

  • 洋菓子工房ノエル
    お買い物
    青森県弘前市品川町2-2 ポッキーハウス101
    りんごは青森の宝・りんごをスイーツで生かしたい。そんな思いを胸に青森ならではのスイーツ作りをしている洋菓子店。14年度青森県ブランド認定商品 第二回アップルパイコンテスト弘前市長賞受賞を受賞したアップルパイは絶品。津軽の生りんご(ふじ)にバターとシナモンを加えて香り豊かに焼き上げてある。
  • ゑびすや履物店
    お買い物
    青森県弘前市大字本町104
    創業明治15年(1882)の、歴史ある履物店。熟練の匠の技を感じる津軽塗下駄を製作していたが、現在は販売と修理のみ店舗で受け付けている。桐材の下駄に耐水性にすぐれた津軽塗をほどこした「津軽塗下駄」。そして桐下駄に山ぶどうの蔓を張った足あたりのよい「山ぶどう張り下駄」。小紋のような細かい文様が特徴の七々子塗の台に絞りの太めの花緒がついた「七々子塗婦人下駄」がある。
  • 松葉堂まつむら
    お買い物
    青森県黒石市中町30
    梅干菓子で知られる名店。創業100余年の歴史ある店で、こみせ通りの雰囲気に合わせた江戸情緒を感じられる店構えになっている。老舗の名物「干梅」は、舌触りの良いまろやかな白あんを求肥と県産の赤じそで包んである逸品。そのほか城下町ならではの品のある和菓子が並ぶ。
  • 寺山餅店
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    お買い物
    青森県黒石市中町36-1
    江戸時代末期に米屋として開業し、三代目より餅屋を営んできた歴史ある餅店。お供えや切り餅のほか、江戸時代からの手法そのままの「四半餅」や「もちしゃぶ」、種類豊富な大福も並ぶ。四半餅は上新粉とあんを練り合せ、臼と杵でていねいについた餅で、あんこ・しろあん・ごまの三種類がある。

    黒石市で、江戸時代の街並みが残るこみせ通りのはずれにある、江戸時代から続く餅屋です。飢饉の際に、津軽藩の殿様に餅を献上したことから有名です。 四半餅が看板商品と言えるでしょう。他にも、大福や切り餅などをおいしいです。また、最近では、抹茶クリーム大福等の新商品も開発しています。四半餅など長期保存に対応した商品も多いので土産品などにもオススメだと思います。

  • なりけん
    お買い物
    青森県三沢市桜町1-1-34
    昭和27年創業(1952)創業の手焼きせんべい屋。南部煎餅の手焼き型で、時代の嗜好に合せ種々の手焼き煎餅を考案し、全国菓子博覧会において名誉金賞を受賞した有名店。高品質な1等粉を使用し丹念に1枚1枚焼き上げられる南部せんべい、なりけんせんべいは、種類豊富でお土産や贈答にも最適だ。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す