鳥取の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 白兎神社
    rating-image
    4.0
    235件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市白兎603
    「古事記」にも記された日本神話「因幡の白うさぎ」の白兎神を祀る古社。鳥取県鳥取市の「白兎海岸」近くにある。創建時期は明らかでなく、現在の本殿は明治29年(1896)に再建されたもの。境内への道沿いには、ワニに毛を剥がれてしまった兎が大国主神の言葉に従って身体を洗ったという「御身洗池」がある。神話にちなみ、皮膚病や火傷、縁結びなどにご利益があると言われている。

    車ではいけない場所にある、観光スポットでした。人がかなり来てましたが、あまり綺麗ではなく、、鳥居越しに海が見えるのはとてもよかったです。社務所はありますが、人がいないのか、勝手にお金を入れておみくじ引くようなスタイルでした。(日曜に来訪)

  • 国指定重要文化財 仁風閣
    rating-image
    4.0
    98件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市東町2-121
    明治40年(1907)に鳥取藩主の子孫・池田仲博侯爵が皇太子・嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓の際の宿泊施設として建てた別荘。フレンチ型ルネッサンス様式を基調とした白亜の木造瓦葺2階建ての洋館で、国の重要文化財に指定されている。建物内は資料館となっており、鳥取藩や池田家にまつわる資料が展示されている。2階からは鳥取市の名勝である宝隆院庭園を一望することができる。

    もともと鳥取城の中にあったようです。大正期に天皇陛下のために建てられたとのことでした。館内はほとんど全て見ることができます。二階からの眺めと螺旋階段は圧巻です。

  • 鳥取県立 とっとり賀露かにっこ館
    rating-image
    4.0
    95件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市賀露町西3-27-2

    鳥取近郊に棲む珍しいお魚を見ることができます。 小規模ですが入場無料で、十分楽しめます。 当時はギネス記録となった200万円のカニも居ます。

  • 宇倍神社
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市国府町宮下651
    全国の神社で、最初に紙幣の図柄に採用された「宇倍神社」。大化4年(648)の創建と伝えられ、毎年4月21日の祭礼で奉納される「麒麟獅子舞」は県指定の無形民俗文化財である。安産、長寿、金運のご利益があると県内外から多くの参拝客が訪れる。

    鳥取市にある因幡国一之宮です。現在の社殿は明治31年に完成し、全国の神社で最初に五円紙幣に載せられたことから、お金にご縁があり、商売繁昌の神様とも言われています。社殿も本殿も趣きがあります。本殿の後ろの丘には御祭神昇天の霊跡と言われる「双履跡」があります。

  • 鳥取県立博物館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市東町2-124
    久松公園の一角にある、鳥取の自然と文化を伝える博物館。砂丘に関する資料や藩政資料など鳥取県の歴史に関する資料を展示している。

    入館料180円を払い、一階の自然分野から見学が始まります。鳥取地域の自然、動物、魚類等が見れました。次に歴史分野、南北朝や戦国、江戸、明治等ありました。私が、一番印象的なのは明治の廃藩置県で一度、隣県の島根と一緒になったことがあることでした。そして、2階の美術分野に行きましたが、午後1時45分まで、特別展のため、閉まっていました。残念でした。

  • 鳥取砂丘 砂の美術館
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
    鳥取市福部町湯山、県道319号線沿いにある美術館。砂を素材とした彫刻「砂像」を展示している。「砂で世界旅行」というコンセプトの元、「イタリア・ルネサンス」や「世界遺産・アジア編」など、毎年異なるテーマに沿って制作・展示を行っている。砂像は展示が終了すると砂にかえるため、会期中にしか鑑賞することが出来ない。

    11月に友人をこちらに案内しました。砂の美術館と同じ敷地内にあるので、美術館の見学後にこちらに立ち寄ることも可能です。売店のスペースはそこそこ広く、鳥取の土産物だけでなく美術館の砂像に関連したものも結構そろっています。砂丘入口にあるお土産物屋さんとは品揃えも違っているので、「定番」ではない鳥取のみやげものを求めたい方にもオススメです。

  • 観音院庭園
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市上町162
    鳥取県鳥取市上町にある寺院で、かつては鳥取藩主・池田家の祈願所であった。中国観音霊場32番札所。本尊は聖観世音菩薩像で、移転のたびに大きな寺の本尊となたことから「出世観音」として信仰を集めている。慶安3年(1650)から10年もかけて造営された国指定名勝の観音院庭園は、雄大な池を中心に傾斜や石組、植木を配した池泉観賞式庭園。抹茶と茶菓子のサービスがあり、座ってゆっくり鑑賞できる。

    鳥取藩初代藩主池田光仲の転封後、当地に移り、観音信仰の厚かった光仲が池田家の祈祷所としたお寺です。 境内書院の庭園は、光仲が10年をかけて作庭したと言われ、鳥取市東部を囲む山裾に自然の傾斜を生かし、大きな池を中心に亀・鶴・滝の石組や植物が配置されています。 周囲の樹林を借景に、元禄時代のままを伝える林泉鑑賞式庭園として国の指定名勝になっており、茶菓を嗜みながらしばし心和む時間を過ごすにはピッタリで...

  • 鳥取民藝美術館
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市栄町651
    日用品の中に「用の美」が宿るとする民藝の紹介を目的として建てられた美術館である。実用的で美しい、日本や海外の民芸品を約6000点展示。外観はモルタル塗りに漆喰仕上げの土蔵風で、設計をした吉田璋也氏のこだわりが細部にまで見られる建物だ。

    鳥取駅からもほど近く、理知も便利です。建物自体が蔵のような雰囲気のレトロな建物で、重要建造物にもなっています。1、2階に展示されていますがあまり大きくないのですぐに見終わります。地域のものだけではなく世界の民芸展示がされています。

  • 鳥取市歴史博物館やまびこ館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市上町88
    鳥取藩主ゆかりの寺院が立ち並ぶ樗谿。その一角にある鳥取の歴史や文化について紹介している博物館である。常設展示の他、鳥取に関連する企画展や特別展を実施。初夏にはホタル観賞もできるため、夜間開館も実施されている。

    公営の博物館なので入館料も安いです。高校生以下や70歳以上などは無料なので子供と一緒だとちょっとお得です。また企画展示も行われていることがあり、その際もセット(企画展と常設展示)でも料金は安いです。興味のある企画展示の時を狙っていくのもいいです。

  • 鳥取市因幡万葉歴史館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市国府町町屋726
    「古代因幡と万葉文化にふれる異空間」をキャッチコピーに掲げる歴史館。因幡国古代文化の中心地・国府町で大伴家持をはじめとする国府町所縁の歌人や因幡地方の歴史などを紹介している。敷地内には万葉集に歌われた約40種類の植物が彩る回遊式庭園を併設しており、因幡の文化を偲びながらゆったりと散策することが可能だ。色鮮やかな万葉衣装の試着体験は1週間のレンタルサービスも行っている。無料のレンタサイクルも貸し出しており、史跡の宝庫・国府町散策の拠点としての役割も果たしている。

    入館料はとても安く、高校生以下、65歳以上は無料です。入館しなくてもタワーからの眺めなど楽しめて、庭園を眺めながらおちゃをしてもいいです。しかも格安です。レンタサイクルも無料で借りられて便利。

  • 山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県岩美郡岩美町牧谷1794-4
    鳥取道鳥取ICから30分。山陰海岸ジオパークの魅力をさまざまな資料や映像で紹介する展示館。野外観察会、自然講座などの取り組みも年間を通じて開催されている。より多彩な視点で地球の活動を知ることができる、デジタル地球儀「触れる地球」や、水槽での飼育展示、現在は立ち入り禁止となっている羽尾岬先端にある、海の龍神洞と陸の龍神洞という2つの海食洞の内部を、臨場感あふれる3D映像で紹介する定期上映会が人気。

    入場無料の施設ですが、入り口付近には水族館のように水槽で海の生き物が展示されていますし、そこそこ大きな部屋にはジオパークを紹介する様々な展示がありました。 一見の価値ありです。

  • 喜見山 摩尼寺
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市覚寺624
    中国5県の名刹古刹37ケ寺を巡る「中国観音霊場」のひとつ。林道を深く入った山麓で千手観世音菩薩、帝釈天王を本尊に祀っている。湖山長者の伝説が残る古刹は承和年間(834頃)の開山と伝わる霊場。古くから亡き人の霊魂が集まると信じられており、今でも霊魂を呼び戻したと伝わる摩尼山の信仰が脈々と息づいている。鳥取駅からは車で約20分ほど。境内までは約300段もの急な石段を登る必要がある。

    かなりの石段を上った先に本堂があるのですが、脇には石仏があり、とても雰囲気のいい参道となっています。歩きやすい靴がおすすめ。このあたりでも有数の古刹です。

  • もちがせ流しびなの館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市用瀬町別府32-1
    京都の世界遺産・金閣寺をモチーフにした大型木造建築。雛人形文化が大きく発展した江戸時代の雛人形をはじめ、雛飾りや加茂人形、御所人形など約1000体を常設展示している。「もちがせの流しびな」は、旧暦三月三日に無病息災を祈って災厄を託した雛を流す、県無形民俗文化財に指定された用瀬町の行事だ。流しびな作り体験も行っており、作った紙びなは持ち帰ることが可能。お札に願い事を書いて、次の流しびな行事まで保管することもできる。

    まず、重厚な木造建築の建物があまりにも立派なことに驚かされました。館内には江戸時代からのお雛様が展示されていて、それぞれが形や表情に違いがあり、見ごたえたっぷりでした。館内にある庭園を眺めながら食事ができる喫茶もおすすめです。

  • 玄忠寺
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市新品治町176
    鳥取駅から車で約10分ほどの距離にある浄土宗の寺院。永正5年(1508)、現在の鳥取北中学校付近に草庵を築いたのが始まりと言われている。日本三大仇討ちのひとつに数えられる伊賀越仇討ちの剣豪・荒木又右衛門の菩提寺として有名だ。境内には寛永11年(1634)に実際の決闘で使用された太刀や鎖かたびら等多数の遺品資料が展示されている。庫裏の襖に描かれた高木百拙筆の羅漢襖絵は非常に生き生きとした表情をしているのが特徴で、羅漢達が味わい深く語りる様は見るものを惹きつける。

    この寺は、荒木又右衛門の墓所と遺品で知られていますが、個人的には襖への羅漢像も魅力の一つです。常時開設はされていますが、関係者へ「らかんふすまえ」が見たいとつげ、お寺の都合がつくかどうか確認する手間が掛かるためあまり観られなのでしょう。

  • 因幡国庁跡
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市国府町中郷
    袋川の中流域に位置する奈良・平安時代の役所跡。昭和52年(1977)の発掘調査において役人が政治をしていた正殿跡や掘立柱、土器や陶器などが発見されている。遺跡の規模は東西150m、南北200mほど。奈良・平安・鎌倉の各時代にこの一帯が政治経済の中心として栄え、多くの建物があったと考えられている。車で5分ほど離れた場所にある「因幡万葉歴史館」では国庁の推定復元模型や当時の人々が身に着けていた衣装などを見学することが可能だ。

    近くに万葉歴史館があり、そこに立ち寄り広々とした草原を見ると心が癒されます。近くに大きな建物がないので解放感を味わいには最適の場所です。

  • 若桜鉄道若桜駅・転車台
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県八頭郡若桜町若桜345-2
    若桜鉄道の若桜駅にある転車台。蒸気機関車を方向転換する設備が残っていて、かつて若桜線を走っていたC12形蒸気機関車を保存している。蒸気機関車は見学や運転体験などもできる。2008年には国の登録有形文化財に駅舎や鉄道関連施設が登録された。

    若桜鉄道の終着駅です。 駅舎内は、なかなか風情があって、立派なもんです。 残念ながら雨で夕刻だったので、カフェは閉まっていましたが、 よさそうでした。

  • あおや和紙工房
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市青谷町山根313

    店内で和紙の歴史や素晴らしい和紙の作品を見るのもいいですが500円ほどで体験レッスンができ春休みなど子供連れで行くのに最適です。周辺も広々としていて気持ちがいいです。

  • 国指定重要文化財 石谷家住宅
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県八頭郡智頭町智頭396
    江戸時代後期の大庄屋であった石谷家の住宅である。現在の建物は大正8年(1919)から昭和初期にかけて改築されたもので、林業経営の事務所としての性格が色濃く多くの座敷や部屋がある。地方特産の杉が多く使われている豪壮な構えで、近代和風住宅として価値も高い。

    石谷家住宅内にある喫茶室です。 駐車場から石谷家住宅、そして住宅内を散策すると、けっこう歩くので、この喫茶室で休憩してから、帰路につきました。 庭園を眺めながら飲むコーヒーは、格別でした。 席の配置上、庭を背にして座る席もあります。

  • 長通寺
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市国府町岡益285
    誰が何のために作ったか不明であることから「謎の石堂」とも称される「岡益の石堂」麓の寺院。明治期の鳥取市出身の画家・八百谷冷泉の襖絵がある寺として広く知られている。襖16枚に日本海の荒波を描いた大作「大波涛」は圧巻の一言だ。冷泉は戦時疎開の物資困窮にも関わらず、住職や檀家の方々から温かい思いやりを受けたことに心打たれ、絵筆を通して感謝の気持を残したのがこの襖絵と言われている。

    小学生の頃時々遠足の途中立ち寄って小さな公園で弁当を食べたものです。中心部に15m四方程度を石柱で囲い一段高いところに巨大な石灯篭がありました。 入り口の木製の開き戸が時折空いていることもありすぐ近くに行くと子供の背丈より3倍程度はあるようでした。周辺には椎の木があり実を持ち帰っておやつにしていました。 また近くには彩色壁画(魚の壁画)のある梶山古墳があります。

  • 旧塩屋出店
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県八頭郡智頭町智頭545
    智頭駅から徒歩で約10分ほどの距離にある建造物。近世・近代を通じて地域社会の躍進に大きな役割を担ってきた石谷家の分家として、明治から昭和の時代にかけて建築された。商家風町屋の伝統的建造物は明治22年(1889)の火災で一旦は焼失するものの、後の明治30年(1897)頃に再建されたと言われている。広い床の間や庭園に面した長い縁側など屋敷の間口が周辺の町家建築に比べて非常に広いことから往時の栄華が偲ばれる。接する洋館と共に屋敷構えの発展過程を知る上で必要な構成要素を備えていることから国登録有形文化財に指定されている。

    智頭宿の智頭往来から少し入ったところにある商家。間口の広い商家です。説明板によれば塩屋本家の次男の方が店をおこし、その後雑貨商などを営んでおられたとのこと。広い庭があり、庭の中に、西河克己映画記念館があります。この洋館風の建物は、もとは療養所で、教会にも使われたとのこと。国の登録有形文化財にも指定されています。

鳥取の主要エリア

around-area-map

砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

鳥取の写真集

目的から探す