宇倍神社

神社

商売繁昌の神として参拝者の絶えない神社

全国の神社で、最初に紙幣の図柄に採用された「宇倍神社」。大化4年(648)の創建と伝えられ、毎年4月21日の祭礼で奉納される「麒麟獅子舞」は県指定の無形民俗文化財である。安産、長寿、金運のご利益があると県内外から多くの参拝客が訪れる。

スポット詳細

住所
鳥取県鳥取市国府町宮下651
電話番号
0857225025
時間
9:00-17:00
休業日
無休
料金
[参拝料]無料
駐車場
あり(50台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
可(喫煙所)
滞在目安時間
0-30分

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 商売繁昌の神様
    5.0 投稿日:2020.03.21
    鳥取市にある因幡国一之宮です。現在の社殿は明治31年に完成し、全国の神社で最初に五円紙幣に載せられたことから、お金にご縁があり、商売繁昌の神様とも言われています。社殿も本殿も趣きがあります。本殿の後ろの丘には御祭神昇天の霊跡と言われる「双履跡」があります。
  • 市街地からバスで行くのに便利。雰囲気が良い。
    4.0 投稿日:2019.10.26
    雨の日に午後4時頃に参拝する。森の中の石段を登っていく。登りきったところに本殿がある。古さを感じず、手入れが行き届いている感じ。社務所が閉まる時間のようであったが、御朱印も丁寧にご対応いただいた。トイレは、石段の途中ではなく、社務所横の坂を下りたところにあるのを使いたい。
  • 因幡国一之宮
    4.0 投稿日:2019.10.03
    鳥取市南東の古代因幡国の中心地だった辺りに鎮座する因幡国一之宮です。二之鳥居までの参道は生活感たっぷりの住宅街ですが、そこから先の境内に1歩踏み入れると、静寂と神秘に包まれた森の中の別世界に変わります。社殿左脇の階段から上れる小高い金亀岡の頂上に祀られた苔生す双履石は、武内宿禰命が日本史上最初の大臣として、景行、応神、仁徳等5代の天皇に仕え360歳で昇天する際に、遺した沓が石化したと伝承される...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          鳥取砂丘周辺エリアのおすすめスポット

          鳥取のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました