鳥取の神社スポット一覧

  • 白兎神社
    rating-image
    4.0
    235件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市白兎603
    「古事記」にも記された日本神話「因幡の白うさぎ」の白兎神を祀る古社。鳥取県鳥取市の「白兎海岸」近くにある。創建時期は明らかでなく、現在の本殿は明治29年(1896)に再建されたもの。境内への道沿いには、ワニに毛を剥がれてしまった兎が大国主神の言葉に従って身体を洗ったという「御身洗池」がある。神話にちなみ、皮膚病や火傷、縁結びなどにご利益があると言われている。

    車ではいけない場所にある、観光スポットでした。人がかなり来てましたが、あまり綺麗ではなく、、鳥居越しに海が見えるのはとてもよかったです。社務所はありますが、人がいないのか、勝手にお金を入れておみくじ引くようなスタイルでした。(日曜に来訪)

  • 大神山神社奥宮
    rating-image
    4.5
    95件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県西伯郡大山町大山1
    大山寺の山門下から左へ、日本一長い自然石の石畳の参道をたどると、大己貴神[おおなむちのかみ]を祭る大神山神社奥宮に着く。権現造の荘厳な本殿、幣殿、拝殿ともに重要文化財指定。また、本殿に向かって左横に立つ下山神社(重要文化財)は、津和野藩主亀井氏が文化2年(1805)に寄進したもの。奥宮に至るまでの参道には、金門や後向き門などのみどころが点在し、さらに40分ほど登山道を上ると荒々しい景観の元谷に至る。

    大山寺の更に奥にある神社。通常だと大山寺から更に15分程度登ってたどり着く場所ですが、私は大山下山時に通常と逆のルートで訪問しました。 その為、山の奥深くに来たという印象が無かったのですが、神社からの帰りずっと石畳の道を下って、この神社の奥宮の名前の由来が理解出来ました。 次回は、大山寺から登って行くルートで再訪したいと思います。

  • 宇倍神社
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市国府町宮下651
    全国の神社で、最初に紙幣の図柄に採用された「宇倍神社」。大化4年(648)の創建と伝えられ、毎年4月21日の祭礼で奉納される「麒麟獅子舞」は県指定の無形民俗文化財である。安産、長寿、金運のご利益があると県内外から多くの参拝客が訪れる。

    鳥取市にある因幡国一之宮です。現在の社殿は明治31年に完成し、全国の神社で最初に五円紙幣に載せられたことから、お金にご縁があり、商売繁昌の神様とも言われています。社殿も本殿も趣きがあります。本殿の後ろの丘には御祭神昇天の霊跡と言われる「双履跡」があります。

  • 倭文神社
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県東伯郡湯梨浜町大字宮内754

    鳥取県の東郷池の近くにある伯耆国の一之宮神社です。安産の神様としても知られており、境内には大きな安産岩があります。神社内の山林の丘には伯耆国一宮経塚遺跡があります。建物も厳かで、特に随神門には精緻な彫刻が施されています。

  • 金持神社
    旅行/観光
    鳥取県日野郡日野町金持74
    鳥取県日野郡日野町にある神社で、金運・開運にご利益があるとして有名。弘仁元年(810)、出雲の神官の次男がこの地を通った際にお守りの玉石が急に重くなり、神夢に従って宮造りをしたのが始まりとされている。ジャンボ宝くじのシーズンには多くの参拝者が集まるスポット。年4回、古い財布のお祓い・焚き上げ(要予約)を行っているほか、黄色い財布などの開運グッズや縁起物も販売している。
  • 名和神社
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県西伯郡大山町名和556
    山陰有数の「花の名所」として知られる神社。元々は小ぢんまりとした小社だったが明治16年(1883)に旧社を新しく建て替え、鳥取県内でも最大級の規模を誇る神社となった。参道には約400本のソメイヨシノが植えられており、満開時には桜のトンネルができる花見スポットだ。かつて後醍醐天皇を隠岐の島から迎え王事に奮戦した南朝の忠臣・名和長年公をはじめ、一族郎党42人の英魂を祀っている。

    南朝の功臣名和長年を祀る神社。 JR名和駅の近くにあり徒歩でも行ける距離ですが、車でのアクセスが便利です。 神社自体は非常に静かな雰囲気で、厳粛な感じがします。 歴史好きな方やパワースポット好きの方向きの場所です。

  • 神崎神社
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県東伯郡琴浦町赤碕210
    JR山陰本線「赤碕駅」より徒歩20分。「素戔嗚尊(スサノオノミコト)」を祭神とする、本殿や拝殿の彫刻の美しさで知られる神社。室町時代末期の創建とも言われ、地元では「荒神(こうじん)さん」の愛称で親しまれている。1853年築の本殿、明治12年(1879)築の拝殿の扉、向拝天井の龍の彫刻などが県の保護文化財に指定されている。毎年7月27日・28日には「赤碕波止の祭」が行われ、宵祭の27日には近くの港で花火大会も行われる。

    鳥取の散策で、お参りしました。拝殿の向拝の天井を見上げると龍の彫刻が見事です。普通は絵を描いていますが、いろいろな角度から眺めると素晴らしい。正面の扉には神功皇后や、上部には浦島太郎や乙姫様、竜宮城、柱には唐獅子など。本殿は権現造りで龍、鳳凰、大黒様や恵比須様、獏、蝶、牡丹、牛、馬など彫刻が凝っています。素晴らしいです。

  • 大神山神社
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県米子市尾高1025
    大神山とは「大山」の古い呼び名であり、大国主神が祀られている。古くから大山は「神がおわす山」として人々の信仰を集めてきた。自然石を使った奥宮へ続く参道は神秘的で、日本一の長さといわれている。

    『再生神話の郷マラニック2018』のコース途中にあったので、立ち寄りました。 大神山神社の奥宮が有名ですが、ここの本社は初めて来ました。 由来を調べてみるとこの土地の神社が出来たのは、江戸時代と比較的新しい時代に 出来たようですが、創建からの歴史を読むと神話の時代に繋がる壮大な歴史を感じます。

  • 茂宇気神社
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市鹿野町河内4410
    「もうけ」という縁起のいい名前が話題になり、全国から多くの参詣者が訪れるようになった神社。創立起源は不明だが、かつては妙見茂宇気宮と呼ばれる地元の産土神であったとされる。市街地から離れた場所にある上、社殿まで264段の石段を登らなくてはいけないが、その名前の語呂から金運上昇・商売繁盛のご利益があるとされ、各種メディアに大きく取り上げられた。毎年10/17に行われる例祭には様々なイベントも開催され、多くの人で賑わう。
  • 三朝神社
    旅行/観光
    鳥取県東伯郡三朝町三朝
    東伯郡三朝町三朝にある神社。素盞鳴尊(スサノオノミコト)、大己貴命(オオナムチノミコト)などが合祀されている。手水所には「神の湯」と呼ばれるラジウム温泉が湧いており、手水の他、飲泉することもできる。
  • 木ノ根神社
    旅行/観光
    鳥取県西伯郡大山町松河原233
    地元では「八幡さん」の愛称で親しまれている「逢坂八幡神社」から300mほど離れた道路沿いに鎮座する社殿。生まれつき体の弱かった若者の母親が八幡さんのお告げに従い松の根に向かって朝夕一心にお祈りしたところ、見違えるほど立派になり子宝に恵まれたという言い伝えが残っている。男性を象徴した形の老松の根を御神体としており、古来より子宝や縁結び、夫婦円満にご利益があるといわれる神社だ。明治の作家・小泉八雲もここを再訪し、その折のことを紀行文「日本海に沿うて」に紹介している。
  • 楽楽福神社
    旅行/観光
    鳥取県西伯郡伯耆町宮原
    創建は1100年以上の昔と伝わる旧県社。人皇第7代孝霊天皇を主神とし、皇后をはじめ后妃や皇子などその御一族を祀っている。古くは鉄生産の守護神として崇敬された日野郡開拓鎮護の総氏神で、日野川を隔てた対岸に西樂樂福神社が鎮座していたが、平成16年(2004)に合祀され一社となった。孝霊天皇がこの地を巡幸した折に邪鬼を退治したという伝説が残っていることから、今でも開運招福・願望成就の福の神として人々の崇敬を集めている。
  • 若桜神社
    旅行/観光
    鳥取県八頭郡若桜町若桜
    若桜鬼ヶ城の初代城主・矢部氏が創建したと伝わる神社。正確な創建時期は不明だが、社伝によれば古くから松上大明神と呼ばれる若桜の氏神様として崇敬を集めてきたとされる。郡中の大社として崇敬されてきた境内には後醍醐天皇の短冊や名和長年の鉾、平盛継の陣笠など多くの寄進物を宝物帳で確認することが可能だ。5/3に行われる大祭は神輿や行列、獅子舞などが繰り出す御幸祭で「わかさまつり」の名前でも広く親しまれている。
  • 田後神社
    旅行/観光
    鳥取県岩美郡岩美町田後501
  • 荒砂神社
    旅行/観光
    鳥取県岩美郡岩美町浦富2475-17
  • 日野神社
    旅行/観光
    鳥取県岩美郡岩美町大谷2181
  • 粟嶋神社社務所
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県米子市彦名町1404

    本宮まで行くのに長い階段があります。階段の下でもお参りできるようにはなっています。造りはいたって普通なのですが、この神社にまつわる尼さんのお話にロマンを感じます。

  • 皆生温泉神社
    rating-image
    3.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県米子市皆生温泉

    皆生温泉をぶらぶら散歩する人がたまたま通りかかる、そんなこじんまりとした神社です。皆生の宿ゆるりの隣にあります。 この神社を目的として皆生温泉に行く人はいないと思いますが、散歩の際にお参りするには手ごろなお社だと思います。

  • 日吉神社
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県米子市淀江町西原767

    鳥居のからの参道に電車が走っている。たまたま遮断機が下りて電車が通過した。不思議な神社だ。 神社巡りが大好きだが、この神社は山全体からエネルギーを感じた。 こけが大変きれいで、静寂な中に神秘を感じる、わくわくする(変な表現ですが)神社だ。

  • 賀茂神社天満宮
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県米子市加茂町2-212

    近所の家から初詣やお祓いに訪れる人が多い小さな神社です。 おいなりさんもあり、商売繁盛のお願いも可能です。

鳥取の主要エリア

around-area-map

砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

鳥取の写真集

目的から探す