NAVITIME Travel

鳥取の体験/研修/乗物スポット一覧

  • ふるさと日南邑
    旅行/観光
    鳥取県日野郡日南町神戸上2962-1
  • 鬼太郎列車シリーズ
    旅行/観光
    鳥取県米子市弥生町2 (米子駅)
    JR境線の米子駅と境港駅を結ぶ、全長17.9kmを走るラッピング列車だ。鬼太郎や目玉おやじといった人気キャラクターが描かれており、国内外を問わず人気が高い。停車する各駅にも妖怪の名前がつけられており、妖怪のイラストと解説が楽しめる「妖怪駅名板」がある。
  • 体験型 手づくり妖怪工房・鬼太郎 幽便屋さん
    旅行/観光
    鳥取県境港市松ケ枝町25
  • 鳥取市 あおや和紙工房
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市青谷町山根313
    鳥取市青谷町山根の県道280号線沿いにある因州和紙の工房。因州和紙を使った作品の展覧会を定期的に開催している他、紙すきやランプシェード作りなどの体験も出来る。和紙商品や工作キットを販売するミュージアムショップや、自家製ピザなどを提供するカフェも併設。
  • 味果園
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市福部町湯山1206
    鳥取市福部町湯山の山陰道沿いにある梨狩り園。8月頃から11月頃までのシーズンには、制限時間1時間の梨狩りでもぎたての梨を味わうことができる。梨狩りの際に食べきれなかった分は有料で持ち帰りも可能。
  • さんこうえん
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市福部町湯山1973
    鳥取市福部町湯山にある梨農園。7月下旬頃から11月下旬頃の梨のシーズンには、もぎたての梨を味わえる梨狩りを体験できる。また、「20世紀梨カレー」やジェラート、アップルパイなどの食事も提供している。
  • 真名かいろうの里
    お買い物
    鳥取県岩美郡岩美町真名1064-2
    JR山陰本線岩美駅から車で8分。地元の粘土を使った風合いが魅力の真名焼を販売。工房兼ギャラリーでは、真名焼の展示のほか館長の難波氏による教室も行われている。周辺の休耕田から粘土を採取し、山で薪を拾い、手作りの窯で焼くというスタイルで、約2時間かけて湯のみや皿などがいくつも造れる。また、松灰・銀砂を使った真名焼オリジナルの絵付けも楽しむことができる。作品の完成は約1-3ヵ月後で、郵送もしくは現地での受け渡し。
  • 大山・神田りんご園受付(山香荘)
    遊ぶ/趣味
    鳥取県西伯郡大山町加茂2663
    西日本最大規模のわい性りんご団地。「わい性りんご」とはりんごの木を低く育てたもので、子どもでも楽にもぎ取りができるのが特徴だ。例年の旬は8月下旬から11月下旬にかけて。甘みが強い「つがる」や果汁が多い「千秋」、酸味と甘みのバランスが良い「ジョナゴールド」や生産量世界一の「ふじ」など、様々な品種をもぎたての味で楽しめる。自然の中で実った果実を自分でもぎ取って食べるという体験は、家族みんなで楽しめると評判だ。
  • 大山ツアーデスク
    旅行/観光
    鳥取県西伯郡大山町大山45-5 KOMOREBITO 1F 大山観光局内
    中国地方最高峰・大山の自然を楽しむ体験プログラムを提供している窓口。グリーンシャワーが降り注ぐブナの原生林を歩く「大山ブナの森ウォーク」をはじめ、一面真っ白に染まった景色を散策する「スノーシュー」や参加者が被写体となる「大山星空で遊ぶツアー」など様々なオリジナルツアーを取り揃えている。大山の緑と風を感じながら電動アシスト自転車で楽しくサイクリングするツアーはアップダウンを楽しみながら軽い力でスイスイ走行できる人気のプラン。大山の湧水を使ったティータイムも欠かせない。
  • 陶芸館(赤瓦十一号館)
    旅行/観光
    鳥取県倉吉市新町1 赤瓦十一号館
    「倉吉市打吹玉川伝統的建造物群保存地区」に指定された「倉吉白壁土蔵群」の陶芸館。電気炉を設置した店内で誰でも気軽に焼き物作りが体験ができる。「打吹焼」と命名された焼き物は倉吉地方でしか採れない釉薬を使っているのが特徴だ。古い空屋を改装した店内でビールジョッキやマグカップ、湯飲みなどを作ることができる。最大約40名程度まで受け入れが可能なため、修学旅行や社員旅行など団体旅行の立ち寄りスポットとしても注目を集めている。
  • 因州和紙工房 かみんぐさじ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市佐治町福園146-4
    山と川に囲まれた自然豊かな町・佐治の和紙工房。古くは平安時代の「延喜式」に献上したと伝わる伝統工芸・因州和紙の製造販売を行っている。楮や三椏、雁皮などの靱皮繊維を原料とする和紙は天然繊維の特性がそのまま活かされており、優美で柔らかくしなやかな手触りをしているのが特徴だ。鳥取市佐治町と鳥取市青谷町の二か所のみが受け継ぐ因州和紙は江戸時代藩の御用紙として、また庶民の使う紙として鳥取藩の手厚い庇護を受けてきた。三角屋根が目印の建物では紙漉き体験も行っている。
  • 山湯山果実協同組合(砂丘のなし屋さん)
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市福部町湯山687
    鳥取砂丘の麓、山湯山集落で梨の生産・販売を行っている組合。福部ICを下りてすぐの施設で愛情たっぷりの甘くてみずみずしい梨を販売している。鳥取市の北東に位置する福部町は古くから梨の栽培が盛んに行われてきた地域。梨の代表的品種・二十世紀梨の産地としても有名だ。8月下旬から10月上旬にかけては完熟した梨を自分で収穫できる梨狩り体験も行っている。食べ放題で食べきれなかった梨はお土産用に持ち帰ることも可能だ(別料金)。
  • 用瀬町観光物産センター(流しびなの館隣接)
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市用瀬町別府33-3
    旧暦のひな祭りに男女一対の紙雛を流す用瀬の民俗行事・もちがせ流しびなに関する観光物産センター。災厄を託して無病息災を願う「もちがせの雛送り」に欠かせないさん俵や製作キットなどを販売している。「もちがせ流しびなの館」に隣接するこの施設には池泉回遊式の庭園や食事処などが併設されており、流しびなの鑑賞や製作体験後にゆったり寛ぐ人の姿も多い。日本庭園を望む喫茶ぼんぼりでは日替わりランチや昔ながらの甘酒、軽食や甘味などを取り揃えている。
  • 小林農園
    遊ぶ/趣味
    鳥取県東伯郡湯梨浜町原宮田1074-1
    美味しい水と空気に恵まれた鳥取県中部地方の観光農園。元来肥料屋として営んできた知識と経験を活かした独自農法でこだわりのいちごを栽培している。当園が開発した「わかば農法」とは上質な有機物を植物が吸収しやすい状態にし、荒廃した土壌を生き返らせて健全で病気に強い農作物を作る農法。様々な酵素を利用し徹底した栽培管理を行うことで、最高の状態のいちごを作り出している。いちご狩りの期間は3月から6月にかけて。完全予約制のため、事前に必ず連絡しておく必要がある。
  • 若桜郷土文化の里
    旅行/観光
    鳥取県八頭郡若桜町屋堂羅37
    若桜鉄道・若桜駅から徒歩15分の距離にある複合文化施設。屋堂羅集落の入り口に「若桜町歴史民俗資料館」や県指定保護文化財の「三百田氏住宅」、ギャラリー見学や木工品の製作体験ができる「たくみの館」などを併設している。すべての施設が無料で見学できるため、誰でも気軽に若桜の文化や伝統、民俗に触れることが可能だ(一部施設を除く)。裏山に広がる若桜町森林公園の東屋から見た若桜の町並みには格別なものがある。
  • 加茂川・中海遊覧船
    旅行/観光
    鳥取県米子市中町
    船上から米子の下町風情を巡る観光遊覧船。かつて商人の街として栄えた白壁土蔵前の天神橋付近を出発し、中海に出て彫刻ロードへと至る。往復約50分のコースは湊山公園や米子城跡など見どころ満載。思わず腰をかがめてしまう橋のくぐり抜けスポットもあるダイナミックな遊覧船だ。桜のシーズンを満喫できる「さくら船」や中海の美しい夕日を水上から望むサンセットクルージング(要予約)なども運航している。
  • 白鳳の里
    旅行/観光
    鳥取県米子市淀江町福岡1548-1
  • 砂丘観光リフト
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市福部町湯山2083
    鳥取砂丘の砂丘センター横の乗り場から砂丘入口を結ぶリフト。片道5分の空中遊覧では、砂丘と海のコントラストの美しい景色を楽しめる。リフトを降りると、目の前には雄大な鳥取砂丘が広がり、砂丘の人気スポット・馬の背まで徒歩約15分。砂丘まで砂に足を取られることなく楽に移動でき、砂丘入口のリフト乗り場には、コインロッカーや無料の貸し長靴もあるので利用価値大だ。
  • 鹿野そば道場
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    鳥取県鳥取市鹿野町鹿野2448-9
    自家製粉したそば粉を使った「そば打ち体験」を楽しめる。長年、店でそば打ちを続けてきた地元の女性たちがやさしく指導。打ったそばはその場で食べられるほか、持ち帰りもOK。店内食事処で、食事だけの利用もできる。手打ち十割そばのメニューを各種用意している。

    以前鹿野町が独立した行政区域だった頃町営で始めた蕎麦屋です。蕎麦打ち教室もやっています。今は鳥取市に併合されてしまったので経営がどうなっているのかは不明ですが、地元のアマチュアの皆さんが半分ボランティアでやっているような印象を受けました。薫りそばというのを頼みました。蕎麦はまずまず香りがあり合格ですが、ツユはまだまだですね。3種類の塩が出てきて塩と一緒にも食べてみましたが、少なくともこの蕎麦が塩と...

  • 白壁土蔵群 赤瓦
    お買い物
    鳥取県倉吉市新町1
    通称「白壁土蔵群」と呼ばれる、文化庁選定の倉吉市打吹玉川重要伝統的建造物群保存地区。なかでも、玉川沿いには赤瓦屋根を持つ白壁土蔵造りの建物が軒を連ねている。この赤瓦屋根の商店やその建物を利用する施設などが連携して1つの商業観光施設「赤瓦」として売り出したのが平成10年(1998)。現在は、館内に地元の名店が出店し、飲食や休憩のできる「赤瓦」のシンボル施設・赤瓦一号館をはじめ、お茶処や乳製品の店が入る赤瓦16号館まで、個性あふれるショップが赤瓦屋根の店舗で営業している。

鳥取の主要エリア

around-area-map

砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

鳥取の写真集

目的から探す