NAVITIME Travel

北海道の名所スポット一覧

  • 国泰寺
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    北海道厚岸郡厚岸町湾月1丁目5

    駅弁「かきめし」購入の為に厚岸駅に立寄りました。駅改札内に当たる場所に「国泰寺山門 徳川葵の紋」のモニュメントが立っていました。列車を乗り降りする際には必ず目に入る位置となっていました。

  • 小樽三角市場
    rating-image
    4.0
    497件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市稲穂3-10
    細長い路地に海産物の店が軒を連ねる。カニ、鮭、ウニなどの北海の幸が豊富。近くに船見坂があり、坂の上から小樽港が一望できる。

    小樽に到着するのが15時頃になってしまいましたが、まだ開いていて海鮮丼を食べることができました。たくさんの種類の丼の写真が壁に貼ってあります。どれも美味しそうで選ぶのが大変でした。市場なので接客は良くないですし、店もきれいではありませんが、とても美味しかったです。カニとウニとイクラの丼で2500円でした。小樽に行ったらまた食べたいです。

  • マイルドセブンの丘
    旅行/観光
    北海道上川郡美瑛町字美田
  • ファーム富田
    rating-image
    4.0
    170件の口コミ
    旅行/観光
    北海道空知郡中富良野町基線北15
    「ラベンダーの聖地」と言われる北海道・富良野の観光農園。畑一面を埋め尽くすラベンダーが見事。開花時期は早咲きの6月下旬から遅咲きの8月上旬まで。7月上旬-7月中旬には日本最大級のラベンダー畑「ラベンダーイースト」が見頃を迎える。敷地内にはラベンダーを使用したポプリや香水などを扱うショップやカフェがある。またシーズン以外でも季節ごとの様々な花畑を楽しむことができる。

    トウキビをいただきました。ボイルとグリルがありました。どちらも甘くて美味しかったです。綺麗な花畑を見ながら食べられて良かったです。

  • 小清水原生花園
    旅行/観光
    北海道斜里郡小清水町浜小清水
    国道244号線沿い、オホーツク海と濤沸湖(とうふつこ)に挟まれた細長い砂丘に広がる原生花園。6月から8月にかけては約40種類の花々を楽しむことができ、7月になると町花であるエゾスカシユリ、ハマナス、エゾキスゲなどの代表的な花が見頃を迎える。6月中旬から7月下旬は色鮮やかな花々でにぎわう、最もおすすめの季節だ。
  • 阿寒国際ツルセンター [グルス]
    旅行/観光
    北海道釧路市阿寒町上阿寒23線40
    1996年に設立された、タンチョウの生態や行動の研究を目的とした国内唯一の施設。館内には、ツルの生活やからだのしくみを解説した展示コーナーや、躍動感あふれる映像などを紹介している。隣接するタンチョウ観察センターの前には給餌場あり。たんちょう釧路空港からは車で約20分。
  • 北海道大学イチョウ並木(休業中)
    旅行/観光
    北海道札幌市北区13条西5-西7 北海道大学内
    地下鉄南北線「北12条駅」から徒歩で約5分。北海道大学構内の北13条通りにある黄葉の名所。東西に伸びる約380メートルの街路の両端に70本のイチョウ並木があり、例年10月下旬から11月上旬にかけて鮮やかな黄色に染まり見頃を迎える。その時期には多くの観光客が訪れることから、安全に鑑賞出来るよう一般車両の交通規制が行なわれている場合がある。10月末の土日に開催される「北大金葉祭」では屋台が並ぶ他、18時から21時までの間、イチョウ並木のライトアップも実施される。
  • 樽前ガロー
    旅行/観光
    北海道苫小牧市字樽前
    千歳空港から車で約60分。国道36号線沿いにある看板が目印の観光名所。昭和54年(1979)に苫小牧市の自然環境保護区に指定されている。樽前ガロー橋の手前に駐車場があり、そこからは徒歩。橋を渡り、樽前山麓の林道を進むと現れる崖を下った場所に存在する。ガローは東北地方の方言で「崖の間を川が流れる場所」という意味があり、その名のとおり、崖や周辺の岩肌に苔が大量に張り付いているのが特徴。珍しいため写真を撮るのに最適のロケーションとなっている。
  • 北海道夜明けの塔
    旅行/観光
    北海道檜山郡上ノ国町勝山
    檜山郡上ノ国町勝山にある塔。上ノ国の開基800年を記念して建てられたシンボルタワーで、高さは800寸(24.24m)。自然と人間との交感をテーマにデザインされた塔は2重の八角錐からなり、塔を中心に土塁で囲まれた「太陽の広場」には夏至、冬至、春・秋分の日の出の方向を示す道が付いている。
  • 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
    旅行/観光
    北海道阿寒郡鶴居村字中雪裡南
    タンチョウの越冬地として有名な阿寒郡鶴居村で、日本野鳥の会が地元で長年保護活動に携わった伊藤良孝氏の協力により開設したタンチョウ観察施設。11月-3月は給餌場に飛来するタンチョウを、暖かいネイチャーセンターでレンジャーの解説を受けながら観察でき、展示やタンチョウグッズの購入も楽しめる。
  • 蔵囲夢
    旅行/観光
    北海道旭川市宮下通11 上川倉庫(株)内
    かつて旭川駅に隣接していたレンガ倉庫群を整備した一街区。創立は明治30年代で、道北の開拓に伴う物流拠点基地として大正初期には21棟もの倉庫を有していた。国の登録有形文化財でもある上川倉庫群を改装し、現在はデザインギャラリーやコレクション館、大雪地ビール館など複数の施設が併設されている。北海道にはレンガ造りの倉庫が多く残っているが、比較的小規模な倉庫が密集する様子は他にはあまり見られない独特な景観。旭川駅周辺開発「北彩都あさひかわ」の一角を担う名所としても注目を集めている。
  • 田んぼアート
    旅行/観光
    北海道旭川市東鷹栖7線18
    稲の葉色の違いを利用して、水田をキャンパスに見立てて絵を描く田んぼアート。縦40メートル、横170メートルの水田に描かれる絵は迫力があり、夏の風物詩となっている。
  • 青葉ケ丘公園
    旅行/観光
    北海道茅部郡森町字清澄町12
    大正3年(1914)に開設された公園で、ソメイヨシノを筆頭に17種類、およそ1,000本もの桜が植えられている。昭和25年から続く5月の「桜まつり」には毎年10万人を超す人が訪れる花見の名所だ。
  • ラベンダーイースト
    rating-image
    4.0
    131件の口コミ
    旅行/観光
    北海道空知郡上富良野町東6線北16
    ファーム富田が管理する日本最大級のラベンダー畑。七色の花々がゆるやかな丘を彩る「彩りの畑」をはじめ、多くの花畑を有する北海道の代表的スポット「ファーム富田」から十勝岳連峰に向かって東に4kmほど離れたところにある。ここはもともと水田だった土地を香料作物生産のための畑として整備したもの。例年7月上旬から中旬にかけて開花するラベンダーが、迫力ある十勝岳連峰とコラボレーションする景色は必見だ。園内には展望デッキやトイレのほか、オリジナル商品やソフトクリームを販売するウエルカムハウスも設けられている。

    香り豊かなラベンダーが植えられています。一斉に咲いた花は本当に美しい景色でした。売店も充実しているので、時間を掛けて回りたい場所です。

  • 清隆寺
    旅行/観光
    北海道根室市松本町2-2
    桜前線の終着点として知られる根室の桜の名所。根室駅から徒歩10分の距離にある境内に推定樹齢150年以上のチシマザクラが植えられている。明治初期、国後島から移植されたチシマザクラはエトロフ桜、国後桜とも呼ばれる桜。他の桜に比べて非常に高さが低いのが特徴だ。例年5月に発信される根室の開花・満開宣言は旧根室測候所のチシマザクラを標本木に発表されている。全国で唯一北方領土由来のチシマザクラを標本木にしており、最東端の春の訪れを楽しみに足を運ぶ観光客も多い。
  • モエレ沼公園サクラの森
    旅行/観光
    北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
    札幌市街地を公園や緑の帯で包み込もうという「環状グリーンベルト構想」の拠点として作られた「モエレ沼公園」内のアートパーク。世界的に著名な彫刻家、イサム・ノグチによる「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトに基づいて建設された。エゾヤマザクラを中心とした約1900本の桜が植樹されており、春には札幌の桜の名所として賑わう公園だ。桜の中を隠れるように7つの遊具エリアがあり、その遊具すべてをイサム・ノグチがデザインしている。
  • ガラスのピラミッド(2020/5/31まで休業中)
    旅行/観光
    北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
    モエレ沼公園の象徴ともいうべきモニュメント。屋外の環境を映し出す姿が印象的で、夏には美しい芝生で切り取られた青空を、冬には辺り一面に広がる雪原の美しさを見せてくれる。
  • 海の噴水
    旅行/観光
    北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
    モエレ沼公園中央部にある噴水で、最大25mまで噴き上がるダイナミックな「水の彫刻」である。40分のロングプログラムと15分のショートプログラムがあり一日3-4回運転されている。夜にはライトアップが施され昼間とはまた違う幻想的な美しさを楽しめる。
  • 八紘学園花菖蒲園
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市豊平区月寒東3-11
    全ての学科で職業実践専門課程の認定をされた「八紘学園・北海道農業専門学校」内にある花の名所。毎年7月上旬から下旬にかけての約2週間のみ一般公開している。2ヘクタールもの広大な敷地は、専門学校の学生が農作業実習の一環として管理している畑。約450種類、7万株の花菖蒲が咲き誇る姿は知る人ぞ知る絶景だ。周囲には高いビルがないため一面の花畑を望むことができる。公開時には花菖蒲の苗やオリジナル園芸品種を販売するほか、学生が花菖蒲について解説する園内ツアーも開催している。
  • 三笠あすか梅の杜
    旅行/観光
    北海道三笠市幾春別山手町63
    およそ10ヘクタールの炭鉱住宅跡地に約1万本の梅が植林された梅園。北海道内でも最大級規模の梅園で、毎月5月上旬-中旬頃には「みかさ梅まつり」を開催。梅干種飛ばし大会などが行われている。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す