NAVITIME Travel

北海道の旅行/観光スポット一覧

  • 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市南区真駒内公園1-1
    札幌市にある多目的施設。スタジアム内では、アイスホッケーやフィギュアスケートをなどの各競技のコートが設置されている。また、バドミントンや卓球を行う附属体育館も併設。施設はスポーツ教室をはじめ、コンサート会場としても使用されている。夏季と冬季で一部利用できる施設が異なる。

    札幌市街地からは少し離れています。私はタクシーで行きましたが、真駒内駅からバスでも行けるようです。ライブなどで大人数が来る日は臨時バスも出ているようですので、調べてから行くことをおすすめします。

  • 白い恋人パーク
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市西区宮の沢2条2-11-36
    札幌を代表する銘菓「白い恋人」の製造工場の見学(有料)ができるテーマパーク。白い恋人に絵を描けるコースなど子供から大人まで楽しめる体験アクティビティもある。イギリスのアンティークに囲まれた空間でスイーツを楽しめるラウンジや、キャンディ職人の実演が見られるキャンディ・ラボなど、目で見ても味わっても楽しめるスポットが満載。冬と夏で違う表情を見せる美しいローズガーデンも見どころ。
  • 北海道神宮
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区宮ケ丘474
    東西線円山公園駅から徒歩約15分。開拓・発展の神である、大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の三柱(開拓三神)を祀るため建立された。昭和30年(1955)には、西洋の文明を取り入れ日本の礎を築いた明治天皇を増祀した。春には桜の名所としても知られ、市民に親しまれている。
  • 五稜郭タワー
    rating-image
    4.0
    1899件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市五稜郭町43-9
    五稜郭公園入り口に建つ展望タワーで、現在のタワーは2代目。高さ107mの展望フロアからは、五稜郭のほぼ全景を見下ろせる。館内には五稜郭の歴史が学べる展示スペースのほか、強化ガラスの床で真下が見える「シースルーフロア」や五稜郭オリジナルグッズが購入できる売店も入る。五稜郭ゆかりの土方歳三のブロンズ像も必見。

    晴れていた為、五稜郭の星形や詳細が綺麗に見れました。 降りてから、五稜郭の中心へ向かいましたが、上空で見てから地上へ出た為、広さなどが体感できて良かったと思います。 タワー内のジェラート屋さんもとても美味しかった。 桜が満開の時に、また訪れてみたいです。

  • 札幌市時計台
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区北1条西2 旧札幌農学校演武場
    「札幌時計台」の愛称で親しまれるこちらの時計台は、北海道大学の前身である旧札幌農学校の演武場として建設された。建設当初は時計塔はなく綱を引いて小さな鐘楼を鳴らす仕組みだったが、開拓長官であった黒田清隆のもと、明治14年(1881)に塔部分を新築、以来ハワード製の振子式時計が使用されている。最寄の大通駅からは徒歩で約10分。1階では時計台の歴史を、2階では演武場の歴史的な雰囲気を体感しながら、時計機械を見学できる。
  • さっぽろテレビ塔
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区大通西1
    札幌の大通公園の東端に建つ、高さ147.2mのテレビ塔。札幌におけるテレビ放送開始をきっかけに建設された歴史をもつ。現在では、札幌市内を360°見渡せるビュースポットとして人気。地上90.38mの展望台からは、緑豊かな大通公園をはじめ、YOSAKOIソーラン祭りやさっぽろ雪まつりなど札幌の四季折々の表情が楽しめる。館内には、テレビ塔キャラクターの「テレビ父さん」グッズを販売するショップやレストランも備えている。
  • 小樽運河
    旅行/観光
    北海道小樽市港町
    北海道開拓の玄関口として重要な役割を担ってきた小樽港。大正末期には、「はしけ」とよばれる小型船を使って荷揚げをしていたが、取り扱う荷物の量が増えたため、はしけが直接倉庫近くまで入っていけるように整備された水路が「小樽運河」である。石畳の散歩道には63基のガス灯が設置され、灯りがともる夜にはレトロな雰囲気を醸し出す。運河沿いの倉庫は木骨石造りの構造で、当時の姿のままレストランなどに再利用されている。
  • 白金青い池
    旅行/観光
    北海道上川郡美瑛町白金
    季節や見る角度により、青にも緑にも見える池。カラマツなどの木が立ち枯れている姿と、陽の光を浴び静かに輝く水面が幻想的で、フォトスポットとして人気を誇るスポットである。冬季に行われるライトアップでは、より一層神秘的な姿を見ることができる。週末やGWなどは混み合うので、時間に余裕を持って出かけよう。
  • 北海道大学
    旅行/観光
    北海道札幌市北区北8条西5
    明治9年(1876)に、札幌農学校として開校した北海道大学。その後は農業分野だけにとどまらず、北海道の開拓や進展に大きく寄与してきた。クラーク博士が札幌を去る際に学生に残した「Boys, be ambitious!」は、現在も大学のモットーとして受け継がれている。その敷地は広大で、札幌キャンパスだけで約177万平方メートル、東京ドーム約38個分の広さである。ポプラ並木やハルニレの木など、自然豊かな構内を散策するのも楽しい。
  • 宗谷岬
    旅行/観光
    北海道稚内市宗谷岬
    北海道稚内市、北海道本島の最北端の位置し、北緯45度31分22秒「日本最北端の地」を標す北極星の一稜をモチーフにした地碑がある。間宮海峡を発見した間宮林蔵の立像もあり、訪れる人が後を絶たない。正面43キロ先には、サハリンの島影を望むことができ、最北端であることを実感できるだろう。
  • 洞爺湖
    旅行/観光
    北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
    支笏洞爺国立公園にある湖であり、面積は日本で9番目、カルデラ湖としては3番目に大きい湖である。自然の雄大さを体感できる一方で、湯量が豊富な温泉地であることからホテルや旅館の数も多く、遊覧船やカヌー、酪農体験などのアクティビティーが楽しめる北海道屈指の人気リゾート地だ。
  • 函館山展望台
    旅行/観光
    北海道函館市函館山
    函館市とその近郊を一望できる、函館山山頂にある展望台。地上からは函館山ロープウェイで3分ほどで到着する。最上階の屋上展望台では、旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にも三ツ星として掲載されている美しい函館山の眺望が楽しめる。展望台内には函館山限定のグッズを販売するギフトショップや、夜景を一望しながらシェフ自慢の和・洋料理を楽しめるレストランも入っている。無数の灯りがきらめく夜景は一見の価値ありだ。
  • 博物館網走監獄
    rating-image
    4.5
    654件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市呼人1-1
    網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館で、平成22年(2010)に全面リニューアルされている。デジタル映像や立体音響などの最新技術を採用し、当時の受刑者の過酷な労働に焦点をあてた「赫い囚徒の森・体感シアター」は必見。他にも、解説員による「監獄ガイドツアー」や、受刑者が実際に食べている食事が頂ける「体験監獄食」などもある。移築した建造物2件8棟が重要文化財に指定されている貴重な建物である。

    北海道開拓に網走監獄の囚人たちが、どんなに尊い命を落としたのか。網走監獄ではそれを知ることができます。その上で網走を観光すると、ダイナミックな風景と相まって、長い時の流れを感じることができ、とても心豊かな旅になりました。建築も素敵で、見所が多かったです。ガイドツアーに参加するのがベストだと思います。建物の中は蝋人形もちょっと怖いですが、外は植物も綺麗で、のどかな庭園のようで気持ちよかったです。

  • 支笏湖
    旅行/観光
    北海道千歳市支笏湖温泉番外地
    北海道千歳市にある、周囲約40kmもある巨大なカルデラ湖。日本最北の不凍湖であり、透明度が高く、最大水深は363mである。湖の周辺には恵庭岳、風不死(ふっぷし)岳、樽前山の支笏三山がそびえ、緑あふれる原生林に囲まれている。水中遊覧船から見えるコバルトブルーの景色を楽しんでほしい。
  • 藻岩山
    旅行/観光
    北海道札幌市南区
    札幌市南区にある、標高531mの山。札幌市のほぼ中心にあり、山頂にはロープウェイや「藻岩山観光自動車道」を使って山の中腹まで行き、そこからミニケーブルカーの「もーりすカー」に乗車。また、歩いて登るための登山道もある。山頂からは札幌の町並みや、日本海石狩湾を一望でき、夜景スポットとしても知られている。
  • 金森赤レンガ倉庫
    旅行/観光
    北海道函館市末広町14-12
    函館駅より徒歩15分、ベイサイドに位置する複合商業施設。明治時代に営業倉庫として建造された金森倉庫群を改装し、現在は「BAYはこだて」「金森洋物館」「函館ヒストリープラザ」「金森ホール」の4つの施設で構成されている。館内にはカフェやレストラン、土産物屋などが入り、ショッピングやグルメが楽しめる。函館ベイエリアの顔ともいえる赤レンガ倉庫の佇まいに、異国情緒を満喫できる人気スポットだ。
  • サッポロビール博物館
    旅行/観光
    北海道札幌市東区北7条東9-1-1
    札幌駅の東部に位置する、日本のビール史が学べる国内で唯一の博物館。館内は無料で自由見学ができるが、時間があれば有料の「プレミアムツアー(約50分)」がおすすめ。大迫力の6Kワイドシアターやわかりやすいガイドで、サッポロビールの歴史を知ることができる。又、このツアーでしか味わえない創業当時の味を復元した「復刻版札幌製麦酒」と、代表商品「黒ラベル」を試飲することができる。こちらはホームページでの予約が必要。
  • 登別地獄谷
    rating-image
    4.0
    1221件の口コミ
    旅行/観光
    北海道登別市登別温泉町
    登別市にある爆裂火口跡。谷に沿って数多くの噴気孔や湧出口があり、ここでわき出た温泉が登別温泉街へ給湯される。泡を立てて煮えたぎる風景から「鬼の棲む地獄」とも言われている。また、秋には紅葉のスポットとしても知られ、美しく色づいた紅葉を一望できる。

    たくさんの煙がもくもくと湧き出ていて、この熱で温泉ができているんだなぁと実感。硫黄のにおいが苦手な人は、あまり長時間滞在できないかも? 地獄谷の周辺には、いくつかの遊歩道があり、大湯沼にもつながっています。ちょっとっしたお散歩になって、とてもいい感じ。 この辺には、昼食をとるような場所はあまりないので、温泉街の方へ歩いていく必要があります。

  • 襟裳岬
    旅行/観光
    北海道幌泉郡えりも町えりも岬
    北海道の南端、日高山脈が徐々に標高を下げ、太平洋へと沈んでいく岬である。日本でも有数の強風地帯であり、風速30mを超えることも珍しくなく、風をテーマにした「風の館」がある。館内では襟裳の強風を体感でき、屋内展望室からは野生のゼニガタアザラシを観察できるため子ども達にも人気。平成22年(2010)、アイヌ民族にとって精神的、聖地的に重要な地であるとして、国の名勝ピリカ・ノカ(美しい・形)に指定された。
  • 北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)
    rating-image
    4.0
    1905件の口コミ
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区北3条西6
    明治21年(1888)に完成したレンガ造りの建物で、「赤れんが庁舎」などとも呼ばれる北海道開拓使のシンボル。アメリカ風ネオ・バロック様式の建築で、国の重要文化財に指定されている。火災のために屋根と内部が焼失したが、昭和43年(1968)に創建当時のように復元された。敷地内には桜やチューリップなど多数の花が植えられており、市民の憩いの場となっている。

    北海道と言えば札幌。 時計台など見学して、周りを散策しました。 寒いので移動は地下道を上手く使うと良いと思います。 外を歩いていると存在感のある建物が見えてきます。 建物はレンガ造りでオシャレです。 イチョウも銀杏がなっており綺麗でした。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す