箱館奉行所

歴史的建造物

140年の時間を超えて、再現された美しい日本建築

開港を迎えた日本の北の窓口として、また軍事拠点として発展する町に設けられた箱館奉行所。一度は取り壊されるも、平成になってから技術の粋を集め復元された。現代の名工の手でよみがえった美しい姿を観賞しよう。

日本伝統の建築技術により精巧に再現された箱館奉行所 日本伝統の建築技術により精巧に再現された箱館奉行所

当時の技術と最高の建築材で復元された

明治になるまで、函館は「箱館」と表記されていた。五稜郭公園の中央にある箱館奉行所は、幕末の函館開港に合わせて設けられたものだ。日本史上、最大の内戦となった戊辰戦争が五稜郭で終結し、1871年(明治4)には解体されてしまったが、約140年という時を経て2010年(平成22)に復元された。五稜郭公園の正面から入り、2本の橋を渡れば5分とかからない場所にある。当時と同じぜいたくな材料を吟味し、日本伝統の建築技術を駆使して4年の歳月をかけて可能な限り忠実に復元された。匠の技によりよみがえった非常に繊細な建築物である。履物を脱いでの見学となり、大きな荷物の持ち込みはできない。土壁などをうっかり傷めないよう、リュックサックは抱えて持つなど配慮して進もう。

復元されたのは建物全体の3分の1。地面のマーキングは復元されていない奉行所の部屋割りを示している 復元されたのは建物全体の3分の1。地面のマーキングは復元されていない奉行所の部屋割りを示している

幕府の重要拠点として五稜郭とともに建築された

受付を済ませると、最初に入るのが「使者之間」だ。文字どおりかつては使者が控える場所だった部屋で、現在はこちらで箱館奉行所の概要説明の短編映像が流れている。ロシアの南下政策に対抗するため、箱館の港を見渡せる現在の元町公園にまずは蝦夷奉行所を置いた。その後、黒船来航で箱館は開港の運びとなったが、港からの見通しが良すぎる奉行所を安全のために移転することに。そうして造られたのが、防衛に配慮された五稜郭とここ箱館奉行所である。「使者之間」を過ぎると、72畳の大広間が現れる。手前から「四之間」が15畳、「参之間」が21畳、「弐之間」と「壹之間」は18畳。身分が高くなるほど、上座に近づける。

襖を開け放すと、上座までの遠さを感じられる 襖を開け放すと、上座までの遠さを感じられる

大広間横の長い畳廊下には、静謐な雰囲気が漂っている 大広間横の長い畳廊下には、静謐な雰囲気が漂っている

奉行しか座れなかった場所に着座できる

奉行が座っていたのは、床の間から数えて2枚目の畳。今では誰でも座ることができる。ここに座って庭に目をやると、廊下の向こうに松林が見える。この松の幹には、番号札の付けられているものが85本ある。これらは五稜郭築造当時に植えられた松で、国有財産として登録されている。大広間を抜けると、奉行の執務室であった表座敷があり、渡り廊下を通って北棟に移動すると御役所調役(おやくしょしらべやく)の執務室がある。ここには箱館奉行所の歴史や、戊辰戦争の最終局面となった箱館戦争に関するパネルが展示されている。

天井の一部が開けられており、奉行所を支える梁を観察できる 天井の一部が開けられており、奉行所を支える梁を観察できる

復元過程のドキュメンタリー映像は必見

歴史的建造物が多い函館だが、昔のものを忠実に再現したものは希少である。日本全国から一級の材料を取り寄せ、宮大工をはじめとした職人たちが全国から呼び集められた。屋根瓦の葺き方、鬼瓦の制作、土壁の塗りなど古建築の技法によって「同じ場所に、同じ材料で、同じ工法で」にこだわって復元は進んだ。順路の中盤では、復元の過程をとらえた17分間の高画質映像を視聴できる。映像を見終わった来館者は「もう1度、玄関から見学し直したい」と口々に感嘆の声を漏らす。五稜郭公園は広く、見学スポットがわかりにくいので、最初にここ箱館奉行所を訪れるか、五稜郭タワーで全容を確認してから、五稜郭公園を散策するルートがオススメだ。

実際に使用された部材の実物が展示されている。こちらもじっくり鑑賞したい 実際に使用された部材の実物が展示されている。こちらもじっくり鑑賞したい

裏手に回ると、五稜郭タワーと箱館奉行所を一緒に撮影できる 裏手に回ると、五稜郭タワーと箱館奉行所を一緒に撮影できる

スポット詳細

住所
北海道函館市五稜郭町44-3
エリア
函館エリア
電話番号
0138512864
時間
[4-10月]9:00-18:00(最終受付17:45)
[11-3月]9:00-17:00(最終受付16:45)
[正月特別開館(令和4/1/2-1/3)]9:00-15:00(最終受付14:45)
休業日
12/31-1/1、その他臨時休館あり
料金
[入館料]一般500円、学生・生徒・児童250円、未就学児無料
※大学生・専門学校生は学生証の提示が必要
駐車場
なし
※近隣有料駐車場をご利用下さい
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(英語リーフレット、英語展示パネル、英語オーディオガイド)
滞在目安時間
0-60分
車椅子での入店
可(館内専用車いすへの乗り換えが必要)
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 時代を読みきれなかった建物
    4.0 投稿日:2021.03.10
    函館で時間があったので立ち寄ってみました。旧幕府軍最後の交戦地となった場所に当時の建物の一部分が復元されています。入った感じはだだっ広い宴会場の集まり、奥に進むと高級旅館といった感じです。箱館戦争で艦砲射撃は受けたものの建物は残っていたようですね。砲弾が届かなかったからなのか。ただここで戦闘があったらあっという間に壊れていたでしょう。造られたのは1862年、通商や外交が目的で戦闘施設ではありま...
  • 先達からの伝統匠の技に感銘・感服
    5.0 投稿日:2021.01.28
    日本の古来からの匠の技が生み出した古建築技術に、武者震いを隠せませんでした。奉行所内は玄関で、靴を脱いで入ります。入場料は500円。驚愕したことは、縄張り図や古写真、発掘された遺構の正確さが功を奏して再建されました。屋根上の太鼓櫓も正確です。何よりも縄張り図や古写真が残されており、その写真をもとに再建されました。まさに伝統を守る日本人の気質が発掘された功を奏しました。外観を遠くから眺めても曲線は優...
  • 12月に修学旅行生の団体にぶつかりびっくり
    3.0 投稿日:2020.12.19
    五稜郭公園の真ん中にポツンと立っている印象でした。公園自体が広い為、こじんまりして見受けられましたが、実際の建物内は充実した施設となっていました。又、案内板を見ると現役時代は現在の建物以外にも施設が広がっていたそうでした。猶、時節柄、個人観光客の姿は疎らだったものの修学旅行生の団体が訪れていたのには驚きました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          函館エリアのおすすめスポット

          北海道のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました