北海道の博物館/科学館スポット一覧

  • 博物館網走監獄
    rating-image
    4.5
    769件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字呼人1-1
    網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館で、平成22年(2010)に全面リニューアルされている。デジタル映像や立体音響などの最新技術を採用し、当時の受刑者の過酷な労働に焦点をあてた「赫い囚徒の森・体感シアター」は必見。他にも、解説員による「監獄ガイドツアー」や、受刑者が実際に食べている食事が頂ける「体験監獄食」などもある。移築した建造物2件8棟が重要文化財に指定されている貴重な建物である。

    かの有名な網走監獄には道東行ったからには行ってみたいと思い行きました。入場料はかかりますが、払う価値あると思います。漫画などで見たものそのまんまの光景がありました。すごかったです。

  • 北海道開拓の村
    rating-image
    4.5
    549件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
    北海道開拓当時の情景を再現した野外博物館。開拓の歴史を身近に学ぶことができる。集落を模した園内は、当時の市街地、農村、漁村、山村といった4つのエリアに分けられており、実際に歩きながらそれぞれの雰囲気を味わうことが可能だ。館内の「開拓の村食堂」では、素朴な味ながらもおいしいと評判の「いももち」や、食堂オリジナルの「屯田兵定食」などが味わえる。

    閉館間際に行きましたので、がらがらに空いていて ちょっとさみしかったです。 でも、野生のリスに癒されました。

  • 白い恋人パーク
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市西区宮の沢2条2-11-36
    札幌を代表する銘菓「白い恋人」の製造工場の見学(有料)ができるテーマパーク。白い恋人に絵を描けるコースなど子供から大人まで楽しめる体験アクティビティもある。イギリスのアンティークに囲まれた空間でスイーツを楽しめるラウンジや、キャンディ職人の実演が見られるキャンディ・ラボなど、目で見ても味わっても楽しめるスポットが満載。冬と夏で違う表情を見せる美しいローズガーデンも見どころ。
  • オホーツク流氷館
    rating-image
    4.0
    381件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市天都山244-3
    網走市・天都山に位置する、流氷とオホーツク海の生き物をテーマとした観光施設。見どころは、北海道最大級のプロジェクションマッピングをはじめ、オホーツク海に生息するクリオネなどの不思議な生き物の展示など。その他、300インチのスクリーンを正面に左右上下に展開する5面シアターは迫力満点。流氷体感テラスでは、濡れたタオルを凍らせる「しばれ実験」が大人気。最上階の展望テラスからは360度の大パノラマが望め、その絶景は1938年に国の名勝にも指定されている。

    天都山上にある施設です。 屋上に上がったり飲食エリアは無料で入れました。 なんと言っても屋上からの眺めは素晴らしいですね。 冬の晴天時に行ったので流氷越しに知床連山が一望でき、 反対側は網走湖、能取湖も見え素晴らしい景色です。 天気がよければぜひ、おすすめです。

  • 札幌オリンピックミュージアム
    rating-image
    4.0
    170件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市中央区宮の森1274 大倉山ジャンプ競技場内
    札幌駅から車で約30分の大倉山ジャンプ競技場内にある博物館。館内では、昭和47年(1972)に開催された冬期オリンピック札幌大会時の貴重な資料の展示をはじめ、大画面を見ながらスキージャンプの体験ができるシミュレーターなども設けられている。見て触れて、ウィンタースポーツの楽しさを実感できるスポットだ。

    大倉山にせっかく来たので600円の入場料を支払い覗いてみました。 興味深い展示品が多くオリンピックメダリストの用品、用具の展示を見て過去の映像が脳裏に浮かび鳥肌が立ちました。 ウインタースポーツの体験コーナーもあり子どもたちも楽しめる施設だと思います。

  • 北海道立北方民族博物館
    rating-image
    4.5
    130件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市字潮見309-1 天都山・道立オホーツク公園内
    日本では唯一の、世界でも数の少ない北方地域を専門とする民族学博物館。北海道を含めた北方諸地域の人々やその歴史、文化の特徴を調査研究した成果を展示している。講座、講習会も豊富で、ショップは北方に関する書籍も充実。JR網走駅から車で約10~15分。バスなら観光施設めぐり線に乗車。

    ヴァーサ号博物館に行こうとしてトラムを降りると、目の前にとても立派な建物があったので、ヴァーサ号博物館に行く前に入って見ました。北方民俗博物館という博物館で、スウェーデンの歴史や文化を展示しています。特に最上階の展示物は見応えがありました。入館してすぐの場所にあるヴァーサ王の像にもびっくりです。

  • 標津サーモン科学館(サケの水族館)
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道標津郡標津町北1条西6-1-1-1 標津 サーモンパーク内
    サケが産卵する様子も観察出来る標津サーモン科学館は、世界に生息しているサケの仲間18種30種類以上を展示し、生態から食文化までを知ることが出来る。また稚魚の放流など様々な教育活動にも力を入れている。12月から1月は閉館。根室中標津空港から車で約35分。

    表題の通り、釣りが好きで特にサケ・マスが好きで水族館に行った場合、最も時間をかけて観ているのでここに来るのは楽しみでした。 東京に住んでいると日光の「さかなと森の観察園」や山梨の「富士湧水の里水族館」などがサケ・マスに特化しているのでチョクチョク行くのですが、北海道はサケ・マスの本場です。 ミヤベイワナやイトウと云った自力で釣るのは困難な魚も見れ、エサもあげられ大満足だったのですが、インパクトが有...

  • 小樽オルゴール堂2号館 アンティークミュージアム
    rating-image
    4.0
    155件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市堺町6-13
    北海道をはじめ都内や京都、沖縄など全国に店舗を持つオルゴールの専門店。「小樽オルゴール堂本館」から100mほど離れたノスタルジックな空間で「天上からの音楽」を身近に楽しむことができる。歴史的価値の高いアンティークオルゴールが並んだ館内はミュージアムになっており、明治41年(1908)にイギリスで製造された「エオリア・パイプオルガン」を見学することが可能だ。自動演奏のパイプオルガンとしては日本で初めて紹介されたものであり、今も当時と変わらない音色を響かせている。

    一日に何回か、アンティークな楽器、オルゴールの生演奏をきかせてくれるようです。ふるいレコードのようなオルゴールの音をきくこともできました。

  • 平取町立二風谷アイヌ文化博物館
    rating-image
    4.5
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道沙流郡平取町二風谷55
    北海道・沙流郡にあり、アイヌ民族の文化を伝える貴重な民具を展示した施設。アイヌの伝統的で美しい技巧や文様が施された古道具のほか、日本一の大きさを誇る丸木船などを間近で鑑賞することができる。「木彫・刺繍」「講話」「舞踊」「ムックリ演奏」などアイヌ文化の体験学習も楽しめる。(要予約)

    展示内容はアイヌの生活をとても感じられるものです。外にもアイヌ住居の建物もあり、すばらしいです。アイヌ語がちょっと勉強できたりもしました。もっとアイヌに関して知りたくなるきっかけとなりました。施設の外に沙流川が流れていて、そこも眺めがよく落ち着きます。こういう施設を守って管理してくれている平取町に感謝です。

  • 北海道博物館
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
    森のちゃれんが、の愛称で親しまれている北海道博物館は、北海道の自然や、アイヌ民族などの文化、入植者の歴史や暮らし等を調査研究、資料を保存し、5つのテーマに分け展示をしている。JR新札幌駅から北海道バス 開拓の村行きに乗り、「北海道博物館」下車。約15分。
  • 北海道立オホーツク流氷科学センター GIZA(ギザ)
    rating-image
    4.0
    85件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道紋別市元紋別11
    「道の駅 オホーツク紋別」内にある流氷をテーマにした体験施設。流氷発生の仕組みに関する資料展示のほか、オホーツクの自然の様子を大型全天周スクリーンに投影する展示や、マイナス20度の世界を体験できる厳寒体験室などを備える。

    クリオネの数が多いです。 クリオネの新種も見ることが出来ました。 マイナス20℃でシャボン玉が凍るのが体験出来ます。

  • 釧路市立博物館
    rating-image
    4.0
    61件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市春湖台1-7
    2016年に開館80周年を迎えた、東北海道屈指の歴史を持つ博物館。釧路地方の多様な自然とそれに育まれた歴史・文化がテーマ。豊富な資料数を誇るアイヌ文化展示やリニューアルされた魚類・両生類展示、北海道遺産に選定された開拓を支えた鉄路「簡易軌道」の新コーナーなども必見。

    展望スペースがあります。残念ながら、春採湖は氷結の為雪景色となりましたが夏は良いのでは!まず、入り口のマンモスの大きさにビビリます。大まかな釧路の歴史や生物の歴史を学べます。展示物も豊富なので、じっくり楽しめます。残念なのは、順路がないので自分で考えて回って下さい。時間軸がグチャグチャになります。

  • 小樽市総合博物館 運河館
    rating-image
    4.0
    44件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市色内2-1-20
    「小樽駅」より小樽運河方向へ徒歩約10分、小樽の歴史や自然に関した資料を集めた博物館。20分ほど歩いた場所に本館があり、二日間に渡って利用できる共通入館券もある。運河館は明治26年(1893)に建てられた歴史的価値も高い石造りの「旧小樽倉庫」を利用しており、博物館自体も貴重なものとなっている。小樽が最も華やかな時代だった大正時代の街並みを実物大で復元したコーナーでは、当時の電話やオルガンにも触れることができる。

    小樽運河沿いにある運河プラザと同じ旧小樽倉庫を改装して作られた博物館。 内部は小樽の歴史を中心とした第一展示室と自然、遺跡を中心とした第二展示室に分かれています。 規模はそれほど大きくはないですが明治期の商家の復元展示があったり、北前船と小樽のかかわりについての歴史がまとめられていたりとなかなか充実した展示内容でした。

  • 函館市縄文文化交流センター
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市臼尻町551-1
    道の駅・縄文ロマン 南かやべに併設されている函館市縄文文化交流センターは、南茅部縄文遺跡群を中心に、函館市の縄文遺跡から出土した遺物を数多く展示。北海道初の国宝「中空土偶」も常設展示されている。函館空港から車で約40分。JR函館駅から約90分。

    土偶を一目見たくて、閉館時刻寸前に到着。垣ノ島遺跡を一望する予定が、日が暮れて観られなかった。思いの外、時間を要する充実の展示内容なので、早めに到着する事をお勧めします。麗しく可憐な鳥の土偶を制作できるワークショップをしたかったけれど、之も時間切れにて体験出来ず。早めに到着すると、様々と楽しめる事でしょう。いつの日か再来したいものです。

  • 洞爺湖ビジターセンター・火山科学館
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉142-5
    洞爺湖周辺の自然環境や、有珠山の自然史などを紹介した展示施設。巨大空撮写真を中心に、解説パネルや実物標本などを使って火山活動や動植物の生態、湖のしくみなどを解説している。洞爺湖の真ん中に約5万年前に誕生した中島を散策する体験や、木の実を使った時計づくりなどのワークショップやイベントも定期的に開催。楽しみながら自然に触れ合うことができる。

    洞爺湖界隈の観光情報を入手できる場所は駅などもありますが、洞爺湖ビジターセンターが一番情報が充実しておりおすすめです。有珠山や昭和新山など洞爺湖周辺には様々な観光施設が点在していますが、それらの情報を集約できるのも魅力です。登山などの情報も入手できます。

  • 帯広百年記念館
    rating-image
    4.0
    49件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道帯広市緑ケ丘2
    北海道帯広市にある生涯学習施設。館内では、十勝の自然や文化などの歴史に関する展示物を所蔵する「常設展示室」と、アイヌ民族に関する歴史や文化などを学ぶ情報センター「リウカ」がある。また分館には「埋蔵文化財センター」があり、遺跡出土品などを収蔵・公開している。十勝・帯広地域の総合博物館として機能している。

    動物園の近くにあり、時間があったので寄ってみました。丁度、特別企画展「十勝開拓日記」が開催されていました。今の時代では考えられないほどの、先人の苦労を知ることができました。私の大好きな北海道の、農業や酪農などの産業が、さらに発展して、若い人がやりがいがある時代になって欲しいと思いました。

  • 小樽市総合博物館 本館
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市手宮1-3-6
    平成19年7月に開館した、小樽市の歴史と自然、北海道の交通史、科学技術をテーマにした総合博物館。施設は本館と運河館の2つに分かれており、本館内には、北海道鉄道の歴史を紹介する常設展示や蒸気機関車「しづか号」をはじめとした、北海道を代表するおよそ50もの鉄道車両が保存・展示されているほか、プラネタリウム、科学展示室があり、土・日・祝日には簡単な実験や工作体験を実施している。夏期には屋外で1909年アメリカ製の蒸気機関車「アイアンホース号」の運行があり、無料で乗車することができる。
  • 網走市立郷土博物館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道網走市桂町1-1-3
    北海道網走市にある博物館。米村喜男衛名誉館長に提供された約3000点に上る考古、民族資料を基礎に、網走をはじめとしたオホーツクの豊かな自然と古代から現代に至る歴史の流れを中心に展示紹介をしている。常設展ではヒグマやエゾシカ、アザラシなどの陸海の動物、色彩豊かな鳥類など多種多様な生物を展示している。ほかにも江戸から現代へ続く網走の開拓の歴史を当時の生活用具や漁業、林業の資料を通して学ぶことができる。また建物は田上義也氏の設計で、建築資料としても貴重な建造物となっている。

    郷土資料館ということで値段がとても安い割りに、昔の人々の生活を感じたり楽しめました。動物の剥製が大量にあります。個人的には、建物自体がユニークでステンドグラスがステキな、当時のモダンな雰囲気が感じられて好きでした。

  • 雪印メグミルク 酪農と乳の歴史館・札幌工場
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道札幌市東区苗穂町6-1-1
    酪農と乳業の発展の歴史を学べるミュージアム。玄関ロビーに吊るされた74個のカウベルが印象的で実際に鳴らすことも可能。館内では創業からの歴史を伝える文献や当時の新聞記事、製造機械などを展示。日本の酪農が歩んできた足跡を時系列でわかりやすく学べる。予約すれば工場見学も可能で、乳製品の試飲・試食をすることも。ロングヒット商品「カツゲン」発売50周年を記念して作られた勝源神社では、必勝祈願や合格祈願が行える。

    家族4人で工場見学をいたしました。前日までに電話で予約する必要があります。 案内してくださったガイドの山田さん、非常に丁寧な説明で、嫁がいくつか質問しましたが、真摯に答えてくださいました(即答できないものは試食中に回答いただけました)。チーズやバターの作り方、その他の乳製品の製造ライン等見学し、最後に試食でソフトカツゲンやチーズが出てきました。マスキングテープもいただき、子供や嫁は大喜びでした...

  • 足寄動物化石博物館
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道足寄郡足寄町郊南1-29-25
    足寄で出土した海生哺乳類化石を中心とした資料の収蔵、研究を行う博物館。様々な種類のクジラの骨格標本や、絶滅した謎の動物デスモスチルスの標本、また足寄周辺の自然から地球の歴史をたどる展示などを行っている。学芸員による展示解説や、ミニ発掘、レプリカ作りなどの体験メニューも実施。

    勉強になったのは、復元の際に解釈差がある事。たしか、3パターンある例が展示されていました。一番気になったのは、指の本数…。方や指4本、方や指5本とか。えっ?そんなにブレるの?正解は、誰にも分からないけど復元は、正解ではない事。たしかに、恐竜なんて誰も見た事ないよね。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す