関連する記事

関連する観光コース

- 北海道 PHOTO ALBUM -

banner_photo

博物館網走監獄

重文建築で過酷な網走監獄の歴史を体感

網走刑務所旧建造物を保存公開する野外歴史博物館で、平成22年(2010)に全面リニューアルされている。デジタル映像や立体音響などの最新技術を採用し、当時の受刑者の過酷な労働に焦点をあてた「赫い囚徒の森・体感シアター」は必見。他にも、解説員による「監獄ガイドツアー」や、受刑者が実際に食べている食事が頂ける「体験監獄食」などもある。移築した建造物2件8棟が重要文化財に指定されている貴重な建物である。

place

北海道網走市字呼人1-1 (網走・北見・知床エリア)

phone 0152452411

博物館 網走監獄の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/05/08 冬ならもっと歴史を肌で感じられそう
子供の頃から一度は行きたかった網走監獄。
ゴールデンカムイにも刺激されて初めて行きました。
ゆっくり見ても2時間と予想してましたが、興味津々な私には、それでは足りなかった。各種展示や上映ものをちゃんと見るなら半日は必要。
コロナのため、監獄食堂は場所を変えて営業してました。
今の北海道があるのは、昔の囚人や看守の人達あってのものなのだと、感謝感激です。
投稿日:2021/03/20 キツネが走ってました
2月に行ったので、雪景色で趣が有りました。朝早く着いたら、敷地内を走るキツネと遭遇しました。慌て過ぎて写真を撮れなかったのか悔やまれます。建物は素晴らしく見応え有りましたが、監獄の歴史などを知ると、ちょっと怖くなりました。お昼は監獄食は
やめて、オホーツク網走ザンギ丼を選んでしまいました。楽しかったです。
投稿日:2020/11/05 網走といえばここ
30年ぶりの訪問でした。
すぐそばのホテルからだったので朝一で入館できまして
人が少なくゆっくりと隅々まで見ることができました。
囚人に扮した人形の表情がリアルで子供たちは怖がっておりました(笑)
もし、この施設へ1泊体験なんてサービスがあっても嫌ですね

おすすめ記事

詳細情報

住所
北海道網走市字呼人1-1 [地図]
エリア
網走・北見・知床エリア
電話番号
0152452411
時間
9:00-17:00(季節により変動する場合あり)
※最終入館は閉館の1時間前まで
休業日
年中無休
料金
【入館料】
[大人]1,100円
[高・大学生]770円
[小・中学生]550円
駐車場
あり(400台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy)
Wi-Fi
あり(一部施設のみ フレッツ光)
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい(屋外のため雨具必須)

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報
ゴールデンカムイ網走監獄編の舞台となった場所で、作中と酷似する施設も非常に多い。スタンプラリーをはじめ、ゴールデンカムイとのコラボイベントを行っている。

※ナビタイム調べ

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。