北海道の自然スポット一覧

  • 洞爺湖
    rating-image
    4.0
    528件の口コミ
    旅行/観光
    北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
    支笏洞爺国立公園にある湖であり、面積は日本で9番目、カルデラ湖としては3番目に大きい湖である。自然の雄大さを体感できる一方で、湯量が豊富な温泉地であることからホテルや旅館の数も多く、遊覧船やカヌー、酪農体験などのアクティビティーが楽しめる北海道屈指の人気リゾート地だ。

    有珠山の噴火口と洞爺湖を一望出来るポイントです。火山活動は終息しているので噴煙は上がっていませんが、2000年の爆発的噴火した火口がすぐ人家の近くにある様子が手に取るようにわかります。晴れていれば遠くに羊蹄山も見る事が出来ます。駐車料金が普通車一回1000円と安くはありませんが、地域の保全活動にも使われるとの事なので理解得やすいと思います。 洞爺湖温泉街の火山博物館付近から旧国道230号を標識に...

  • ノシャップ岬
    rating-image
    4.0
    346件の口コミ
    旅行/観光
    北海道稚内市ノシャップ2
    アイヌ語で「岬が顎のように突き出たところ」、「波の砕ける場所」といった意味を表すノシャップ岬。利尻山や礼文島、遠くサハリンを遠望でき、水平線に沈む夕日が美しい。幻の魚・イトウをはじめとした北方の魚を見られるノシャップ寒流水族館もある

    あいにく曇っていて夕日は見れませんでしたが,夕日の名所らしいです。海に開けており,夕日を見るにはいい場所だと思いました。 海が近くすがすがしい場所です。おすすめ。

  • 襟裳岬
    rating-image
    4.0
    204件の口コミ
    旅行/観光
    北海道幌泉郡えりも町えりも岬
    北海道の南端、日高山脈が徐々に標高を下げ、太平洋へと沈んでいく岬である。日本でも有数の強風地帯であり、風速30mを超えることも珍しくなく、風をテーマにした「風の館」がある。館内では襟裳の強風を体感でき、屋内展望室からは野生のゼニガタアザラシを観察できるため子ども達にも人気。平成22年(2010)、アイヌ民族にとって精神的、聖地的に重要な地であるとして、国の名勝ピリカ・ノカ(美しい・形)に指定された。

    えりも岬は、何度訪れても地球の命のようなものが感じられる場所です!風が優しくなびいているかと思っていたら、突然の強風になり並みも白い色を見せたり、海が何か唸っているような音を出したりと偉大さを感じます!アザラシや海鳥や渡り鳥、そしてシカや花がたくさんあります。季節ごとに訪れることをお薦めします❗️

  • 納沙布岬
    rating-image
    4.0
    208件の口コミ
    旅行/観光
    北海道根室市納沙布
    北海道の最東端、東経145度49分01秒に位置する納沙布岬。日本一早い日の出が見られる場所とあって、元旦には初日の出を見ようと多くの人が訪れる。気象条件が良ければ北方領土を遠望でき、岬の周辺には北方領土返還への願いを込めて建立されたモニュメント「四島(しま)のかけ橋」などがある。

    日本で最東端の岬ですが、お土産屋さんは、あまりないので、けっこうさっぱりした観光地です。 オーロラタワーの上ると、水晶島などの北方領土の小さな島で見る事が出来ます。

  • 野付半島
    rating-image
    4.0
    182件の口コミ
    旅行/観光
    北海道野付郡別海町野付
    全長26kmの半島で、日本最大の砂嘴(海上に長く突き出た地形)である。手つかずの自然が残っており、半島一帯でトドワラやナラワラをはじめとした植物を観察できる。また、野付湾に北海シマエビ漁の打瀬舟が浮かぶ風景は幻想的で美しい。

    エゾジカが群れているとの情報で、野付半島をドライブしてみました。冬の野付半島だからだそうですが、エゾジカがダンゴ状に群れて、そこら中にいました。その上、メス鹿グループとオス鹿グループへ綺麗に分かれて、夢中になって草?を手べていて、道路に車を停めてみていても、ほとんど逃げ出したりしません。 また、何頭かキタキツネがいるのですが、観光客が餌付けしてしまったのか?車の近くに寄ってきて、ずっと餌をもらえる...

  • サホロリゾート ベア・マウンテン
    rating-image
    4.0
    118件の口コミ
    旅行/観光
    北海道上川郡新得町狩勝高原
    北海道にのみ生息する最大種エゾヒグマを自然に近い状態で観察することができる「サホロリゾート ベア・マウンテン」。鉄格子で守られたバスに乗ってヒグマ達の森にいけば、森の中を動き回るヒグマを間近に見られ、高台の遊歩道からはヒグマ達の暮らしをのんびりと観察することができる。敷地内中央のガラス張り観察施設からは、ガラス越しにヒグマにタッチすることもでき、まさに迫力満点だ。

    サホロリゾート内にある熊牧場です。 帯広でレンタカーを借りていって来ました。 入場料は約1,800円、ベアウォッチングバス付きだと約2,900円とやや高めですが、レンタカーでの来場者やJAF会員には割引がありました。 ベアウォッチングバスでは運転手が監視員と連絡を取りながら熊が居る地点まで連れて行ってくれます。 目の前1メートルで見るヒグマはなかなかの迫力。お薦めです。

  • 鶴見台
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    北海道阿寒郡鶴居村下雪裡
    毎年11月-3月頃、多くのタンチョウが飛来する給餌場である。給餌が行われるのは朝方と午後2時30分頃。もとはこの地にあった小学校にタンチョウが集まったことから、教師と生徒達が給餌を行っていた。廃校になった後は、近くに住む渡部トメさんがその意思を引き継ぎ給餌を行うようになったことでも有名。ピーク時には200羽近くのタンチョウが集う。

    『「タンチョウ鶴」が見たいなあー!』と言う妻とツアーバスでやって来ました。 バスは「ど・れ・み・ふぁ・空」というレストラン兼お土産屋さんに停車し、凍った道を歩いて、鶴見台へ。いるいる、20羽くらい。でも、遠くて、小さいなあー。タンチョウ鶴を見ている妻の顔を見ながら、喜んでいるのかなー、と考えてしまった。しばらく見ていると、突然、タンチョウ鶴が舞い上がって、飛んで行ってしまった。夕方だったので、ねぐ...

  • サロマ湖ワッカ原生花園(龍宮街道)
    rating-image
    4.0
    65件の口コミ
    旅行/観光
    北海道北見市常呂町栄浦
    「ワッカ」とは、アイヌ語で「ワッカ・オ・イ(=水が・ある・ところ)」という意味で、砂州の中ほどに真水の湧く沼があったことに由来している。砂州を通る道は「龍宮街道」と呼ばれ、古くから海と湖を交互に見ることができる絶好の場所として親しまれてきた。300種類以上の草花が咲き誇る野鳥の繁殖地でもあり、例年6月下旬から7月中旬にかけて花の最盛期を迎える。

    サロマ湖の東側に広がる原生花園です。広大な敷地に遊歩道が整備されているので、ネイチャーセンターで自転車を借りてまわるのがおすすめです。

  • 温根内木道
    rating-image
    4.5
    34件の口コミ
    旅行/観光
    北海道阿寒郡鶴居村温根内 温根内ビジターセンター
    釧路湿原の西端にある「温根内ビジターセンター」を起点とする木道。釧路湿原には、四季折々の花々や動物たちを見ながら散策できる約2kmのバリアフリー木道が設置されている。釧路市湿原展望台の遊歩道にも通じ、ゆっくり歩ける遊歩道として人気も高い。1周の所要時間は約1時間。ヨシ湿原、スゲ湿原、ミズゴケ湿原などの湿原を回り、季節によりミツガシワ、ワタスゲ、ヒメシャクナゲなどの花々を鑑賞することができる。また、野鳥や7-8月はヘイケボタルを見ることもできる。

    温根内ビジターセンターの(手書きの)伝言板でその日の動物の目撃情報をゲットしてからビジターセンターから木道に直接入ることができます。 バリアフリーになっているので車椅子でも通行できるほど広くて足元も安定していて安心して歩けます。 花巡りや動物との遭遇が楽しいです。

  • 黄金岬
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    北海道積丹郡積丹町美国町
    美国港の先から海へと突き出ている岬である。約410mの遊歩道が整備されており、三個所の入り口から展望台へと向かうことが可能だ。かつてニシンの見張り台であったこの岬では、夕陽を受けて黄金色に輝くニシン群を見られたため、この名で呼ばれるようになった。空、そして大海原を茜色に染める様は美しく、その眺めは日本一の落陽とも称されている。

    積丹の中心の町である美国にあります。港近くのトンネルの脇の階段を上って10分ほど歩いたところに展望台があり、積丹ブルーの海を一望できます。神威岬や島武意海岸に比べるとこじんまりとしているし景色も迫力に欠けますが、気軽に訪れることができるビュースポットです。

  • 宗谷岬
    旅行/観光
    北海道稚内市宗谷岬
    北海道稚内市、北海道本島の最北端の位置し、北緯45度31分22秒「日本最北端の地」を標す北極星の一稜をモチーフにした地碑がある。間宮海峡を発見した間宮林蔵の立像もあり、訪れる人が後を絶たない。正面43キロ先には、サハリンの島影を望むことができ、最北端であることを実感できるだろう。
  • キムアネップ岬
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    北海道常呂郡佐呂間町字幌岩
    サロマ湖の東南に位置する、まるでテラスのように伸びている岬である。サロマ湖に沈む夕日を眺められる屈指のビュースポットで、多くの観光客が訪れる。その他にもサンゴソウやハマナス、センダイハギ、ヒオウギアヤメといった原生植物や、冬にはサロマ湖に飛来するハクチョウを観察できる。

    初夏のシーズンともなれば、原生花園のような小さな植物の群生を見る事が出来ます。サロマ湖も晴れていれば先の突端まで見通せます。見所は散策路と自然といった所です。

  • 緑の島
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市大町15
    市電 「大町」電停下車、徒歩3分。函館西部地区に作られた人工島。函館港の整備で発生した土砂で造られた埋立地で、五角形をした島の半分には芝生が敷き詰められている。サッカーの練習や凧揚げなどに利用される他、ジョギングや釣りなども楽しめる。ベンチや東屋も設けられ、のんびりと海を眺めたりもできる。周囲の散策路からは、函館山や西部地区の街並み、赤レンガ倉庫などが見渡せ、晴れた日には遠くに駒ケ岳など美しい山並みも望める。

    多目的広場などがある島ですが、空いているのは9-20時でそれ以外の時間は入口箇所が施錠されており入ることはできません。散策や釣りができるようですが、観光的な要素はあまりなく地元住民がメインなのかなぁといったところです。ペットなどの散歩はできないようなので注意が必要ですね。

  • 支笏湖
    旅行/観光
    北海道千歳市支笏湖温泉番外地
    北海道千歳市にある、周囲約40kmもある巨大なカルデラ湖。日本最北の不凍湖であり、透明度が高く、最大水深は363mである。湖の周辺には恵庭岳、風不死(ふっぷし)岳、樽前山の支笏三山がそびえ、緑あふれる原生林に囲まれている。水中遊覧船から見えるコバルトブルーの景色を楽しんでほしい。
  • 白金青い池
    旅行/観光
    北海道上川郡美瑛町白金
    季節や見る角度により、青にも緑にも見える池。カラマツなどの木が立ち枯れている姿と、陽の光を浴び静かに輝く水面が幻想的で、フォトスポットとして人気を誇るスポットである。冬季に行われるライトアップでは、より一層神秘的な姿を見ることができる。週末やGWなどは混み合うので、時間に余裕を持って出かけよう。
  • 大倉山
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区宮の森1274
    昭和47年(1972)に開催された冬季オリンピック札幌大会で、ジャンプ競技場として使われた場所。現在も国際大会などが開催されている。敷地内には札幌市内が一望できる展望台があり、実際に選手が使うリフトで上ることができる。また、平成29年(2017)には「札幌オリンピックミュージアム」がリニューアルオープン。冬季五輪の歴史やウィンタースポーツの疑似体験が楽しめる。ジンギスカンやラム料理が味わえる「ラムダイニング大倉山」もあるので、疲れたら休憩しよう。

    大倉山ジャンプ台を、見下ろしながらコーヒーなどがいただけます。風の冷たい札幌です。展望台で冷えたらこちらで暖まることができます。

  • かしわ園公園
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道上川郡美瑛町字北瑛第1
    カシワの木が茂る高台の公園。旧北瑛小学校の思い出として、桜が記念植樹された。十勝岳連峰やパッチワークの路を一望でき、トイレもある。写真は公園前からの眺め。

    夏の美瑛は多くの観光客で賑わいますが、かしわ園公園は穴場スポットとしておすすめです。普通の公園ですが、美瑛らしい丘の風景を満喫できます。畑とその向こうに広がる山々、起伏のある景色などまさに絶景です。

  • 宮島沼
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    北海道美唄市西美唄町大曲3区 宮島沼水鳥・湿地センター
    宮島沼は、マガンやハクチョウの飛来地としてラムサール条約に登録された小さな沼。毎年春(4月-5月上旬)と秋(9月下旬-10月上旬)にはたくさんの渡り鳥で賑わい、マガンの飛来数は最大8万羽にもなる。宮島沼水鳥・湿地センターはバードウォッチングなどの自然観察の拠点施設で、様々なイベントも行っている。

    宮島沼は空知地方の湿地帯で沼には多くの野鳥が集まります。自然が豊富で石狩川も近いロケーションです。野鳥のガイドがあり沼の付近に生息する野鳥をガイドしてくれます。

  • 函館山
    旅行/観光
    北海道函館市
    函館の夜景スポットとして有名な「函館山」。夜景が楽しめる山頂まではロープウェイやバス、車などアクセス方法も豊富(自動車道は11月中旬から4月上旬までは通行止めとなるため注意)山頂からは函館の景色が一望でき、夜はもちろん、昼や夕暮れ時もおすすめ。展望台には夜景を楽しみながら食事ができるレストランや、北海道銘菓やオリジナルグッズが揃っているショップなどもある。
  • 樽前山
    旅行/観光
    北海道苫小牧市・千歳市
    支笏湖の南東部に位置する、標高1041mの三重式火山。原名はウフイヌプリで「燃える山」を意味している。プリンのような独特の形状の溶岩ドームが特徴で、北海道の天然記念物にも指定されている。市内から7合目までは約60分、7合目から頂上までは約50分で登ることができる。現在、外輪山より中は進入禁止。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す