NAVITIME Travel

石川の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 懐古館
    旅行/観光
    石川県七尾市古屋敷町多部8-6
    七尾城史資料館に隣接している、およそ200年前の肝煎の住宅。太い梁が家格の高さを表すかやぶき屋根の旧家で、平成18年(2006)に国登録有形文化財に指定されている。約500坪の庭園に囲まれており杉木立の多い庭園を40種類以上の苔が覆っていて趣深い。
  • 妙観院
    旅行/観光
    石川県七尾市小島町ヌ63甲
    七尾の七不思議、福徳をさずける古刹として知られる寺。もともと能登国守畠山氏の祈願所として栄えた。観世音霊告の不思議・竹に虎の名鐘・弁財天の不思議・そうめん不動・雌雄岩の不思議・底なし池・獅子岩と鼓岩。七不思議の伝承を楽しみながら参拝したい。
  • 中島お祭り資料館・お祭り伝承館
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県七尾市中島町横田1-148
    七尾市中島地区の祭礼を臨場感溢れる演出で再現している会館。国指定重要無形民俗文化財に指定されている熊甲二十日祭の枠旗行事をはじめ、祭りの興奮をリアルに体感できる場所となっている。お祭り伝承館・お祭り資料館の二つからなっていて、ビデオ上映や祭具の展示などのほか、枠旗担ぎ体験も可能だ。

    規模が小さいので、直ぐに見終わってしまいます。 観覧料はJAF割引有でした。スライドショーも数分間あるのですが、他にお客もいないし、お願いします。って言ったら映してくれると言う感じのシステムみたいです。

  • 明治の館 (室木家住宅)
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    石川県七尾市中島町外ナ部13
    江戸時代には回船問屋や酒造業を営み、近代では国会議員を務めていた室木家の住宅。豪壮な合掌組入母屋造りの建物で、茅葺屋根の主屋と庭園、そして民俗資料展示室となっている旧米蔵が公開されている。七尾市指定有形文化財となっている。

    海沿いの道を走りなから、急に大きな茅葺き屋根と立派な松、なんだろうと思ってよくみたら明治の館の文字、引き返して立寄りました。 茅葺きの古い民家かと思いきや内部は想像以上に立派、太い柱に梁、鴨居、今同じモノを建てようにも材料が揃わないし、金がかかり過ぎる、余程財力があるんだろうと思わされます。 日本海と言えば北前船、七尾湾は内海で穏やかだから、ここで廻船問屋として商売するのに適していたんでしょう。

  • 須曽蝦夷穴古墳
    旅行/観光
    石川県七尾市能登島須曽町夕部21-5
    昭和56年(1981)に国指定史跡に指定された古墳時代終末期の古墳。2324平方メートルが指定面積になっていて、 前室から出土した須恵器(蓋坏)や直刀片などから7世紀中葉前後の築造とみられる。能登国造に属する有力氏族の墳墓だと考えられている。
  • 珠洲焼資料館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    石川県珠洲市蛸島町1-2-563
    中世の焼き物のひとつ、珠洲焼を展示している資料館。珠洲焼の優品や須恵器・遺跡の出土例や使われ方・輸送途中に難破して海底に眠っている多くの珠洲焼などの展示がされている。また平成23年(2011)には、13世紀前半に操業していた寺家クロバタケ3号窯跡(国史跡)をモデルに復元した復元釜も完成している。復元釜で焼成した作品も展示されている。

    現地観光ツアーに盛り込まれていたので行きました。華やかな焼き物ではないので、素人の場合は面白味にかけると感じます。

  • 勧進帳ものがたり館
    遊ぶ/趣味
    石川県小松市安宅町タ140-4
    勧進帳の名場面や安宅の歴史を紹介している場所。歌舞伎の初心者でも楽しめるシアターゾーンでの上演はわかりやすい解説も付いている。弁慶・富樫・義経の豪華な歌舞伎衣装の展示、義経・弁慶のテレビ映像での歴史のパネル紹介など、謎の多い義経伝説と触れられる。 ※令和元年11月1日から令和2年6月頃まで施設改修の為休館中
  • 小松市立博物館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県小松市丸の内公園町19
    石川県では第一号の登録博物館として昭和33年(1958)に開館した。歴史・美術等の人文資料、および化石、昆虫標本、剥製などの自然科学資料を併せ、重要文化財・重要有形民俗文化財を含む5万点あまりの収蔵資料数を誇る、県内唯一の総合博物館だ。芦城公園内に位置している。

    入館は無料で一部の人は有料。2階で9月2日まで「いしかわのきのこ」の特別展を開催していました。3階は「いしかわのいし」で尾小屋鉱山についてもふれていました。3階から1階へエレベ-タで移動しようとしたら遅いこと。

  • 小松市立本陣記念美術館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県小松市丸の内公園町19
    小松出身の銀行家故本陣甚一氏のコレクション1,000余点を中心とした美術館。江戸時代の蔵を現代風にアレンジした円筒形の建物は、黒川紀章の設計。企画展・特別展などが年間を通し開催されており、図録やグッズの販売もされている。

    入館は無料で一部の人は有料。「風景画家東山蝦夷と西山英雄」の特別企画展を9月17日まで開催していました。1階と2階でエレベータがあります。

  • 小松市立宮本三郎美術館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県小松市小馬出町5
    石川県小松市松崎町に生まれた洋画家 宮本三郎の画業とその魅力を様々な視点から紹介している美術館。企画展や特別展が年間を通して開催されており、イベントも行われる。親子で楽しく参加できる企画もあり、芸術を身近に感じることができる。

    小松市役所の近くにはいくつかの美術館や博物館が有りますが、こちらはその一つです。宮本三郎氏の描く人物画は独特の色使いで鮮やかな色彩が印象的でした。

  • 小松天満宮
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    石川県小松市天神町1
    明暦3年(1657)に、前田氏の氏神である北野天神を城北に当るこの地に社殿を造営して鎭祭された神社。社殿は北野天満宮の社頭を1/4に縮めて造られている。昭和36年(1961)、神門と共に江戸時代の唐様建築の代表的なものとして国重要文化財に指定された。絵画・書蹟・文書・典籍寺貴重なものが多く宝物殿に保管されている。

    梯川に中洲のようになった場所が有り、そこに天満宮が有りました。2か所の橋が有ってそこを渡ってアクセスします。緑が多くて境内には絵馬が多かったです。

  • こまつ曳山交流館 みよっさ
    遊ぶ/趣味
    石川県小松市八日市町72-3
    平成25年(2013)にオープンした交流館。「行ってみよう」「伝統芸能に触れてみよう」「体験してみよう」など、訪れる人がさまざまな楽しみ方や意味を見つけられる施設だ。1Fは絢爛豪華な2基の曳山・曳山の由来と特徴や曳山に関する資料を常設展示してある。また48畳もの広さがある十八番舞台が設置されている。
  • ハニベ巌窟院
    rating-image
    3.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    石川県小松市立明寺町イ1
    石材の産地で周辺にはいくつもの石切場跡が残っている小松市の北東部。その石切場跡の洞窟を利用して昭和26年(1951)に開洞された巌窟院は、おびただしい数の仏像群が見られる。洞窟の長さは約150m。宗派にとらわれることなく誰でも参拝できる。

    小松市にある石切り場を利用した施設です。大きな仏頭が置かれていてユニークな印象でした。洞窟に入ると多くの石仏などが有り、涼しく見学できました。地獄や水子供養の場所などもありました。

  • 能美市九谷焼資料館
    旅行/観光
    石川県能美市泉台町南56
    昭和57年(1982)にオープンし、平成30年(2018)にリニューアルオープンした資料館。九谷焼の歴史を振り返るとともに、過去の名作を鑑賞し、さらに現代九谷の新しい息吹を広く一般に公開している。展示室の見学順路は九谷五彩の紺青・赤・紫・緑・黄を反映しており「紺青の間」「朱赤の間」では江戸時代からの名品の常設展を、「紫の間」「緑の間」では随時特別展示をしている。
  • 国登録有形文化財 多川家
    旅行/観光
    石川県白山市四ツ屋町38
    明治末期から大正初期にかけて建てられた主屋は、庄屋としての権威と豪農の形態を残す1200坪の建物。庭園の一部は天正年間の主屋改築当時の遺構をそのまま伝えており、また土蔵は美術品、古文書・民俗資料の資料館になっている。加賀独特の建築様式である主屋は国の登録有形文化財だ。
  • 白山市立博物館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県白山市西新町168-1
    人間国宝である「隅谷正峯」の刀剣作業風景を再現模型等により展示している博物館。「暁烏敏」「松本白華」の業績・国指定史跡 東大寺領横江荘遺跡荘家跡の復元もしている。また農村地域で古くから使われてきた農具など民俗資料も展示している。

    刀匠で、人間国宝であった故隅谷正峯氏の刀剣作業風景が学べる施設です。氏は、正倉院蔵刀子や四天王寺蔵刀剣類を参考に小刀や刀子を研究も研鑚しました。また、日本美術史上最高の芸術的価値を持つものの一つである法隆寺の壁画などもあります。

  • 聖興寺
    旅行/観光
    石川県白山市中町56-1
    女流俳人「加賀の千代女」ゆかりのお寺。国の有形文化財に指定されている「千代尼堂」や「草風庵」や、千代女の辞世の句を刻んだ「千代尼塚」が境内にある。句会や音楽イベントも年に数回開催されている。真宗大谷派の寺だ。
  • 林西寺 白山下山佛
    旅行/観光
    石川県白山市白峰イ-68 林西寺
    白山本地仏である国指定重要文化財・銅造十一面観世音菩薩立像など、白山信仰の歴史を今に伝える7体の仏様と泰澄大師坐像を安置している寺。泰澄大師が開いた白山の歴史や文化を今に伝える。明治初期に廃仏毀釈の中、残った下山仏は文化的にも歴史的にも貴重なものだ。
  • 白山砂防科学館
    遊ぶ/趣味
    石川県白山市白峰ツ40-1
    白山における砂防事業の歴史や白山の豊かな自然について分かりやすく紹介している科学館。災害時には防災拠点にもなる情報発信基地だ。昭和9年(1934)の災害を物語る、百万貫石の1/2スケールでつくられた実物模型、登山シュミレーションマシーンなどもある。
  • 輪島市天領黒島角海家
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    石川県輪島市門前町黒島町ロの94-2
    石川県輪島市門前町の「黒島地区」は、江戸時代後期から明治時代にかけて日本海海運で栄えた北前船の船主・船員の集落。江戸時代は幕府の天領として治められていた。黒瓦に板張りの壁、格子が特徴的な古い町並みが残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。再建・復元された廻船問屋住宅「旧角海家住宅」には、当時の繁栄を偲ばせる数々の収蔵品を展示。

    ここが江戸時代の天領であったことは歴史的に重要だと思います。重伝保存地区をまわっている私たち夫婦にとって「かどみ」という読み方もここの前の解説ではじめてわかりました。外観も立派でこの地域にマッチしています。

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す