加賀・小松の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 中谷宇吉郎 雪の科学館
    rating-image
    4.5
    70件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県加賀市潮津町イ106
    平成6年(1994)に開館し、平成26年(2014)に20周年を迎えた科学館。世界で初めて人工雪を作ることに成功した中谷宇吉郎博士の、多面的な業績を中心に、雪氷学のその後の発展も含めて実験や観察装置を使い、わかりやすく展示している。トークイベントや写真展などイベントも豊富。

    加賀市片山津温泉近くにありあります、なかなかユニークな外観です私たち北陸に住む者は雪に関心がありここを訪ねました映画を見たり雪の形のキーホルダーを作る体験をしたり本当にいい思い出になりました。

  • 松井秀喜ベースボールミュージアム
    rating-image
    4.0
    65件の口コミ
    旅行/観光
    石川県能美市山口町タ58
    その名の通り、松井秀喜の博物館。彼の野球人生や情熱を様々な角度から知ることのできる場所だ。幼少時の彼から読売巨人軍時代、そしてメジャー時代までの貴重な品々の展示もある。グッズや書籍も豊富なのでファンには堪らない場所といえよう。

    石川県能美市にあります、小松空港からも近いです松井秀喜の個人の生い立ちから大リーグ時代までの歴史が良くわかりますその時その時の記念になるものが本当に多く感心しました、松井秀喜の日本球界をまち望んでいます。

  • 那谷寺
    旅行/観光
    石川県小松市那谷町ユ122
    養老元年(717)に泰澄により開創されたと言われている高野山真言宗の寺。境内は広く、まるで山水画のように自然豊か。奇岩遊仙境と称され、本殿は巨大な岩山の洞窟と繋がっている。罪が浄められ生まれ変わる「いわや胎内くぐり」の聖地。本殿や三重塔など国の重要文化財に指定されている建物が多く、紅葉の名所としてもしられている。境内の道や階段に手すりがないため、参拝の際は歩きやすい靴を推奨。
  • 日本自動車博物館
    遊ぶ/趣味
    石川県小松市二ツ梨町一貫山40
    自動車専門の博物館。赤レンガ造りの洋風の建物の中に、20世紀の日本で活躍した約500台もの自動車を展示している。館内では、三輪トラックやスポーツカー、ヨーロッパの名車、バスなど様々なモデルの自動車を、製造メーカーやジャンルごとに分けて紹介。故・ダイアナ妃が来日の際に乗ったロールスロイスなど、ここにしかない貴重な1台にも出合うことができる。
  • 石川県九谷焼美術館
    rating-image
    4.0
    53件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13
    石川県加賀市にある九谷焼の展示紹介をする美術館。1階は九谷焼の名品を紹介する展示室、2階は喫茶室の他講演会やコンサート、お茶会など多目的に使えるスペースになっている。建物は古九谷の杜親水公園内にあるため公園と一体化し、四季折々の美しい姿を楽しめる庭園ミュージアムとして憩いの場にもなっている。

    骨董から現代のものまで、九谷焼を展示している美術館です。 小規模なのでよほどじっくりじゃない限り1時間あれば見学可能です。 周囲は公園になっていて雰囲気も良し。 お土産に現代の作家さんのお皿が売られていますが、価格帯は結構高めです。

  • 石川県立航空プラザ
    遊ぶ/趣味
    石川県小松市安宅新町丙92 (小松空港前)
    石川県の小松空港の北側に位置する航空専門の博物館。屋外および航空プラザ1階にはヘリコプター、航空自衛隊の戦闘機、パラグライダーなど飛行機実機が常設展示されており、展示機によっては着席することもできる。また、本物のYS-11型シミュレーターやF-15戦闘機やセスナ機の操縦が体験できる簡易シミュレーターも整備されている。(有料100円-500円)平成24年(2012)には国内最大級の飛行機型屋内大型遊具を備えたプレイランド「ぶーんぶんワールド」が誕生。天候や季節に関係なく親子で楽しめる施設となっている。
  • 魯山人寓居跡 いろは草庵
    rating-image
    3.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    石川県加賀市山代温泉18-5
    芸術家・北大路魯山人が大正4年(1915)の秋から約半年間生活していた場所で、石川県加賀市山代温泉にある。当時は老舗旅館「吉野屋」の別荘であり、母屋は明治初期頃の建築。建物内は一般公開されており、刻字看板を彫った仕事部屋や書斎、囲炉裏の間などが魯山人が滞在した当時のまま残されている。土蔵を改装した展示室では、企画展を常時開催。

    小さな建物なのであっという間に見学し終わってしまいますが、入館料は安いしお茶とお菓子もいただけるのでなかなか良いと思います。JAFの割引も使えました。魯山人のこともほんのちょっとですが知ることができました。

  • 北前船の里資料館
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    旅行/観光
    石川県加賀市橋立町イ乙1-1
    江戸中期から明治の中頃まで日本海を舞台に活躍した「北前船」に関する資料を展示する資料館。建物は明治9年(1876)に建てられた北前船主の邸で、最高級の建材を使い漆が塗り重ねられた柱や天井は、現在も見事な光沢を保っている。館内には航海の安全を祈願して奉納された船絵馬や、船大工から船主に贈られた船模型、航海用具や船箪笥など、多くの資料が展示されている。中庭に植えられた2千本のガクアジサイは、6月中旬から7月初旬が見ごろ。

    加賀市橋立にあります,ここは江戸時代後半から明治時代にかけて日本海を舞台に活躍した買い積み船で大阪と北海道を往復し多大の財と文化をもたらした資料館です、その当時の繁栄が見て取れますなにせびつくりする展示品ばかりです。

  • 九谷焼窯跡展示館
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県加賀市山代温泉19-101-9
    石川県加賀市山代温泉にある資料館。文政9年(1826)に九谷村から移設された再興九谷の登り窯跡「九谷磁器窯跡(国指定史跡)」を発掘し、一般公開している施設である。九谷焼の制作工程や歴史を紹介する展示棟は、窯元の社屋や住居・工房として使われていた民家を利用。館内では他にも、現存最古の九谷焼の登り窯や道具類の展示を見ることができる。絵付体験や蹴ろくろ体験の教室も開催。

    展示館の体験コース、見学コースと隣接する九谷焼のお土産さんがあって時間の関係で御茶碗と急須ののお土産のみ購入しました。値段の割に高品質で愛用しています。

  • ハニベ巌窟院
    旅行/観光
    石川県小松市立明寺町イ1
    石材の産地で周辺にはいくつもの石切場跡が残っている小松市の北東部。その石切場跡の洞窟を利用して昭和26年(1951)に開洞された巌窟院は、おびただしい数の仏像群が見られる。洞窟の長さは約150m。宗派にとらわれることなく誰でも参拝できる。
  • 能美市九谷焼美術館 |五彩館|
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    石川県能美市泉台町南56
    昭和57年(1982)にオープンし、平成30年(2018)にリニューアルオープンした資料館。九谷焼の歴史を振り返るとともに、過去の名作を鑑賞し、さらに現代九谷の新しい息吹を広く一般に公開している。展示室の見学順路は九谷五彩の紺青・赤・紫・緑・黄を反映しており「紺青の間」「朱赤の間」では江戸時代からの名品の常設展を、「紫の間」「緑の間」では随時特別展示をしている。

    能美市泉台町にあります、九谷焼資料館の別館として九谷焼陶芸館はろくろ,上絵付け、本窯、上絵付け窯がありいろいろな体験メニューがあります。

  • 無限庵
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    石川県加賀市山中温泉下谷町ロ6
    加賀百万石藩主・前田家の家老だった横山家が、金沢市の邸宅内に建てた書院を移築したもの。当時の木造建築の粋を傾けた最高傑作ともいわれている。尾形光琳の扇や古九谷、加賀蒔絵など館内の古美術品も素晴らしい。山中温泉の観光名所・こおろぎ橋を渡り坂道を少し上った先にひっそりと建っており、庭園からその美しい景観が一望できる。抹茶を味わいながら、ゆっくり美を堪能しよう。

    11月の25日、紅葉が素敵と聞き、再度伺いました。屋敷周囲や玄関脇の「ドウダンツツジ」が見事に、黄色-深紅に色ずきその紅葉の素晴らしさ。例の様に玄関で大きな「ドラ」を叩いて、案内の女性に一通り室内の案内を受けた後、部屋から「こおろぎ橋」を見下ろしながら紅葉を楽しみ「抹茶」頂くのは格別でした。 外に出て、内庭の紅葉や、下の川沿いの茶室まで降りて「もみじ」の紅葉も素晴らしかったです。 ちなみに、入館料...

  • 安宅住吉神社
    旅行/観光
    石川県小松市安宅町タ17
    安宅海岸のすぐ近くにある、1200年以上もの歴史を持つ神社。歌舞伎の十八番「勧進帳」にもある義経と弁慶の伝承から、全国で唯一、難関突破のご神徳があるとされており、難関突破を祈願する絵馬が多数奉納されている。境内では全国白砂青松百選にも選ばれた松林や、与謝野晶子歌碑など多くの建立物も見られる。雅楽や神楽舞も行なわれる、神前結婚式も可能。平成30年(2018)には神社と北前船絵馬、起舟祭と安宅祭りが北前船寄港地の一部として日本遺産に認定された。
  • 熊谷山 全昌寺
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    石川県加賀市大聖寺神明町1
    大聖寺藩が意識的に寺社を集めたと言われる山ノ下寺社群のひとつ。慶長3年(1598)、大聖寺城主山口玄蕃頭宗永公の帰依を得て移築された。同城主の菩提寺でもある全昌寺には檜材、玉眼嵌入、極彩色の五百羅漢像517体が一体も欠けることなく安置さてれおり、加賀市の指定文化財に登録されている。茶室として復原された部屋は、奥の細道の行脚の折に芭蕉と曽良が一泊した部屋を再現したもの。境内には両氏の句碑も建てられている。

    加賀市にあります、全昌寺は大聖寺城主山口玄藩の菩提寺で五百羅漢像は江戸時代末期に作られた517体の仏像が一体も欠けることなく羅漢堂に安置されています、また芭蕉が一泊したことでも有名です御朱印をもらいに行きました。

  • 加賀市美術館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県加賀市作見町リ1-4
    加賀温泉駅前商業集積地域内に位置する美術館。観光や文化、生活の交流拠点ならびに加賀市の美術・芸術を紹介するポータルサイトとなるよう設置された。4つの展示室からなる館内は加賀市にゆかりのある芸術家の作品を多数所蔵しており、工芸や絵画など様々な分野の作品展示を行っている。市民の芸術文化活動の発表の場としても機能しており、1年を通して幅広い分野の展覧会を開催している美術館だ。

    加賀温泉駅近くにある美術館です。入館料は200円と安かったですが、公開されていたのは常設展のみ、ゆっくり見て10分で見終わりました。

  • 深田久弥 山の文化館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県加賀市大聖寺番場町18-2
    平成14年(2002)に国の登録文化財に登録された「深田久弥山の文化館」は、明治43年(1910)に建てられた絹織物工場「山長」の事務所・石蔵・門を修築したもので、1階を深田久弥遺品を中心とした展示室・2階を資料の収蔵庫にしている。また資料文献室では深田久弥に関する資料や山と森に関する書籍も閲覧できる。北陸自動車道「加賀IC」より車で約10分。

    日本百名山で有名な深田久弥氏の資料館です。大聖寺城跡の近くにありました。氏の原稿や遺品などが展示されていて、建物と共に見ごたえが有りました。

  • 浮御堂
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    石川県加賀市片山津温泉乙63 湯の元公園内
    片山津温泉郷の湖、柴山潟の中に造られた珍しい浮御堂。湖岸から浮橋で結ばれており、「うきうき弁天」の名前で親しまれている。片山津には湖を荒らしていたおろちを、お薬師様がつかわした弁天様が鎮めたという伝説があり、その話にちなんで龍神と弁天様が祀られている。お堂の背後には巨大な噴水施設があり、浮橋は夜になると足元がライトアップされ幻想的な風景を演出している。

    桟橋を歩いて渡るとお堂があり、温泉伝説の竜神様と弁財天様が祀られています。背後には高さ70mの大噴水があります。夜になると大噴水がライトアップされ、美しも幻想的な光景が現れます。

  • 菅生石部神社
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    石川県加賀市大聖寺敷地ル乙81
    1400年の歴史を持つ加賀・江沼総鎮護の社。用明天皇元年(585)、当時発生していた疫病を鎮めるために宮中で祀っていた神々をこの地にお還しになったのが始まりと言われている。南加賀では最も古い天神様で、「斎藤」姓発祥の地として知られる氏神だ。例年2月10日に行われる例大祭「御願神事」は「竹割まつり」とも呼ばれる石川県無形民俗文化財指定の祭事。若衆が数百本の青竹を叩き割る勇壮な神事で有名だ。春を呼ぶ祭りとして全国各地から多くの観光客が訪れる。

    加賀市大聖寺にあります。御朱印をもらいに行来ました。この地で昔疫病が流行した時に、宮中で祀つわられていた官生石部神が官生されたのが始まりと言われている。

  • 九谷焼陶芸館
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県能美市泉台町南9

    能美市泉台にあります、色々な陶芸体験ができます絵付け,陶芸大きさによって値段が高い分かれています係員相談してください。

  • こまつの杜 わくわくコマツ館
    旅行/観光
    石川県小松市こまつの杜1
    JR「小松駅」東口から徒歩1分、建設機械メーカー小松製作所の工場跡地に作られた体験型資料館。敷地内には建機の仕組みや科学の不思議を体験しながら学べる「わくわくコマツ館」があり、二階建ての建物よりも高い世界最大級の電気駆動式ダンプトラック「コマツ930E」の展示車両に乗ることもできる。加賀地方の里山を再現した「げんき里山」では多様な動植物を観察・体験することができ、初夏にはホタルが飛び交う姿も見られる。入場無料。

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す