石川の自然スポット一覧

  • 千里浜なぎさドライブウェイ
    旅行/観光
    石川県羽咋市千里浜町-宝達志水町今浜
    石川県羽咋郡宝達志水町今浜から千里浜町までの砂浜の延長約8kmの観光道路。きめ細かい砂が海水を吸って舗装道路のように固くなるため、一般の乗用車やバスで砂浜を走行できる日本唯一のドライブウェイである。夏は海水浴や潮干狩りで訪れる客も多い。2016年にトリップアドバイザーが発表した「トラベラーズチョイス世界のベストビーチ2016」の日本国内のランキングで1位に輝いた。
  • 千里浜海岸
    旅行/観光
    石川県羽咋市千里浜町
    羽咋市域南部から宝達志水町今浜にかけて続く海岸。およそ8kmにわたって続く「千里浜なぎさドライブウェイ」は、日本で唯一の普通車やバスでも波打ち際を走れるビーチとして有名。天候によっては走行不能となるため、当日の確認が必要な場合もある。また、きめ細かい砂は水分を含むと固く締まるため、サンドアートの制作にも最適。毎年4月から10月にかけて、様々な砂の彫刻「砂像」が製作されている。遠浅の海は、夏には海水浴も楽しめ、砂浜には、ハマナスやハマヒルガオなどの海浜植物も見られる。
  • 鶴仙渓
    旅行/観光
    石川県加賀市山中温泉
    加賀市の山中温泉の温泉街沿いを流れる大聖寺川の渓谷。黒谷橋からこおろぎ橋までの間を指す。紅葉の名所としても知られ、総檜造りのこおろぎ橋などと織りなす景色を遊歩道を散策しながら楽しめる。また、春から秋にかけては川床が設置され、川の流れを間近に感じながらお茶や甘味で一服できる。
  • 金剛崎
    旅行/観光
    石川県珠洲市
    能登半島にある岬のひとつで、珠洲岬とも呼ばれている。また、周辺にあるいくつかの岬を総称して珠洲岬と呼称されている場合もある。日本の三大パワースポットの内のひとつとしても挙げられており、聖域の岬の名でメディアにも多数紹介されている人気の観光名所。空中展望台のスカイバードは崖から突き出す形になっていて、日本海を一望できる。他の見所としては気象条件が良ければ真っ青に染まる青の洞窟が存在。美しい岩礁部分では磯釣りも楽しめる。
  • 能登半島
    旅行/観光
    石川県鳳珠郡
    北陸地方の中央付近から北に細長く突き出した半島。三方を囲む海岸線は、荒波が打ち寄せ奇岩が連なる「能登金剛」から、砂浜を車で走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」まで、様々な表情を見せる。その海で獲れる新鮮な魚介類や、豊かな里山の恵みを使った食事や地酒も魅力のひとつ。輪島の朝市が有名だが、日本の棚田百選に選ばれた「白米千枚田」や、日本遺産に認定された「キリコ祭り」など、他にはない見所も多い。飛行機なら羽田空港から約1時間。
  • 獅子吼高原
    rating-image
    4.5
    18件の口コミ
    旅行/観光
    石川県白山市八幡町リ110
    白山市八幡町にある高原。パラグライダーやハンググライダーなどのスカイスポーツのフライトエリアとして全国的に知られている。ふもとからゴンドラが整備されており、日本海までを一望できる標高約600mからの景色を楽しめる。

    行きは、登山。帰りはゴンドラで楽しみました。登山道では、とても狭く、長かったので、体力に自信がない方、虫が苦手な方などは控えたほうがいいかもしれません。私ごとですが、登山中、熱中症になりかけました。なんとか生き延びました。水分とかには十分お気をつけください。

  • 巌門
    旅行/観光
    石川県羽咋郡志賀町富来牛下巌門
    能登金剛代表的な存在である「巌門」は、波の侵食によりぽっかりと穴の空いた洞門で、幅6m・高さ15m・奥行が60mもある。大きな穴からは雄大な日本海が広がり洞門の上には老松が生い茂っており、荒々しくも美しい光景だ。のと里山海道「西山IC」より車で約30分。
  • 見附島
    旅行/観光
    石川県珠洲市宝立町鵜飼
    能登のシンボルとしても慕われている「見附島」は、弘法大師が能登から佐渡へ渡る際に、最初に目についた島だったことが名前の由来といわれている。先端部分が突き出た形から「軍艦島」とも呼ばれる。ライトアップされた見附島もとても美しい。
  • 恋路海岸
    旅行/観光
    石川県鳳珠郡能登町恋路
    鳳珠郡能登町恋路にある、飯田湾に面した海岸。「恋路」の地名は、共に海で命を落とした鍋乃と助三郎の二人の悲恋の伝説に由来する。現在は二人を偲ぶ「幸せの鐘」などのモニュメントなどが設置され、縁結びのパワースポット「ラブロード」としても知られる。
  • 能登金剛
    旅行/観光
    石川県羽咋郡志賀町福浦港-笹波
    のと里山海道「西山IC」から車で約30分、断崖絶壁と奇岩が生み出す迫力ある景観が続く、能登半島国定公園を代表する景勝地のひとつ。浸食によって大きな穴が開いた「巌門」や、夕陽が美しい「機具岩」、高さ35メートルの断崖絶壁から荒々しい日本海を見下ろす「ヤセの断崖」などが人気。断崖に沿って設けられた遊歩道は、源義経が舟を隠したと伝えられる「義経の舟隠し」にも繋がっている。奇岩の数々は遊覧船で海から眺めることもできる。
  • 姥ヶ滝
    旅行/観光
    石川県白山市中宮 白山白川郷ホワイトロード内
    白山市中宮にある滝。白山白川郷ホワイトロード沿いの「蛇谷園地」から遊歩道が整備されている。岩肌を伝って落ちる幾筋もの水の流れが老婆の白髪のように見えることが名前の由来とされる。「日本の滝百選」にも選定。
  • 根上松
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    石川県金沢市兼六町1 兼六園内
    兼六園名物的のひとつにも数えられる黒松。高さ約15m、大小40数本もの根が地上2mにまでせり上がり、迫力の奇観を呈している。加賀藩第13代藩主・前田斉泰が土を盛り上げて松を植え、はじめは土で深く覆っていた根を成長後にあらわにしたものだと伝えられている大木だ。旧根上町の町名の由来にもなった松で、昭和53年(1978)には旧根上町文化財第1号に指定されている。現在は杉皮が敷き詰められた小道が続いており、園内散策の途中に立ち止まる観光客も多い。

    兼六園のメインのみどころのひとつです。名前のとおり松の根っこが地面から盛り上がっていて、見えていました。また、松からのびる横の枝もとても立派で、重みで折れてしまうのを防ぐためなのか、たくさんの柱で支えられていました。

  • 曽々木海岸
    旅行/観光
    石川県輪島市町野町曽々木
    輪島市町野町曽々木にある海岸。垂水の滝から町野川の河口まで、2kmに及ぶ。波によって侵食された流紋岩が「水門崖(すいもんへき)」、「福が穴」、「尋岐(ひろき)の険」など、複雑な形状の奇岩を形成している。海岸のシンボルとも言われる、中心に直径2mの穴が空いた奇岩「窓岩」や、冬期に海面を覆う綿状の「波の花」など見どころの多い景勝地で、国の名勝、天然記念物にも指定されている。
  • 九十九湾
    旅行/観光
    石川県鳳珠郡能登町小木・市之瀬・越坂
    鳳珠郡能登町にある海岸。東西1km、南北1.5kmの大きさでありながら、リアス式海岸の複雑な形状により、その海岸線の全長は約13kmにも及ぶ。「九十九」の呼称も入江の数の多さに由来する。美しい海岸線や湾の中央に浮かぶ蓬莱島などが織りなす絶景で知られ、能登半島国定公園及び海域公園にも指定されている。湾内を周遊する遊覧船や、西に位置する「日和山公園」の展望台からも景色を味わえる。
  • ヤセの断崖
    旅行/観光
    石川県羽咋郡志賀町笹波
    海面からの高さが35m-55mの「ヤセの断崖」は、思わず足がすくむほどの断崖絶壁で「ゼロの焦点」の舞台の地としても有名だ。断崖上に沿って設置された遊歩道は、源義経が源頼朝から逃れる途中、舟を隠したといわれる入江「義経の舟隠し」にも繋がっている。
  • 禄剛崎
    旅行/観光
    石川県珠洲市狼煙町
    ちょうど外浦と内浦との接点にあたる場所にある岬で能登半島の最尖端にある「禄剛崎」は、海から昇る朝日と海に沈む夕日が同じ場所で見られることで有名だ。断崖には明治時代に造られた白亜の灯台がある。
  • ふくべの大滝
    旅行/観光
    石川県白山市中宮
    石川県にある世界遺産「白川郷」や岐阜県の飛騨高山を結ぶ「白山白川郷ホワイトロード」の中ほどにある滝。上下に滝が二つ並んでいる構造から、瓢箪を意味する「ふくべ」と名付けられた。落差86メートルの大滝は壮観で、水飛沫が道路を濡らすこともある。秋には滝周辺の岩肌に紅葉が広がり、赤・黄・緑のコントラストを楽しめる。見ごろは10月中旬から下旬にかけて。全線開通しているのは例年、6月中旬から11月中旬頃までとなっている。バスツアーでも立ち寄れる名所。
  • 珠洲岬(聖域の岬)
    旅行/観光
    石川県珠洲市三崎町寺家10-11
    能登半島の最先端に位置する岬で、石川県珠洲市にある。出雲地方に伝わる神話などを記した「出雲風土記」の「国引の神話」にも登場し、日本三大パワースポットの1つとして多くの観光客が訪れる場所。岬には、日本海の絶景を一望できる空中展望台「スカイバード」やコバルトブルーに染まった海面が神秘的な「青の洞窟」などある。
  • 見付海岸
    旅行/観光
    石川県珠洲市宝立町鵜飼
    先端部分が突き出たその独特の見た目から別名「軍艦島」とも呼ばれ親しまれている「見附島」がある海岸。「えんむすびーち」と呼ばれる恋人の聖地でもあり、夜には島がライトアップされロマンチックな場所になる。夏には海水浴場やキャンプ場も開設される。
  • 舳倉島
    旅行/観光
    石川県輪島市海士町舳倉島
    能登半島の北約48kmの海上に浮かぶ周囲およそ5kmほどの小さな島。中国大陸と日本列島を往復する渡り鳥にとって絶好の休息地であり、確認された野鳥は約350種類を超える。大陸系の希少種も見られ、バードウォッチャーに「聖地」とも呼ばれる人気スポット。島の周囲は対馬海流と大陸棚の影響で漁場としても良好。アワビやワカメなど海産物が豊富に採れ「海女の島」とも呼ばれている。他にも島の南西端にある「シラスナ遺跡」や数多くの神社、「ケルン」と呼ばれる石を積んだ目印など独自の歴史とパワーを感じられるスポットも多い。

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す