NAVITIME Travel

石川のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 長町武家屋敷跡
    旅行/観光
    石川県金沢市長町1丁目3-32
    加賀友禅工房の「彩筆庵」や「野村家」など内部を見学できる施設もあり、古都金沢を堪能するにはぴったりのスポット。
  • 大野庄用水
    旅行/観光
    石川県金沢市長町
    古くは金沢城築城に大きな役割を果たしたと伝わる多目的用水。犀川右岸桜橋上流の取入口から延長約10km、平均幅6mの水路が長町を貫流し、長土塀を経て昭和町に至る。開削は今から400年余り前のことで、金沢で最も古い用水として有名だ。城の防衛や防火、消雪に木材の運搬など城下町の生活において重要な役割を担ってきた。土塀沿いの流れは今でも屋敷内庭園の曲水に利用されており、夏にはホタルを目撃することも可能だ。金沢の伝統景観として用水沿いの縁台に鉢植えを飾る家も多い。
  • 徽軫灯籠
    旅行/観光
    石川県金沢市兼六町1 兼六園内
    日本三名園のひとつ、兼六園のシンボル的存在。百万石通り側、桂坂口料金所から霞ヶ池に向かって真っすぐ進んだ先に見える二本足の灯籠だ。高さ2.67メートル、片足だけを池の中に入れた灯籠は元々水面を照らすための雪見灯籠が変化したもの。後方の灯籠が琴の絃を支える駒に見えることから徽軫(ことじ=琴柱)の名が付けられたと言われている。モミジの古木や曲水に架かる虹橋と一体になった景色は記念撮影スポットとして最適だ。タイミングによっては撮影待ちの行列ができることもある。
  • 石川県立美術館 広坂別館(石川県文化財保存修復工房)
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    石川県金沢市出羽町1-1
    石川県や加賀前田家に所縁のある古美術品を収蔵した「石川県立美術館」の別館。大正11年(1922)、陸軍第九師団の師団長官舎として建てられた館に多目的室や広縁つきの和室、修復工房ガイダンス室などを併設している。戦後米軍将校の官舎や金沢家庭裁判所など様々な目的で使用されてきた建物の玄関は、建築当時の面影を残した趣深い佇まい。平成28年(2016)に石川県文化財保存修復工房と隣接する形でリニューアルした。ガイダンス室では傷みが生じた美術工芸品の修復作業工程を映像やタッチパネルで分かりやすく紹介している。

    外観しか見れませんが和洋折衷の素敵な建物です。当時周りには軍隊に関連した施設が多くあったようで今は歴史博物館として利用されています。

  • ひがし茶屋休憩館
    旅行/観光
    石川県金沢市観音町1-3-8
    江戸時代の町人の雰囲気を気軽に体験できる休憩所。江戸時代の町屋を復元したもので金沢の人気スポット「ひがし茶屋街」の入口近くにある。江戸時代から明治初期に花街として栄えた茶屋建築の街並みが今も残る場所で、茶屋建築の建物は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。
  • 滝の白糸碑
    旅行/観光
    石川県金沢市並木町浅野川沿梅ノ橋袂
    明治の文豪、泉 鏡花の初期の名作「義血侠血」。その一部に描かれている乗合馬車の出発場所だった場所に昭和32年(1957)建立された碑。金沢駅から車で約10分ほどの浅野川畔にある。「滝の白糸」は泉鏡花が生涯をかけて追求した理想の女性像といわれている。
  • 徳田秋聲文学碑
    旅行/観光
    石川県金沢市末広町 卯辰山公園内
    卯辰山の望湖台の入口にある文学碑。徳田秋聲は三文豪の1人として知られており、浅野川近くで生まれ馬場小学校に通っていたことから昭和22年(1947)この場所に建てられた。秋聲を讃えていた同郷の室生犀星の筆による年譜と、本人自筆の文章が陶板に書かれている。
  • 明治の館 (室木家住宅)
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    石川県七尾市中島町外ナ部13
    江戸時代には回船問屋や酒造業を営み、近代では国会議員を務めていた室木家の住宅。豪壮な合掌組入母屋造りの建物で、茅葺屋根の主屋と庭園、そして民俗資料展示室となっている旧米蔵が公開されている。七尾市指定有形文化財となっている。

    海沿いの道を走りなから、急に大きな茅葺き屋根と立派な松、なんだろうと思ってよくみたら明治の館の文字、引き返して立寄りました。 茅葺きの古い民家かと思いきや内部は想像以上に立派、太い柱に梁、鴨居、今同じモノを建てようにも材料が揃わないし、金がかかり過ぎる、余程財力があるんだろうと思わされます。 日本海と言えば北前船、七尾湾は内海で穏やかだから、ここで廻船問屋として商売するのに適していたんでしょう。

  • 国登録有形文化財 多川家
    旅行/観光
    石川県白山市四ツ屋町38
    明治末期から大正初期にかけて建てられた主屋は、庄屋としての権威と豪農の形態を残す1200坪の建物。庭園の一部は天正年間の主屋改築当時の遺構をそのまま伝えており、また土蔵は美術品、古文書・民俗資料の資料館になっている。加賀独特の建築様式である主屋は国の登録有形文化財だ。
  • 旧加賀藩士高田家跡
    旅行/観光
    石川県金沢市長町2-6-1
    石川県金沢市長町にある人気の観光地「長町武家屋敷跡」の一画にある長屋門。旧加賀藩550石の藩士であった高田家の長屋門を復元し、一般公開している。敷地内にはアカマツや大野庄用水の曲水などを配した池泉回遊式庭園が広がり、奉公人が暮らした仲間部屋や厩舎、作業場など見どころが多数。藩政時代の武家の生活様式を垣間見ることができる貴重なスポットである。
  • 魯山人寓居跡 いろは草庵
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    石川県加賀市山代温泉18-5
    芸術家・北大路魯山人が大正4年(1915)の秋から約半年間生活していた場所で、石川県加賀市山代温泉にある。当時は老舗旅館「吉野屋」の別荘であり、母屋は明治初期頃の建築。建物内は一般公開されており、刻字看板を彫った仕事部屋や書斎、囲炉裏の間などが魯山人が滞在した当時のまま残されている。土蔵を改装した展示室では、企画展を常時開催。

    魯山人が陶芸を学んだ地、山代温泉。芸術家を応援する山代の旦那衆。 この草案で看板を彫り、九谷焼を須田菁華に学ぶ。 天才の所以か、たった7ヶ月の滞在であの独自の世界に到達する。 素晴らしい芸術の原点。

  • 長町武家屋敷休憩館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    石川県金沢市長町2-4-36
    金沢市長町武家屋敷跡の散策路にある、休憩室やトイレ等を利用できる観光案内所。現代的な材質の鉄やステンレスを使用しながらも、武家屋敷の雰囲気を味わえる。観光パンフレットや展示コーナーもあり、パネル展示を見たり、観光や散歩で疲れた時にひと休みする事ができる。観光ボランティアガイドの「まいどさん」が常駐しており、長町界隈のガイドを気軽に利用するのもお勧め。

    歩いて観光地を廻る者にとって、無料休憩所は、ちょっとひと休みするには本当に重宝します。東茶屋街には喫煙所が一箇所もなく、我慢していましたが、ここの端っこには、喫煙所もひっそりとあって、助かりました。

  • やかん体、転倒する
    旅行/観光
    石川県金沢市JR金沢駅東広場
    金沢駅東広場に設置されている、文字どおり「やかん」の形をしたオブジェ。金沢21世紀美術館の開館や金沢駅東広場の完成を記念し、平成16年(2004)と平成18年(2006)の二回にわたって「金沢・まちなか彫刻作品・国際コンペティション」を開催。この作品は国内外から集まった全470点の中から、コンペ2006の最優秀作品に選ばれたもの。日常的なイメージの強い「やかん」がリアルな造形のまま巨大化し、芝生の中に埋もれている日常と芸術が調和した作品で、街のシンボルとなっている。
  • 安宅の関
    旅行/観光
    石川県小松市安宅町タ140-4
    安宅公園内にある、歌舞伎の十八番「勧進帳」で有名な安宅の関にまつわる施設。安宅ビューテラスは開放的な店内から海を眺望できる。海の駅では市内の物産を多数扱っている他、市のキャラクター「カブッキー」グッズも販売。安宅の関にちなんだ商品はお土産として人気がある。カフェも併設。勧進帳ものがたり館は勧進帳をダイジェスト版にして公開するなど、3つのエリアに分けて安宅の関の紹介を行なう。歌舞伎衣装や浄瑠璃人形の展示以外にも義経や弁慶の逸話、安宅の歴史についても解説。
  • うるしの器 あさだ
    旅行/観光
    石川県加賀市山中温泉菅谷町ハ-215
  • かなざわ 美かざり あさの
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    石川県金沢市東山1-8-3(ひがし茶屋街)

    かなざわ 美かざり あさのは、東茶屋街を散策していて家族が見つけた店です。過度を曲がるときに左手にあった店です。金沢には金箔の店が結構あって、他店舗ものぞいているのにこちらで体験したいと家族が言い出しまして。ちょっと時間があれば、好きな物に金箔を貼ることがで来ます、体験の域を出ませんが。

  • 九谷焼体験ギャラリーCoCo
    旅行/観光
    石川県加賀市山代温泉18-115甲1
  • 輪島工房長屋
    rating-image
    3.5
    26件の口コミ
    旅行/観光
    石川県輪島市河井町4-66-1

    輪島重蔵神社参道、朝市通りにある輪島塗の職人工房や体験工房、塗屋さん直営のショップなどが、長屋風に集められており、見るだけでも楽しい。

  • 泉鏡花句碑
    旅行/観光
    石川県金沢市東御影町 卯辰山公園内
    卯辰山中腹の木立の中にある。幼い頃に母を亡くした鏡花が、よく遊んだ卯辰山を眺めながら詠んだ「はゝこひし夕山桜峰の松」という句が刻まれている。
  • 仏御前の里
    旅行/観光
    石川県小松市原町ト24
    『平家物語』で知られる仏御前の里。美貌で知られた御前は14歳で都に出て歌舞を舞う白拍子となり、17歳のときに祇王、祇女のとりなしで平清盛の前で舞い、寵愛を受けることになる。しかし、それまで清盛の寵愛を受けていた祇王、祇女は失意の末に出家。それを知った御前は、わずか半年で清盛のもとを去り、のちにここ小松市原町で庵を結ぶが、21歳で早世した。同町の林成人氏宅には仏御前尊像があり、家人がその逸話を語ってくれる。

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す